■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    米同時テロ被害者補償基金を延長 トランプ氏が法案に署名

     トランプ米大統領は29日、2001年9月11日の同時多発テロに起因する負傷や家族の死、病気などの損害を補償する被害者補償基金を2090年度まで延長する法案に署名し、成立させた。

     トランプ氏は、ホワイトハウスで開催した署名式で同時多発テロに起因するがんや病気による死亡者数は2000人以上になったと述べ、「われわれは、今も影響を受ける遺族に寄り添うことを誓う」と強調した。

    0
    続き

    米大統領選、民主きょう2回目討論会

     2020年の米大統領選に向けた民主党候補者による2回目の討論会が30日(日本時間31日)、2日間の日程で始まる。前回に続いて、支持率や資金集めで一定の条件を満たした20人が論戦を闘わせる。

    0
    続き

    注目の米民主党新人女性4議員

    アメリカンエンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

     米ノースカロライナ州で開催されたトランプ大統領の再選決起集会で支持者たちが「彼女を追い返せ」と叫び続けた。憎しみに満ち溢(あふ)れた叫びの対象はイルハン・オマール下院議員(民主党)。昨年の中間選挙で選出された初のソマリア系女性議員で初のムスリム議員2人のうちの1人である。

    4
    続き

    【アマゾン・ブックス】最新店は電子棚札も!ロッカー併設リアル書店でみた問題点は?

    ■アマゾンは今年3月、コロラド州デンバー近郊のチェリーク・リーク地区にアマゾンのリアル書店「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」をオープンした。19店目となるアマゾン・ブックスは4.000平方フィート(約110坪)。

    アマゾン・ブックスは実は昨年にオープンした一部の店舗から従来のアマゾンブックスとは異なる展開を行っている。

    0
    続き

    米大統領、コーツ情報長官の辞任発表

     トランプ米大統領は28日、ツイッターで、コーツ国家情報長官(76)が8月15日付で辞任すると発表した。後任にはジョン・ラトクリフ下院議員(53)を指名すると明らかにした。コーツ氏はロシアや北朝鮮、イラン情勢をめぐってたびたびトランプ氏と意見の食い違いを見せていた。

    0
    続き

    トランプ大統領の手のひらの上で転がされる米国政局

     米国下院本会議は、7月25日にトランプ大統領が指示する超党派予算・債務上限合意案を可決し、同案は上院に送付されて早々に可決する見通しとなっている。予算は政治そのものであり、この出来事はトランプ大統領の政局運営手腕の辣腕ぶりを示す「取引の芸術」が披露されたものと言える。

     今回下院を通過した予算案は、既存の予算上限を裁量的支出が約3200億円上回るものであり、債務上限引き上げに反対する共和党下院議員らから強烈な反対に直面した。実際、共和党議員197人中132人が反対票を投じており、予算が成立した理由は野党民主党の多くの議員が賛成に回ったからである。トランプ政権の野党との表面的な対立を眺めているだけでは理解できない現象だ。では、なぜこのようなことが可能だったのだろうか。

    1
    続き

    サンダース陣営で労組の反乱

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     バーニー・サンダース上院議員は今年に入って、大統領選挙戦の自らの陣営に歴史上初めて、労働組合を取り入れたと自慢気に発表した。そして、労働組合の反乱に遭う歴史上初めての大統領候補になった。

    1
    続き

    ファーウェイは「国家権力の道具」

     共和党のマルコ・ルビオ上院議員は記者(ビル・ガーツ)とのインタビューで、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は「国家権力行使の道具」であり、米国の安全保障にとって脅威だと改めて主張、米政権が課している取引の制限を法制化することに自信を示した。

    2
    続き

    トランプ大統領の人種差別的ツイートの真の意味

     トランプ大統領が7月14日に行なった四人の民主党女性下院議員に対する人種差別的と思われるツイートが、世界的と言って良いほど問題になっている。しかし、それには重要な裏の真の意味があるのである。

     事の起こりはNYTが7月13日に配信した“Top Ocasio-Cortez Aide Becomes a Symbol of Democratic Division”によれば、その約2週間前に四人の女性議員―最近は“分隊”とも呼ばれているーの指導者的立場にいるアレクサンドラ=オカシオコルテス下院議員の首席補佐官チャクラバティ氏のツイートに遡る。それは民主党主流派が、トランプ大統領の国境警備政策に融和的とも思える法案に賛成したことを批判し、かつての南部民主党が人種差別的だったことと同じであると述べた。このツイートの対象になった議員の中心人物の一人は北米原住民系の女性議員だった。そこでチャクラバティ氏こそ人種差別主義者だというような批判も起こった。

    1
    続き

    【Amazon Go】4店がカミングスーン!1階がレジなしコンビニとなる賃貸マンション?

    ■ネット通販最大手のアマゾンは22日、レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴー(Amazon Go)を3店オープンすることを発表した。

    2か月前からオープン間近となっているサンフランシスコのエンバーカデロセンター店を含めるとキャッシャーレスストアは17店舗となる。

    0
    続き

    米国、中露の軍事関係強化に懸念

     「領空」侵犯したロシア軍機への韓国軍機による警告射撃で、両国間に緊張が高まったが、米国では、中露の軍事面での関係強化が、東アジアでの地政学的情勢に大きな影響を及ぼすのではないかと懸念されている。

