■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    Obama welcomes new U.S. citizens, vows to fix ‘broken’ immigration system オバマ氏、新米国市民を歓迎、移民制度の改革誓う

    Facing a crisis of illegal immigration on the Mexican border, President Obama welcomed 25 new U.S. citizens at the White House Friday and pledged to take steps “to make our immigration system smarter and more efficient.”

    “If we want to keep attracting the best and the brightest from beyond our shores, we’re going to have fix our immigration system, which is broken, and pass common-sense immigration reform,” Mr. Obama said at an Independence Day naturalization ceremony for members of the U.S. armed forces and their spouses.

    0
    続き

    ISIL’s rise forces GOP 2016 hopefuls to weigh in on intervention イラク問題で応迫られる共和党の大統領選出馬予定者

    The rise of Islamist guerrillas in Iraq is forcing 2016 GOP presidential contenders to pick sides in the ongoing debate over whether the invasion of Iraq was worth it and whether the U.S. should re-engage in the Arab nation’s mounting problems.

    It’s the latest round in what’s been an ongoing internal fight over foreign policy and military force that kicked into gear in the wake of the Bush administration’s 2003 invasion of Iraq, and which is shaping up as a key part of the battle for the GOP’s presidential race.

    0
    続き

    W杯後の心配

    地球だより

     ワールドカップ(W杯)、ブラジル大会は決勝トーナメントに入り、緊張感のある好ゲームが続いている。ファン・フェスタ会場や、バー、レストランなど、各地で見るブラジルのサッカーファンの姿は、予選では余裕すらうかがえるものだったが、決勝トーナメントでは観戦にかける意気込みも違い、先日のチリとの8強入りを決める試合では文字通り街中の通りから人影が消えた。

    0
    続き

    米大学に浸透する「孔子学院」、中国プロパガンダ工作に警戒感

     中国政府は自国の文化を国際社会に広める「ソフトパワー」戦略の柱として、海外の大学に中国語や中国文化を教える「孔子学院」を積極的に設立している。これに対し、米国大学教授協会は先月、「孔子学院は中国政府の一支部で、学問の自由が無視されている」として、同学院を設置する約100の大学に対し、提携内容を見直すか、閉鎖するよう求めた。中国政府のプロパガンダ機関による教育現場への介入に懸念が広がり始めている。(ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    Not Surprised: Gen. Petraeus saw rise of ISIL, Sunni Islamists in Iraq, coming 「驚いていない」ISIS台頭でペトレアス氏

    The former four-star general who led the U.S. troop surge that largely quelled the Iraqi insurgency says he is unsurprised by the return and success of a Sunni Islamist group even more extreme than al Qaeda.

    0
    続き

    Tsunami of the huddled masses 津波のように押し寄せる越境集団

    President Obama’s dirty laundry is on display on the border for all to see. U.S. Immigration and Customs Enforcement is seeking 42,000 pairs of actual underwear on the border. It’s a bizarre consequence of the administration’s ill-conceived, badly executed immigration policies.

    0
    続き

    一方的に法を修正する米政府

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】最高裁は今週、温室効果ガス規制での過剰反応をめぐって環境保護局(EPA)に警告した。クリーンエア法は、年間250㌧、場合によっては100㌧を排出する汚染源を対象としている。この基準は、温室効果ガスに適用されると意味がない。幼稚園から食料品店まで数多くの組織が対象となり、話にならないからだ。そこでEPAは恣意的に、二酸化炭素排出の基準を10万㌧にした。

    0
    続き

    Anti-Americanism rampant, fringe conspiracy theories take hold in Russia ロシアで高まる反米感情

    MOSCOW – It was a mere five years ago that smiling Kremlin officials welcomed President Obama’s ambitious bid to “reset” frosty bilateral ties between the U.S. and Russia. Today, the smiles are long gone.

    0
    続き

    Hillary’s corporate backers have long history with Bill クリントン夫妻への支援を続ける企業

    When Hillary Rodham Clinton stepped in front of a podium this week to announce an initiative to train and hire unemployed young Americans, the background was plastered with familiar corporate logos, including JPMorgan Chase, Microsoft and Courtyard Marriott.

    These are household names to many Americans, but to former President Bill Clinton and Mrs. Clinton, they are known as big-ticket entries in their personal checkbooks.

    0
    続き

    The EPA’s Houdini bureaucrat 環境保護庁の奇術師

    The ghost of master magician Harry Houdini lives at the Environmental Protection Agency, where agency officials routinely make common sense and tax money disappear without a trace. Now certain officials themselves are disappearing before our very eyes.

    0
    続き

    過激派復活はオバマ氏のせい

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ジョージ・W・ブッシュ氏が大統領に就任した時、イラクにアルカイダはいなかった。これは事実だ。オバマ大統領が就任した時、イラクにはアルカイダはほとんど残っていなかった。これも事実だ。

    0
    続き

    Gearing up: House panel on Benghazi attack staffing up, briefing members ベンガジ事件、下院特別委の準備進む

    After a furious push to establish and appoint members to the House select committee on Benghazi, the panel’s official proceedings have hit slow gear, and committee members say they don’t expect to begin talking with witnesses until the fall.

