■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    Another night, another speech 変わり映えのしない一般教書演説

    The words on the teleprompter were changed for Tuesday night, but when Americans woke up Wednesday morning, nothing else had changed. The announced theme of President Obama’s sixth State of the Union address was “opportunity, action and optimism.”

    These presidential speeches are meant to be uplifting, soaring rhetoric to inspire Americans to do their best, to celebrate what it means to be an American. This president gags on celebrating America’s values. He’s determined that his peculiar values will be America’s.

    0
    続き

    女性政策で失敗続く共和党

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】愚かとまでは言わないが、共和党が女性の問題に関して、これほどまで不器用になったのはどうしてだろう。抜け目なく、雄弁で、人を引き付ける力があり、大衆受けのするマイク・ハッカビー氏ですら失敗しているのだから、どこかに問題があることは明らかだ。共和党は、勝てるはずだったミズーリ、インディアナ両州で上院の議席を失った。そこから学ぶべきだ。

    0
    続き

    Keystone XL oil pipeline clears big hurdle 大きな障害越えたキーストーン油送管

    A long-awaited State Department review has raised no serious environmental objections to the proposed Keystone XL oil pipeline, potentially setting the stage for President Obama to approve the massive, politically charged project and dealing a blow to environmentalists who vehemently oppose it.

     The lengthy Environmental Impact Study, the final version of which was released Friday afternoon, determined that the Canada-to-Texas pipeline will have little or no bearing on the overall crude oil market in North America. In other words, the report found that greenhouse gas emissions are unlikely to change significantly if the pipeline is built, since Canada will surely continue to exploit the oil sands from Alberta and move the fuel to market even if the project is denied.

    0
    続き

    Intelligence leaks top terrorism in threat assessment テロの脅威トップは情報漏洩―年次報告

    Syria has become a hotbed for al Qaeda training, Iran’s nuclear ambitions will hinge on the country’s internal politics, post-Arab Spring violence is likely to grow over the coming year, and the threat of a massive cyber attack on American interests is increasing.

    Those were a few key points U.S. intelligence community leaders highlighted Wednesday in the annual Worldwide Threat Assessment presented to the Senate Select Committee on Intelligence.

    0
    続き

    コロラド州とワシントン州のマリフアナ解禁

    地球だより

     米国では今月から、コロラド州で、マリフアナ(大麻)の娯楽用を含めた販売、使用が解禁になった。ワシントン州でも今年、マリフアナの販売が開始される。がんや緑内障患者などへの医薬用使用として解禁されているのは、21州である。

    0
    続き

    失望を招くオバマ大統領の一般教書演説

     オバマ米大統領は今後1年間の内政・外交全般の重要政策課題について議会に説明する一般教書演説を行った。支持率低下に悩むオバマ政権への審判となる11月の中間選挙を多分に意識してか、外交に関する部分は少なく、内政中心の演説だった。これでは「内向き」と評価されても仕方がない。

     中間選挙を意識した内容

    0
    続き

    ボリビアが原子炉建設計画推進を発表

     南米ボリビアのモラレス大統領は22日、議会演説を通じて、南米で3カ国目となる原子炉建設の計画を発表した。モラレス大統領は、ベネズエラの故チャベス大統領と同様、反米左派の首脳として知られている。原子力開発はあくまでも「平和利用が目的」だと主張、「ボリビアが全人類が共有すべき(原子力)技術から除外されるわけにはいかない」と強調した。(サンパウロ・綾村 悟)

    0
    続き

    Wyoming town taken over by an Indian tribe インディアンの部族に乗っ取られるワイオミングの町

    Residents of Riverton, a quiet town of 11,000 in Wyoming, were shocked to wake up one recent morning to learn they were now Indians. Sort of. Their town had been taken over by an Indian tribe without a bullet or arrow being fired. This hasn’t happened since Gen. William Tecumseh Sherman, having put the torch to the South, arrived to take on the Nez Perce. Yet no battles took place last month. The Environmental Protection Agency simply approved an application by the Northern Arapaho and Eastern Shoshone tribes to declare the newly expanded tribal region henceforth be treated “as a state.”

     Thousands of Wyoming palefaces were swept into Indian jurisdiction, without treaty or authorization of Congress. Riverton residents didn’t even get any beads.

