■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    米保守州に及ぶ同性婚拡大の波

     米国で広がる同性婚合法化の波は、まるで燎原(りょうげん)の火のようだ。これまではリベラルな州を中心に広がってきたが、最近は保守的な州にまで燃え移り始めている。保守的な州は州憲法などで同性婚を禁じているが、オバマ大統領が指名したリベラルな連邦判事たちが、州の禁止規定は合衆国憲法違反であるとの判決を次々に下し、混乱を巻き起こしている。(ワシントン・早川俊行)

    1
    続き

    対中対峙の持ち札弱い米国

    アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

     中国の習近平国家主席は、着々と権力を掌握し、アメリカの専門家たちからは、鄧小平以来の強く、またヴィジョンのある指導者と見られるようになっている。これまでは党指導部でも保身のために決して手出しができなかった公安の大物、周永康前中央政治局常務委員・中央政法委員会書記をも汚職で追い詰め、自らの政策や意に反する者は容赦しないという警告を発したと見られている。汚職・腐敗退治もふくめ改革促進のための委員会を設立し、治安や安全保障で権限を発揮する国家安全保障委員会の議長に就任した。

    0
    続き

    EDITORIAL/A UAW defeat in Chattanooga 全米自動車労組、チャタヌーガで敗北

    The bullies failed. Assembly-line workers at the Volkswagen assembly plant in Chattanooga, Tenn., told the United Auto Workers last week to take an outbound Chattanooga choo-choo back to Detroit.

    Tennesseans seem no more interested in importing the union that destroyed Detroit than they are in sharing their paychecks with the union, which is now on the hunt for someone to blame for the expensive disaster.

    0
    続き

    気候変動は既定事実ではない

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】何度も言うが、私は地球温暖化を支持していない。地球温暖化を否定している。ずっと前から、大量の二酸化炭素を大気中に放出するのは人類にとっていいことではないと思っていた。だが、20年、30年、50年後に何が起きるかを正確に知っているかのように見せ掛ける科学者らは、白衣を着た伝道者だと思っている。

    0
    続き

    DOD presses for EMF spectrum used by cell phones for next generation weapons 携帯電話の周波数帯の次世代兵器への配分望む国防総省

    The Pentagon is pressing federal and commercial players to yield as much space as they can on the electromagnetic radiation frequency spectrum to help meet the voracious appetite of the U.S. military’s current fleet of drones and its next generation F-35 stealth jet.

    The effort puts the Defense Department in direct competition with America’s most potent EMF bandwidth competitor: the every-day cell phone user.

    0
    続き

    The war on St. Valentine 聖バレンタインデーに仕掛けられる戦争

    Ruining holidays has become the national sport of the self-righteous and the politically correct. There’s the War on Christmas, the attempt to abolish Halloween, and even Christopher Columbus is reckoned a symbol of “imperialism” on his special day. St. Valentine’s Day now joins the axis of childhood evil.

    Teachers at Bradley Beach Elementary School in New Jersey have advised parents of a new rule. “If your child chooses to exchange Valentine cards in school,” they wrote, “he or she should have one for each classmate.” Choosing a favorite is no fair.

    0
    続き

    オバマケアが雇用に悪影響

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】医療保険改革法(オバマケア)をめぐってごたごたが続いている。民主党は、大統領の恣意的な判断で修正される同法を「国法」と呼ぶがおかしな話だ。そんな中、同法が雇用にどのような影響を及ぼしているかが分かってきた。

    0
    続き

    U.S., China in war of words over South China Sea air zone 南シナ海防空権めぐり米中が対立

    The Obama administration appears to be launching a new diplomatic push to prevent China from imposing another destabilizing air defense zone over international waters.

     China watchers say the administration’s pushback against China is probably too little, too late, as China reportedly is making legal preparations for the new air defense zone over the South China Sea.

    0
    続き

    債務引き上げ、合意不能の危機続く米国

     米上院は17日のプレジデンツデー(米大統領の功績を称える日)の休日を前に、連邦債務上限を来年3月まで無条件で引き上げる法案を賛成多数で可決した。下院は可決済みで、オバマ大統領の署名を経て成立する。連邦政府が国債の利払いなどができなくなるデフォルト(債務不履行)の危機は、ひとまず回避される。

     激化する与野党対立

    0
    続き

    Japanese man wins landmark lawsuit on religious oppression 宗教迫害めぐり日本人男性に画期的判決

    A Japanese man who had been kidnapped by family members and subjected to violent attempts to renounce his religion has won a court ruling against his captors, an outcome religious freedom advocates applaud while saying more needs to done to stop religious oppression in Japan.

    Toru Goto, a member of the Unification Church, this week was awarded the equivalent of $47,000 by a Tokyo District Court.

    0
    続き

    過保護な休校措置

    地球だより

     今年の冬は本当に寒い。昨年12月から断続的に強い寒波が米各地を襲い、厳しい寒さが続いている。

     筆者が住む南部バージニア州でも、寒波や降雪の影響で学校が休校になったり、始業時間が遅れる日が相次いでいる。生徒の健康や安全に配慮するのは必要だが、問題なく学校に行ける日まで休校にするのは明らかに過剰。子供を学校に通わせる父兄から不満が噴出するのもうなずける。

    0
    続き

    米国がテロとの戦いで岐路に

     12年前の米同時多発テロ以来、テロ防衛、安全保障を最優先してきた米国だが、ここにきて大きな岐路に直面している。安全保障か、プライバシーかの選択で、安全保障優先の政策が限界に来つつあるのだ。過去1年近く続いてきた国家安全保障局(NSA)の米国内スパイ活動をめぐる議論は、その限界を示すものと見ていい。(ワシントン・久保田秀明)

    0
    続き

    It’s a bird! It’s a drone! 「鳥だ!いや無人飛行機だ!」

    Humphrey Bogart’s classic line in the movie “Casablanca” could take on a sinister new meaning in the surveillance society: “Here’s looking at you, kid.”

