■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    世界で繰り返される報復劇

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

      【ワシントン】復讐(ふくしゅう)するは我にあり、と神は言われた。報復は時が来れば必ず行われるものだが、野球選手は気長に待てるようだ。

     ボストン・レッドソックスのスラッガー、デービッド・オルティーズは5月の終わりにタンパベイ・レイズのデービッド・プライスとの今季初めての対決で、背中に150㌔の速球を受けた。

    0
    続き

    Hillary’s book tour from Hell: ‘Broke’ comment, NPR flap likely tip of iceberg スタートでつまずいたヒラリー氏の新著ツアー

    As soon as her new book hit store shelves Tuesday, Hillary Rodham Clinton became one of Twitter’s biggest punch lines, mocked for her claim she and her husband were penniless when they exited the White House in 2001.

    0
    続き

    Cantor to officially step down as House Majority Leader on July 31, backs McCarthy as replacement カンター下院院内総務7月31日に退任、後任にマッカーシー氏推す

    Rep. Eric Cantor said Wednesday that he will step down as House majority leader at the end of July, after losing a primary election Tuesday, igniting a short, spirited race to fill his post in a vote of the full House GOP next week.

    0
    続き

    Presidential promises broken 破られた大統領の約束

    President Obama insists his swapping an American soldier for terrorists is perfectly legal. Congress last year put language in the defense appropriations bill that limits the administration’s ability to transfer prisoners from Guantanamo. When Mr. Obama swapped five top Taliban prisoners for Sgt. Bowe Bergdahl he defied both Congress and the law.

    This conflict was set up with a stroke of a pen last year. “I continue to oppose this provision,” Mr. Obama wrote in a January 2013 signing statement, “which substitutes the Congress‘ blanket political determination for careful and fact-based determinations, made by counterterrorism and law enforcement professionals, of when and where to prosecute Guantanamo detainees.”

    0
    続き

    捕虜交換、政権浮揚の思惑外れる

     アフガニスタンの反政府勢力タリバンが拘束していた米陸軍軍曹1人の解放と引き換えに、オバマ米政権がタリバン幹部5人を釈放するという不釣り合いな取引に応じたのは、イラク・アフガン戦争「最後の捕虜」の帰還を実現することで、政権浮揚を図る思惑があったとの見方が出ている。外交・安全保障問題で政治判断を優先するのは、政権発足時から続くオバマ・ホワイトハウスの変わらぬ傾向だ。(ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    Delay for Obamacare website for small businesses forces states to rethink options 小企業のオバマケア登録に遅れ システムの利用を見直す州も

    President Obama hailed the effects of his health care law this spring when 8 million Americans signed up on the individual market, but the Obamacare marketplace for small businesses remains a work in progress.

    The small-business exchanges, or SHOPs, were supposed to be an easy way for employers of 50 or fewer full-time workers to gain leverage in the insurance market and provide coverage options to their employees.

    0
    続き

    バーグダル軍曹を軍事法廷に

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】またスーザン・ライス氏と日曜日朝のトークショーだ。今回、ライス氏は、ボウ・バーグダル軍曹は「栄誉と功績」をもってアフガニスタンでの軍務に就いたと言った。ベンガジ攻撃の原因は動画だったと言って以来、最大の大うそだ。

    0
    続き

    Taliban calls Bergdahl prisoner exchange ‘great victory’ in viral video of swap タリバンが動画公開、捕虜交換は「大勝利」

    A Taliban-produced video that juxtaposes the handover of Army Sgt. Bowe Bergdahl to U.S. Special Forces with images of five freed former Guantanamo inmates in Qatar went viral Wednesday across the Pakistani, Afghan and English-language media.

    U.S. officials, who would only speak on background, said American intelligence analysts were closely monitoring the video’s spread, and a former senior Pentagon official acknowledged that the Taliban was exploiting it to push a message of victory – just as the Obama administration came under increased scrutiny over the secret nature and other details of the prisoner swap.

