«
»

対訳ワシントン・タイムズ rss

米国のシリア政策の混乱が危機招いた-トルコ

 米トルコ関係はすでに悪化していたが、アンカラ中心部で今週起きたテロ事件を受けて、両国の緊張はさらに高まった。トルコの指導者らは、シリアでの米国のあいまいな方針が、トルコ国内の安全をいっそう損ねていると主張した。

 トルコのダウトオール首相はワシントンで18日、17日の首都アンカラでの自爆自動車爆弾はクルド民兵が実行したと指摘し、いら立ちをあらわにした。米国が、シリアの「イスラム国」(IS)との戦闘で米国の代理としてクルド民兵を支援しているからだ。

1
続き

アップルに携帯セキュリティー解除の命令

 民間の通信への政府のアクセスをめぐって長い間、展開されてきた戦いが、大きな山場を迎えようとしている。IT大手のアップルに、連邦捜査局(FBI)がサンバーナディーノ乱射事件の聖戦主義者の1人の携帯電話に侵入するのを支援するよう命じる裁判所の判決が出たからだ。

 16日の判決によって、日常的に使用される携帯電話に関するデータへ、捜査当局がアクセスできるようになるのではないかという懸念の声が上がり、プライバシー保護団体はこれに異を唱えたアップルへの支持を強めている。アップルのCEO(最高経営責任者)ティム・クック氏は17日、この判決に異議を唱えた。クック氏は、政府の関与が広がり、暗号化によるセキュリティーに「バックドア」を設けざるをえなくなるような事態になりかねないと語った。

0
続き

ブッシュ前大統領が選挙戦に復帰 George W. Bush returns to campaign trail to boost Jeb, defend legacy

 【ノースチャールストン(サウスカロライナ州)】辞職後7年以上がたつジョージ・W・ブッシュ前大統領が15日、選挙戦に戻って来た。自身のレガシー(遺産)を守り、苦戦する弟のジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事を応援するためだ。ジェブ・ブッシュ氏はホワイトハウスでのブッシュ王朝の拡大を目指している。

 ブッシュ元大統領のレガシーへの非難は減少してきていたが、共和党内から、特にドナルド・トランプ氏から非難されている。トランプ氏は、2001年9月11日のテロ攻撃以前の意思決定に問題があったのではないかと指摘、イラクへの再派兵の判断にも疑問を呈した。

0
続き

オーストラリアに向かう移民の高潮 Australia’s migrant tide

 世界中の移民の大波は、南から北に向かうものだけではない。移住者はオーストラリア(豪州)にも大挙して向かっているのである。そこで、豪州の最高裁判所は、欧州や北米で起こっているような移民危機が起こるのを恐れて、一時的休止措置を命じた。

 宗教的迫害からの自由や、広範な福祉政策網を有する豪州の高い生活水準は、この地球の(英国から見て)正反対の所にある国を、何百万人ものアジア人が目指す目標にさせているのだ。移住者の多くは、命懸けで避難所を求める正式に認められている難民である。しかし、ほかに、仕事や専門家としてのキャリアを探し求める経済移民もたくさんいる。

0
続き

ルビオ氏、上院共和党はオバマ氏の最高裁判事指名を承認しない Marco Rubio: Senate Republicans will not approve Obama’s Supreme Court nominee

 マルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州)は14日、米最高裁は「8人の判事で役割を果たせる」と語った。アントニン・スカリア判事が週末にテキサス州で急死したことを受けた発言だ。また、ルビオ氏は、上院共和党は、司法の最高機関である最高裁の立て直しをオバマ大統領ではなく有権者に委ねると語った。

 大統領選で共和党の指名を争っているルビオ氏は、オバマ氏に後任の指名権があることは間違いないが、後任は新大統領が就任するまで認められないと指摘した。

0
続き

中国、旧式ミサイルDF5を多弾頭化 China adds warheads to older DF-5s

 米国防当局者によると、中国軍は単弾頭の大陸間弾道弾(ICBM)DF5を、個別に目標を設定可能な複数の弾頭を持つミサイルに改良する作業に着手していた。MIRVと呼ばれる複数弾頭化へのDF5への改良の情報は、米情報機関が過去数カ月内に入手した。

 長距離ミサイルDF5に3弾頭を追加することで、中国が保有する核兵器は大きく変わることになる。1度の大規模増強で核弾頭は増加し、ミサイルシステムも増強される。

0
続き

難しい学習を強いられているスカンディナビア Scandinavia learns a hard lesson

 スカンディナビアで、誇りと敬虔(けいけん)のスタンスで稼いできた報奨金が、突然、底を突いた。聖人君子然として、求められなくても、保護の手を差し伸べることに慣れていた北方の民主主義諸国が、中東や北アフリカから、欧州のドアをこじ開けようと、津波のごとくやって来た移住者を快く迎え入れることをやめてしまったからである。

