■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    喉の痛みにプロポリス

     ブラジルは健康食品や薬草の宝庫だ。日本でもよく知られる滋養強壮効果のあるガラナやアサイーの実などさまざまな健康食品がある。市中を歩けば、健康食品を集めた店も多く、その効能は滋養強壮からダイエット、風邪、糖尿病、神経痛まで通常の病気や体の不調すべてを網羅するほど。

    0
    続き

    ブラジル大統領選、ルラ元大統領が出馬断念

     ブラジル労働党は11日、10月の大統領選で、現在、収賄罪で収監中の元大統領ルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ被告(72)の立候補申請を取り下げ、副大統領候補のフェルナンド・アダジ元サンパウロ市長を大統領候補に繰り上げると発表した。

    0
    続き

    ナイキ、40億㌦のファンブル

     試合前の国家斉唱で片膝立てることをはやらせたコリン・キャパニックは、彼をナイキの30周年記念を祝うための同社のキャッチコピー「ジャスト・ドゥー・イット」(とにかくやってみろの意)運動の顔にする実入りのいい契約にサインした。かつては、サンフランシスコ・ナインティナイナーズのクオーターバックだった人の白黒の顔写真で広告画面を埋め「何かを信じよ。それがすべてを犠牲にするという意味であっても」という軍隊の招集命令のような語句を並べた。

     キャパニック氏は、犠牲について何がしかは知っている。彼の個人的「社会的正義」のための改革運動は、彼のフットボールのプロ選手としてのキャリアを脱線させ、何百万㌦もを捨てるようなことだった。

    0
    続き

    バノン派の逆襲はあるか?

     Daily Beastが7月20日に配信した“Inside Bannon’s Plan to Hijack Europe for the Far-Right”という記事によれば、バノン氏はジョージ・ソロス的なグローバリストと闘うため、2019年5月の欧州議会選挙で移民排斥等を主張する欧州の極右政党が全体で3分の1以上の大躍進を遂げるために協力する方針であるという。7月のトランプ訪欧中、バノン氏も欧州のホテルに1週間滞在し、それら極右政党(私に言わせれば民族主義政党)の代表者達と次々と面会したという。

     このホテルは5つ星の超高級ホテルで、そこで彼は極右政党の代表者達に対し900万ドルの献金の用意があると言ったという。コンピューターを駆使した選挙戦略で彼らを助けられるとも言ったことは言うまでもない。

    1
    続き

    【アマゾン】米プライム会員年40%増に商品検索の使用が54%にエコー等の普及率48%で?

     ■ネット通販最大手アマゾンについて気になるデータや予想が発表されている。金融大手シティグループの調査によると、アマゾンのプライム会員数は今後10年で倍増する。

    0
    続き

    米国で交通事故 どの医者にかかるべき?(下)

    カイロプラクター DR. 石谷三佳「骨盤・背骨の歪みをリセット」第167回 症状なくても事故後はカイロプラクティック医の診察を

    事故で生じるケガ、後遺症

    むち打ち損傷、首の痛み、腰痛、背中通、肩関節の痛み、手足のしびれ、頭痛などが主な症状ですが、関連して即発される症状は他にもありますので、全てをドクターにお話しすることが重要です。

    0
    続き

    米朝首脳再会談、金正恩氏が要請

     米ホワイトハウスのサンダース報道官は10日、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から、2回目の首脳会談を要請する書簡を受け取ったと発表し、これにトランプ氏が応じる意向を示していることを明らかにした。開催に向け両国間での調整がすでに始まっているとしており、年内にも開かれる可能性がある。正恩氏が再会談を提案した背景には、朝鮮戦争の終戦宣言の採択に向けて、直接説得しようとの思惑があるとみられる。

    3
    続き

    中国の合成麻薬輸出取り締まり本格化

     中国は米国への合成麻薬オピオイドの輸出取り締まりを本格化した。米政府当局者が6日、議会で明らかにした。一方で、郵便への監視を強化し、メキシコのカルテルと協力関係にあるネット密輸人らを取り締まるためにさらに対策を強化する可能性もあると強調した。

