■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    米最高裁判事にカバノー氏就任

     米連邦最高裁判事に指名された保守派のブレット・カバノー氏が6日、上院で承認され、就任した。承認に向けた手続きの終盤で性的暴行疑惑が浮上するなど波乱を経ながらも、共和党は結束して承認にこぎ着けたことで、支持層は活気づく。一方、承認阻止を目指すも敗北した民主党は反対運動の勢いを中間選挙に向けようとしている。 (ワシントン・山崎洋介)

    0
    続き

    ヘイリー米国連大使辞任へ

     トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスで、ニッキー・ヘイリー国連大使が年末で退任すると発表した。後任には、今年2月まで大統領副補佐官(国家安全保障担当)を務めていたディナ・パウエル氏らが候補に挙がっていると述べた。

    2
    続き

    【ウォルマート】清掃&つや出しロボットを導入!超低失業率だからハイテク化が進む?

    ■ウォルマートは4日、スーパーセンターなど5,000坪を超える広範囲のフロアを自動で動いて、掃除と床磨きをする自立走行式ロボットを360店に導入することを発表した。床面の清掃やつや出し業務をロボットに任すことで、スタッフを接客などその他の重要な業務にあたらせる。

    0
    続き

    保守旋風吹き荒れる、ブラジル大統領選28日決選投票へ

     南米ブラジルで7日、大統領選挙が実施された。当選に必要とされる過半数を獲得した候補はおらず、軍政擁護など過激な言動で「ブラジル版トランプ」「極右」とも呼ばれる元軍人の右派ジャイル・ボルソナロ下院議員(63)と左派フェルナンド・アダジ元教育相(55)による決選投票が28日に行われる。

    0
    続き

    ■ウォルマートは来春にもシカゴ郊外に生鮮品など食品のピックアップ専用の施設「ウォルマート・インターネット・ピックアップ(Walmart Internet Pickup)」をオープンすることが明らかになった。

    0
    続き

    米最高裁、保守派カバノー氏が判事就任

     トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名した保守派のブレット・カバノー氏が6日、上院の採決で賛成50、反対48の賛成多数で承認され、宣誓式を経て正式に就任した。

     上院の採決では、反対を表明していた共和党のマコウスキー議員は棄権し、同党のデインズ議員は私用で本会議での採決に参加しなかった。一方で、保守地盤であるウェストバージニア州選出の民主党議員が賛成に回った。

    0
    続き

    中国との貿易戦争で武器を手に入れた米国

     トランプ米大統領は北米自由貿易協定(NAFTA)のパートナーであるメキシコ、カナダと新協定を結ぶことに何とか成功した。このことは、ホワイトハウスがエスカレートする中国との貿易戦争で強硬路線を取る上で追い風になると、政権支持者が1日、指摘した。

     「焦点は今、中国に移った。トランプ大統領は強い立場から交渉を再開できる」。クリス・ガルシア前商務省副局長はこう語った。

    0
    続き

    ウォーレン氏、サンダース氏との戦いへイメージ一新

     エリザベス・ウォーレン上院議員は2020年大統領選出馬への「真剣な検討」の姿勢を示しており、バーナード・サンダース上院議員と同じ土俵で戦うことになりそうだ。

     ウォーレン氏はサンダース氏と同様、リベラルな政策を持っている。サンダース氏は、2016年の民主党の大統領候補指名争いで予想を覆して2位に付けた。しかし、69歳のマサチューセッツ州選出の民主党議員であるウォーレン氏は、77歳のバーモント州選出の無党派のサンダース氏より有利だ。若く、女性であり、党への忠誠心も強い。

    0
    続き

    米前政権の融和策で中国「増長」

     南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島海域で、中国海軍の駆逐艦が米駆逐艦に異常接近するなど、海域での中国の活動が活発化している。米海軍元高官は、オバマ前政権時に厳しい対応を取らなかったことが中国の「増長」を招いたと指摘した。

    1
    続き

    共和党幹部「疑惑の証拠なし」

     米連邦最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏の性的暴行疑惑をめぐり、共和党幹部は4日、連邦捜査局(FBI)による追加の調査結果について、疑惑の証拠はなかったと主張。6日午後にも本会議での採決を行う意向を示した。

    1
    続き

    右派と左派の一騎打ち 7日、ブラジル大統領選

     ブラジルで7日、現職テメル大統領の任期満了に伴う大統領選挙が実施される。過半数の票を獲得する候補がいない場合、28日に上位2候補による決選投票が行われる。支持率で首位を走る右派ジャイル・ボルソナロ下院議員(63)と、2位につける左派フェルナンド・ハダド元サンパウロ市長(55)による決選投票にもつれ込む可能性が高い。

    0
    続き

    迫りくる米中間選挙、現・前大統領が異例の舌戦

    筑波学院大学名誉教授 浅川 公紀

     米中間選挙の投票日が、11月6日に迫っている。11月の中間選挙の結果は、これまでになく米国の今後に大きな影響を及ぼす。トランプ大統領もオバマ前大統領も、この選挙の歴史的重要性を認識し、それぞれ共和党、民主党のための本格的な選挙運動に乗り出している。

    4
    続き

    米専門家提言、日本は同盟での役割拡大を

     米国のアーミテージ元国務副長官やナイ・ハーバード大教授ら超党派の外交・安全保障専門家グループは、米政府の対日政策や日本政府の取り組みに関する提言「21世紀における日米同盟の刷新」を発表した。

     防衛支出拡大に言及

    2
    続き

    【ウォルグリーン】化粧品サンプル定期購入でEC企業バークボックスと戦略的コラボ!

