■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    対中抑止で試されるオバマ米大統領の本気度

     オバマ米大統領による日本など4カ国歴訪は、アジアの同盟・友好国の間で疑念が生じていたオバマ政権への信頼を取り戻すことに主眼が置かれた。沖縄・尖閣諸島を日米安全保障条約の適用範囲だと明言したのもその一環だ。歴訪が中国牽制(けんせい)の強いメッセージになったのは確かだが、レトリックにとどまらず、中国の拡張主義を抑止する「本気度」を具体的に示していくことがカギになる。(ワシントン・早川俊行)

     「言葉だけで行動が伴わない」――。これはオバマ政権の外交政策についてワシントンで定着しつつある評価だ。

    0
    続き

    Voting with one’s feet shows folly of liberal economic policies 足による投票はリベラル派の経済政策の愚かさを示す

    Once-big and powerful states are shrinking. Suffocating under the weight of liberal policies, powerhouse states have atrophied into uncompetitive and unwelcoming weaklings.

    It’s all laid out in a report by the American Legislative Exchange Council. Co-authored by Arthur Laffer, a Reagan economic adviser, and Stephen Moore, an economist at the Heritage Foundation, the report titled “Rich States, Poor States” identifies key ingredients of a thriving economy: low personal and corporate income-tax rates, reasonable property- and sales-tax burdens, restraint on the number of government employees and curbs on state spending.

    0
    続き

    Protesters, police clash in Philippines ahead of Obama visit 米大統領訪問控えデモ隊と警官隊が衝突-比

    As President Obama began a weeklong tour of Asia on Wednesday, anti-U.S. protesters in the Philippines clashed with police over the president’s scheduled visit and a pact that will beef up U.S. military forces there.

    Riot policemen wielding truncheons and shields sprayed protesters with water from a fire truck to push them away from the heavily fortified U.S. embassy compound in Manila. A police officer was punched in the face in the melee but no arrests were made.

    0
    続き

    様々な顔持つワシントン

    地球だより

     米国の首都ワシントンが最も観光客に賑(にぎ)わうのは、やはり桜のシーズンだろう。日本では桜の名所は多いが、米国ではワシントンほどの桜の名所は他にない。

     今年の桜祭りは、3月20日から4月13日まで約3週間開催された。桜祭りのハイライトはパレードだ。ワシントン市内のコンスティテューション・アヴェニューに沿って、7番ストリートから17番ストリートまでパレードが繰り広げられる。

    0
    続き

    ベネズエラのマドゥロ大統領、反対派と対話

     ベネズエラの政治危機を受けて、反米左派マドゥロ大統領は反大統領派の野党指導者らと対話を行った。しかし、対話は平行線に終わり、反政府デモなどベネズエラの国内情勢は改善の兆しが見えないのが現状だ。(サンパウロ支局)

    0
    続き

    Amnesty for illegals and a permanent Democratic majority 不法移民に対する恩赦と民主党支配の恒久化

    Democrats eager to enact amnesty are telling Republicans it’s not in their interests to stand in the way of comprehensive immigration reform. Rep. Luis V. Gutierrez of Illinois says he wants to “to save [Republicans] from … opponents of legal immigration and immigration reform.”

    Some Republicans may be touched that some Democrats want to share the love, but the nonpartisan Center for Immigration Studies does not agree. The Washington-based think tank issued a study Tuesday that examines what it calls “the partisan political implications of large-scale immigration,” such as what happened following the 1986 amnesty, and predicts a similar result if the “Gang of Eight” reform bill, passed by the Senate and beloved by amnesty advocates, becomes law.

    0
    続き

    悪用される政治献金者名簿

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】企業献金をめぐる議論は決して終わらない。理由は簡単だ。議論を行う両者が恩恵を受けているからだ。

    0
    続き

    Joe Biden’s biggest gaffe: VP blowing his 2016 head start 2016年大統領選で劣勢に立つバイデン副大統領

    It has been clear for some time that Joseph R. Biden is far behind Hillary Rodham Clinton among potential Democratic presidential candidates, but recent polling data suggest the vice president may not even be his party’s second choice.

    Researchers say Mr. Biden – who, like Mrs. Clinton, has openly talked about a White House bid but hasn’t announced a decision – will struggle to gain traction with voters in early primary and caucus states such as Iowa.

