■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    【トイザラス】経営破綻も選択肢!アマゾン・アプリをトイザラス店内で使う理由とは?

     ■CNBCなど一部メディアは6日、トイザラスの経営破綻の可能性を報じた。内部事情に詳しい匿名の話としてトイザラスは2018年に返済期限を迎える4億ドルの負債を処理するためカークランド&エリス法律事務所と契約した。100人以上の弁護士を抱えるカークランド&エリスは先日倒産したペイレスシューソースやジンボリーなどとも契約しており、数多くの企業の財政や経営の再建を成功させている。

    1
    続き

    神はトランプ氏を愛しているか

     実業家ドナルド・トランプ氏が第45代米大統領に就任して以来、大統領の発言がメディアを飾らない日はほとんどない。そして多くは少々シニカルで批判的な報道が多い。リベラルなメディアは、ヒラリー・クリントン女史がトランプ氏に敗北したという事実を今なお完全に咀嚼できず、トランプ新大統領のあら捜しを続けている。

    8
    続き

    【ウォルマート】レイアウェイに人気玩具リスト!オークションで3倍になっても買う?

    【ウォルマートの「2017年版キッズが選んだ人気玩具25品目(Top Rated by Kids top 25 toys)」に挙げられたフィンガーモンキーの「フィンガーリング(Fingerlings)」。ウォルマート・コムではソールドアウトとなっている。】

     ■ウォルマートは6日、年末商戦のお取り置きサービス「レイアウェイ(Layaway)」を1日から実施したことをを発表した。レイアウェイはサービス手数料と商品の頭金を支払い、60日~90日かけて残金を支払った上で商品を受け取るサービス。

    0
    続き

    国連対北制裁、核実験への制裁は重く厳しく

     北朝鮮が行った核実験をめぐって国連安全保障理事会緊急会合が開かれた。北朝鮮から核ミサイル攻撃の脅しを受けている米国のヘイリー国連大使は、トランプ政権による北朝鮮と取引をしている諸国への経済制裁強化の考えを支持し、かつてなく厳しい制裁を北朝鮮に科すことを主張した。可能な限りの追加制裁措置を盛り込んだ決議を採択すべきだ。

    石油輸出禁止が焦点

    1
    続き

    【米出生数】4万人減となる394万人!TAKAHIROと武井咲のベビーレジストリーを見たい?

     ■アメリカ疾病予防管理センターは6月30日、2016年の国内の出生数(速報値)が約394万人であったことを発表した。

    0
    続き

    置き去りにされているこれらのロケット

     米国政府は問題を抱えている。あまりにも多量のロケット・モーターの在庫を抱えているのだ。ヤード(不用品)・セールも役に立たない。それが入るだけの広さのある庭を持っている者などいやしないからだ。その上、1998年商業宇宙法は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に動力を供給したり、商業宇宙船を打ち上げるためにつくられたこれらのモーターを使用することを禁じている。政府としても「米国の宇宙打ち上げ産業のイノベーションに水を差すことを望んではいない」。

     にもかかわらず、2017年国防権限法(NDAA)は、会計検査院(GAO)が、これらのモーターが政府に値札を付けさせる労を取らせるだけの価値があるのか、それに、いくらぐらいの価値があるのか、計算するように求めている。これらのロケット・モーターは、平和目的の通信衛星や地球観測衛星を軌道に乗せるために使うことはできよう。連邦議会はまだ、そのための販売を解禁するかどうか、決定していない。兵器は世界中のいかがわしい連中に売られているが、なぜロケット・モーターは売ることができないのか。

    0
    続き

    コロンビア、第2の左翼ゲリラ停戦合意

     南米コロンビア政府は4日、同国第2の左翼武装ゲリラ組織、民族解放軍(ELN)と一時的な停戦合意に至ったと発表した。停戦開始は10月1日で、来年1月12日までの102日間が当面の合意内容だが、今後の交渉による延長が期待されている。同国政府とELNが停戦合意したのは、半世紀以上の内戦で初めて。

