■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    フロリダ銃撃、ディックスでアサルトライフル販売を停止

     企業は、フロリダ州での銃撃事件を受けた銃規制政策の変化に素早く対応しようとしている。警察発表によると、フロリダ州の学校で2月14日に起きたこの事件で、半自動小銃が使われており、ディックス・スポーティング・グッズは28日、このような人気の高い半自動小銃の販売を停止することを明らかにした。

     銃規制を支持する活動家らは、この対応を歓迎、銃に関する議論を変えていくための新たな一歩だと主張している。

    5
    続き

    ベネズエラ、大統領選の日程を延期

     南米ベネズエラの全国選挙評議会(CNE)は1日、4月22日に予定していた大統領選挙を5月20日に延期したと発表した。

     反米左派マドゥロ大統領の任期満了に伴う大統領選挙では、日程などをめぐる混乱が続いている。選挙は当初、今年12月に予定されていたが、ベネズエラの中央選管に当たるCNEは選挙の前倒しを発表、野党連合「民主統一会議(MUD)」からの強い抗議にもかかわらず、日程変更を強行していた。

    0
    続き

    ホワイトハウスから排除されるトランプ一族の影響力

     ジャレド・クシュナー大統領上級顧問が最高機密情報の取り扱い資格を喪失することになりました。ワシントンポストによると、中国などの最低4カ国がクシュナー上級顧問を通じて影響力を行使しようとしたことを米情報機関が問題視したことが原因となり、情報の取扱いにおける新方針によって、最高機密を取り扱う正式な資格を得ていないクシュナー上級顧問は情報に目を通すことができなくなりました。

     トランプ政権は政権発足当時からホワイトハウス内での内紛が絶えず、当初はトランプ氏が連れてきたクシュナー上級顧問らのリベラルな勢力と、スティーブ・バノン首席戦略官(当時)がお互いに牽制し合い、その力関係が目まぐるしく変わる状況となっていました。ラインス・プリーバス前首席補佐官は、それらの勢力争いを必ずしも統率できている状況にはなく、そのマネジメント能力が問題視されたことで、現任のケリー首席補佐官が国土安全保障省長官から横滑りする形でホワイトハウスに規律をもたらす役割を果たすことになりました。当初、ホワイトハウス内では権力闘争と縁故主義によって十分な機能が発揮されていないと見られていましたが、ケリー首席補佐官、マクマスターNSC議長、マティス国防長官ら軍人が重しとなることで秩序を取り戻すことになりました。

    23
    続き

    盛り上がらないブラジル大統領選

     南米の大国ブラジルの大統領選は、地域の外交や経済に影響を与えるだけに、その動向はブラジル国内のみならず近隣諸国にも注目されるものだ。

    1
    続き

    西半球最大規模のトイ・フェア大盛況 日本の乳幼児向け玩具メーカー 「ピープル社」も出展

    ミッドタウンのジャビッツ・コンベンション・センターで17日から20日まで、西半球最大規模の玩具見本市「トイ・フェア」が開催された。同見本市は今年で115回の開催を誇る。会場には1000社を超える玩具メーカーが出展、3万人を超えるおもちゃのプロが集まり、世界各地から7000人を超える買い付け担当者が参加した。

    1
    続き

    トランプ米政権、「力による平和」へ国防費増額

     トランプ米政権は、先月12日に2019会計年度予算の大枠を示す予算教書で国防費を前年比約7・4%増の6760億㌦に増額した。軍の規模縮小を進めたオバマ前政権の政策を転換させ、「力による平和」を目指す姿勢を明確にした。一方で、トランプ氏が目指す軍の再建を軌道に乗せるには、今後、予算管理法が定めた国防費上限を撤廃できるかが課題だ。(ワシントン・山崎洋介)

    0
    続き

    FBIの失態

     警察官の運命は、めでたいことだけではない。ここのところ、連邦捜査局(FBI)にとっては、惨めな日が続いている。そこは、派手な政治的捜査というへまをやったと言って、責められ、傷ついていた。そして、また、旧弊なメディアが一斉に、フロリダの子供たちに対して大量殺戮(さつりく)が行われた件でドナルド・トランプと銃を攻撃しようと構えていた、ちょうどその時に、FBIが、今回の筆舌に尽くし難い悲劇を防ぎ得た可能性のある警告を無視したことが発覚したのである。

     FBIは1月初めに、フロリダ州のパークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で17人――そのほとんどすべてが生徒たち――を殺害して告訴されている19歳の男、ニコラス・クルーズが、ありったけの銃を集めていて、人々を殺害したいという欲求を表に出しながら、不安定な振る舞いをし、そしてソーシャルメディアに不穏なメッセージを投稿していると、教えてもらっていたのである。情報提供者はクルーズは学校を襲うだろうと心配していたというのだ。

