■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    電磁攻撃に弱い米国の送電網

     米空軍のクワスト教育・訓練軍司令官(中将)は空軍が開催した電磁パルス(EMP)の脅威に関する専門家会合で、米国の電力網は、中国、ロシアからの核爆発によるEMPや戦術的電磁兵器の攻撃、磁気嵐に対して脆弱(ぜいじゃく)であり、全米が停電に見舞われる可能性があると警告した。

    1
    続き

    蜂起で4人死亡 ベネズエラ

     南米ベネズエラで野党指導者グアイド国会議長が4月30日に始めた蜂起で、5月2日までに4人の死者が出ていることが分かった。現地メディアによると、これまでに少なくとも150人が負傷、約200人が身柄を拘束されているという。

    0
    続き

    ベネズエラ反政府デモ、治安部隊が発砲し女性1人死亡

     野党指導者グアイド国会議長による事実上のクーデター未遂が発生したばかりの南米ベネズエラで1日、同氏の呼び掛けによるメーデーの反政府デモが国内各地で行われた。現地からの報道によると、首都カラカスの反政府デモではデモ隊と治安部隊が衝突、女性1人が治安部隊の発砲により死亡したほか多くの負傷者が出たもようだ。

    0
    続き

    【ドッグスポット】食品スーパーにハイテク犬小屋!IoTなドッグパーキングで安心?

    ■ペットスマートでは必ずといっていいほどペット同伴で来店するお客を目にする。国内に約1,400店を展開するペトコもペット同伴可となっており、愛犬を連れたお客を見かける。ホームセンターのホームデポやロウズでもペット同伴客は珍しくない。

    2
    続き

    クーデター不発か ベネズエラ

     反米左派マドゥロ大統領による強権政治が続く南米ベネズエラで先月30日、野党指導者グアイド国会議長が、同じ野党指導者のレオポルド・ロペス氏やマドゥロ政権打倒に同調する軍人らと共に、事実上のクーデターを起こした。グアイド氏は、首都カラカスの空軍基地内に入って国軍の離反を促したが、大部分の国軍幹部や軍人は同調せず、現時点ではクーデターは不発に終わる可能性が高くなっている。

    1
    続き

    米大統領選 バイデン氏「中産階級を取り戻す」

     2020年米大統領選への立候補を表明した民主党のバイデン前副大統領(76)は29日、出馬表明後初の演説を東部ペンシルベニア州ピッツバーグで行った。同氏は「米国を支える偉大な中産階級を取り戻す」と訴え、労働者層を中心とした聴衆に支持を呼び掛けた。

    1
    続き

    「米国民代表し、心から感謝」

     天皇陛下の御退位を前に米ホワイトハウスは29日、トランプ大統領による声明を発表し、「米国民を代表し、天皇皇后両陛下に心からの感謝の気持ちを表明する」と述べるとともに、「新しい時代にも米国の偉大な同盟国である日本とのパートナーシップと協力の伝統を続けることを楽しみにしている」と期待感を示した。

    1
    続き

    【デジタルシフト】食品スーパーで主流に!スーパーもeスポーツチームのスポンサー?

    ■アメリカの食品スーパーはますますデジタルシフトの流れになっている。より多くの消費者がスマートフォンを使ってチラシの情報を得て、ショッピングリストを使っていつも購入する食材などを確認し、宅配やカーブサイド・ピックアップサービスを利用する機会が増えている。スマートフォンはもはや現代生活とは切り離せないキーデバイスになっているため、スーパーの買い物でも消費者はどんどん活用している。

    0
    続き

    “超新星”ピート・ブティジェッジ、民主党大統領予備選に旋風起こすか

     2020年米大統領選挙にバイデン元副大統領が民主党予備選に出馬表明し、同党側の予備選挙候補者がほぼ出揃った。バイデン氏は Me Too 運動の煽りを受けて、そのブランドイメージを早くも傷つけながらの立候補ということになった。

     米大統領選挙は、予備選挙の実質的な期間も含めると約1年半に及ぶ長丁場だ。そのため、現時点で最有力候補だからと言っても、早期に目立ちすぎることは対立候補者やメディアからの集中砲火を浴びるリスクに身を晒すことになる。

    0
    続き

    民主党の指名争い本格化

     2020年11月の米大統領選の民主党候補指名争いで、ジョー・バイデン前副大統領(76)は25日、正式に出馬を表明した。民主党指名争いへの参戦はこれで20人目で、主要候補がほぼ出そろい、今後論戦が本格化する。

    0
    続き

    【ウォルマート】AIを駆使したIRLストアを公開!NY流通視察のメッカになるも?