 スカンディナビア人、特に、スウェーデン人は、隣人を裏切りながら、人道主義順守国として信頼される資格があると、主張したこともある。しかし、スウェーデンは、第2次世界大戦中、中立国と公言していながら、ナチスへの高品質の武器弾薬の重要な供給国であったり、また、そういう連中が、ノルウェーを侵略するためにスウェーデンの領土を横切ることを許したりしていた上に、難民を拒絶するのが普通であった。

0
続き

軍の全活動で気候変動を優先-国防総省 Pentagon orders commanders to prioritize climate change in all military actions

 国防総省は、兵器のテスト、兵士の訓練、戦争計画立案、同盟国との合同演習など事実上すべての行動で気候変動を考慮に入れるよう軍の上層部に命じる。  この新指令のテーマは「米軍は『実施可能な方法』に基づいて『抗堪性』があることを明示し、脅威に対応する」。

 指令には、この指令に沿わないことは無効とすると記されている。省内に、「気候変動委員会、会議、ワーキンググループ」の広範囲に及ぶ新しい部署を創設し、気候変動を「計画と政策」に取り入れるよう命じている。

0
続き

ライアン下院議長、保守派の内紛中断を訴え/Ryan calls for truce with conservatives, says Republican infighting benefits Obama

 ライアン下院議長は3日、保守派との休戦を申し出た。歳出削減やオバマケアでの戦術をめぐって戦っても、オバマ氏の思うつぼであり、共和党がレーガン時代のような大きな問題で一致することが困難になるだけだとライアン氏は主張した。

 議会で共和党指導者らとよく衝突する有力保守派グループの一つ、ヘリテージ財団での演説でライアン氏は、草の根運動の指導者らに、民主党との思想をめぐる大きな戦いで力を合わせ、立法の戦略をめぐる党内の対立をやめるよう呼びかけ、共和党支持者らは戸惑い、混乱していると訴えた。

0
続き

ニューハンプシャー州で復活狙う共和知事経験者ら/GOP establishment governors hope to rescue campaigns in N.H.

 【ホプキントン(ニューハンプシャー州)】アイオワ州で勝算がないとみた3人の知事経験者らは、党員集会が行われた1日、大統領選の共和党候補指名争いにとどまる一方で、ニューハンプシャー州に滞在していた。来週の同州予備選へ陣営を立て直すためだ。

 ジョン・ケーシック・オハイオ州知事、クリス・クリスティー・ニュージャージー州知事、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事らは全員、選挙戦を続けることを表明、有権者に支持を求めた。党員集会で大きな支持を集めたドナルド・トランプ氏とテッド・クルーズ上院議員に対する、主流派共和党員としての責任を果たすよう訴えたのだ。

0
続き

新たなエネルギー「危機」/A new energy ‘crisis’

 ビッグオイル(巨大石油企業)、特に中東のそれは、またとないような良い思いをしたものだが、今では、アラブの族長らの中には、こんなに嫌な時代はかつてなかった、と言っているような印象を与えるものがいる。1ガロンの(ミネラルウオーターの)ペリエや、(市販ペットボトル飲料水の)ポーランドスプリング、あるいは、マウンテン・リバー・ウオーターなどの方が、1ガロンの原油よりも高値になっているからだ。しかも、大手石油会社にとって、本当に良いのはこれから。シェール革命は、旧態依然たる思考を揺さぶり、革命の常として、事態を変貌させ続けている。

 天然ガスは、比較的クリーンなために、石炭や石油よりもいろいろな点で、満足度が高い化石燃料だとされているのだが、それが米国に豊富にあるという事実は、世界中のエネルギー市場にとっては、爆弾を投げ込まれたような衝撃である。オバマ政権が好むと好まざるとにかかわらず、石油・ガスの輸出は、現実に新たに起きているエネルギー問題にとって、考えるべき重要な要因になるであろう。米国の低価格の石油・ガスを、新式の採鉱技術が利用できるようになっていない国々に売るようにという経済的圧力は、ますます強まるであろう。

0
続き

オバマ氏訪問予定のモスク、過激組織と関連/Mosque chosen by Obama for visit has links to extremist groups