    “I think it’s going to take that long to get everybody staffed up and briefed as to where we’re at, making everybody familiar,” Rep. Lynn A. Westmoreland, Georgia Republican and one of seven GOP members on the panel, said of the tentative post-August schedule. “You’re probably going to have to go through security clearance kind of stuff, and that just takes a while.”

    0
    続き

    評価上がるブッシュ前大統領、独週刊誌が米政界分析

     独週刊誌シュピーゲル最新号(6月16日号)に非常に面白い記事が掲載されている。テーマは米政界の動きだが、在任中、不人気だったジョージ・W・ブッシュ前米大統領(任期2001年1月~09年1月)の名誉回復が進んできたというのだ。独週刊誌が分析する米政界の動きを紹介する。(ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    Two Iraqi divisions dissolved, Gen. Dempsey tells Senate panel イラクで2個師団が解散、上院小委で統参議長が証言

    The chairman of the Joint Chiefs of Staff told lawmakers Wednesday that two entire Iraqi military divisions - roughly 60,000 troops - once trained by U.S. soldiers, simply dissolved in northern Iraq last week and in some cases even joined forces with advancing Sunni extremists militants in the nation.

    0
    続き

    熱狂ムードには程遠く…

    地球だより

     サッカー・ワールドカップ(W杯)は、米国でも注目を集めている。が、日本のように国民総出で自国の代表チームを応援する熱狂ムードには程遠い。愛国心の強い国民なのに、W杯にどこか冷ややかな態度を取るのは実に不思議である。

    0
    続き

    オバマ米大統領、イラク混乱の中でゴルフ

     イラクがイスラム教スンニ派の過激派武装組織の攻勢で危機に陥る中、オバマ米大統領が先週末、ゴルフに明け暮れていたことに批判が出ている。外交・安全保障問題に対するオバマ氏の関心の薄さを改めて印象付けたことは間違いない。(ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    本格化するアジア太平洋地域経済統合

     米国のオバマ政権は、安全保障分野でアジアへのリバランス(再均衡)を進めようとしてきた。それと不可分の関係にあるのが、アジア太平洋地域の経済統合だ。貿易・投資における地域経済統合は、安保協力以上に米国のアジアへの長期的関与を保障することになる。(ワシントン・久保田秀明)

    0
    続き

    Hard times in ‘dead broke’ Hillaryland 「無一文の」ヒラリーランドにおける苦難の時代

    Life in Hillaryworld is a lot like life in Oz. The former first lady says she knows what a tough life many Americans lead because she and Bill “came out of the White House not only dead broke, but in debt.” She should tell that to Toto. A lot of folks in Kansas would think hard times in Oz look pretty good.

    “As I recall,” Mrs. Clinton told Diane Sawyer of ABC-TV, “we were something like $12 million in debt. What we faced when he got out of the White House meant that we just had to keep working really hard.”

    0
    続き

    世界で繰り返される報復劇

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

      【ワシントン】復讐(ふくしゅう)するは我にあり、と神は言われた。報復は時が来れば必ず行われるものだが、野球選手は気長に待てるようだ。

     ボストン・レッドソックスのスラッガー、デービッド・オルティーズは5月の終わりにタンパベイ・レイズのデービッド・プライスとの今季初めての対決で、背中に150㌔の速球を受けた。

    0
    続き

    Hillary’s book tour from Hell: ‘Broke’ comment, NPR flap likely tip of iceberg スタートでつまずいたヒラリー氏の新著ツアー

    As soon as her new book hit store shelves Tuesday, Hillary Rodham Clinton became one of Twitter’s biggest punch lines, mocked for her claim she and her husband were penniless when they exited the White House in 2001.

    0
    続き

    Cantor to officially step down as House Majority Leader on July 31, backs McCarthy as replacement カンター下院院内総務7月31日に退任、後任にマッカーシー氏推す

    Rep. Eric Cantor said Wednesday that he will step down as House majority leader at the end of July, after losing a primary election Tuesday, igniting a short, spirited race to fill his post in a vote of the full House GOP next week.

    0
    続き

    Presidential promises broken 破られた大統領の約束

    President Obama insists his swapping an American soldier for terrorists is perfectly legal. Congress last year put language in the defense appropriations bill that limits the administration’s ability to transfer prisoners from Guantanamo. When Mr. Obama swapped five top Taliban prisoners for Sgt. Bowe Bergdahl he defied both Congress and the law.

    This conflict was set up with a stroke of a pen last year. “I continue to oppose this provision,” Mr. Obama wrote in a January 2013 signing statement, “which substitutes the Congress‘ blanket political determination for careful and fact-based determinations, made by counterterrorism and law enforcement professionals, of when and where to prosecute Guantanamo detainees.”

    0
    続き

    捕虜交換、政権浮揚の思惑外れる

     アフガニスタンの反政府勢力タリバンが拘束していた米陸軍軍曹1人の解放と引き換えに、オバマ米政権がタリバン幹部5人を釈放するという不釣り合いな取引に応じたのは、イラク・アフガン戦争「最後の捕虜」の帰還を実現することで、政権浮揚を図る思惑があったとの見方が出ている。外交・安全保障問題で政治判断を優先するのは、政権発足時から続くオバマ・ホワイトハウスの変わらぬ傾向だ。(ワシントン・早川俊行)

    0
    続き