    5
    続き

    違法操業の中国漁船にアルゼンチン沿岸警備隊が威嚇射撃

     アルゼンチン沿岸警備隊は24日、同国海域で違法操業していた中国漁船に向けて威嚇射撃を行っていたことを発表した。

    1
    続き

    北船舶取り締まり、米「有志連合」検討

     米政府は、制裁に違反し北朝鮮へ物資を供給する船舶を取り締まるため各国海軍から成る「有志連合」設置案を検討している。大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)の枠組みを拡大し、中国を参加させることが柱だ。米政府に近い筋が明らかにした。

    1
    続き

    【クローガー】LAのスーパーでスキャン、バッグ、ゴー!食品スーパーの革命的IT?

    ■全米最大手スーパーマーケットチェーンのクローガーは、ラルフスなど傘下のスーパーマーケットでセルフスキャニング端末「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」の導入を行っている。スキャン、バッグ、ゴー(SBG)は、店内にあるスキャニング端末で商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。スキャニング端末のバーコードを読み込ませることで、端末とレジを同期させ簡単に会計ができる。買い物をしながら商品をそのままエコバッグに詰め込み、商品の合計金額の確認も常に可能だ。スキャニング端末だけでなく、モバイル・アプリの「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」もスマートフォンにダウンロードして使用できるようになっている。ただ、ウォルマートのスキャン&ゴーと異なり、アプリ上での決済はできず、レジと同期して会計する仕組みとなっている。クローガーはSBGをジョージア州アトランタやインディアナ州インディアナポリス、テキサス州ダラスとヒューストン地区等に展開するクローガーに、傘下のスーパーマーケットではカンサスのディロンズ、ポートランドとオレゴンのフレッドマイアー、フェニックスのフライズ、デンバーのキング・スーパーズ、ユタやソルトレイクシティのスミス、シアトルのQFC、ロサンゼルスのラルフスにも拡大中だ。南カリフォルニアに200店舗近くを展開するラルフスでは2月21日、ロサンゼルス郊外のスタジオシティ地区にあるラルフス・フレッシュフェア(10901 Ventura Blvd Studio City, CA 91604)にSBGを導入した。また3月7日にはロサンゼルス国際空港から15分の距離にあるラルフス・レドンドビーチ店(1413 Hawthorne Blvd, Redondo Beach, CA 90278)にも導入されるという。なおラルフス・レドンドビーチ店はサウスベイ・ギャラリアSC近くにあり、徒歩圏内にスプラウツ・ファーマーズ・マーケットも展開している。  今日はラルフス・フレッシュフェア・スタジオシティ店で導入されたSBGを画像と共にレポートする。

    8
    続き

    【PTV RADIO:011】ロシアゲートでコケるのか?トランプ暴露本を渡部恒雄氏が“暴露”する

      アメリカのシンクタンクに長年いてアメリカ政治と日米外交をつぶさに見てきた渡部恒雄氏(笹川平和財団上席研究員)がトランプ政治を解説する。 (対談の音声を公開!)

     

     

    ———————————->> 本記事音声(iPhone用アプリで再生)

    Podcast: Play in new window | Download

    Subscribe: iTunes | Android | RSS

    8
    続き

    対露防衛体制の弱点は大統領

    アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

     アメリカの司法省は2016年の大統領選挙に不当に介入し、トランプ候補(当時)を支援した容疑でロシア人13人およびロシア3企業を起訴した。ロシアによるアメリカの選挙への介入疑惑を調査しているロバート・モラー特別検察官の調査報告に基づくものである。

    1
    続き

    税制改革への支持が拡大

    米コラムニスト マーク・ティーセン

     共和党が多数派の連邦議会で昨年12月、税制改革が承認された時、ほとんどの民主党員は、共和党にとって政治的失敗だと思っていた。ニューヨーク・タイムズ紙の調査でも、改革を支持したのはわずか37%だった。民主党のシューマー上院院内総務は誇らしげに「国民の支持を得ていない減税法案を通過させるとは、共和党もやるもんだね。こんなことは過去になかった」と揶揄(やゆ)した。

    5
    続き

    米、北に「過去最大」の制裁

     米政府は23日、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮による国連安保理決議の制裁逃れの密輸に関わった56の船舶や海運会社などに対する新たな制裁措置を発表した。トランプ大統領は、ワシントン郊外で開かれた「保守政治行動会議(CPAC)」の年次総会で演説し、「過去最大の制裁を科した。前向きな効果が出ることを望む」と述べた。

