■連載一覧
  • 緊急事態と憲法 私の提言
  • WHOトップ解剖 テドロス氏とは何者か
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 2020/5/01
  • 2020/4/20
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2020/1/01
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/11/04
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 対訳ワシントン・タイムズ rss

    フロリダ銃撃、ディックスでアサルトライフル販売を停止

     企業は、フロリダ州での銃撃事件を受けた銃規制政策の変化に素早く対応しようとしている。警察発表によると、フロリダ州の学校で2月14日に起きたこの事件で、半自動小銃が使われており、ディックス・スポーティング・グッズは28日、このような人気の高い半自動小銃の販売を停止することを明らかにした。

     銃規制を支持する活動家らは、この対応を歓迎、銃に関する議論を変えていくための新たな一歩だと主張している。

    5
    続き

    FBIの失態

     警察官の運命は、めでたいことだけではない。ここのところ、連邦捜査局(FBI)にとっては、惨めな日が続いている。そこは、派手な政治的捜査というへまをやったと言って、責められ、傷ついていた。そして、また、旧弊なメディアが一斉に、フロリダの子供たちに対して大量殺戮(さつりく)が行われた件でドナルド・トランプと銃を攻撃しようと構えていた、ちょうどその時に、FBIが、今回の筆舌に尽くし難い悲劇を防ぎ得た可能性のある警告を無視したことが発覚したのである。

     FBIは1月初めに、フロリダ州のパークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で17人――そのほとんどすべてが生徒たち――を殺害して告訴されている19歳の男、ニコラス・クルーズが、ありったけの銃を集めていて、人々を殺害したいという欲求を表に出しながら、不安定な振る舞いをし、そしてソーシャルメディアに不穏なメッセージを投稿していると、教えてもらっていたのである。情報提供者はクルーズは学校を襲うだろうと心配していたというのだ。

    5
    続き

    トランプ大統領を非難する一方で米国の石炭を利用する欧州諸国

     フランス、ドイツ、イタリアは、トランプ米大統領が昨年6月に地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を拒絶したことを厳しく非難し、環境に背を向けたとして米国をあざ笑ったが、一方で、これらの国々は米国から石炭を輸入するのに大わらわで、その量は過去最高を記録した。

     米連邦政府のデータによると、米国では石炭革命のような状況が起きている。そのブームは、オバマ政権時代の石炭への規制を取り除いたトランプ氏の積極的な政策が一因だが、その恩恵を主に受けているのは外国市場だ。その最大の輸入国の中には、中国や欧州主要国といったトランプ政権の気候政策を最も厳しく批判してきた国々も含まれる。これらは今、地球温暖化と戦う世界のリーダーだと主張している国々だ。

    5
    続き

    米司法省、サイバー攻撃に備えタスクフォース

     司法省は省内全体にわたるタスクフォースを組織し、敵勢力がインターネットを使っていかに米国の選挙に介入したり、重要インフラを攻撃したりする可能性があるかを調査する。セッションズ司法長官が20日、明らかにした。

     セッションズ氏は「インターネットは、働き、通信し、経済活動に参加するのを支援する新しいツールを提供してくれた。しかし、これらのツールは、犯罪者、テロリスト、敵国に悪用されることもあり得る。司法省は、これらの脅威を深刻に受け止めている。きょう、サイバーデジタル・タスクフォースを設置し、これらの脅威に対抗し、米国民の安全を守る最も効果的な方法を私に助言するよう命じたのはそのためだ」と述べた。

    5
    続き

    南アフリカの追放劇

     今週、ネルソン・マンデラの釈放28周年記念日を祝った。水曜日(14日)、ロベン島の刑務所でのマンデラ氏の隣人の一人、ジェイコブ・ズマは任期を1年以上残して、国家の大統領を辞任した。

     「辞任」とは、彼に起こったことに対しては実際、あまりにも甘い言葉である。ズマ氏は数週間にわたる(大統領に対する)抵抗運動の後に、しかも、彼のかつての仲間によって、放り出されたのである。南アのメディアはそれを、彼の頭文字Zを取って「Zexit(Z離脱)」と呼んでいる。

