■連載一覧
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2019/1/16
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    米、南シナ海でフィリピン防衛約束

     ポンペオ米国務長官は、南シナ海の領有をめぐって対立する中国がフィリピンの船舶などを攻撃した場合、米比相互防衛条約に基づきフィリピンを防衛することを約束した。これまで米国は、南シナ海を同条約の適用対象とは表明しておらず、海域での実効支配を強める中国を前に方針を転換した格好だ。

    0
    続き

    ベネズエラ政府が独大使に国外退去要請

     南米ベネズエラ政府は6日、在ベネズエラのドイツ大使を「好ましからざる人物(ペルソナ・ノン・グラータ)」として、国外退去を要請した。48時間以内にベネズエラから退去する必要があるとしている。

    0
    続き

    秘密核施設「分江」明らかに

     トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスでの会見で、北朝鮮のミサイル発射場で復旧の動きがあると伝えられたことについて「失望した」と表明、一方で「まだ初期段階の報告」と、さらに情勢を見極める必要があるとの見方を示した。不調に終わった第2回米朝会談から1週間、北朝鮮の新たな秘密核施設の存在が報じられ、米国は制裁強化をちらつかせながら、北朝鮮の出方を注視している。

    3
    続き

    【Amazon Go】サンフランシスコ市内に3店舗目?レジなしも週7日営業は2店舗だけ!

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーの新店がサンフランシスコ市内にオープンすることが分かった。オープンすればアマゾンゴーでは11店舗目、サンフランシスコ市内では3店舗目となる。

    アマゾンゴーは、人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができる革新的な店舗。レジなしで決済できることでレジがなく、レジ待ち時間を無くすなど来店客の利便性を高める。

    0
    続き

    グアイド氏が帰国 ベネズエラ

     反米左派マドゥロ大統領による強権政治が続くベネズエラで4日、野党指導者のグアイド国会議長が空路で南米諸国訪問から帰国した。グアイド氏は、1月23日に暫定大統領への就任を宣言した後、政権寄りの最高裁から出国禁止令が出されており、当局による拘束の危険がある中での帰国だった。

    1
    続き

    米非常事態の「無効」決議、上院でも可決へ

     メキシコとの壁建設をめぐりトランプ米大統領が宣言した非常事態を無効にする決議案が、下院に続き、上院で可決する見通しとなった。上院では、共和党が多数派を握っているが、可決に必要な4人の共和党議員が賛成に回る考えを示した。

    0
    続き

    保守派会議で社会主義の台頭に懸念

     保守派の活動家らは、2020年大統領選で民主党を過激な社会主義者と印象付けるトランプ大統領の計画を全面的に支持し、サンダース上院議員とオカシオコルテス下院議員の政策を阻止することを最優先課題に掲げている。

     メリーランド州オクソンヒルで開催された保守政治行動会議(CPAC)のステージ上から、共和党の議員、トランプ政権当局者、右派指導者らが、共和党有権者らは懸念を抱くべきだと訴えた。

    1
    続き

    司令官、南部国境の緊急事態に反論

     米本土防衛に責任を持つ空軍大将が26日、議会議員を前に、南部国境での不法移民と違法薬物の流入は、国家緊急事態には当たらないと述べた。これは、ホワイトハウスの主張とは全く逆だ。

     オショーネシー北方軍司令官は上院軍事委員会に提出した書面で、米メキシコ国境の現状は軍事的脅威の水準には達していないと指摘した。

    0
    続き

    米宇宙安保報告、中露の脅威に対処する体制を

     米国防総省傘下の情報機関、国防情報局は「宇宙での安全保障に対する課題」と題された報告書で、宇宙空間における中国とロシアの脅威について警鐘を鳴らした。

    衛星攻撃兵器に言及

    1
    続き

    米民主党期待の新星AOC

    アメリカン・エンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

     彗星(すいせい)のごとく現れた米下院議会最年少女性議員アレクサンドラ・オカシオコルテスがアメリカ政治に新たなうねりを起こしている。ミレニアム世代を中心に熱狂的な支持を得るようになっているが、ドナルド・トランプ(米大統領)にうまく利用され、大統領再選の追い風になるかもしれない。

    2
    続き

    【大量閉店】新たに450店のスクラップ発表!いずれ日本でもチェーンストア大量閉店?

    ■靴チェーンでかつて全米ナンバーワンだったペイレス・シューソースが全米にある店舗2,500ヶ所を閉鎖する。閉鎖される店舗数においてチェーンストア1社では史上最大級となるとみられているのだ。

    アマゾンエフェクトによる大量閉鎖はこれだけにとどまらない。先週も大手チェーンストアによる店舗スクラップが次々に発表された。

    0
    続き

    ブラジル大統領とグアイド氏が会談

     政情不安が続く南米ベネズエラで暫定大統領を宣言しているグアイド国会議長は28日、訪問先のブラジルでボルソナロ大統領と会談した。ボルソナロ大統領は、強権政治を続ける反米左派マドゥロ政権に対し、ベネズエラに民主主義を復活させるために外交圧力をかけ続けることなどを約束した。

    0
    続き

    トランプ氏、米朝合意「適切な時期でなかった」

     トランプ米大統領は28日に放送された米FOXニュースのインタビューで、決裂に終わった金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談について、「合意を結ぶのに適切な時ではないと判断した」と指摘。今後も北朝鮮の非核化に向けた交渉を続ける意欲を示した。

    0
    続き

    米孔子学院に中国から10年間で1億5000万㌦

     中国が米国の大学に設置した教育機関「孔子学院」に、この10年間で1億5000万㌦以上の資金が中国から提供されていたことが米上院国土安全保障・政府問題委員会常設調査小委員会の報告から明らかになった。

     学院は、表向きは文化センターとされているものの、米国内の対中政策をめぐる議論に影響を及ぼすためのプロパガンダ機関とみられている。

    1
    続き

    【配達ロボット】フェデックスも実験!ラストワンマイルにロボットを導入する黎明期?

