■連載一覧
  • 緊急事態と憲法 私の提言
  • WHOトップ解剖 テドロス氏とは何者か
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 2020/5/01
  • 2020/4/20
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2020/1/01
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/11/04
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    State asked if White House ordered Clinton probes; refers question to White House クリントン氏のメール疑惑で質問を避ける国務省

    The State Department declined to comment Sunday on whether senior White House aide Valerie Jarrett had ordered the federal agency to launch a series of probes into former Secretary of State Hillary Rodham Clinton, as the New York Post has reported.

    0
    続き

    Ash Carter: Islamic State ‘metastasizing,’ U.S. intervention desperately needed 「イスラム国」は「転移」、米の介入が不可欠-国防長官

    The Islamic State is “metastasizing” outside of Syria and Iraq, Defense Secretary Ashton Carter said Wednesday, urging Congress to quickly grant President Obama war authority without any limits on where the U.S. could strike terrorists.

    Senators, however, said neither Democrats nor Republicans support the language proposed by the president – and Mr. Obama’s top national security aides said they would rather not get a new authorization than face a party-line vote that would show disunity.

    0
    続き

    成長減速下のブラジルのインフレ

    地球だより

     ブラジルの今年度のインフレ予想が8%を超える可能性があるとブラジルのメディアが報じた。同じインフレでも、オーストラリアのように経済成長が伴うインフレならよいのだが、近年のブラジルは資源ブームの終息などもあり、経済成長減速と財政収入の悪化というダブルパンチを受けている。

    0
    続き

    「同盟国軽視」顕著なオバマ米政権

     オバマ米政権の同盟国を軽視する外交姿勢が顕著になっている。オバマ大統領は先月、カナダから米国に原油を運ぶパイプライン「キーストーンXL」の建設を承認する法案に拒否権を行使した。また、イラン核開発問題では、イスラエルの強い反発を無視して交渉妥結を急いでいる。米国との同盟関係を安全保障の基軸とする日本にとって、オバマ政権の同盟軽視傾向は大きな不安材料だ。(ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    始まる米大統領選挙レース

    在米外交評論家 那須 聖

     アメリカでは来年の11月に大統領選挙が行われる。アメリカの憲法の規定によると、この選挙に立候補する資格は35歳以上で、少なくとも14年間アメリカで生活してきた人となっており、更に2期以上ホワイトハウスの主を務めた人は、出馬の資格が無い。

    2
    続き

    Senate Republicans’ letter to Iran draws furious response from White House, Democrats 共和党上院議員がイランに書簡、大統領・民主党が強く反発

    A letter from Senate Republicans to Iranian leaders sparked a furious response from the White House on Monday, with administration officials accusing the GOP of seeking war and undermining its diplomatic efforts to stop Iran’s pursuit of a nuclear weapon.

    In their letter, 47 Senate Republicans, led by freshman Sen. Tom Cotton of Arkansas, told Tehran that any nuclear deal that isn’t submitted to Congress – as now seems likely – would not last into the next administration and would not represent the kind of historic, lasting agreement President Obama envisions.

    0
    続き

    The Netanyahu speech ネタニヤフ首相の演説

    Benjamin Netanyahu knocked one out of the park Tuesday, and once it cleared the fence the ball beaned a man lurking in the shadows, and bounced into the tall grass. That man in the shadows looked a lot like President Obama.

    The Israeli prime minister framed the argument over what to do about the Iran’s pursuit of nuclear weapons in stark, plain and simple terms: Is a bad deal with Iran better than no deal at all? The deal emerging from the negotiations in Geneva would not prevent an Islamic bomb, he said, but one “that paves Iran’s path to the bomb.”