    6
    続き

    予想以上に多かった胎児性アルコール障害

     胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)にかかる子供がこれまで考えられていたよりも多いことが、最新の研究から明らかになった。研究で、発育不全、臓器や脳の損傷、認知・行動の問題などの症状を持ちながら、診断未確定の子供が数多くいることが浮き彫りになった。

     子供の約1%がFASDにかかっていると考えられていた。しかし、研究によると、実際にはその割合は10%にも達する可能性がある。

    5
    続き

    ミット・ロムニー氏の上院選出馬で共和党が割れる恐れ

     ミット・ロムニー氏のユタ州上院選への出馬はまだ正式になっていないが、既に共和党内で深刻な対立を生みだしている。

     ロムニー氏をユタ州の保守的な有権者と乖離(かいり)し、党のリーダーであるトランプ大統領と対立する渡り政治家と呼んだのは、ロブ・アンダーソン同州共和党委員長だ。

    5
    続き

    市長らの大言壮語の熱を冷ませられないものか

     石油・ガスの生産者に対する市当局の脅しは続いている。そして、その狂気の沙汰はカリフォルニアまで広がっている。ニューヨークのビル・デブラシオ市長は、エクソン、BP(イギリス石油会社)、そしてシェブロンを含む五つの大手会社から何十億㌦もの賠償金を求めると言って、1月にそういうことを始めた。

     「大手石油会社が、彼らが招いた荒廃に対する責任を取る時が来た」「そして、彼らが引き起こした損害に対して賠償を開始すべき時だ」と、彼は言った。彼は、2012年の巨大暴風雨「サンディ」による荒廃を気候変動のせいにしている。つまり、「化石燃料会社の活動によってもたらされた悲劇なのである」と。

    5
    続き

    左向けの扇動的なレトリックを放つ民主党の大統領志望者たち

     2020年の民主党大統領予備選は、極端に左寄りのレトリック競争の様相を呈している。これまでのところ、最も扇動的な攻撃でフロントランナーの地位を得ようとしているのがコーリー・ブッカー上院議員だ。

     ニュージャージー州選出のブッカー氏は、共和党が(ロシア疑惑に関する連邦捜査局の捜査の信用性を疑わせる)機密メモを公表したことを「国家反逆的」な行為だと非難。また先月、キルステン・ニールセン国土安全保障長官を叱り付けたことは、ネットですぐさま広まった。

    5
    続き

    町中がパニックに

     ドナルド・トランプは「中国は」「われわれを殺そうとしている」と、2016年の大統領選挙戦中にたびたび言っていた。彼は、中国の攻撃的貿易と産業政策のことを言っていたのだが、それは米経済に破滅的損害を与えると非難したのである。

     しかし、彼が、彼の所見を文字通りに言っていたとしたならば、彼は極めて本音を突いていたのかもしれない。

    5
    続き

    先の見えないキューバ、政権交代を延期

     キューバに間もなく、1959年以来初めてのカストロと名の付かない国家評議会議長が誕生する。しかし、意外にも先は見えず、将来の予測は困難だ。

     ラウル・カストロ議長(86)は10年前に、兄弟のフィデル・カストロ氏から議長職を受け継いだ。ラウル氏は、2月に予定されていた退任を、ハリケーン、イルマの被害に対応する必要があるとして延期した。キューバの人々がこの何十年間、経験してこなかった政治的不安定の中で、以前から後継とされてきたミゲル・ディアスカネル第一副議長(58)が今の職から離れられるかどうかは不透明だ。

    5
    続き

    良いニュースを愚弄する人たち

     わずか数週間の間に、連邦議会の民主党員は、反対意見もほとんどなく、数十年間で最も破壊的な表決を2回行った。国家の利益だけでなく、彼ら自身の党派的利益にとっても破滅的になるであろう表決を。