    ■物流サービス大手のフェデックスは27日、自動走行の配達ロボット「セイムデーボット(SameDay Bot)」を発表した。配達ロボットを開発しているスタートアップ企業やアマゾンなどと同様、「物流のラストマイル」へ実用化に向けたテストを開始する。

    電動立ち乗り二輪車のセグウェイを開発したデカ・リサーチ&デベロップメント(DEKA Reserach & Development)と共同で開発されたセイムデーボットは、電動車いすの「アイボット(iBOT)」に似ており、4つの車輪に二つの補助輪を付けた可動部を持つ。

    0
    続き

    グアイド氏 ブラジル訪問

     南米ベネズエラの反米左派マドゥロ大統領に退陣を求め、暫定大統領就任を宣言している野党指導者のグアイド国会議長は27日夜、滞在先のコロンビアからブラジルの首都ブラジリアへと移動した。28日には元軍人の保守派として知られるブラジルのボルソナロ大統領やアラウジョ外相とベネズエラ情勢に関する会談を行う。

    0
    続き

    トランプ氏元側近公聴会 米メディアが大々的に報道

     トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の会談がベトナムで行われた27日、米下院で開かれた公聴会でトランプ氏の側近だった元顧問弁護士コーエン被告は、トランプ氏を「人種差別主義者で詐欺師かつペテン師だ」などと非難。トランプ氏が違法行為に関与していたと証言した。米メディアは、非核化をめぐる米朝協議の行方よりもコーエン被告の証言を大々的に報じた。

    3
    続き

    カーニバルとブラジルの微笑み

     ブラジルは3月に入ると本格的なカーニバルシーズンを迎える。記者は、日本の知人から「本場のカーニバルやサッカーも楽しめるなんて、うらやましい」と言われることがある。

     確かに、サッカーやカーニバルファンにしてみれば、夢のような環境に住んでいるのは間違いない。どちらも世界有数の「本場」と言える舞台がそろっている。実際、目にすれば、華やかさや躍動など、その臨場感は魂を震わせるものがある。

    0
    続き

    社会主義的政策に傾く米民主党

     「民主社会主義者」を自称する米民主党のアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員らが今月公表した温暖化対策の決議案「グリーン・ニューディール」(GND)が、注目を集めている。「実現性が乏しい」などと批判を浴びる一方、野党・民主党から2020年大統領選への出馬を表明した候補者らは相次ぎこれを支持。保守派や経済界は、国家の介入を強める社会主義的政策が一定の支持を集めていることに、警戒感を高めている。(ワシントン・山崎洋介)

    1
    続き

    米下院、非常事態宣言の無効決議可決

     米議会下院は26日、トランプ米大統領がメキシコ国境の壁建設費捻出のため行った国家非常事態宣言について、無効とする決議を行った。賛成245、反対182で可決した。共和党議員13人が賛成に回った。

     今後、共和党が多数を占める上院で採決されることになる。可決には最低でも共和党から4人の造反が必要となるが、すでに3人の共和党議員が賛成の意向を示している。

    0
    続き

    ベネズエラ危機、支援物資搬入と出直し選挙を

     経済が破綻状態にある南米ベネズエラで、独裁支配を強める反米左派のマドゥロ大統領が手段を選ばない権力維持の動きに出て危機的状況が続いている。暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長を支持する米国などの国々は、マドゥロ氏の退陣を求めるとともに自由な選挙の早期実施による民主主義の回復を要求しており、わが国もグアイド氏を支持している。

     中露がマドゥロ政権支持

    0
    続き

    国境の「壁」議論、たわ言の境界に

     トランプ大統領が南部国境にあくまでも壁を求めることに対して反対する人たちとの舌戦では、米国の基本的安全保障に関するばかげた議論が、せきを切ってあふれ出た。愚かさは時には滑稽であり得るが、常識への攻撃がばかばかしさのレベルを超えたら、笑顔も消え、目が泳ぐ。

     柵の建設費14億㌦を認める政策への署名、そして、別に66億㌦の確保を可能にするための国家非常事態宣言という大統領の先週の二つの行為で、ナンシー・ペロシ下院議長が、神学的瞑想(めいそう)から得たのか、国境の壁は「非倫理的行為」だと宣言するといったようなメチャクチャなことを米国人が、目撃させられた愚行の季節は幕を下ろした。

    0
    続き

    米民主党の資金集め、記録更新の勢い

     バーニー・サンダース米上院議員は2020年大統領選の選挙運動初日に600万㌦近い資金を集めた。政治とカネについて批判する民主党だが、今の見通しでは、これから2年間にわたり大量の資金を調達し、費やすことになりそうだ。

     民主党の予備選は資金集めで新記録を達成すると、政治ウオッチャーたちは予想する。特に候補者の数が多く、予備選日程もカリフォルニア州のような金が掛かるメディア市場の大きな州を前倒ししたからだ。

    0
    続き