■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    【ウォルマート】年末商戦の目玉は店内イベント!社長もサンタクロースで自撮り接客?

     ■ウォルマートは1日、店内で商品デモンストレーションなどを行うイベントなど、今年の年末商戦の戦略を発表した。店内イベント「ロック・ディス・クリスマス(Rock This Christmas)」は11月~12月まで、国内に約3,500店を展開するスーパーセンターで開催する。11月4日(土曜日)の「トーイ・ザット・ロック(Toys that Rock)」ではキッズ向けに人気のオモチャや新玩具などのデモンストレーションを行う。

    4
    続き

    トランプ米大統領アジア歴訪、対中戦略の試金石に

     トランプ米大統領は5~14日に就任後初めてアジア5カ国を訪問する。核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮に対しては日米を中心とした包囲網を強化する方針で、各国に協力を求める考えだ。

    0
    続き

    【年末商戦】ついにオンラインストアが実店舗を抜く!地殻変動は店レイアウトに影響?

     ■全米小売業協会(NRF)は27日、年末商戦(11月~12月期)中にオンラインストアが実店舗をおさえて最も人気の購入先となるデータを発表した。オンラインストアがデパートメントストアやディスカウントストアなどを上回ったのは、NRFが統計を開始して以来初となる。NRFによると、調査会社プロスパー・インサイツ&アナリティクスが10月3日~10日に消費者7,349人を対象に行った調査では年末商戦の買い物をオンラインストアで計画しているとした人は59%に上った。オンラインストアは前年の57%から2ポイントの上昇となった。

    3
    続き

    オバマ任命判事には「平和の十字架」の大きさが問題

     国の歴史を消去するキャンペーンが続いている。単なるばかげた連中に代わって、間抜けらが登場して、暴虐が相次いでいる。フィラデルフィアにある米国第4巡回控訴裁判所の3人制の判事団は、知恵を尽くして、第2次世界大戦の戦死者の慰霊のために92年前に建立された40フィートの「平和の十字架」は「違憲だ」と判決を下した。

     それは公費で維持されているので、その記念碑は「宗教を支持するのに最大の効果を持っており、十字架はキリスト教の核心的象徴なので、過度に政府を宗教に巻き込んでいる。だから、教会と国家を分けている壁を壊しているのだ」と判事団は言った。従って、(政教分離原則・信教・表現の自由条項)憲法修正第1条に反していると言うのだ。

    0
    続き

    【マクドナルド】モバイルオーダー徹底解説!カーブサイド・ピックアップに贅沢感も?

    ■マクドナルドは今年3月、年末までに国内の約1.4万店にモバイル・オーダー&ペイを導入すると発表した。モバイル・オーダーはスマートフォンのアプリ経由で、注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れるサービス。

    5
    続き

    トランプ陣営選対元議長が出頭、ロシア疑惑で初訴追へ

     トランプ米政権とロシア政府の関係をめぐる疑惑で、大統領選でトランプ陣営の選対本部議長だったポール・マナフォート氏が30日、米連邦捜査局(FBI)に出頭した。米メディアは、モラー特別検察官の率いる捜査チームが近く起訴する方針としており、トランプ政権への打撃となることは必至だ。

    0
    続き

    【アマゾン】リアル店舗展開が550ヵ所!積極投資で利益薄もプライム会員獲得のため?

    ■ネット通販最大手アマゾンのリアル店舗展開がこの1年で急拡大している。アマゾンのリアル店舗はダークストアを含めると547ヵ所にも上っている。

    2
    続き

    安らかに眠れ、ジョンソン軍曹

    米コラムニスト キャサリン・パーカー

     よくないニュースが多い中、せめてものいいニュースがあるとすれば、ラデービッド・ジョンソン氏の名前を誰も忘れられなくなったことだ。

    3
    続き

    集中砲火浴びる米IT企業

    アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

    3
    続き

    【ターゲット】ギフトナウ!ギフトカードより温かくてプレゼントよりもハズレがない?

     ■今月、自分に誕生日があると想像してもらいたい。毎年のように誕生日プレゼントを送ってくれる家族や友人・知人がいる。誕生日の数日前、デパートからメールで事前にプレゼントの確認通知が届いたら、あなたはどう思うだろうか?メールには「あなたの誕生日プレゼントにAさんが〇〇を贈ります」とある。

    2
    続き

    日本でも増加する国際バカロレア(IB)の導入

     「在米親子にアドバイス」日米の教育事情 米日教育交流協議会(UJEEC)・代表 丹羽筆人

    0
    続き

    【ウォルマート】商品棚をスキャニングするロボット展開!欠品問題を解決できるのか?

     ■ウォルマートは26日、店内を動き回る在庫チェック・ロボットのテストを50店舗にまで拡大することを発表した。

    3
    続き

    メキシコの麻薬カルテルがドローン爆弾

     メキシコ警察は先週、手製爆弾(IED)と遠隔起爆装置を搭載した自爆ドローンを運んでいた男4人を発見した。アナリストらは、麻薬カルテルがドローン兵器化の方法を把握していることが明らかになったとみている。

     これは憂慮すべき事態であり、米国の治安機関のトップらが今年に入って議会に警告。テロリストらがドローンを使って米国内の標的を攻撃し始めることに懸念を表明していた。

    0
    続き

    【ウォルグリーン】600店閉鎖!独占禁止法をかわすもアマゾン効果で将来も閉鎖あり?

     ■ドラッグストアチェーンのウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは25日、同業のライトエイドの店舗取得に際し600店を閉鎖すると発表した。

    1
    続き

    中国人実業家・郭文貴氏巡り トランプ米政権内で対立も

     情報筋によるとセッションズ氏は、この春の会合で政府高官らに対し、郭氏が送還されることになれば辞任すると語ったという。政権内で郭氏をめぐって激しい対立が生じていることは明らかだ。

    3
    続き

    【アマゾン】留守宅のドアを開け宅配!画期的もサービス拡大が極めて厳しい理由とは?

    ■配達員が留守宅のドアを開けて宅配するサービスを、ネット通販最大手のアマゾンが始める。不在時でも配達員が屋内に注文品を届けることで再配達を減らし、置き配による盗難被害を解消する。アマゾンが25日に発表した「アマゾンキー(Amazon Key)」は、ニューヨークやロサンゼルスなど37都市に住むプライム会員に限定したサービス。

     アマゾン・キーの利用には、アマゾンが自社開発した防犯・監視カメラ「アマゾン・クラウドカム(Amazon Cloud Cam)」と互換性のあるスマートロック、専用アプリからなる「アマゾンキー・インホーム・キット(Amazon Key In-Home Kit)」を購入する必要がある。120ドルのアマゾン・クラウドカムを含むアマゾンキー・インホーム・キットは250ドル~となっており、取付工事は無料だ。なお互換性のあるスマートロックは今のところエール(Yale)とクィックセット(Kwikset)の3種類となっている。インホームキットは11月8日から発売予定。不在宅での宅配ではまず、利用者のアプリに宅配予定の通知が届く。

    2
    続き

    広がる和太鼓の絆

     ブラジルに住んでいると、各種イベントで日本の伝統芸能やお祭りなどに縁のある出し物に触れる機会が多い。中でも日系人やブラジル人に人気の高いのが和太鼓だ。

     記者は多くの太鼓演奏をブラジルで見てきたが、最も強く記憶に残っているのが、2008年6月に最大の都市サンパウロのサンバドロモ(サンバ会場)で行われた「千人太鼓」だった。

    2
    続き

    在キューバ米外交官の相次ぐ健康被害、トランプ政権は大使館閉鎖も検討

     キューバに駐在する米国の外交官やその家族らが相次いで聴覚障害や頭痛、めまいなどの健康被害を訴えている問題で、トランプ政権はキューバが外交官の保護を定めたウィーン条約に違反しているとして批判を強めている。米政府は駐キューバ大使館の閉鎖もちらつかせるなど、両国関係は悪化の一途をたどっている。(ワシントン・岩城喜之)

    0
    続き

    【アマゾン】注文から2分でリアルにピックアップできたインスタント・ピックアップ!

     ■ネット通販最大手のアマゾンはプライム会員(プライム・スチューデントも含む)を対象に注文後すぐ商品を受け取ることができるサービス「インスタント・ピックアップ(Instant Pickup)」をピックアップ拠点の6ヵ所で行っている。ピックアップ拠点は、アマゾンが大学のキャンパス内や学生街に展開している窓口。アマゾン・ロッカーの他、返品用の宛先をプリントする端末、梱包用デスク、梱包材、スタッフが常駐するアシスタント受付カウンターを備えている。

    2
    続き

    【グローサラント】スーパーのイートインは貧乏くさい?なら米国の最新事例を見せよう!

     ■日本でも最近、「グローサラント」がメディアで取りざたされるようになってきた。先月オープンした成城石井のトリエ京王調布店をはじめ、イオンやヤオコー、オーケーといった大手スーパーがグローサラントを取り入れたスーパーを続々オープンしているためだ。

    0
    続き

    アメリカの絵本『ヘイ、ユー!カミヤ~ポエトリー・スラム』

    著:Elizabeth Swados 画:Joe Cepeda

    ■アメリカの絵本をとおしてアメリカを知る■

    初出:週刊読書人 2017/8/25号

    1
    続き

    核搭載爆撃機の警戒態勢復活へ

     米空軍は、1991年の冷戦終結後初めて核搭載爆撃機の24時間警戒態勢を復活させる準備に取り掛かった。米軍事情報誌ディフェンス・ワンが22日、報じた。

     同誌によると「命令が出されれば、(戦略爆撃機)B52は冷戦終結後初めて、すぐに飛び立てる体制に戻り」、「長い間休眠状態にあった」複数の基地の滑走路に、完全装備のB52が常駐するようになるという。

    4
    続き

    【アプリ】リアル店舗アプリの利用が増加!アプリ演習のないアメリカ流通視察なんて?

     ■アメリカ小売業はアプリ販促に忙しい。スーパーマーケットでさえ自社アプリを店内で宣伝しているのだ。例えばニューヨークを中心に94店舗を展開しているウェグマンズは店内を無料Wi-Fiにしているだけでなくウェグマンズ・アプリを訴求している。

    0
    続き