     最初のは、クリスマス直前のことだった。下院および上院の全民主党員は、30年間で最も大型の、家族と企業のための減税に対して反対票を投じた。これは、下院民主党院内総務ナンシー・ペロシが「アメリカにとってのハルマゲドン」と言って非難した法案であった。

    5
    続き

    オバマ大統領センターの建設めぐり訴訟

     オバマ大統領は常に環境保護運動から支持を受けてきた。しかし、シカゴのサウスサイドにある公園の土地に豪華な大統領センターを建設しようとして批判にさらされている。

     その結果、現地コミュニティーの活動家らが、オバマ氏の大統領センターが「歴史的なジャクソンパークの環境と特徴にどのような影響を及ぼすのか」に関して回答を求めて訴訟を起こした。

    7
    続き

    中国から郵便で密輸されるオピオイド

     米上院議員らが18日、中国からオピオイドを購入するには、グーグル、クレジットカード、電子メールがあれば十分だと指摘、致死性の高いフェンタニルを含む大量の郵便物を「発見、対処」できていないと米国郵政公社を非難した。

     上院の調査官らは、この1年間の中国の販売人と米国の買取人の間の数百件の取引を追跡し、それらは郵便で送られ、7人が過剰摂取で死亡したと指摘した。

    6
    続き

    カナダからの教訓

     ジャスティン・トルドー・カナダ首相は、コントロールが利かなくなった移民問題を、何かコントロールに似たようなものの下に置く決定をするに際して、米国人、特にドナルド・トランプ大統領には、一撃を食らわすことができると思った。しかし、どうやら、学習したことがあったようだ。

     トランプ大統領が、自国民を大挙して米国に送り込んでいる、特に問題の多い7カ国からの移民を禁止しようとした時に、そして、たまたま、これらの国はイスラム教徒が過半数を占める国だったので、トルドー氏は、トランプ氏を、彼の難民や、亡命希望者その他に対するスタンスや、国境の秩序を回復する決定をめぐって、からかってみたら面白いだろうと思った。

    2
    続き

    カスペルスキー、政府機関での製品使用禁止の差し止め請求

     ロシア政府との密接な関係を非難されているソフトウェア販売のカスペルスキー・ラブ(本社・モスクワ)は、ワシントンの連邦判事に、米政府機関による同社製品の使用を禁止する国土安全保障省の命令を差し止めるよう求めた。

     カスペルスキーの弁護士らは17日、政府全体で同社製品の使用を停止することを命じた使用停止命令17-01の仮差し止めを申し立てた。同社は、ロシア情報機関とのつながりがあると報じられたことから、安全保障上の懸念が浮上している。

    2
    続き

    抗議デモに厳しい弾圧命じる-イラン

     イランの支配者らは、昨年12月28日の抗議デモ開始後、デモに参加していた市民を拷問し、銃撃して殺害した。イラン反政府組織が16日、明らかにした。

     欧州を拠点とする反政府組織、イラン抵抗評議会(NCRI)は、治安部隊がイランの至る所で市民を逮捕し、その数は8000人を超え、少なくとも50人を殺害したが、その間、欧米諸国はほぼ何の対応もしなかったと指摘した。NCRIによると少なくとも5人は拷問が原因で死亡したという。

    2
    続き

    違法薬物に対する法執行について

     米国のジェフ・セッションズ司法長官はマリフアナは好きではない。彼はこのことを数回にわたる機会に明らかにしている。トランプ大統領は、諸州は、マリフアナを栽培し、販売し、喫煙することを違法とすべきかどうか決めるべきだと思っている。それでいて、彼の前のオバマ大統領のように、巻き込まれることは欲していない。司法長官は、彼を任命した人の監督の下で働いているのだが、そのセッションズ氏が先週、米国は、マリフアナに反対する連邦法を執行するつもりだと発表した。数カ所の州はすでにマリフアナを合法化している。それで、このことが、不協和音を引き起こしているのだ。そういうわけで、それは、大統領と司法長官の間のみならず、州政府と連邦政府との間にも起きている。