    0
    続き

    Removal of military gear limits options for U.S., NATO in Ukraine 軍備縮小でウクライナでの軍事オプションに制限

    The Obama administration has removed all operational combat tanks from Europe and key strike aircraft, limiting the options for a show of force to bolster eastern NATO allies as Russia contemplates invading Ukraine.

    Most analysts, and President Obama, say direct military aid to Kiev in the form of weapons, air power or ground troops is off the table.

    0
    続き

    Another red line for Obama, this time with Iran, Aboutalebi オバマ大統領にとってのもう一つのレッドライン

    Old wounds can heal, but not if they’re continually picked at. Iran is a wound that never closes, owing to the Islamic regime’s determined efforts to prevent it.

    Iran has chosen a man who joined in the sacking of the U.S. Embassy in Tehran, taking American diplomats hostage in 1979, as its ambassador to the United Nations. President Obama, despite his deference in the face of Islamic insult, must not bow to this calculated affront.

    0
    続き

    米国で拡大する新全体主義

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】2カ月前、11万人以上が署名した嘆願書がワシントン・ポスト紙に届けられた。地球温暖化に疑義を呈する記事を報じないよう求めるものだ。嘆願書が届いたのは、温暖化は定説ではないとした私のコラムが掲載される前の日だった。

    0
    続き

    ‘Modern marvel’: New U.S. Navy destroyer Zumwalt christened in Maine 「現代の驚異」新型駆逐艦ズムウォルトが命名式

    BATH, Maine – The U.S. Navy on Saturday christened the first ship of its newest class of destroyers, a more than $3 billion, 610-foot-long warship sporting advanced technology and a stealthy shape designed to minimize its visibility on enemy radar and reduce the size of its crew.

    Named after the late Adm. Elmo “Bud” Zumwalt, the newest destroyer’s massive size and angular profile make it stand apart from other U.S. warships. And like its namesake, a reformer who spearheaded changes that helped shape the Navy by offering new opportunities to women and minorities, the Zumwalt will shepherd the fleet into a new era, officials said.

    0
    続き

    ブラジルのチョコレートいっぱいの復活祭

    地球だより

     イエス・キリストの復活を記念する「復活祭(イースター)」は、世界最大のカトリック人口を誇るブラジルにおいて特別な意味を持っている。ブラジル中の教会で荘厳なミサ等が行われる(今年は4月20日)。

     ブラジルで初めて復活祭のミサが行われたのは1500年4月26日。ポルトガル人がブラジルに初めて上陸した5日後のことで、フランシスコ会の宣教師がミサを執り行ったとされている。

    0
    続き

    米最高裁で争われる避妊費負担義務化

     米医療保険改革法(オバマケア)が再び連邦最高裁判所で争われている。オバマ政権は同法に基づき、企業や団体に対し、医療保険を通じて職員の避妊費用を負担することを義務化。だが、宗教的信念に反する行為を強要されることに反発する一部の企業経営者が訴訟を起こしていた。宗教界や保守派は、リベラルな政策を推し進めるオバマ政権の下で信教の自由がかつてないほど脅(おびや)かされていると危機感を募らせており、最高裁がどのような判断を下すのか、大きな注目が集まっている。(ワシントン・早川俊行、写真も)

    0
    続き

    Samantha Powerless on Syria genocide シリアの大虐殺に無力なサマンサ米国連大使

    Samantha Power, the U.S. ambassador to the United Nations, calls herself the “genocide chick,” reflecting her urge to intervene in tragedy. She boasts that she’ll do whatever it takes to nip mass tragedy in the bud. Or she used to. In Syria, the limits on the left’s conflicting impulses are starkly revealed.

     Ms. Power calls the three-year-old civil war in Syria “the worst humanitarian crisis we have seen in a generation.” With the recent mushrooming of “Arab Spring” violence across the Middle East, it’s difficult to calculate which disaster deserves the title of “worst.”

    0
    続き

    Russia, China leading efforts to bypass U.S. as IMF reforms stall on Capitol Hill 失速するIMF改革、米抜き目指す露中

    Russia, China and other major developing countries – angry about the stalemate on Capitol Hill that has blocked approval of a reform plan that would give them a bigger voting share at the International Monetary Fund – are pushing to go ahead with the reforms without waiting for the United States.

