■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    トランプ政権にお叱り受ける同盟国

     何事にも全てが悪いとか、良いとかということはなく、いい面と悪い面があるものだ。トランプ米大統領が政治の世界に登場して以来、やはり同じことが言えるのではないか。“ツイッター政治”が半ば公認されたこともあって、世界の情勢は明日も分からないほど流動的となった反面、米大統領の本音が以前より理解できるようになった面もある。

    1
    続き

    米大統領が非常事態宣言

     トランプ米大統領は15日、メキシコ国境からの不法移民の流入が「国家の安全保障を脅かしている」として国家非常事態を宣言した。これにより、議会が承認した予算と合わせて約80億㌦(8800億円)を国境沿いの壁建設に投入する。野党・民主党は「憲法違反」と反発。法的手段によって対決する構えだ。

    0
    続き

    米大統領、壁建設で非常事態宣言へ

     トランプ米大統領は15日、メキシコ国境の壁建設費用を捻出するため、国境から犯罪者や違法薬物が流入する「国家の危機」だとして非常事態を宣言すると発表した。野党・民主党はこれに強く反発し、法的手段を取る構えだ。トランプ氏は、14日に上下両院で可決した予算案には署名する方針で、政府機関の閉鎖は回避される。

    2
    続き

    「払わなくていいです」

     先日、近所のベーカリーカフェを訪れた時のこと。レジで20代くらいの男性店員にスモールサイズのコーヒーを一つ頼んだが、「お金は払わなくていいです」と意外な言葉が返ってきた。理由が分からず、「きょうは特別な日ですか?」と聞いたが、そうではないという。

     コーヒー1杯の値段が約2ドルと安く、会計の手続きをするのを面倒に思ったのだろう。

    2
    続き

    ベネズエラ危機、米露衝突の場にも

     目まぐるしく情勢が変わる南米ベネズエラの政治危機。反米左派ニコラス・マドゥロ大統領と、野党指導者フアン・グアイド暫定大統領による権力争いは、世界の主要国による代理戦争の様相も呈している。 (サンパウロ・綾村悟)

    0
    続き

    米議会超党派、日韓関係の悪化に懸念

     米議会の超党派議員は12日、元徴用工訴訟や韓国駆逐艦のレーダー照射問題をめぐり悪化する日韓関係の改善を呼び掛ける決議案を上下両院に提出した。背景には、2月末に2回目の米朝首脳会談を控える中、日韓関係の悪化が足かせになりかねないとの懸念がある。

    0
    続き

    【スパークシティ】ウォルマート・アカデミーの最先端シュミレーターがアップデート!

    ■ウォルマートは先月14日、従業員用のトレーニング・シュミレーター「スパークシティ(Spark City)」をアップデートした。

    スパークシティはウォルマート・スーパーセンター内でのバックルームや売り場で在庫管理や商品補充、価格カードの変更等をしながら、同時に接客を行い売り場で起こる緊急事態に対処し、ポイントを得るというもの。

    0
    続き

    トランプは税制改革で民主党を分断するか?

     The Hillが2月9日に配信した“Trump divides Democrats with warning of creeping socialism”によれば、トランプ大統領が5日の一般教書演説で“米国に社会主義の脅威が迫っている”と述べたことは、見事に民主党を分断したようである。この演説に共和党議員と共に立ち上がって拍手した民主党の議員もいれば、座ったままの議員もいた。後者の中心がサンダースであり、その周りには彼の医療保険改革を支持する人々がいたことは言うまでもない。

     この言葉が日本でも報じられた、サンダース(の事実上ただ一人の)直系議員オカシオコルテス下院議員の“年収1000万ドル以上の高額所得者に対する税率を70%にする”という提言に対する反論であることもいうまでもない。しかし、この提案には医療保険改革派議員の一人ハリス上院議員でさえが、強い疑問を呈しているという。

    0
    続き

    米大統領、与野党合意に不満

     トランプ米大統領は12日、ホワイトハウスで記者団に、政府機関の一部閉鎖の回避に向け11日に与野党が原則合意したこと受け、「非常に不満だ」と述べた。議会の予算案を拒否する考えは示さなかった一方で、非常事態宣言などによって議会の承認を得ずにメキシコ国境の壁建設のための予算を捻出する可能性も改めて示した。

    0
    続き

    米不法移民2007年以降最多に

     米南西部で国境を越える不法移民が急増している。2019年度(18年10月~19年9月)の不法移民の数は、ブッシュ(子)政権下で大規模な国境の壁建設が始まった2007年以降で最多となる見込みだ。国土安全保障省によると、国境警備隊は昨年10月以降の4カ月間で20万1500人を拘束、前年同期と比べて84%増加した。このペースでいけば、年間で73万3000人に達し、過去10年以上の年間の不法移民数を大幅に上回る。

    7
    続き

    米与野党、政府閉鎖回避へ原則合意

     米議会与野党は11日、メキシコ国境の壁建設をめぐり、政府機関の一部閉鎖を回避するための原則合意に達した。複数の米メディアが報じた。政府閉鎖の回避には、暫定予算の期限となる15日までにトランプ米大統領が議会の予算案に署名することが必要となるが、同日テキサス州で行われた集会でトランプ氏は、合意を受け入れて署名するかどうかについて明言しなかった。

    0
    続き

    【ロボット・スーパーマーケット】ついにスーパー内にロボット物流施設MFCを開設!