     麻薬取締局(DEA)と国務省の職員は、中国が、フェンタニルとその類似品の原料となる175品目の輸出を禁止すると明らかにした。その中には先週禁止した32品目も含まれる。また、米国は来年、麻薬取り締まりのための事務所を広州に開設し、国際協力を強化するという。

    0
    続き

    党公約から逸脱する左派候補ら

     マサチューセッツ州の民主党予備選でアヤンナ・プレスリー氏が、10期目の現職下院議員を下し、予想外の勝利を獲得した。プレスリー氏は「移民税関捜査局(ICE)」の廃止、政府が運営する医療保険の創設、大学の無料化を公約としている。

     リベラル派の活動家らは、公約へ有権者から強い支持が得られ、マイケル・カプアーノ下院議員に17ポイントもの差を付けて勝利したと主張する。民主党議員の中で2番目の長さの議員歴を持つカプアーノ氏だが、予備選でリベラル派候補に敗北した。

    0
    続き

    【AMAZON GO】ニューヨーク市内に開店?低コストなレジなし店ジッピンで感じたこと?

    ■シアトル市内に2号店と3号店をオープンしたレジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴー(Amazon Go)がニューヨーク市内にもオープンすることが明らかになった。アマゾンは6日、アマゾンの求人サイト「アマゾン・ジョブ(AmazonJobs)」に「アマゾンゴー(Amazon Go)」と明記し、ニューヨーク市内でマネージャーやアシスタントマネージャーなどの募集を行っているのだ。

    0
    続き

    器問われるトランプ大統領

    米コラムニスト マーク・ティーセン

     建国以来、合衆国上院議員は1974人いる。大統領と副大統領以外で、議会議事堂に遺体が公開安置された上院議員は、ジョン・マケイン氏が8人目だ。米国史上、個人としてこれほどの称賛を受けたのは31人目だ。しかし、記憶する限り、これほどの人物の葬儀やその他の式典に現職大統領が出席しなかったのは初めてだ。しかも、参席できなかったのは、大統領自らの言動のせいだった。

    1
    続き

    オバマ前米大統領、「怒りを利用」とトランプ氏批判

     オバマ前米大統領は7日、中西部イリノイ州の大学で演説し、「政治家が長年煽(あお)ってきた怒りを利用している」とトランプ大統領を名指しで批判。11月の中間選挙で民主党候補者への投票を呼び掛けた。

     オバマ氏は、中間選挙に向け、この日を皮切りに各地で民主党候補の応援に入る予定。前大統領が現職の大統領を批判するのは異例のことだが、この日は、トランプ氏や共和党への対決姿勢を明確に示した。

    0
    続き

    米国防総省、ミサイルの宇宙配備検討

     米国防総省は、中国とロシアからの高速ミサイルの脅威に対抗するため、宇宙へのミサイルと新型センサーの配備を検討している。国防総省幹部が4日、議会で開催されたミサイル防衛に関する会合で明らかにした。間もなく公表される国防総省報告「ミサイル防衛の見直し」で発表される。

    1
    続き

    乳幼児玩具のピープル社 トイ・フェアきっかけに米国でのさらなる展開目指す

    小暮代表「米国でも親子の絆を深めるきっかけをおもちゃで」

    0
    続き

    【Amazon Go】エッ!何?3号店がオープン!店は馬車から自動車の時代への大転換期?