    0
    続き

    カナダの期待裏切る米政府

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    【ワシントン】カナダの外相は最近、米商業会議所に対して、落ち着いた調子で、ストレートに不満をぶつけた。米国は、キーストーンXLパイプラインに関してカナダに対してすべきことがあるというのだ。「このような中途半端なままではいられない」。煮えたぎるような怒りを抑えるように、カナダ人特有の落ち着いた様子で苦言を呈した。

    0
    続き

    Looking to 2016, RNC shortens presidential primary calendar 2016年大統領選にらみ予備選の日程を短縮-共和党

    The Republican National Committee voted Friday to condense its presidential nomination contest, in the hopes of avoiding another drawn-out and destructive primary battle that could hinder their chances of winning back the White House in 2016.

     The new rules are aimed at avoiding a repeat of the grueling 2012 primary election, where GOP presidential nominee Mitt Romney did not wrap up the nomination until mid-April and could not tap into his general election war chest until the final days of the summer.

    0
    続き

    「貧困との戦争」から50年の米国、自立より政府依存深める

     リンドン・ジョンソン米大統領が一般教書演説で「貧困との戦争」を宣言したのは、今からちょうど半世紀前の1964年1月のことだ。以来、貧困対策に20兆㌦以上が注ぎ込まれたといわれているが、貧困率が大きく改善されたわけではない。保守派からは、貧困層の自立を促すよりもむしろ、政府依存を深めた過去50年の取り組みを「失敗」だったと総括する指摘が出ている。(ワシントン・早川俊行)

     ジョンソン大統領の“宣戦布告”から50年の節目を迎え、米国では再び貧困対策に注目が集まっている。オバマ大統領は28日の一般教書演説で主要テーマの一つとして取り上げる見通し。野党共和党も「庶民に冷たい」とのイメージを払拭(ふっしょく)するため、有力議員が独自の貧困対策を相次いで発表している。11月の中間選挙に向け、議論が活発化するのは確実な情勢だ。

    0
    続き

    China trying to drive U.S. out of Asia 米国をアジアから追い出したい中国

    Former State Department official Kurt Campbell recently explained why 20 years of Pentagon efforts to build trust with the Chinese military have been difficult: China wants to drive the U.S. military out of Asia, and operates under a different strategic culture from that of the United States.

    Mr. Campbell, a longtime Asia policymaker at both State and the Pentagon, said the danger of a U.S.-China military confrontation was highlighted by the Dec. 5 near-collision between the guided-missile destroyer USS Cowpens and a Chinese warship in the South China Sea.

    0
    続き

    Benghazi murders were preventable, the White House coverup shameful ベンガジ殺人は防げた、ホワイトハウスは隠蔽を恥ずべし

    The incompetence and irresponsibility at Benghazi turns out to be even worse than everyone in Washington thought it was. A bipartisan Senate intelligence committee finds the murder of the American ambassador and three other Americans was preventable, and the explanations the White House first gave for the debacle were lies.

    This is what the Republicans and other conservatives have been saying for months, derided and disputed by defenders of President Obama, and now these are the on-the-record conclusions of the bipartisan Senate Intelligence Committee, made up of equal numbers of Democratic and Republican senators.

    0
    続き

    戦争を政治利用するオバマ大統領

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ゲーツ元国防長官は著書の中で、2011年初めまでに、オバマ大統領は「自分の(アフガニスタン)戦略に自信がなく、この戦争を自身の戦争とは考えていない」と断言していた。

    0
    続き

    Obama: ‘I’ll act on my own’ to make ‘breakthrough year’ happen 私のやり方で「躍進の年」にする-オバマ氏

    Again promising to act on his own wherever and whenever he can, President Obama on Saturday said the U.S. is on the cusp of an economic breakthrough but accused Republicans of standing in the way.

    “We are primed to bring back more of the good jobs claimed by the recession and lost to overseas competition in recent decades. But that requires a year of action,” Mr. Obama said in his weekly address. “And I want to work with Congress this year on proven ways to create jobs, like building infrastructure and fixing our broken immigration system. When Congress isn’t acting, I’ll act on my own to put opportunity within reach for anyone who’s willing to work for it.”