    0
    続き

    W杯開幕直前のブラジル、反政府デモ継続の懸念

     半世紀ぶりのサッカー・ワールドカップ(W杯)自国開催を控えたブラジルだが、近年の経済成長や中産階級の台頭とともに、社会や国民が抱えてきた多くの矛盾や不満は、W杯という世紀のイベントを通じて、10月予定のブラジル大統領選挙にも影響を与えかねない勢いで噴出している。(サンパウロ・綾村 悟)

    0
    続き

    決選投票近づくコロンビア大統領候補

     南米コロンビアで15日、大統領選挙の決選投票が行われる。半世紀続いた内戦の和平交渉が続く中での大統領選挙は、和平交渉推進派の現職と対ゲリラ強硬派の候補との間で接戦となっている。(サンパウロ・綾村 悟)

    0
    続き

    中露の天然ガス契約、戦略関係に発展せず ゴンパート前米国家情報副長官に聞く

     【ワシントン早川俊行】オバマ米政権1期目に国家情報筆頭副長官を務めたデービッド・ゴンパート氏は、世界日報のインタビューに応じ、天然ガスの大型売買契約で接近する中国とロシアについて、「中露のパートナーシップは見掛けほどではない」と述べ、拡大する国力の格差や相互不信感などから、戦略的関係には発展しないとの見通しを示した。また、安倍政権が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持し、日本が国力に見合った安全保障上の責任を負うことを拒むなら、「フリーライダー(ただ乗り)」と見なされると警告した。一問一答は次の通り。

    0
    続き

    The first lady’s food fight ミシェル・オバマ大統領夫人の食物闘争

    Michelle Obama has challenged congressional Republicans to a food fight. The first lady lashed out Tuesday at House leaders who have been assisting school districts trying to get out of federal school-lunch dictates. “It’s unacceptable to me,” she said, “not just as first lady, but also as a mother.”

    The White House has busied itself confiscating school-cafeteria menus and replacing them with recipes imposed from Washington to limit calories, restrict sweets and processed foods, and force kids eat their fruits and vegetables. As every mother knows, an edict won’t get Miles or Olivia or Savannah to eat their green beans.

    0
    続き

    党と自己の名誉のための政治

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】オバマ大統領は、陸軍士官学校ウエストポイントで大演説をし、自らの外交政策がいかに優れ、慎重に練り上げられているかを訴えるなら、その前にまずリビアの米国人を退去させるべきだった。

    0
    続き

    Experts tell House panel climate change science isn’t settled 気候変動は確立されていない、下院委で専門家

    Liberals have been piling on Rep. Lamar Smith and his fellow House Republicans for failing to hold more committee hearings on climate change, but Thursday’s often-heated testimony probably wasn’t what the movement had in mind.

    The House Science, Space and Technology Committee heard from scientists who poked holes in the prevailing catastrophic theory of man-made climate change and said researchers are under pressure to support more alarming scenarios.

    0
    続き

    First lady bemoans opposition to her unpopular school lunch program オバマ夫人、不人気の給食プログラムへの反対に不満表明

    First lady Michelle Obama on Tuesday chided congressional Republicans for attempting to roll back her school lunch standards, calling the effort “unacceptable” and accusing lawmakers of playing politics with the health of young students. The unusual step by Mrs. Obama, who largely has avoided political scuffles during her husband’s time in office, underscores the growing unrest around the initiative and a real chance that the standards, at least in their current form, may not survive much longer.

    0
    続き

    Fleeing the nuttiness of Maryland 常軌を逸したメリーランド州から逃げる

    If Maryland veers farther left, it might one day fall into Deep Creek Lake, out where there’s room for an empty wasteland. Marylanders weary of do-good taxes and the notions and policies of the looney left have been packing up to leave. It’s good for the U-Haul business, but not for anyone else.

    Alex X. Mooney, once a Maryland state senator, took his bags and furnishings to West Virginia, where last week he won the Republican nomination for that state’s open 2nd District congressional seat. Mr. Mooney was narrowly defeated for a fourth term in the Maryland Senate in 2010 after a lot of liberal Democratic voters were transferred to his district.