 オバマ大統領が米国人イスラム教徒への支持を表明するために今週訪れるボルティモアのモスク(イスラム礼拝所)は、歴史的にイスラム過激組織とつながりがある。

 ボルティア・イスラム協会のイマーム(導師)は、過激組織ムスリム同胞団の指導者だった。同協会は、北米イスラム協会ともつながりがある。北米イスラム協会は、イスラム教徒人権団体であり、テロ組織ハマスに資金を提供したとして複数の個人が起訴された2008年の刑事事件の共謀者とされたが起訴はされていない。

0
続き

米軍のアジア再均衡は「不十分」との報告書/Pentagon’s Asia rebalance ‘may be insufficient’ for U.S. and allied security, report says

 国防総省の支援を受けて作成された報告によると、米国の政策と軍事力をアジアに向けようという取り組みは、中国のハイテク兵器の増加と中東の不安定化で行き詰まっている。

 戦略国際問題研究所(CSIS)が作成した報告は「軍事的に、太平洋軍はリバランス(再均衡)を完全に受け入れたが、接近阻止の課題は悪化しており、リスクを克服する中国の能力は予想以上だ」としている。

0
続き

トランプ氏が優勢、支持者ら初の党員集会へ/Donald Trump finds advantage in battle to get Iowa supporters to first caucuses

 【ペラ(アイオワ州)】ジェフ・リドリーさんは、寒く、風が吹く中、妻と娘とともに1時間以上、共和党大統領候補ドナルド・トランプ氏の選挙集会に参加するために並んだ。リドリーさんは、政治に関わったことはないが、今年は党員集会に興味を持ち、トランプ氏を支持していると語った。  55歳の蹄鉄工、リドリーさんはすでに、地区の党員集会の場所を確認していた。

 「党員集会に行かないといけない。この国は危機にひんしている。危機を脱するにはトランプ氏が必要だ。米国は問題を抱えていると思う」

0
続き

アジアの水戦争を防ぐ/Preventing a water war in Asia

 東南アジアの海に中国が脅しをかけていることについては、アジアは慣れっこになりかけていたのだが、そうした折も折、アジア人にとっての別の水の心配が起きているのだ。北京の政府は、南アジアおよび東南アジアの六つの大河の安全・健全性を支配している。地域の生活の心臓であるすべての川は、チベット高原を源流としている。中国人は、ブラマプトラ川、イラワジ川、チャオプラヤ川、そしてメコン川の上流地域のダム建設集中プログラムと取り組んでいる。それは、彼らに、広大な下流地域の米その他の作物の灌漑ばかりでなく、これらの通商の動脈を支配する力を与えることになるのだ。

 雪は北極および南極の最大の海氷域である何千もの氷河の上で解けており、古代から恒常的にあった世界の気候変動のサイクルを繰り返している。一つのチベットの湖、巡礼者が祈りながら土手をぐるりと回る聖地ナムツォは、2000年から2014年の間に20平方マイル拡大した。チベットの氷河は過去30年にわたって15%縮小した。気まぐれな気候変動に左右されてはいるが、今のような割合で融解が進むならば、2050年までにはチベット高原の3分の2が気温上昇によって融解する可能性がある。そして、このことが、いまだ知られざる方法で、中国、インド、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、ビルマ、タイ、ラオス、カンボジア、そしてベトナムの2億人の人々に悪影響を及ぼすであろう。

0
続き

「ジハーディ・ジョン」訃報で過激派対策の限界明らかに/‘Jihadi John’ obituary reveals limits of surveillance in stopping extremists

 ロンドン市民「ジハーディ・ジョン」の一件は、米国や同盟国が過激派を監視することの難しさを見せつけた。逮捕も何らの対策も講じられず、テロ集団「イスラム国」の一員として殺人を犯すことを許した。

 洗練されたネットの機関誌「ダビク」に今月、ジョンの訃報が掲載された。本名はムハンマド・エムワジ。マスクをかぶった処刑人で、ロンドンの中産階級の出だが、ロンドンを捨てて、シリアのラッカにある「イスラム国」の本部に居場所を見つけた。黒い服を身に着け、拘束した欧米人らを意気揚々と斬首した。その中には、米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー氏もいた。内戦を取材したり、支援したりするためにシリア入りしたが、エムワジの餌食となり、命を絶たれた。

0
続き

2015年は最も暑い年だった、気候変動で新たな議論/Climate debate heats up after 2015 described as warmest year on record

 連邦政府の気候学者らが20日、2015年はこれまでで最も暑い1年だったと発表したことで、地球温暖化めぐって新たな議論がわき起こり、懐疑派はこの発表に異議を唱えている。