    ■シアトル市内に先週、2号店がオープンしたばかりのアマゾンゴー(Amazon Go)の新店がオープンした。今のところプレスリリースなどの正式な発表はないが「アマゾンゴー(Amazon Go)」のサイトには地図とともに3号店の情報が掲載されている。

    0
    続き

    行動する大統領

     アイオワ大学の学生、モリー・ティベッツさん(20)は7月18日、ジョギングに出掛けたが、再び生きた姿は見ることができなくなった。彼女は、かつて、クロスカントリーのランナーで、優秀なアスリートだった。8月21日、遺体は回収された。ティベッツさんの愛にあふれた人生の夢は彼女と共に消え去ったのである。

     クリスティアン・バヘナ・リべラ(24)という、明らかにこの国に違法に滞在しているメキシコ人が逮捕され、その命を奪ったとの嫌疑を掛けられた。酪農場経営者の雇用主は、リベラ氏は、嘘(うそ)の身分証明の書類を提出したと言っている。「移民研究センター」によれば、10人中7人の不法移民が、米国に嘘の書類を持ってやって来ると言う。第1級殺人の嫌疑でリベラ氏は収監されており、保釈金500万㌦を現金で差し出すことができなければ、拘置が続くことになっている。

    0
    続き

    ぐずる赤ちゃんがピタッと泣き止む、英語版「赤ちゃん新聞」米国で話題に

    触るとカシャカシャと音がする新聞の形をした玩具「ピープル・タイムス」(日本での名称「赤ちゃん新聞」)が米国でことし発売され、話題になっている。企画・発売は日本の乳幼児向け玩具メーカーピープル社。

    2
    続き

    米大統領、シリアに攻撃の自制要求

     トランプ米大統領は3日、シリアのアサド政権やその後ろ盾であるロシアとイランに対し、反体制派の最後の拠点である北西部イドリブ県への「無謀な攻撃をすべきではない」と警告した。

     トランプ氏はツイッターで、観測が高まっているアサド政権によるイドリブ県への総攻撃を自制するよう要求。また、ロシアとイランがこれに加担すれば、「人道上の大きな過ちを犯すことになるだろう」と牽制(けんせい)した。

    1
    続き

    【ベストバイ】既存店ベースの高い成長も株価が大幅下落!ECでCEが成熟している?

    ■家電量販店大手のベストバイは28日、第2四半期(5月~7月期)を発表し、増収増益に加え既存店ベースの好調を維持した。

    売上高は前年同期に比べて大型店17店舗とショッピングモールに展開するベストバイ・モバイル292店がそれぞれ減少したもの4.9%の増加となる93.8億ドルだった。純利益は2.44億ドルと同16.7%の増加となった。既存店ベースは6.2%の増加だった。前年同期は5.4%増だった。

    0
    続き

    弾劾は民主党の夢物語

    米コラムニスト マーク・ティーセン

    5
    続き

    米共和党がFBIに説明要求、民主党スタッフのスパイ疑惑

     中国情報機関が民主党のファインスタイン上院議員のスタッフをスパイとして取り込もうとしていたとされていることに関して、共和党のバンクス下院議員が連邦捜査局(FBI)のレイ長官に書簡を送り、詳細な情報を求めていたことが明らかになった。このスタッフは、政府の機密情報を入手できる立場にいた。

    0
    続き

    可能性小さいトランプ氏の再選

     トランプ米大統領が番狂わせを起こした2016年大統領選は、カギとなる三つの州で計7万7744票上回るという針に糸を通すような勝利だった。20年にこれをもう一度再現するのは、容易でなくなりつつあるようだ。

     トランプ氏の1期目の任期は半分近くが経過したが、トランプ氏をホワイトハウスへと押し上げた有権者が離れている兆候が見られる。また、16年大統領選で民主党のヒラリー・クリントン候補を支持、あるいは投票を棄権した有権者を取り込み、支持基盤を拡大することがほとんどできていない。

    0
    続き

    電子戦能力の向上が急務 米陸軍長官

     米陸軍は、ウクライナ東部で使用されているロシア製兵器をめぐって、電子戦と無人機への対応で困難な課題に直面している。マーク・エスパー米陸軍長官がワシントン・タイムズの記者らとの会合で明らかにした。

     ウクライナ東部の前線近くには米軍の監視要員が配置され、親ロシア派勢力とロシアの軍事顧問らによるウクライナ軍に対する戦術への監視を続けている。

    2
    続き