■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    U.S. funds China’s nuclear security 中国の核安全保障に資金供給する米

    The Obama administration is funding a joint nuclear security center in Beijing designed to stem nuclear weapons proliferation – despite recent state-run media reports showing Beijing’s plans to hit U.S. cities with nuclear missiles that would kill millions of Americans during a conflict.

     A White House official said the Beijing center would not be used to help protect Chinese nuclear weapons.

    0
    続き

    堕ちた米大統領最大の功績

    アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

     「政治の世界では一週間は非常に長い」と、あっという間に状況が一変するさまを表したのは英国のウィルソン首相だった。連邦政府の一部を閉鎖するに至った連邦予算と債務上限引き上げを巡る大統領対議会共和党の戦いは、オバマ大統領の勝利とみられた。しかし、その後まさにあっという間にオバマ大統領の支持率は、回復不可能と言われるほど落ち込んだ。

    0
    続き

    Heckuva job, Obama! Americans jeer the president’s performance オバマ大統領の仕事ぶりに厳しい評価

    President Obama’s approval rating has sunk to 37 percent in a new poll released Wednesday – the lowest of his presidency – and his disapproval rate is at 57 percent, a new high for him in CBS News polls.

    His approval rating has dropped 9 points since October, according to the CBS News poll.

    0
    続き

    米国の民間有力シンクタンクの豪華ビル

     9月にワシントン市内に完成した米国の民間有力シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)の新しい本部ビルを訪ねた。

     エントランスをくぐると、贅沢(ぜいたく)な吹き抜けの空間が広がり、シャンデリアが垂れ下がる。同時に複数の会議やイベントを行えるよう、大小さまざまなホールを完備している。まるで高級ホテルのようだ。ワシントンの主なシンクタンクはだいたい見てきたが、豪華さでは間違いなくナンバーワンだろう。

    0
    続き

    岐路に立つ米共和党

     10月の米財政協議と政府一部閉鎖で最も政治的打撃を受けたのは、共和党だろう。来年の中間選挙、2016年大統領選挙を控え、共和党は大きな岐路に差し掛かっている。(ワシントン・久保田秀明)

    0
    続き

    オバマ米大統領、もうレームダック?

     オバマ米大統領が2期目の政権運営をスタートさせてからまだ1年もたたないが、早くもレームダック(死に体)化しているとの指摘が出ている。医療保険改革法(通称オバマケア)をめぐる失態で、支持率は急落し、身内の民主党議員の間でも「オバマ離れ」が進行。求心力を失いつつあるオバマ氏が、残りの任期で重要課題を手掛けるのは困難との悲観的な見方が広がっている。 (ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    Trouble in Paradise  トラブル・イン・パラダイス

    Sometimes thTrouble in Paradisee government can make life better for everyone. This is the socialist dream. Most of the time the government fails, usually miserably, as with President Obama’s miserable attempt to manage the nation’s health care. So far his administration has been unable to manage a website. Socialist dreams always die hard, as the common folk – and the uncommon folk as well – are learning in Venezuela in the wake of the Hugo Chavez experiment in economic fantasy.

    Venezuela’s so-called Bolivarian revolution, now presided over by Nicolas Maduro, the hand-picked successor to Mr. Chavez, has set out to maintain “fair” prices on everything in the markets. It’s all to protect the people. Basic goods such as butter and milk have all but disappeared, and when there’s a rumor that a market has a few rolls of toilet paper for sale, the riot police are dispatched to calm the mob. How can you have a paradise without toilet paper? But such is the legacy of the Hugo Chavez revolution.

    0
    続き

    失態続きの米国の医療保険改革法

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「たとえ法律を変えることになっても、大統領は、連邦政府が国民にした約束を守り、国民が保有しているものを守るべきだ」-クリントン元大統領、11月12日

    0
    続き

    Back in Iowa, Ryan finds himself at a political crossroads アイオワ州再訪、政治的分岐点のライアン氏

    ALTOONA, Iowa - Despite being on the losing 2012 presidential ticket, Rep. Paul Ryan’s White House prospects have not dimmed in Iowa, where Republican insiders say he will get a strong look in the 2016 caucuses if he takes a crack at the nation’s top elected office.

