■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    Obama: North Korea’s attack ‘cybervandalism,’ not an ‘act of war’ オバマ氏、北のサイバー攻撃は「戦争行為」ではない

    President Obama on Sunday called the unprecedented North Korean cyberattack on Sony Pictures an act of “cybervandalism,” not war, sparking outrage among lawmakers who believe the U.S. response has been too weak and may invite further aggression.

    0
    続き

    米・キューバ、オバマ政権は政治改革求めよ

     米国とキューバが1961年以来断絶している国交の正常化に向け足並みをそろえ始めた。

     東西冷戦の残滓(ざんし)としての数少ない社会主義国で共産党一党独裁体制が続くキューバが、米国と価値観を共有する国家に変身すれば、国交正常化は成功ということになる。オバマ政権は政治改革をキューバに求めていかなければならない。

     独裁続けるカストロ兄弟

    0
    続き

    Redskins drop plans to use Chinese-built Wi-Fi at stadium レッドスキンズ、中国企業のWi-Fi利用計画を撤回

    Just weeks after announcing a deal to install a Wi-Fi network from China’s Huawei Technologies at their 85,000-seat stadium, the Washington Redskins are moving in a different direction.

    0
    続き

    リベラルなレガシーづくりに邁進、任期残り2年のオバマ米大統領

     11月の米中間選挙で与党・民主党が大敗し、有権者はオバマ大統領の政権運営に厳しい審判を下した。だが、オバマ氏が選挙結果を真摯(しんし)に受け止め、リベラル路線からの軌道修正や野党・共和党との協調を模索する気配はない。むしろ、選挙を気にする必要がなくなった今、残り2年の任期で、これまで以上にリベラル路線を推進し、レガシー(遺産)づくりを強行する覚悟を固めているようだ。(ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    Navy warns budget cuts delaying ship repairs, leaving sailors out to sea 予算削減で艦艇の修理が遅れ海上任務延期招く

    Politically motivated budget cuts and a hiring freeze have left the Navy with a shipyard workforce incapable of maintaining even its most valuable hardware, including the fleet of hunter-killer submarines and aircraft carriers that are crucial to projecting U.S. force across the globe.

    0
    続き

    ワシントン・ポスト紙の挑戦

     独週刊誌シュピーゲル最新号(12月15日号)に興味深い記事が掲載されていた。米紙ワシントン・ポストの現状だ。オンライン通販の最大手アマゾン・コムのジェフ・ベゾス会長(Jeff Bezos)が昨年8月、2億5000万ドルを投入して同紙を買収した話は聞いていたが、同会長の下、ワシントン・ポスト紙がデジタル時代のメディアに生まれ変わるため死闘を繰り返しているというのだ。以下、シュピーゲル誌の記事を紹介する。

     先ず、ワシントン・ポストの部数(月曜日から金曜日)の動向を見てみると、2000年は81万3000部あったが、04年77万3000部、08年67万3000部、12年46万7000部と年々減少し、今年は37万7000部まで後退した。2000年比で53.6%の急減だ。世界のメディアはどこでもデジタル時代の到来でプリント部数が激減し、生き残りに苦慮しているが、メディア界の雄、ワシントン・ポスト紙も例外ではないわけだ。

    0
    続き

    歪められた民主党の議会報告

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】上院情報委員会の民主党議員らが作成した中央情報局(CIA)の尋問に関する報告は基本的に、ブッシュ前政権下での戦争犯罪に関してCIAを非難している。一方、報告は序文で、9・11後、衝撃が走り、「恐怖が蔓延(まんえん)した」と指摘しており、ファインスタイン委員長はいくらかの温情を示したようだ。

    0
    続き

    Authorization for wasting money 浪費の権限を与える国防権限法

    The House has passed the $585 billion Fiscal Year 2015 National Defense Authorization Act (NDAA). Clearing that obstacle is good. Unfortunately, the legislation is larded with billions of dollars in waste and fat, and now the Senate must muster the determination to do what the House wouldn’t.

    The defense act includes $64 billion for an Overseas Contingency Operations account, $200 million for the Long Range Anti-Ship Missile and another $120 million for a tank that looks so much like a boondoggle, identifiable from a mile away, that it has attracted bipartisan scorn.