    ■ウォルマートは25日、店の売り場でAIを実証実験する「インテリジェント・リテール・ラボ(IRL:Intelligent Retail Lab)」を公開した。

    0
    続き

    麻薬密売人が「見張り番インコ」

     ブラジル北東部ピアウイ州のテレジナ市で23日、麻薬密売人に「見張り番」として飼われていたアオボウシインコが保護されて話題になっている。

    1
    続き

    米大統領「召喚状と戦う」

     トランプ米大統領は24日、下院の多数派を握る野党・民主党がロシア疑惑の捜査報告書に関して、召喚状を出して追及姿勢を強めていることについて、ホワイトハウスで記者団に「われわれはすべての召喚状と戦う」と述べ、対抗する考えを表明した。

    0
    続き

    米大統領選、高まるサンダース氏への警戒感

     2020年米大統領選の民主党候補指名争いに立候補している自称「民主社会主義者」のバーニー・サンダース上院議員(77)に対する警戒感が共和党や民主党主流派の間で高まっている。今月中旬に放送された同氏の対話集会は、次期大統領選をめぐる同様の集会で最大の視聴者数となるなど注目を集めた。過去の選挙戦の教訓を踏まえ、今回は社会主義的な政策が持つ極端さを和らげているとも指摘される。 (ワシントン・山崎洋介)

    2
    続き

    本場のシュハスコに舌鼓

     先日、日本から来た知人をサンパウロのシュハスコ店に招待した。本場ブラジルのシュハスコは、肉好きなら誰もが一度は食してみたいものではないだろうか。

     ちなみに、同じ南米でもアルゼンチンとブラジルでは牛の種類が違う。アルゼンチンで飼育されている牛のほとんどはヨーロッパ種であり、同国周辺は南米で最も美味(おい)しい牛肉が食べられるといわれる。

    0
    続き

    【コールズ】アマゾン返品受け付けて負けて勝つ戦略!チェーンストアにとって屈辱的?

    ■1962年創業のデパートメントストアのコールズは23日、全店でアマゾンで購入した商品の返品を受け付けることを発表した。アマゾンとの提携を拡大することで返品でやってくるお客から売上を得るのが狙い。

    コールズは7月、約1,150店でアマゾン専用の返品カウンター等を設置する。コールズは2017年10月、ロサンゼルスやシカゴの82店舗で無料の返品サービスのテストを開始した。

    0
    続き

    キリスト教徒への暴力が倍増

     キリスト教徒に対する攻撃がこの数年間、増加傾向にある。キリスト教徒迫害を監視している米NPO「オープン・ドアUSA」によると、キリスト教徒に対する暴力的攻撃が2017年から18年に倍増し、1日にほぼ11人が信仰を理由に殺害されている。

     オープン・ドアUSAのサラ・カニンガム広報部長は、「イースター(復活祭)やクリスマスといったキリスト教の祭日ごろにはっきりと暴力的行動が表れる」と指摘した。

    8
    続き

    宇宙空間に監視網構築を

    米戦略予算評価センター クラーク上級研究員

    1
    続き

    ロシア疑惑報告書、自由陣営は選挙介入を防げ

     米司法省は、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑に関するモラー特別検察官の報告書を公表した。

     報告書は、トランプ陣営とロシアによる共謀の証拠はないと結論付ける一方、ロシアによる大統領選への介入について克明に記録した。

    情報操作とサイバー攻撃

    4
    続き

    ロシアとの共謀「証拠ない」

     米司法省は18日、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑に関するモラー特別検察官の報告書を公表した。トランプ陣営とロシアによる共謀の証拠はないとする一方、トランプ大統領による司法妨害疑惑については、犯罪行為はなかったと断定できないとした。

    0
    続き

    トランプ氏、ハノイ米朝会談で金正恩氏に陣営選択迫る

     2月にベトナム・ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談でトランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に対し、米国陣営か中国陣営か選択を明確にするよう迫っていたことが分かった。日本政府関係筋が18日、本紙に明らかにした。トランプ氏は核を完全廃棄し米国の味方につくなら大規模な経済支援に踏み切ると提案したが、金正恩氏は即答せず、会談は決裂したという。(編集委員・上田勇実)

    7
    続き

    【Amazon Go】サンフランシスコ市内に3店舗目オープン!現金払いもカミングスーン?

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーの新店が16日、サンフランシスコ市内にオープンした。11店舗目となるアマゾンゴーはサンフランシスコ市内では3ヶ所目となる。

    アマゾンゴーは、人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができる革新的な店舗。レジなしで決済できることでレジがなく、レジ待ち時間を無くすなど来店客の利便性を高める。

    0
    続き