    U.S. and IMF officials insist that the reforms – including changes in voting shares designed to reflect shifts in the global economy and a doubling of the IMF’s lending authority – cannot go into effect without approval by Congress, as the U.S. continues to wield veto power over major decisions and activities of the IMF under current voting formulas.

    0
    続き

    失敗を繰り返すケリー長官

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】これほどまでに多くの交渉を自ら呼び掛け、失敗させた国務長官がかつていただろうか。ケリー長官は、あらゆる助言を無視し、方策もないまま、ジュネーブ会議を開催し、シリア内戦を終結させようとした。アサド大統領を権力から追いやることも考えていただろう。だが、会議は、中傷と混乱を招いただけで失敗した。

    0
    続き

    Average citizens can be much better than CIA at forecasting world events, study finds 普通の市民がCIAより高い精度で世界を予測-調査

    A small group of psychologists working with the intelligence community set out to see if the average person could predict world events better than experts with inside information. It turns out, they often can - and they’re now known as superforecasters.

    Three years ago, 3,000 people were chosen to participate in the Good Judgment Project, which pitted average people from a wide variety of backgrounds with the intelligence analysts. They were asked a number of questions of importance to the intelligence community, and it turned out that the best forecasters (the top one percent) predicted geopolitical events with 30 percent better accuracy than those with classified information, NPR reported.

    0
    続き

    Enemy of the press 言論の自由の敵

    Readers and viewers don’t often confuse Fox News with the New York Times. Each offers a unique perspective on world events, and it’s a rare day when the conservative cable network joins the liberal broadsheet in a common perspective, but that’s what happened last week in Manhattan where President Obama was declared to be “the greatest enemy of press freedom.”

    James Risen, a reporter for the New York Times, delivered that charge at the “Sources and Secrets” conference at the Times Center. He spoke from personal experience, having felt the sting of the administration’s use of the Espionage Act to compel reporters to betray their confidential sources. Mr. Risen’s 2006 book, “State of War,” used confidential sources at the CIA to tell how the agency botched efforts to stop Iran’s pursuit of nuclear weapons. Spies and undercover men do not like it when their screw-ups become the stuff of common knowledge.

    0
    続き

    GOP senators back Eastern Europe missile defense to punish Putin 共和党議員、東欧のミサイル防衛構想を支持

    The Obama administration is failing to seize on a rare strategic chance, presented by Russia’s increasingly aggressive military posturing around Ukraine, to expand the U.S. missile defense footprint in Eastern Europe, says a group of influential Republican lawmakers.

    Several members of the Senate Armed Services Committee say the White House should “re-engage” a George W. Bush administration initiative that would have put ground-based missile interceptors in Poland along with corresponding radar in the Czech Republic – effectively establishing permanent U.S. military positions on the border of the former Soviet Union.

    0
    続き

    冷戦の脱却を解くオバマ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「米国は欧州を東西間の戦場とは思っていない。ウクライナの問題はゼロサムゲームとも思っていない。このような思考は、冷戦の終結とともになくなるはずだった」-オバマ大統領、3月24日

     【ワシントン】なるほど、素晴らしい意見だ。オバマ氏は5年前にも国連で同じような素晴らしい発言をしている。「いかなる国も、他国の支配を試みることはできないし、すべきでない」

    0
    続き

    「質的優位」維持に逆行する米 米大西洋評議会上級研究員 ロジャー・クリフ氏に聞く(上)

    新QDRと米中軍事バランス

     オバマ米政権が発表した「4年ごとの国防計画見直し(QDR)」の下で、米国は軍拡に邁進(まいしん)する中国に対し優位を維持できるのか。アジア太平洋地域の軍事バランスが崩れつつある中で、日本は何をすべきなのか。中国軍事動向に詳しい米シンクタンク、大西洋評議会のロジャー・クリフ上級研究員に聞いた。(聞き手=ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    ワシントンで郷愁を誘う沖縄の歌声

    地球だより

     先週、米首都ワシントンのケネディセンターで、沖縄県石垣島出身の歌手、夏川りみさんの無料コンサートが開かれた。春の恒例行事「全米桜祭り」に合わせ、沖縄観光促進を兼ねて企画されたものだった。

    0
    続き