    1
    続き

    米司法省、サイバー攻撃に備えタスクフォース

     司法省は省内全体にわたるタスクフォースを組織し、敵勢力がインターネットを使っていかに米国の選挙に介入したり、重要インフラを攻撃したりする可能性があるかを調査する。セッションズ司法長官が20日、明らかにした。

     セッションズ氏は「インターネットは、働き、通信し、経済活動に参加するのを支援する新しいツールを提供してくれた。しかし、これらのツールは、犯罪者、テロリスト、敵国に悪用されることもあり得る。司法省は、これらの脅威を深刻に受け止めている。きょう、サイバーデジタル・タスクフォースを設置し、これらの脅威に対抗し、米国民の安全を守る最も効果的な方法を私に助言するよう命じたのはそのためだ」と述べた。

    5
    続き

    ベネズエラ、野党が大統領選ボイコット

     4月22日に大統領選が予定されている南米ベネズエラで、野党連合の「民主統一会議(MUD)」は21日、「公正な選挙が行われる状況にない」としてボイコットする方針を発表した。これにより、反米左派の現職ニコラス・マドゥロ大統領の再選が確実となった。

    0
    続き

    米製兵器の売却促進へ新指針

     米政府による国外への米国製兵器売却を大幅に増加させる計画の立案が最終段階に差し掛かっている。米政府当局者らが明らかにした。これによって、米軍需企業からの兵器購入を制限されてきた東欧、東南アジアの国々でも、大規模な兵器購入への道が開かれる。

    3
    続き

    ロシアゲートでコケるのか?トランプ暴露本を渡部恒雄氏が“暴露”する

    専用FBページ:https://www.facebook.com/kokueki/

     アメリカのシンクタンクに長年いてアメリカ政治と日米外交をつぶさに見てきた渡部恒雄氏(笹川平和財団上席研究員)がトランプ政治を解説する。

    パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

    84
    続き

    リオのカーニバル―暴力、汚職!ブラジルの負を風刺したチームが優勝

    優 勝 ベイジャ・フロール(BEIJA-FLOR)

    準優勝 パライゾ・ド・トゥイウチ(PARAISO DOTUIUTI)

    3 位 サウゲイロ(SALGUEIRO)

     南米ブラジルのリオデジャネイロで17、18日の2日間、スペシャルパレード(11、12日開催)の上位入賞チームによる「チャンピオンパレード」が行われた。

    3
    続き

    【HEB】アマゾンゴーに対抗でHEBゴー!芦田愛菜が母親になる頃の食品スーパー?

    ■テキサス州などに400店舗近くスーパーを展開するHEBはアプリを通じてレジに並ばず買い物の代金を決済するサービスを試験実施している。レジなしコンビニのアマゾンゴーや同種のサービスで先行する競合スーパーのクローガーやウォルマートに追随する。「HEBゴー(HEB Go)」と名付けられたセルフ・モバイル・チェックアウト・サービスは、ウォルマートの「スキャン&ゴー(Scan & Go)」と同様、スマートフォンにダウンロードした専用アプリでお客が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。決済はアプリに登録しておいたクレジットカードやデビットカードで行う。アプリと店のレジと同期することでレジでの支払い(現金等)も可能となる。HEBゴーはサンアントニオ地区にあるサウス・フローレス・マーケット店(516 S FLORES STREET SAN ANTONIO, TX 78204-1217)とディ・ザバラ店(12777 IH 10 WEST SAN ANTONIO, TX 78230-1014)の2店のみのテスト展開となっている。今のところテスト展開の拡大の予定はないという。

    7
    続き

    トランプ米大統領が手掛ける地下高速鉄道敷設にケチつけるNW日本版

     トランプ米大統領が計画する、ニューヨークとシカゴ(約1200キロ)をトンネルで結び、5時間足らずで移動できる高速鉄道敷設について、ニューズウィーク日本版(2月13日号)が「『夢の超高速鉄道』は落とし穴だらけ」(タイトル)とこき下ろしている。

    0
    続き

    予想以上に多かった胎児性アルコール障害

     胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)にかかる子供がこれまで考えられていたよりも多いことが、最新の研究から明らかになった。研究で、発育不全、臓器や脳の損傷、認知・行動の問題などの症状を持ちながら、診断未確定の子供が数多くいることが浮き彫りになった。

     子供の約1%がFASDにかかっていると考えられていた。しかし、研究によると、実際にはその割合は10%にも達する可能性がある。

    5
    続き

    米国のスクールシュ―ティング

     米国南部フロリダ州のパークランドの高校で14日午後、銃乱射事件が起き、17人が死亡、少なくとも15人が負傷した。犯人は犯行があった高校の元生徒ニコラス・クルーズ(19)で犯行後、警察官に拘束された。容疑者は犯行を認めているという。地元警察当局は犯行の動機などを慎重に捜査中だ。

    5
    続き