     At the same time, some think Mr. Ryan, who has maintained a low profile since the presidential election, is next in line to become speaker of the U.S. House.

    0
    続き

    同性愛者差別禁止法案の背後にある米国リベラル派の思惑

     米上院は今月7日、同性愛者や性転換者らに対する職場での差別を禁じる「職業差別禁止法案(ENDA)」を可決した。性的指向や性自認(ジェンダー・アイデンティティー)を理由に、採用を拒否したり、解雇したりするのを禁じるものだ。一見、不当な差別禁止を目的とした法案のようだが、その背後には、伝統的道徳観を社会から排除しようとするリベラル派の思惑が潜んでいる。

    (ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    Spy chief rules out transparency reform of NSA snooping
    情報機関トップ、NSA通信傍受の公開に否定的

    One of the nation’s top intelligence officials defended the National Security Agency’s snooping on online communications at a Capitol Hill hearing Wednesday, telling lawmakers that more transparency is not needed - and would prove self-defeating. Robert Litt, general counsel for the director of national intelligence, warned that sifting through the massive reams of digital communications swept up by the NSA to determine which were sent by Americans and which were not would make any privacy violation even more invasive.

    “We believe that the reporting we’ve already agreed to provides the right balance between transparency and national security,” he told the Senate Judiciary Subcommittee on Privacy, Technology and the Law.

    0
    続き

    The nonessential spy
    ある「ノン・エッセンシャル」スパイの話

    The phrase “nonessential personnel” re-entered the lexicon during last month’s government shutdown as 800,000 of these lucky people were rewarded with an unexpected paid vacation. Two free weeks off is nice, but this “government service” pales in comparison to the laid-back lifestyle at the Environmental Protection Agency, where an employee can miss 2 years of work without anyone noticing.

    In 2001, John C. Beale took one day a week off from his job as an environmental regulator by telling his boss a tale of his important work as a spy. In 2008, he went “undercover” for six months on an imaginary mission for the Central Intelligence Agency’s Directorate of Operations. Again in June 2011, he disappeared for nearly 18 months. He figured no one would notice, and nobody did. Nor did anyone take the time to verify his life as Bond, James Bond.

    0
    続き

    危機に直面するオバマケア

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「オバマ氏、医療保険法成功へキャンペーン」-ニューヨーク・タイムズ紙11月4日

     【ワシントン】オバマケアのウェブサイトが不調だ。数十万人の米国人の保険が解約されている。さらに数百万人が来年同じ目に遭う。この危機的状況にオバマ大統領はどう対応するのか。

     キャンペーンに取り掛かった。

    0
    続き

    Promise breakers: Congressional lawmakers shirk shutdown pledge, keep paychecks
    政府閉鎖で誓いを守らない議員ら

    Nearly half of Congress promised to share federal workers’ pain during the partial government shutdown by forsaking pay – but now that the shutdown is over and employees got paid, many lawmakers say they deserve their own checks.

    Some of the lawmakers said their vow to forgo pay was good only for as long as the shutdown lasted. When the shutdown ended after 16 days, they said, they had done their jobs and were entitled to their money.

    0
    続き

    DOE stayed mum as another green energy firm went bust
    またクリーンエネルギー企業破綻 エネルギー省報告せず

    Failing to heed the lessons of the Solyndra debacle, Energy Department officials kept quiet about their knowledge that a government-backed electric car charger company was sliding toward bankruptcy and putting taxpayer money at risk, the agency’s chief watchdog has found.

    Inspector General Greg Friedman admonished department officials for failing to disclose during an audit this summer what they knew about San Francisco-based Ecotality’s financial troubles and the possibility that the firm might not meet the terms of its taxpayer funding. The company received $100 million in aid from the 2009 stimulus.