     今や、マリフアナを違法とする法律の執行をめぐる賛否両論再燃の可能性も見受けられる。そして、マリフアナを野放しにしているとされることをめぐって、最も頻繁に繰り返されている議論はというと、薬物の法律を執行したために、連邦の刑務所は過密になり、そして、受刑者のうち、貧困者やマイノリティーの人数が、富裕者や有名人のそれを上回っているという実態があるということなどだ。なるほど、そうに違いないが、貧困は言い訳にはならない。だから「もし、服役が無理なら、犯罪は起こさないことだ」という話になる。

    2
    続き

    国務省、ロシア訪問を控えるよう国民に警告

     国務省は、内乱やテロに巻き込まれたり、米国人を狙った迷惑行為の標的になったりする危険があるとして、国民にロシアを訪問しないよう勧告した。

     国務省は10日、海外安全情報で「テロ、迷惑行為などの危険があるためロシアへの渡航を見直してください。危険性の高い地域も一部あります」と警告している。

    2
    続き

    ワシントンの通り名変更にロシア反発

     ワシントン市議会で、ロシア大使館前の通りの名称を、2015年に暗殺されたプーチン・ロシア大統領の政敵の名前に変更する法案が採択され、ロシアが強く反発している。

     市議会によると、ウィスコンシン通りのロシア大使館前の部分は「ボリス・ネムツォフ・プラザ」と呼ばれるようになる。

     これまでにも、敵対的な国の大使館の住所が挑発的なものにされたことはあるが、今回の変更にロシアの有力議員らは強く反発している。

    2
    続き

    極めて危険な幕引きとなった旧年

     悪党がいない世界では、過ぎ去る年は、子羊のようにおとなしく、遮るものといえば、偶発的な事件とか失望感だけで、消えていく。極めて特定な種類に属する厳粛な警告のように、2017年の最後の日は暴力、悲しみ、そして警報で終わった。場所はコロラド州デンバー郊外。そこで、いまだに動機が不明の1人の殺し屋が4人の警官を待ち伏せし、そのうちの1人の命を奪った。

     待ち伏せ事件には特別な悪意が込められている。それには、入念で悪意に満ちた計画と、罪もなく、不用心な犠牲者がセットになっている。薄気味悪い気持ちでデンバーに緊急出動が行われていた時、同じような悪意が、ウィチタのある家に特別機動隊(スワット)を誘い込んだ。そして、そこで罪の無い人が1人殺されたのだ。ウィチタの犠牲者は警官ではなかった。しかし、自分の家のドアを開けた罪のない男や、スワッティング(訳注:「凶悪犯人が立てこもっている」などと、虚偽の通報をして第三者の家に特別機動隊が派遣されるよう仕向けるゲーム)の方も失敗したのだ。

    2
    続き

    「汚泥を一掃」する人材探しに苦戦するトランプ氏

     汚泥のようなワシントンの官僚機構を一掃するのは容易ではない。トランプ大統領も政府をつくり直すために、ビジョンを共有する人材で政権の政治任用職を埋めることに依然苦労している。

     12月中旬の時点で、トランプ氏が政権のさまざまなポストに指名したのは496人。これはオバマ前大統領が1年目の同じ時期に指名した数より140人少ない。ブッシュ元大統領(子)の同じ時期と比べると232人も少ない。

    2
    続き

    イランの支援受ける民兵組織が連合形成

     イラクの有力イラン系民兵組織の指導者らが結束し、シーア派政治運動を形成しようとしている。5月の議会選でアバディ首相率いる現与党に取って代わることが目的だ。

     ムジャヒディン連合と名付けられたこの新会派には、バドル機関、ハザリ・ネットワークとしても知られるアサーイブ・アフル・ハック、カタイブ・ヒズボラなどのシーア派主導の民兵組織が参加している。人民動員軍(PMF)の旗の下で「イスラム国」(IS)と戦った組織だ。

    2
    続き