    0
    続き

    イランの核認めるオバマ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】イスラエルのネタニヤフ首相の米議会での演説は、二つの点で注目に値する。エステル女王は2500年前に最初のスタンディングオベーションを受けた。オバマ大統領は、ネタニヤフ氏を事前に阻止しようと手を尽くしたが、イラン核交渉に関して、ネタニヤフ氏が自身の考えを表明するのを止めることはできなかった。

    0
    続き

    Obama in Selma: America’s racial past ‘still casts its long shadow’ 人種差別の過去は「まだ影を落としている」-オバマ氏

    Commemorating the 50th anniversary of the bloody civil-rights march in Selma, Alabama, President Obama said Saturday that America’s history of racial conflict “still casts its long shadow” and he called on Congress to strengthen voting-rights laws for minorities.

    Speaking to a crowd of about 40,000 at the Edmund Pettus bridge where marchers were attacked by state troopers in 1965, Mr. Obama said it’s a “common mistake” for Americans to believe that “racism is banished.” He pointed to this week’s Justice Department report that found widespread patterns of racial bias in the Ferguson, Missouri, police department.

    0
    続き

    サイバースパイ 次世代の繁栄を脅かす中国

    ロジャース前米下院情報委員長に聞く(上)へ

    ロジャース前米下院情報委員長に聞く(下)

     ――中国のサイバースパイ活動の深刻度は。

     極めて深刻だ。中国はサイバースパイを最も果敢に行っている国だ。中国は米国や日本、欧州諸国から知的財産を盗み、莫大な利益を得ている。問題は中国が知的財産を盗んでも、罰を受けていないことだ。だから、中国はサイバースパイをやり続けるだろう。

    0
    続き

    穏健派の大義傷つける米政権

    ロジャース前米下院情報委員長に聞く(下)へ

    ロジャース前米下院情報委員長に聞く(上)

    今年1月まで米下院情報委員長を務めたマイク・ロジャース前下院議員(共和党)はこのほど、世界日報のインタビューに応じた。イスラム過激主義への対応や中国サイバー攻撃の脅威、オバマ米政権の外交政策などについて聞いた。(聞き手=ワシントン・早川俊行)

     ――過激派組織「イスラム国」に対するオバマ政権の軍事戦略をどう見る。

    0
    続き

    North Korean hacking threatens nations 国家を脅かす北朝鮮のハッキング

    A North Korean defector who once helped train Pyongyang’s military hackers warned this week that the totalitarian regime is a major cybersecurity threat to the United States and other nations.

    Kim Heung-gwang, a former professor at North Korea’s Hamhung University of Computer Technology, a key training facility for the military, urged governments to do more to counter North Korean hacking.

    0
    続き

    Obama’s signature gift for Iran イランのためにオバマ氏署名権行使か

    President Obama yearns for a “signature” accomplishment overseas to match his signature domestic achievement as the presidential legacy he leaves on Jan. 20, 2017. He’s racing toward a nuclear deal with Iran that would give him a foreign disaster to match the domestic disaster called Obamacare.

    0
    続き

    イラン核交渉に重大な問題

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】なぜサンセット法(時限立法)なのか。

    0
    続き

    Rising Dem star committed ‘mortal sin’ by ripping Obama on Islamic State 民主新進議員の「イスラム国」政策批判は「大罪」

    Hawaii Democratic Rep. Tulsi Gabbard, a twice-deployed Army veteran, is taking heat from liberals in the media for criticizing President Obama’s strategy to defeat Islamic State militants and the administration’s refusal to identify radical Islam as the enemy.

    “Every soldier knows this simple fact: If you don’t know your enemy, you will not be able to defeat him,” Ms. Gabbard said, Fox News reported Saturday. “Our leaders must clearly identify the enemy as Islamist extremists, understand the ideology that is motivating them and attracting new recruits, and focus on defeating that enemy both militarily and ideologically.”