    0
    続き

    政府閉鎖と国立公園 米国から

    地球だより

     10月に16日間にわたって米政府が一部閉鎖された。80万人近い連邦政府職員が一時帰休し、多くの政府機関が閉鎖または機能縮小した。おかげでいろいろ不便なことが発生したが、最もニュースになった不便は国立公園の閉鎖だ。

    0
    続き

    オバマ政権はアジア重視の姿勢明確に示せ

     米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙とNBCニュースが先月末に共同で実施した世論調査によると、オバマ米大統領の支持率は過去最低の42%に低下した。10月初旬の47%と比べ5ポイントの下落である。

     オバマ大統領の指導力に疑問符が付けば、頼りにならない米国というイメージが内外に定着しかねない。そうなれば、国際社会にとって深刻な事態が到来する恐れがある。

     東アジアサミットを欠席

    0
    続き

    カリフォルニア州で「男女共用学校トイレ法」に反発拡大

     米カリフォルニア州で8月、公立学校に通う性同一性障害の生徒が実際の性別とは異なるトイレを利用できるようにする、通称「男女共用学校トイレ法」(以下、トイレ法)が成立した。これにより、男子生徒でも本人が女だと認識していれば、女子生徒のトイレや更衣室、シャワーを使うことができる。これに対し、保守派や子供を公立学校に通わせる父兄らは「狂気の沙汰だ」と猛反発しており、住民投票を通じて同法を撤廃しようと署名活動を展開している。(ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    露呈したオバマケアのうそ

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】どんな災厄もいつか必ず、詳細が明らかになる。物理学者リチャード・ファインマン氏がOリングを氷水の中に沈めると、スペースシャトル「チャレンジャー」が爆発した理由を誰もがすぐに理解できた。オバマケアのOリングがフリーズするのを今週、誰もが目撃した。大統領は「今の医療保険プランがいい人は、そのプランを維持できる。それだけのことだ」と10回以上も確約したが、何十万通もの解約の通知がその人々のもとに届いている。

    0
    続き

    Al-Maliki visit presents delicate a challenge for administration
    イラク首相訪問で試される米政府

    He was an obscure compromise candidate when unexpectedly elected prime minister in 2006. Against all odds, Iraqi Prime Minister Nouri al-Maliki is still on the job, and holds a worrying level of power in Iraq as he heads into a meeting Friday with President Obama to discuss the still-troubled state of his nation-a decade after the U.S.-led military action that ousted dictator Saddam Hussein.

    With Mr. al-Maliki appearing poised to run for a third consecutive term next year, analysts say the challenge now facing the Obama administration is figuring out how to aid Baghdad’s fight against a surging al Qaeda threat, without inadvertently bolstering Mr. al-Maliki’s own rise as the region’s newest strongman.

    0
    続き

    アメリカ次期大統領は誰か

    在米外交評論家 那須 聖

     アメリカでは2016年11月に次期大統領選挙が行われる。

     まだ3年も先のことであるが、すでに候補者について大衆の間で議論が始まっている。周知のようにアメリカの二大政党制は全米的に根を下ろしているために、これまで無所属で立候補した人が何人かいたが、ほとんど票を集めることができず、いずれも泡沫候補に終わっている。従って、共和党か民主党のいずれかの候補に関心が集まる。

    1
    続き

    No keys to the factory
    UAWに工場の鍵を渡してはいけない

    Detroit lies in a shambles, in large part owing to the greed of the automobile unions. The United Auto Workers once helped autoworkers achieve the good life, but then brought the Motor City to ruin with unreasonable demands. Now it’s looking to move into the South to recover relevance.

    Over the past four decades, the UAW has lost 75 percent of its membership. The union retained enough leverage through state laws to force executives at the“Big Three” – General Motors, Ford and Chrysler – to agree to union demands that were unsustainable. A typical abuse is the“job bank,”requiring the Big Three to pay union employees a full-time salary when they didn’t work. The inevitable collapse not only punished shareholders, but cost taxpayers tens of billions of bailout dollars.

    0
    続き

    米財政問題の隙を突く中国

    拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

     世界中が注目した米国のデフォルト(債務不履行)は回避され、米国は財政破綻をかろうじてまぬがれた。今回の土壇場の解決は暫定的なものであり、米国の政治運営に多くの課題を残しており、また、米国内の重要問題にとどまらず国際経済などに与えた影響については、改めて論じられるべき大問題であろう。しかし本稿では、今次問題が米国の世界戦略やアジア地域の安全保障環境にもたらした影響などについて考えてみたい。

    0
    続き