     ロシア・メディアによると、ロシアのTU95爆撃機2機と中国のH6爆撃機2機が、東シナ海、日本海で合同演習を実施した。両国空軍による長距離演習は今回が初めてだ。

    1
    続き

    エスパー米国防長官就任

     米上院本会議は23日、マーク・エスパー陸軍長官(55)を国防長官に充てる人事を賛成90票、反対8票の圧倒的多数で承認した。エスパー氏は同日、ホワイトハウスで宣誓し、就任した。マティス前国防長官が辞任してから半年以上にわたって続いた長官の不在が解消された。軍事力を拡大する中国、ロシアへの対応や緊張が続くイラン情勢において舵(かじ)取りを担うことになる。

    1
    続き

    トランプ発言を機に 米兵の命と家族にも思いを

     トランプ米大統領が、日米同盟破棄は否定したものの、安保条約が片務的で不平等だと強い不満を述べた直後に始まった参院選挙戦。だが世論の関心も政党の議論のテーマでも、外交・安保は2000万円以下だった。

     安倍首相の改憲論に対し、共産党は「平和憲法下、戦争で1人も殺さず殺されてもいない。改憲は米軍のため日本人が死ぬ様にすることだ」との超原理主義論をぶつけたが、他の野党は柳に風だった。

    10
    続き

    【HEB】地方の食品スーパーもシリコンバレー型デジタル&オープンオフィスを開設!

    ■アイオワ州など中西部に約240店のスーパーマーケットを展開するハイヴィーは一作年秋、本社があるアイオワ州ウェスト・デモインズの近くにIT部門のオフィスを開設した。

    これに続いてテキサス州などに約400店の食品スーパーを展開するHEBもデジタル・イノベーション・ラボのオフィスをオープンしたのだ。

    0
    続き

    トランプ陣営、ストロー販売で20万㌦調達

     再選を目指すトランプ米大統領陣営は22日、プラスチック製ストローの販売で、4日間で20万㌦以上の資金を調達したことを明らかにした。

     販売されている「公式トランプ・ストロー」は、再生可能プラスチック製で10本15㌦(約1600円)。赤地に「トランプ」の文字が刻まれており、米国製という。

    1
    続き

    NAFTA離脱の脅しやめよ

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     まただ。トランプ大統領はまた、民主党が新たな「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」を承認しなければ、北米自由貿易協定(NAFTA)から離脱すると脅している。この脅しは、自由貿易を支持する共和党員にとっては懸念材料かもしれない。

     しかし、トランプ氏の実績とすることなくNAFTAを葬り去りたい反NAFTAの民主党員らにとっては、悪いことばかりでもない。

    1
    続き

    【トイザラス】ビジネスモデル2.0で復活!体験型はマイナスイメージでも継続可能か?

    ■企業清算で昨年、全店を閉鎖したトイザラスが復活する。トイザラスの商標権を保有するツルーキッズ(TRU Kids)は18日、IoTのショールームを展開するベータ(B8ta)と提携してトイザラスを2店舗オープンすることを発表した。

    トイザラス2.0とも言われる新生トイザラスは、ベータと同様にクラウドファンディングなどで開発された商品を子供がデモンストレーションできる体験型店舗となる。

    0
    続き

    トランプ氏、日韓関係打開へ協力の用意

     トランプ米大統領は19日、ホワイトハウスで記者団に、韓国の文在寅大統領から、悪化している日韓関係の改善に向けて協力を要請されたと明らかにした。トランプ氏は、「日韓双方が望むなら関与するだろう」と述べ、日本側からの要請もあれば仲介する用意があることを示した。

    0
    続き

    中国のウイグル弾圧、米国務長官「世紀の汚点」

     ポンぺオ米国務長官は18日、米国が主催した信教の自由に関する閣僚会合で演説し、中国によるウイグル系イスラム教徒への弾圧について、「現代における最悪の人権危機が中国で起きている。まさに世紀の汚点だ」と非難。世界で信教の自由を促進する新たな国際機関「国際宗教自由同盟」を創設すると発表した。

    4
    続き

    女子競技への「男子」参加は不公平 米の16歳選手ら

     米国で心と体の性別が一致しないトランスジェンダーの権利を擁護する動きが広がる中、「生物学的な男性」が女子のスポーツ競技に参加することに反対の声が上がっている。東部コネティカット州の高校に通う女子選手ら3人は先月、身体的な優位性を持つ「男子」が女子競技に出場することで公平な競争の機会を奪われているとして、代理人を通じて連邦教育省に不服を申し立てた。(ワシントン・山崎洋介)

    7
    続き

    コパ・アメリカの熱気に触れて

     南米サッカーの祭典「コパ・アメリカ」が7日、開催国ブラジルの優勝で閉幕した。南米は欧州に並ぶサッカーの本場でもあるだけに、今大会も数々の名勝負を生み出したが、現地で感じたのは南米のサッカーファンの「熱」だ。

    0
    続き

    中距離ミサイル開発で中露に対抗

     トランプ米大統領から次期国防長官に指名されたマーク・エスパー陸軍長官の指名公聴会が16日、下院軍事委員会で開かれた。

     エスパー氏は中露に対する米軍の優位性を維持するために、人工知能の開発やサイバー戦能力の向上を図る必要性を強調。中距離核戦力(INF)全廃条約が8月に失効することを受け、中距離ミサイルの開発を進める考えも示した。

    1
    続き

    米大統領、次期国防長官にエスパー氏を正式指名

     トランプ米大統領は15日、次期国防長官にエスパー長官代行兼陸軍長官を正式に指名した。昨年12月にマティス前長官が辞任してから国防長官のポストは半年以上空席が続いている。

     就任には上院の承認が必要となる。来週にも指名についての公聴会が開かれる予定。エスパー氏の指名にに伴いスペンサー海軍長官が同日、国防長官代行に就任した。

    1
    続き