     親キューバ系のELNは1965年に設立、約1500人の構成員。

    0
    続き

    オバマ氏の「戦略的忍耐」の結果

     米国の大統領は1期4年、最長2期、8年間だ。この8年間を長く感じるか、短いと思うかは人それぞれだろう。ロナルド・レーガン大統領(任期1981~89年)は8年間の任期を終える時、「どうして米国大統領の任期は8年しかないのかね」と側近に不満を吐露したと聞いたことがある。

    1
    続き

    【アルタ・ビューティ】成長率に若干陰り!「SNS展開で成功している」には注意も

     ■アルタビューティの成長に若干の陰りが見え始めており、高い成長率を今後も維持できるのかと市場は冷めた目を向けている。

    0
    続き

    幼稚園でトランスジェンダー教育

     米カリフォルニア州のチャータースクール、ロックリン・アカデミーの幼稚園で、保護者に事前に知らせることなく、心と体の性別が異なるトランスジェンダーの教育が行われていたことが問題視され、一部で子供を退園させるなどの騒ぎとなっている。

    0
    続き

    北の脅威に「軍事対応」も 、米国防長官が強く警告

     トランプ米大統領は3日、北朝鮮による6回目の核実験を受け、安全保障チームによる緊急会合を開いて対応を協議した。会合後、マティス国防長官は記者団を前に声明を読み上げ、「米国はいかなる攻撃からも自国、同盟国の韓国、日本を守る能力を有することは明らかで、われわれの関与は鉄壁だ」と強調。また、「米国、グアムを含む米領や同盟国に対するいかなる脅威も大規模な軍事的対応に直面する。効果的かつ圧倒的な対抗措置を取る」と述べ、北朝鮮に対して強く警告した。

    0
    続き

    【アマゾンブックス】コーヒーショップ併設型NY新店!日本の本屋にはできないこと?

     ■ネット通販最大手のアマゾンは29日、同社のリアル書店「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」をNYヘラルドスクエア地区にオープンした。11店舗目となるアマゾン・ブックス(7 W34th St New York NY 10001)はエンパイア・ステート・ビルディングの前にあり、ニューヨーク市内では5月にオープンしたコロンバス・サークルに続いて2店舗目となる。

    3
    続き

    トランプ大統領、減税案承認へ議会に圧力

     議会共和党内で対立が生じた騒々しい夏を経て、トランプ大統領は30日、長らく待ち望んでいた減税を求める行動を開始した。この動きは、共和党議員を結束させるとともに、協力を得るのが難しい保守州の民主党議員への圧力となりそうだ。

     民主党のクレア・マカスキル上院議員の地元ミズーリ州を訪れた大統領は、未完成の税制改革案の概要を明らかにし、同案を雇用と繁栄をもたらす「基盤」だと主張した。大統領は有権者に対し、今秋、自らに協力しない議員には罰を与えるよう呼び掛けた。

    0
    続き

    バノン辞任後の米国政局に関する見通し

    バノンの更迭は共和党保守派からの支持にほとんど変化を及ぼさないだろう

     筆者は、バノン氏はそもそも砂上の楼閣であって「黒幕でも何でもない」ことを繰り返し述べてきました。バノン氏を思想的支柱だとか、黒幕だとか、言っていた人たちは、米国政治のことをほぼ何も理解していない人たちだと言えます。

     トランプの黒幕?スティーブ・バノンの微妙な立ち位置(2017年3月21日)

    3
    続き

    ハリケーン、世界のエネルギー価格にも影響

     テキサス、ルイジアナ両州を直撃したハリケーン「ハービー」が30日になってようやく去ろうとしている一方で、その余波がエネルギー市場に及ぼうとしている。アナリストらは、その影響は世界中に及ぶことになるとみている。

     30日も豪雨による製油所、石油掘削リグの閉鎖は続き、テキサス州ポートアーサーにある米国最大の製油所が洪水によって30日、閉鎖に追い込まれた。ハービーは国内のエネルギー生産拠点に大きな被害をもたらした。そのため、被災地以外の地域の米国人も、ガソリン価格の上昇という形でハリケーンの被害を受けることになる。

    0
    続き

    【ミールキット】地方スーパー参戦!典型的な日本のラーメンはミールキット販売不可?

