«
»

北米・中南米 rss

バイデン氏 「国民の結束」訴え

 11月の米大統領選に向け、野党民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)は20日、地元の東部デラウェア州からオンラインで党全国大会に参加し、指名受諾演説を行った。バイデン氏は、共和党のトランプ大統領(74)が怒りや分断を招いていると批判し、「国民が結束する時が来た」と訴えた。

1
続き

米海軍原子力艦艇、造船所の老朽化で整備に遅れ

 米海軍の原子力艦艇を支えている国有造船所の老朽化で、艦艇の整備が追い付かず、トランプ政権が進める中国など「列強との競争」に支障が出る可能性が指摘されている。

 保守系シンクタンク、ヘリテージ財団によると、海軍が保有する原子力船は、空母11隻、攻撃型原潜51隻、弾道・誘導ミサイル潜水艦が18隻。これらは、4カ所の国有造船所で整備されているが、修復・メンテナンス計画の未処理分が48億ドルあり、海軍は現在の能力維持に困難を来しているという。政府監査院(GAO)によると、未処理分の消化には20年かかる。

3
続き

民主党大会 副大統領候補にハリス氏

 米民主党大会は3日目の19日、カマラ・ハリス上院議員(55)を副大統領候補に正式に指名した。ハリス氏は父親がジャマイカ出身、母親はインド出身で、二大政党で黒人女性が副大統領候補に指名されたのは初めて。大統領候補に指名されたジョー・バイデン前副大統領(77)と共に11月の大統領選に臨む。

2
続き

森林火災で避難する鳥たちーブラジルから

 ブラジル中西部、パラグアイとの国境近くにある世界最大の湿地帯で、世界自然遺産として知られるパンタナール。最近、パンタナールの近隣都市で普段は見掛けない鳥を見掛けることが多くなったという。

 その理由は森林火災だ。通常、森林火災のピークは乾期の7月から9月になるが、すでに史上最悪と言われた昨年を上回るペースで火災が発生している。

4
続き

中国7大学との連携に警鐘、共同研究を利用し軍近代化 米シンクタンク報告書

 米国の学者は、中国軍とつながりの深い中国の学者との共同研究を続けることで米国の国益を損ねている――。米シンクタンク、フーバー研究所は最近発表した報告書でこう警告した。米社会の開放性を利用して軍の近代化を図る中国に対する米国の警戒感は一段と高まっている。 (ワシントン・山崎洋介)

4
続き

森林火災で生息地が焼失 、絶滅危惧種のスミレコンゴウインコ ブラジル

 ブラジル南東部にある世界自然遺産パンタナールで続いている森林火災により、絶滅危惧種に指定されているスミレコンゴウインコの一部生息地がほぼ焼失していたことが分かった。スミレコンゴウインコは全身が青い羽で覆われており「青い宝石」とも呼ばれる。ブラジルのフォーリャ紙が16日付で報じた。

1
続き

米民主党大会 新鮮味ないバイデン陣営政策

 米国の大統領選に向けて開幕した民主党の全国党大会は、2日目にバイデン前副大統領(77)を党候補として正式に指名し政策綱領を採択した。トランプ大統領打倒を目指すバイデン氏の選挙公約となるものだが、内容はオバマ前政権時代への回帰と左派への迎合であり、新鮮味を欠いている。

政策めぐる左派との軋轢

2
続き

米政府系メディア 中国のネット検閲、対策強化

 米政府系放送局を管轄する「米グローバルメディア局(USAGM)」は、中国などが、インターネットを通じて入ってくる情報を遮断するために設けているファイアウオールを回避するための新たな取り組みを始めることを明らかにした。

2
続き

民主党大会 バイデン氏を正式指名

 米民主党は18日(日本時間19日)、全国党大会でバイデン前副大統領(77)を正式に大統領候補に指名した。バイデン氏は、今回の大統領選に勝利すれば、史上最高齢の78歳で就任することになる。これを受け、バイデン氏は大会最終日の20日、指名受諾演説を行い、再選を目指すトランプ大統領(74)との対決に向け選挙戦を本格化させる。

1
続き

《ポンペオ米国務長官 演説の全文》共産中国と自由世界の未来

 米国のポンぺオ国務長官が7月23日、カリフォルニア州にあるニクソン大統領図書館で中国に対する外交政策について演説した。その全文の邦訳は以下の通り。

 中国に関する一連の演説は、オブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)、レイ連邦捜査局(FBI)長官、バー司法長官に続き、私で4回目になる。

13
続き

民主党大会開幕 バイデン氏正式指名へ

 米民主党の全国党大会が17日、中西部ウィスコンシン州ミルウォーキーを拠点に開幕した。11月の大統領選の候補者にバイデン前副大統領(77)を正式指名する。新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの人が録画や中継で参加する異例のオンライン形式での開催となった。

0
続き

【クーラー・スクリーン】連日の猛暑にはクールなラストマイル広告!日本でも流行る?