    ■ドラッグストアチェーン大手のウォルグリーンは4日、化粧品サンプルの定期購入サービスのバーチボックス(Birchbox)と戦略的提携を行うことを発表した。ウォルグリーンはバーチボックスに出資し、新たな顧客開拓を進める。

    0
    続き

    「ブラジル版トランプ」誕生か

     今月7日に大統領選挙を控えているブラジルで2日、最新の世論調査結果が発表され、選挙戦の終盤で「ブラジル版トランプ」とも言われる右派の元軍人ジャイル・ボルソナロ候補(63)の支持が伸びていることが分かった。

    1
    続き

    「夢のかなえ方」をトークショーで語る ジャズピアニスト 宮嶋みぎわ

    9月18日、ジャズピアニストで作曲家の宮嶋みぎわさんが『いくつになってもできる夢のかなえ方』と題して、インスパイアトークNY主催のトークショーをグローバルラボで行った。宮嶋さんは日本で大手企業に勤めていたが、30歳で脱サラして音楽家となり、38歳で渡米したという異色の経歴の持ち主だ。音楽家としては遅咲きながら、すでにアルバムでグラミー賞ノミネートを二回経験、そして自身のビッグバンドを率いてジャズの名門バードランドでの演奏を経て、この秋アルバム『Colorful』をNYの名門レーベルから世界発売を果たした。どうやってみぎわさんが夢を確実に形にしてきたのか、そのライフストーリーと仕事の流儀を、約60人の参加者にむかって語った。

    1
    続き

    米国務長官、7日訪朝

     米国務省は2日、ポンぺオ長官が7日に北朝鮮を訪問し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談すると発表した。非核化問題について協議し、2度目の米朝首脳会談に向けた調整を行う。ポンぺオ氏は、日本や韓国、中国も訪問する。

     ポンぺオ氏の訪朝は、中央情報局(CIA)長官時代を含め4回目となる。トランプ大統領は8月、非核化への進展が見られないとしてポンぺオ氏の訪朝を中止していた。

    0
    続き

    個々の国に対する尊厳を

     預言者ダニエル(注)はライオンの洞窟に入った。こう言っても、誰も、トランプ大統領のことを聖書の英雄だとは思っていない。しかし、彼も、また、疑心に満ちた「世界の指導者たち」の群れの中に踏み込んで行き、彼らのばかにしたような笑いを温かい拍手に変えたのだ。

     トランプ大統領は今週、第73回国連総会の開会式で演説した。グローバリズムが唯一の平和と繁栄への道であるとする考えを持っている、まさにその機関に対する正反対の宣言を携えて。彼は「米国は米国民によって統治されるのである」「われわれはグローバリズムのイデオロギーを拒絶し、愛国主義の行動原理を受け入れる」と言った。その言葉は、そこの憲章が「われら連合国の人民は」で始まる国際機関にとっては禁句である。

    0
    続き

    太平洋への夢叶わず、国際司法裁がボリビアの訴え棄却

     内陸国ボリビアが、太平洋岸に通じる領土の獲得をめぐって隣国チリに領土交渉に応じるように求めていた裁判で、オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)は1日、ボリビアの訴えを棄却し、チリが交渉に応じる義務はないとの最終判断を下した。

    0
    続き

    国連総会で活躍する「影の英雄」

     国連総会という3日間にわたる派手な外交イベントで、トランプ大統領がスポットライトを浴びる一方で、舞台の裏側では、名前のあまり知られていないベテラン高官らが米国の外交を牽引(けんいん)していた。

     ポンペオ国務長官と、トランプ氏を支えるためのスタッフらと共に、これら高官らの活躍が目立ち、昨年の総会に派遣された代表団よりもはるかに大きな成果を挙げたと、政府当局者らは指摘した。

    0
    続き

    【クローガー】「クリックリスト」を変更!ブログタイトルやサービス名もシームレス?

    ■スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーは25日、オンラインショッピングサービスの「クリックリスト(ClickList)」を「クローガー・グローサリー・ピックアップ(Kroger Grocery Pickup)」に変更することを発表した。

    0
    続き

    暴行疑惑は民主党の時間稼ぎ

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     2人の娘の父親として、娘たちには、尊厳を持って扱われ、性的暴行を決して受けることのない社会に生きてほしいと思う。暴行のようなことがあれば、真剣に受け止めてもらえるそのような社会であってほしいと思う。2人の息子を持つ父親として、しっかりとした裏付けのない訴えのために、人生や名誉が破壊されることのない社会に生きてほしいと思う。

    1
    続き