     ■ミールキット・サービスのブルーエプロン・ホールディングスは6月29日、ニューヨーク証券取引所に上場した。

     初日の終値は新規株式公開(IPO)価格と同じ10ドル。ミールキットとは料理がすぐに調理できるよう、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料のみがセットされたもの。食材を洗ったり皮をむく手間もなく同封レシピに従って調理すれば20分で高級レストラン並みの食事を楽しめる。

    0
    続き

    地球の裏側の盆踊り

     日本とは気候や時間帯、文化や人種構成も大きく違う、地球のほぼ裏側に位置するブラジル。日本と行き来しようとすれば、サンパウロなどの主要都市からでも30時間近い旅程を覚悟する必要があり、日本人にとってはなかなか馴染(なじ)みのない国ではある。

    0
    続き

    米で北朝鮮の核容認論が拡大

     米国内で北朝鮮の核保有容認論が徐々に広まっている。大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を止められない手詰まり感もあり、北朝鮮の核保有を条件付きで認め、国際社会で厳しく監視する方が現実的だとの考えからだ。ただ、核保有を認めれば米国に対する信頼性が低下するほか、テロ組織に核兵器が流出する可能性も指摘されており、これまでのところトランプ政権高官は容認を否定している。(ワシントン・岩城喜之)

    1
    続き

    南米ベネズエラ、国内分裂・内乱の危機

     中南米の主要国の一つ、ベネズエラが国家崩壊の危機にある。経済破綻への道を進む中、政治面でも反米左派マドゥロ政権が強権独裁に舵(かじ)を切り、混乱は増すばかりだ。 (サンパウロ・綾村 悟)

     ベネズエラは世界最大の原油埋蔵量を誇る石油大国だ。1970年代の石油ショック時には、「南米のサウジアラビア」と呼ばれるほどの富を原油で稼ぎ出した石油輸出国機構(OPEC)の主要国でもある。

    1
    続き

    アフガン増派、国際的なテロ抑止につなげよ

     トランプ米大統領がアフガニスタンへの米軍増派を承認した。増派は4000人規模とみられ、現在駐留中の8400人に追加される。トランプ氏は「早期撤退」を強調してきた過去があるが、増派は対アフガン戦略の転換を意味する。

    攻勢強めるタリバン

    0
    続き

    トランプ米政権、対中国政策に変化も

     トランプ米大統領の側近だったスティーブ・バノン大統領首席戦略官・上級顧問の辞任は、対外政策にどのような影響を及ぼすのか。「米国第一」政策の主導者が退場したことで、外交・安全保障政策もより現実的な方向に向かうとの見方がある。一方で、トランプ政権屈指の対中強硬派がいなくなり、中国との協調を重視する勢力の影響力が強まることも予想される。(編集委員・早川俊行)

    1
    続き

    米軍、トランスジェンダー禁止へ

    性転換費負担も取りやめ

    米軍入隊でトランプ大統領

     トランプ米大統領は25日、心と体の性別が異なるトランスジェンダーについて、米軍への新規入隊を禁じる文書に署名した。すでに米軍に所属しているトランスジェンダーの性転換手術費用を軍が負担することも禁じた。

    10
    続き

    米民主党全国委員会ハッキング事件の原因に疑念強まる

     昨年、米民主党全国委員会(DNC)のコンピューターがハッキングされ、民主党がバーニー・サンダース氏よりもヒラリー・クリントン氏をひいきしていることを示す数千通の電子メールがウィキリークスによって暴露された。ハッキングはロシア工作員によって実施されたというのが社会通念になっているが、これが厳密な調査の対象になっている。

     以前は異端、過激と考えられていた説が、主流になり始めた。国家安全保障局(NSA)や中央情報局(CIA)の元当局者たちから成る著名なグループが、2016年大統領選を揺り動かしたハッキング事件は、実際はハッキングではなく、DNCのコンピューターネットワークに物理的にアクセスできる内部関係者によるリークだったと主張しているためだ。

    0
    続き