    0
    続き

    「第2のレーガン」探す保守派、米首都郊外で年次集会

     全米の保守派活動家が一堂に会する年次集会「保守政治行動会議(CPAC)」が2月25日から28日まで、ワシントン郊外のホテルで開催された。2016年次期大統領選に向け、共和党のエリート層が穏健派候補の擁立に動く中、これに反抗する草の根保守層が確たる保守哲学を持った「第2のレーガン」を探し求める構図が鮮明になった。(ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    John Kerry’s shock claim: Cold War was simple compared with Islamic State fight 冷戦はイスラム国対策に比べればシンプル―国務長官

    Secretary of State John F. Kerry drew heat from from one Republican lawmaker Wednesday when he said the task of providing American leadership in the world is far more complicated today than it was during the Cold War era – particularly in the face of religious extremism emerging in the post-Arab Spring Middle East.

    Mr. Kerry said “the greatest generation” put the U.S. on “a course to win the battle against tyranny, dictatorship and to win the battle for democracy and human rights and freedom for a lot of people.” But given the complexities of today’s world, he said, “the Cold War was simple compared to this.”

    0
    続き

    不祥事多い米スポーツ界

    地球だより

     熱烈な巨人ファンだった子供のころから、新聞のスポーツ欄を読むのが大好きだった。そのせいか、米国の新聞を読む時も、スポーツ欄から目を通すのが習慣になってしまっている。

    0
    続き

    オバマ大統領、テロ対策サミットで非軍事的対応強調

     今月17日から19日までワシントンで、60カ国以上の代表が集まって暴力的過激主義対策(CVE)サミット(テロ対策サミット)が開催された。非軍事的対策強化に向け国際連携強化を確認して閉幕したが、有効性を疑問視する声もいまだに根強い。(ワシントン・久保田秀明)

    0
    続き

    アメリカン・スナイパーは英雄か

     クリント・イーストウッド監督の映画「アメリカン・スナイパー」が世界で上演中で、多くの観客を惹きつけている。同映画はアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの伝説のスナイパー、クリス・カイルを描いた映画で、第87回アカデミー賞で6部門にノミネートされ、音響編集賞を受賞した映画だ。イラク戦争を舞台に1人の若きスナイパーの姿が描かれている。

     独週刊誌シュピーゲル(2月14日号)は、「スナイパーが果たして戦争の英雄かで米国の世論が2分している」と報じている。自身は安全な場所にいて、敵を射撃するスナイパーは従来の伝統的な戦争の英雄像とは成り得ないという声と、味方を敵の攻撃から守るため敵兵を冷静に射殺していく射撃兵は英雄だ、という反論がある。映画のスナイパーのカイルは安全な場所から敵兵を射撃することに一種の後ろめたさを感じ、前線にも出ていく。

    0
    続き

    Team Bibi schools Team Obama in speech boycott showdown 演説ボイコットでオバマ陣営を諭すネタニヤフ陣営

    Team Barack started strong, but Team Bibi is showing it knows how to finish, as supporters of Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu pick up steam against those urging a boycott of his speech next week before Congress.

    0
    続き

    Fleeing California カリフォルニアからの脱出

    More than a century ago, Roy Farmer, 20, went door-to-door in Los Angeles with his bags of home-roasted coffee beans. By the 1930s, Farmer Brothers was selling coffee to restaurants throughout the nation. Today the company employs 1,200 men and women and generates $200 million in annual sales to restaurants, convenience stores, hospitals, hotels and universities.

    But after surviving depressions, recessions, earthquakes and wars, Farmer Brothers is leaving California, finally driven out by high taxes and oppressive regulations.

    0
    続き

    権限乱用するオバマ大統領

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】私は頭にきている。ハリー・リード氏とバラク・オバマ氏のせいだ。穏健、理性などさよならだ。憲法や手続き上の制約など気にしない。なりふりなど構っていられない。

     任期終盤に入ったオバマ大統領に怖いものはない。大統領の権限を意図的に乱用し、環境規制や移民などあらゆるものに関して、法律を独断で停止するなどして実績を残そうとしている。

    0
    続き