    0
    続き

    Afghan security forces poorly equipped to treat wounded: Pentagon 負傷者に十分な治療施せないアフガン治安部隊-米国防総省

    Despite a decade of battle, Afghan security forces remain poorly equipped to care for their wounded, according to a Pentagon report that provides the latest stark warning about the American withdrawal from that war-torn country.

    The Defense Department inspector general found that while the Afghan Air Force has made some significant strides in medical evacuations from the battlefield, there are major gaps in the ability to care for the Afghan National Police (ANP) who are the front lines of daily security and the frequent target of bombings and shootings.

    0
    続き

    Obama sending troops to help search for Nigerian schoolgirls 米、女生徒捜索でナイジェリアに派兵

    The Obama administration deepened the U.S. military’s involvement in the battle to contain the terrorist group Boko Haram Wednesday, announcing the deployment of 80 American troops to help in the search for more than 200 schoolgirls kidnapped by the shadowy Nigeria-based Islamist group last month.

    The White House offered few specifics of the deployment, saying in a letter to Congress only that the “U.S. Armed Forces personnel” are being deployed to neighboring Chad, where they will support American surveillance drone operations that began over nearby northern Nigeria last week as part of the effort to locate the missing girls.

    0
    続き

    W杯期間中はブラジルの学校も休み

    地球だより

     来月12日から開催されるサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会では、反政府デモの拡大などによる悪影響が懸念されているが、その一方でブラジル市民の多くがW杯を楽しみにしているのも事実だ。

    0
    続き

    「公的な祈り」に合憲判断、米最高裁

     米連邦最高裁判所は今月5日、政教分離問題で重要な司法判断を下した。ニューヨーク州の町議会で行われていたキリスト教の祈りは、国教樹立を禁じた憲法修正第1条に反しないと結論付けた。万一、違憲判断が下されていたら、祈りで議会を開会するという建国以来の宗教的伝統は大きく歪(ゆが)められていた。最高裁判断は5対4の小差で、「公的な祈り」は紙一重で守られた形だ。(ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    A speech trap in Texas テキサス州における言論の自由のわな

    Lois Lerner has competition in Texas as the undisputed queen of harassment. For the past two years, the Texas Ethics Commission has been harassing Empower Texans and seven other conservative organizations with an order, renewed last month, demanding that the groups hand over subscriber lists, the names of all contributors, bank records and correspondence. The commission hasn’t asked for Christmas card lists or favorite chili recipes, but it’s still early.

    Ms. Lerner issued similar demands to Tea Party groups throughout the country from her position monitoring harassment targets at the Internal Revenue Service. A liberal Wisconsin prosecutor went after conservative groups with the same zeal until a federal judge ordered his investigation shut down.

    0
    続き

    Susan Rice predicts Benghazi panel will come up empty ベンガジ委員会は成果出せない-ライス補佐官

    White House National Security Advisor Susan E. Rice predicted Wednesday that the House’s new investigation into the 2012 Benghazi terrorist attack won’t uncover any new information, saying the ground has already been thoroughly explored. “House and Senate committees have pronounced on this repeatedly, so it’s hard to imagine what further will come of yet another committee,” said Ms. Rice, who played a key role in the administration’s early public relations push to characterize the attacks as mob violence spurred by an anti-Islam video, rather than a coordinated assault on the U.S. facility.

    0
    続き

    The Supreme Court saves a public prayer 最高裁、公的な祈りを救う

    The professional grievance industry suffered a sharp setback Monday when the Supreme Court ruled that a prayer does not offend the Constitution. In Town of Greece, N.Y., v. Galloway, the fringe busybodies who claim offense at the sight of folded hands or bowed head in public lost an avenue for agitation.

    The 5 to 4 majority held that a city council doesn’t establish a state religion, which the First Amendment prohibits, by starting a meeting with a moment of silence or an invocation that reflects the community’s beliefs.

    0
    続き