 ■ドラッグストアチェーン大手のウォルグリーンはデジタルディスプレイ搭載のリーチインクーラー「クーラー・スクリーン(Cooler Screen)」を2,500店に導入している。

 クーラー・スクリーンは飲み物やアイスクリームなど冷蔵・冷凍した状態のまま商品を陳列することができるリーチインショーケースのガラス扉部分をデジタルディスプレイにしたもの。

5
続き

バイデン氏は「認知症」?

 米大統領選まで3カ月を切る中、民主党の候補指名を確実にしているバイデン前副大統領(77)の「認知症」疑惑に注目が高まっている。最近、同氏の失言や物忘れ、言い間違いが著しいことから、有権者の間にも懸念が広がっており、選挙戦にも影響を与える可能性がある。

 「私はテストを受けていない。一体なぜ受けなければならないのだ?」

7
続き

イスラエルとUAE国交正常化へ 米仲介で合意

 トランプ米大統領は13日、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が国交正常化で合意したと発表した。トランプ氏の仲介でイスラエルのネタニヤフ首相とUAEのアブダビ首長国のムハンマド皇太子の3者が電話会談し合意した。敵対するイラン包囲網の強化を図るトランプ政権の取り組みの一環で、今後の中東の対立構図に変化をもたらす可能性がある。

1
続き

ハリス上院議員で大丈夫か?

 米国で11月3日、大統領選挙の投開票が実施される。注目されていた民主党の大統領候補・バイデン前副大統領の相棒(ランニングメイト)にカマラ・ハリス上院議員が選出されたことで、トランプ大統領(74)とペンス副大統領(61)の現職組に、バイデン前副大統領(77)とハリス上院議員(55)が挑戦することになった。

 世論調査ではトランプ氏を大きく引き離しているバイデン氏が勝利した場合、ハリス氏は米国初の女性副大統領になるばかりか、次期大統領候補者の最有力者に浮かび上がる。非白人出身で初の女性大統領誕生の可能性を含んでいるわけだ。

8
続き

新型コロナ ブラジル死者10万人超え

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない南米ブラジルで12日、ミシェリ・ボルソナロ大統領夫人(38)の祖母マリア・フェレイラさん(80)が新型コロナ感染による合併症を受けて首都ブラジリアの病院で亡くなっていたことがわかった。ブラジルのフォーリャ紙などが報じた。

3
続き

民主副大統領候補 問われる党内の懸念への対応

 2020年米大統領選挙の投票日まで80日余りとなった。

 政権奪還を目指す野党民主党の候補指名を確実にしているバイデン前副大統領は、カリフォルニア州選出の黒人女性カマラ・ハリス上院議員を副大統領候補に選んだ。

有色人種女性は初めて

2
続き

副大統領候補に黒人女性 バイデン氏発表

 米大統領選の民主党候補指名を確実にしているバイデン前副大統領(77)は11日、黒人女性のカマラ・ハリス上院議員(55)を副大統領候補に決めたと発表した。ハリス氏はジャマイカ系の父親とインド系移民の母親を持ち、主要政党で初の有色人種女性の副大統領候補となる。

1
続き

トランプ逆転のウルトラCとは 渡瀬裕哉さんに聞く

 米民主党のバイデン前副大統領リードで推移している米大統領選はトランプ氏が逆転する“ウルトラC”が出てきた。前回勝敗を決したラストベルトを捨てて、他の接戦州に傾注する作戦だ。トランプ陣営の巻き返しが始動している。米中対立が深まっているが、両氏のほかに米議会が一致して対中強硬姿勢をとっている。大統領選の行方、対中政策などを米国政治に詳しい渡瀬裕哉氏に聞いた。

パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

89
続き

中国に共産主義体制変革促す米政権

平成国際大学教授 浅野 和生

 トランプ米政権の対中国政策の発表は、実に周到だった。

 5月28日に中国の全国人民代表大会が、香港「一国二制度」の弔鐘を鳴らす「国家安全維持法」の制定を決めると、29日、トランプ大統領は、中国を厳しく批判する演説を行った。

3
続き

米、TikTok国内使用禁止か

 中国のバイトダンス社が開発運営する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、米国のトランプ政権が強い警戒感を示している。トランプ大統領は6日、ティックトックやコミュニケーションアプリ「微信(ウィーチャット)」などを運営する中国企業等との取引を禁止する大統領令を出した。

5
続き

2500超のチャンネル閉鎖 ユーチューブ

 米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」が、中国関連の「組織的影響工作」の急増を受けて、2020年の4~6月の間に2500以上のチャンネルを閉鎖していたことが明らかになった。

5
続き

身近な自然への気付きー米国から

 新型コロナウイルス流行によって、外食や買い物の機会が減った一方で、以前より自然に触れるようになった。

 幸い近場にも、新鮮な空気を吸いながら自然を満喫できる場所が多くある。特に、森の小道をハイキングすることはストレス解消に最適だ。

 先日は、家族を連れて米首都ワシントン周辺を流れるポトマック川まで続くトレイルを歩いた。小川に沿った起伏のある散策道を歩いていくと、眼下に見える広大な川に出た。

0
続き