    Last year, New Orleans toyed with the idea of using drones to watch over the Super Bowl, but the smarter people in the Big Easy dropped the idea.

    0
    続き

    Another night, another speech 変わり映えのしない一般教書演説

    The words on the teleprompter were changed for Tuesday night, but when Americans woke up Wednesday morning, nothing else had changed. The announced theme of President Obama’s sixth State of the Union address was “opportunity, action and optimism.”

    These presidential speeches are meant to be uplifting, soaring rhetoric to inspire Americans to do their best, to celebrate what it means to be an American. This president gags on celebrating America’s values. He’s determined that his peculiar values will be America’s.

    0
    続き

    女性政策で失敗続く共和党

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】愚かとまでは言わないが、共和党が女性の問題に関して、これほどまで不器用になったのはどうしてだろう。抜け目なく、雄弁で、人を引き付ける力があり、大衆受けのするマイク・ハッカビー氏ですら失敗しているのだから、どこかに問題があることは明らかだ。共和党は、勝てるはずだったミズーリ、インディアナ両州で上院の議席を失った。そこから学ぶべきだ。

    0
    続き

    Keystone XL oil pipeline clears big hurdle 大きな障害越えたキーストーン油送管

    A long-awaited State Department review has raised no serious environmental objections to the proposed Keystone XL oil pipeline, potentially setting the stage for President Obama to approve the massive, politically charged project and dealing a blow to environmentalists who vehemently oppose it.

     The lengthy Environmental Impact Study, the final version of which was released Friday afternoon, determined that the Canada-to-Texas pipeline will have little or no bearing on the overall crude oil market in North America. In other words, the report found that greenhouse gas emissions are unlikely to change significantly if the pipeline is built, since Canada will surely continue to exploit the oil sands from Alberta and move the fuel to market even if the project is denied.

    0
    続き

    Intelligence leaks top terrorism in threat assessment テロの脅威トップは情報漏洩―年次報告

    Syria has become a hotbed for al Qaeda training, Iran’s nuclear ambitions will hinge on the country’s internal politics, post-Arab Spring violence is likely to grow over the coming year, and the threat of a massive cyber attack on American interests is increasing.

    Those were a few key points U.S. intelligence community leaders highlighted Wednesday in the annual Worldwide Threat Assessment presented to the Senate Select Committee on Intelligence.

    0
    続き

    コロラド州とワシントン州のマリフアナ解禁

    地球だより

     米国では今月から、コロラド州で、マリフアナ(大麻)の娯楽用を含めた販売、使用が解禁になった。ワシントン州でも今年、マリフアナの販売が開始される。がんや緑内障患者などへの医薬用使用として解禁されているのは、21州である。

    0
    続き

    失望を招くオバマ大統領の一般教書演説

     オバマ米大統領は今後1年間の内政・外交全般の重要政策課題について議会に説明する一般教書演説を行った。支持率低下に悩むオバマ政権への審判となる11月の中間選挙を多分に意識してか、外交に関する部分は少なく、内政中心の演説だった。これでは「内向き」と評価されても仕方がない。

     中間選挙を意識した内容

    0
    続き

    ボリビアが原子炉建設計画推進を発表

     南米ボリビアのモラレス大統領は22日、議会演説を通じて、南米で3カ国目となる原子炉建設の計画を発表した。モラレス大統領は、ベネズエラの故チャベス大統領と同様、反米左派の首脳として知られている。原子力開発はあくまでも「平和利用が目的」だと主張、「ボリビアが全人類が共有すべき(原子力)技術から除外されるわけにはいかない」と強調した。(サンパウロ・綾村 悟)

    0
    続き

    Wyoming town taken over by an Indian tribe インディアンの部族に乗っ取られるワイオミングの町

    Residents of Riverton, a quiet town of 11,000 in Wyoming, were shocked to wake up one recent morning to learn they were now Indians. Sort of. Their town had been taken over by an Indian tribe without a bullet or arrow being fired. This hasn’t happened since Gen. William Tecumseh Sherman, having put the torch to the South, arrived to take on the Nez Perce. Yet no battles took place last month. The Environmental Protection Agency simply approved an application by the Northern Arapaho and Eastern Shoshone tribes to declare the newly expanded tribal region henceforth be treated “as a state.”

     Thousands of Wyoming palefaces were swept into Indian jurisdiction, without treaty or authorization of Congress. Riverton residents didn’t even get any beads.

    0
    続き

    カナダの期待裏切る米政府

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    【ワシントン】カナダの外相は最近、米商業会議所に対して、落ち着いた調子で、ストレートに不満をぶつけた。米国は、キーストーンXLパイプラインに関してカナダに対してすべきことがあるというのだ。「このような中途半端なままではいられない」。煮えたぎるような怒りを抑えるように、カナダ人特有の落ち着いた様子で苦言を呈した。

    0
    続き

    Looking to 2016, RNC shortens presidential primary calendar 2016年大統領選にらみ予備選の日程を短縮-共和党

    The Republican National Committee voted Friday to condense its presidential nomination contest, in the hopes of avoiding another drawn-out and destructive primary battle that could hinder their chances of winning back the White House in 2016.

     The new rules are aimed at avoiding a repeat of the grueling 2012 primary election, where GOP presidential nominee Mitt Romney did not wrap up the nomination until mid-April and could not tap into his general election war chest until the final days of the summer.

    0
    続き