 東海岸が大雪に備える一方で、米海洋大気局(NOAA)と航空宇宙局(NASA)は、昨年の世界の平均気温が過去136年間で最も高く、例年よりも強いエルニーニョ現象と二酸化炭素排出が原因だと発表した。

0
続き

制裁解除でイランに企業が殺到/Iran welcomes business rush as sanctions are lifted

 時間はかからなかった。

 イランへの国際的な経済制裁を解除する合意が署名されるとすぐに、欧州とアジアの大企業は契約を交わし始め、主要国の指導者らは、イラン政府へ貿易使節団を派遣することを検討し、閉鎖されていた油田への注文がネットで復活し、イランの金融当局は、近い将来に契約を交わすことを望む企業からの約1000件の信用状の申し込みを処理した。

0
続き

パキスタンに希望の光が/Hope in Pakistan

 パキスタン政府の、1月初めに起きた、インド側国境地帯にある軍事施設への襲撃に参加したことを疑われているイスラム過激派民兵に対する動きは、良いニュースであるし、しかも、その及ぶ範囲はその地域だけにとどまらない。米国にとっても、良いニュースである。

 ゲリラ勢力の存在は、長年にわたって国境地帯での悩みの種になっている。そして、それは、主にインドに支配されている、ヒマラヤのイスラム教徒が多数を占める州カシミールをめぐる紛争で、パキスタンを支持しているのである。ゲリラ・グループは、パキスタン軍、特に、情報部の支援で作戦行動に及ぶことが多い。しかし、ならず者らは、当然のことながら、暗闘をカシミールの国境地帯を越えて拡大していった。パキスタンには、ほとんど全員がイスラム教徒の1億8500万人の国民がいるため、カシミールが、過激派イスラム教徒のテロリスト要員募集地になり得るという心配がつのっているのであるが、それが、米国や西側諸国にとって、脅威になっているのである。パキスタン人の中には、すでに、テロリストの仲間になっている者もいる。

0
続き

難民のソーシャルメディア審査へ/U.S. screening refugees’ social media accounts

 国土安全保障省の局長によると、同省は、イラク人とシリア人難民申請者のソーシャルメディアアカウントの審査を試みようとしている。移民当局者らが、外国人戦闘員がサイバー空間に残した痕跡から移民の目的を探ることができる可能性が出てきたからだ。

 難民の審査を行う市民権・移民局(USCIS)のロドリゲス局長は、17日に放映されたC-SPANとのインタビューで、フェイスブック、ツイッターなどのソーシャルメディアを審査し、何万人もの申請者の中から安全保障上の脅威につながるネット上の痕跡を探す許可を得たことを明らかにした。

0
続き

民主議員が女性の海兵隊編入求める海軍長官を批判/Liberal Democrat slams ‘ridiculous’ Navy chief for forcing female integration on Marines

 元海兵隊員の議員とリベラル派民主党議員が、メイバス海軍長官が出した女性の戦闘任務に関する包括的指令を攻撃している。

 アフガニスタンとイラクで海兵隊将校として戦ったハンター下院議員は12日、メイバス氏を「軍としての海兵隊の組織を破壊している」と非難した。

0
続き

ランド・ポール氏、「下位」討論会への参加拒否/Paul quickly rejects invitation to join ‘second-tier’ event

 ランド・ポール上院議員と実業家カーリー・フィオリーナ氏は、サウスカロライナ州で今週行われるゴールデンタイムの共和党大統領候補討論会に参加できないことが明らかになった。ケーブル・ニュース局のFOXビジネス・ネットワークが11日、発表した。共和党指名争いで最初の実際の投票まで3週間に迫り、選挙への意気込みにも悪影響がありそうだ。

 FOXは11日夜、番組「ロー・ダブズ・トゥナイト」に関する発表を行い、14日午後9時にノース・チャールストン・コロシアム・アンド・パフォーミング・アーツ・センターで行われる討論会で大物実業家ドナルド・トランプ氏が、テッド・クルーズ、マルコ・ルビオ両上院議員とともにステージの中央に立つことを明らかにした。

0
続き

恐るべき資本主義国、中国/China, the killer capitalist

 中国の上昇を続ける巨大な市場、そして、それを支えるインフラへの中国の投資は、米国の政策の道をふらつかせている。北京の共産主義者――今も、彼らは自分のことをそう呼んでいるのである――は、どんなところでも、最高に厳格な資本家の部類に入る。

 第2次世界大戦の金融面での収拾案の一部として創設された銀行における聖域の一つは、自由市場を守り通すことであった。そうして創設された銀行は、株主を買って出たさまざまな国からの代表がいて、政府間ベースのローンを保証する集中制御システムによるものだった。

0
続き