    0
    続き

    パラグアイでの酷暑と蚊の大群と

    地球だより

     先月、極僻地の一つとして知られる北パラグアイの「チャコ地方」を訪れた。同地に根ざした地域貢献を続けている日本人ボランティアを取材するためだ。

     パラグアイには約670万人が住んでいるが、今回記者が訪問した北東部のアルトパラグアイ県は九州とほぼ同じ広さがあるが、そこに住むのはわずか1万5000人。パラグアイ人さえもが訪問を嫌がる僻地だ。

    0
    続き

    同性婚の次は一夫多妻の合法化?

     米連邦地方裁判所は先月13日、一夫多妻を禁止したユタ州の法律は合衆国憲法違反であるとの判決を下した。米国では同性婚を認める州が17州に拡大し、結婚は一人の男性と一人の女性のものだという伝統的な定義が揺らいでいる。保守派は、同性婚の合法化によって結婚の定義が崩れれば、いずれ一夫多妻や一妻多夫、近親婚などあらゆる形態を認めざるを得なくなると警鐘を鳴らしてきたが、その懸念は今、現実のものとなり始めている。(ワシントン・早川俊行)

    1
    続き

    Detroit police chief wants citizens to arm themselves 市民に武装を求めるデトロイト市の警察本部長

    Motor City has become Murder City. With 333 homicides of all kinds last year, Detroit tops the list of major cities under siege by violent criminals. The man with the nation’s most thankless job, Detroit Police Chief James E. Craig, shocked the establishment when he said last week that he thinks the solution to Motown’s crime is more guns.

     Chief Craig served nearly three decades in the Los Angeles Police Department, where “it took an act of Congress” to get permission to carry a gun. That’s how he once thought things ought to be done. He was a standard-issue big-city police official. Then he moved east to become the top cop in Portland, Maine, one of the safest cities he had ever been in and where many people own guns.

    0
    続き

    House passes Obamacare security-notification law; 67 Democrats join GOP majority オバマケア情報流出通告法案が通過、民主議員67人も賛成

    The House passed a bill Friday that requires the federal government to notify consumers within two days if their personal data has been breached on online-based insurance markets tied to the new health care law.

    Roughly one third of voting Democrats joined the Republican majority in passing the Health Exchange Security and Transparency Act, 291 votes to 122, even though the Obama administration said legislation is unnecessary because notification rules are in place.

    0
    続き

    暴力否定し政治参加を 元駐米アラブ連盟大使 フセイン・ハッスーナ氏(上)

    2014世界はどう動く識者に聞く(8)

     ――ムスリム同胞団をどう評価しているか。

    0
    続き

    Iraqi diplomat wants Obama engagement in al Qaeda crisis イラク大使、アルカイダ勢力拡大で米国の関与求める

    Iraq’s ambassador to Washington says the Obama administration doesn’t fully grasp the consequences of failing to more aggressively combat a surging al Qaeda threat inside his country, pointedly suggesting that President Obama has been less engaged with Baghdad than his predecessor.

    “The administration has to have a better understanding of any adverse impact of any delay in provision of support to Iraq,” Ambassador Lukman Faily told The Washington Times in an interview Wednesday. “It cannot afford a whole town or province of Iraq falling to al Qaeda and becoming a safe haven. It’s against the U.S. strategic interest. It’s against the U.S. national security to do that.”

    0
    続き

    米の譲歩で中東不安定化 米安全保障政策センター上級研究員 フレッド・フライツ氏(下)

    2014世界はどう動く識者に聞く(6)

     ――オバマ政権の下で米国の国際的影響力が低下している。

     オバマ大統領にとって外交問題は優先課題ではなく、ナイーブで経験不足のアドバイザーたちがオバマ氏を取り巻いている。

    0
    続き

    危険なブースト型核開発 米安全保障政策センター上級研究員 フレッド・フライツ氏(上)

    2014世界はどう動く識者に聞く(5)

     ――北朝鮮・金正恩第1書記の義理の叔父で事実上のナンバー2だった張成沢氏が粛清された。

     張氏は若い正恩氏を支える「摂政」として、国家を運営していくものとみられていた。だが、写真から張氏の姿が削除されるなど、北朝鮮の歴史から消し去られてしまった。正恩氏は専門家の予測より早く権力を掌握したと考えられる。

    0
    続き