    ■フロリダ州のローカルスーパーが全米初となるロボット物流施設を店内にオープンした。

    南フロリダで34店舗を展開するセダノス・スーパーマーケット(Sedano’s Supermarket)は8日、フルフィルメントセンター開発を手掛けるテイクオフ・テクノロジーと提携しマイアミにあるスーパーマーケット内にロボット物流施設「マイクロ・フルフィルメントセンター(MFC:Micro Fullfilment Center)」を開設したことを発表した。

    0
    続き

    ベネズエラ危機、キューバ情報機関が軍に浸透

     米南方軍のフォーラー司令官(海軍大将)は、危機的状況が続くベネズエラ問題でキューバ治安要員が「中心的位置」を占め、中露も、経済、軍事面でマドゥロ独裁政権を支援していると非難した。

     フォーラー氏は7日の上院軍事委員会で、ベネズエラ国内にはキューバ軍・情報機関の要員2万5000人が駐在し、マドゥロ左派政権を支援、ベネズエラ軍の上層部をコントロールしていると強調した。

    1
    続き

    米朝首脳会談をハノイで開催

     トランプ米大統領は8日、ツイッターで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談を今月27日、28両日にベトナムの首都ハノイで開催すると発表した。平壌を6~8日に訪問したビーガン北朝鮮担当特別代表と北朝鮮の金革哲・国務委員会米国担当特別代表との実務者協議で合意した。国務省によると、米朝両国は首脳会談の前に実務者協議を再び行う。

    0
    続き

    米海軍、目標「355隻」見直しか

     米海軍が一昨年末提案した艦艇「355隻体制」は、世界の海で圧倒的な優位を取り戻すことを目指す米海軍で金科玉条のように見られてきた。しかし、海軍幹部の間で、この「目標」に対する疑問の声が上がり始め、アナリストらからは、小型艦、無人艦の必要性も指摘されている。

    3
    続き

    混迷のベネズエラ情勢、鍵握る軍部の動向

     ベネズエラでは、強権政治を続ける反米左派のマドゥロ大統領とグアイド暫定大統領の「2人の大統領」がそれぞれ正統性を主張、国際社会も両者の承認をめぐって真っ二つに分かれている。混迷を深めるベネズエラ情勢の行方を大きく左右すると見られているのが軍部の動きだ。

    1
    続き

    第2回米朝首脳会談の危うさ

     何十年も凍結状態にあった朝鮮半島の現状――これは、日本や中国を含む北東アジアを氷のように冷たい抱擁のまま身動きできなくしてきたものだが――その氷が解けて砕ける兆候が出始めている。

     トランプ大統領は、北朝鮮の指導者、金正恩の新たな関係について交渉したいという意思の表明を受けて、彼との第2回首脳会談の準備をしている。しかし、そういった準備も新しい障害にぶち当たっている。

    0
    続き

    ブラジル ルラ元大統領に禁錮12年11月

     ブラジル南部クリチバの連邦裁判所は6日、ルラ元大統領(73)に対して、収賄罪などで禁錮12年11月の一審判決を言い渡した。政府系ブラジル通信が報じた。

     罪状は、大統領在任中のルラ氏が、サンパウロ州アチバイアに所有する別荘の改装費87万レアル(約2600万円)を大手ゼネコンに肩代わりさせたというもの。

    0
    続き

    米朝首脳再会談、非核化置き去り繰り返すな

     トランプ米大統領は連邦議会で行った一般教書演説で、今月27、28日にベトナムで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談に臨むと明らかにした。最大の懸案である北朝鮮の非核化で成果を挙げられるかが問われる。昨年6月、シンガポールで開催された前回会談のように、非核化の中身が置き去りにされ、双方の解釈にズレが生じる合意文では再び国際社会から批判を浴びかねない。

     外交成果狙うトランプ氏

    5
    続き

    【Amazon Go】10ヶ所目となる最新店はシカゴ市内に開店!アマゾンゴーはアプリ決済?

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーが5日、シカゴ市内に10店舗目をオープンした。

    アマゾンゴーは、人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができる革新的な店舗。レジなしで決済できることでレジがなく、レジ待ち時間を無くすなど来店客の利便性を高める。

    0
    続き

    民主党の左傾化牽制

     トランプ米大統領は5日の一般教書演説で、「21世紀型の社会主義」を掲げ、経済破綻状態に陥った南米ベネズエラの反米左派マドゥロ大統領を批判するとともに、社会主義的政策に傾斜する野党・民主党の動きも牽制(けんせい)した。

     「われわれはここ米国で、社会主義を採用せよとの新たな要求に不安を感じている」。

    0
    続き

    米一般教書演説 27、28日に米朝首脳会談

     トランプ米大統領は5日夜、上下両院合同会議で一般教書演説を行った。トランプ氏は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の米朝首脳会談を27、28の両日、ベトナムで開催すると発表した。また、メキシコ国境に壁を建設する必要性を改めて訴え、実現に向け党派を超えた協力を呼び掛けた。

    0
    続き