    0
    続き

    中米ニカラグアで世界最長の運河、着工へ

     中米パナマを貫くパナマ運河とその一帯は、長年にわたって海運の要衝として扱われてきた。地政学的な意味では、太平洋と大西洋をつなぐ要として、米国が長年にわたって施政権を含めて強い影響力を発揮してきた場所でもある。そのパナマ運河では、現在、交通量の増大や世界的な船舶の大型化の傾向を受けて「ポスト・パナマックス」の時代に向けた拡張工事が行われている。ところが、そのパナマからコスタリカをまたいだ中米ニカラグアにおいて、中国系資本(香港企業)による世界最大規模の「ニカラグア運河」建設が始まろうとしている。

    0
    続き

    North Korean document alleges Kim role in kidnapping program to create spies 金正日氏が拉致とスパイ養成を命じた―北朝鮮文書

    A secret North Korean document obtained by Western intelligence states that dictator Kim Jong-il conceived and directed a program to kidnap foreigners and bring them to his communist country to force them to become spies against their homelands, The Washington Times has learned. Diplomatic sources familiar with the discovery, who spoke only on the condition of anonymity, said the recently obtained document for the first time provides details on how and why Kim, who died in 2012, directed a covert spy unit in the 1970s called the Investigation Department that kidnapped foreign nationals and brought them to North Korea.

    The Investigative Department, part of the ruling communist Korean Workers Party Central Committee, carried out several dozen selective kidnappings and used the abducted foreigners for training its intelligence operatives, and to be dispatched overseas in foreign spy operations and propaganda activities, including film production, the document indicates.

    0
    続き

    Racial profiling guidelines slammed as overly broad, full of loopholes 司法省の新指針に批判、大ざっぱで抜け道も

    The Justice Department on Monday announced new “stricter policies” forbidding the use of profiling by federal law enforcement officers, but the guidelines – which don’t apply to local police departments – were immediately criticized by civil rights advocates as being overly broad and riddled with loopholes.

    0
    続き

    Obama’s petulance spoils a deal for the quacks on the Hill オバマのかんしゃくで連邦議会のドタバタ収まらず

    The noisy quacking of the lame ducks out to despoil the grass on Capitol Hill had convinced most Washington insiders that Congress would dutifully pass what are called “tax extenders” and then go home. “Tax extenders” are legislative provisions providing more than four dozen tax breaks and special treatment to a variety of groups and industries, whose clever lobbyists have always persuaded Congress that the very future of the republic and everyone who lives in it depends on their clients getting special breaks at the expense of everyone else. The wonder is that the republic has lasted so long.

    There was even hope among the lobbyists that this time Congress would make most of the special deals permanent, rather than simply “extending” as in recent years.

    0
    続き

    激しい「内戦」が続く民主党

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】古い習慣はすぐに変えられるものではない。マスコミは、激しい共和党内戦について、怪しい報道を続けることばかりに夢中になり、対岸で本当の内戦が起きていることに気付かなかった。

    0
    続き

    Drones in demand: Congress eyes more surveillance craft for Islamic State fight 議会が「イスラム国」対策で無人機の増加を要求

    Congress is blocking the Air Force from retiring next year any of its most famous drone assassins, and is increasing procurement of a second bomb-dropping and surveillance unmanned aircraft.

    The moves, in a joint defense budget by the House and Senate Armed Services committees, can be seen as a rejection of the Pentagon’s limited procurement plans for remotely piloted aircraft, including the storied terrorist-killing Predator and its Hellfire missiles.

    0
    続き

    China: A cyberwarring state サイバー空間で戦う中国

    China’s strategy of large-scale cyberattacks is motivated mainly by the goal of keeping the Chinese Communist Party (CCP) in power, in addition to gaining economic secrets and planning cyberattacks in a conflict, according to a new report by the Center for a New American Security.

    “The primary driver for China’s network security strategy formulation remains the maintenance of CCP governing power,” the 38-page report by the centrist think tank concludes.

    0
    続き

    弱まる米のアジアへの影響力

     オバマ米大統領は中間選挙後にアジア歴訪を実施し、アジアへのリバランス(再均衡)政策への取り組み姿勢を印象づけた。しかし、米国のアジア太平洋地域への本格的関与には多くの障害がある。(ワシントン・久保田秀明)

    0
    続き

    A-10 Warthog retirement debated after replacement’s role in ‘friendly fire’ deaths 誤爆受け、攻撃機A10後継めぐり議論

    A large association of battlefield target spotters has written to Defense Secretary Chuck Hagel to oppose the planned retirement of A-10 Warthog strike jets – a debate that now encompasses the “friendly fire” deaths of five American soldiers in Afghanistan.

    The A-10 endorsement from the Tactical Air Control Party Association is significant because, outside of the Warthog’s pilots themselves, perhaps no other warriors know its ability to protect ground troops under fire better than the ground controllers who guide it to enemy targets.

    0
    続き

    Grand jury files show Ferguson cop shunned Taser, renewing debate over nonlethal weapons テイザー銃を避けるファーガソンの警官、非致死性の武器めぐり議論再燃

    Buried in the vast grand jury files about the Ferguson shooting, Officer Darren Wilson acknowledged that on the fateful night he killed Michael Brown, he was not armed with a Taser because he considered the weapon clunky and heavy.

    It’s a revelation certain to renew the debate over whether more police departments should require all officers to carry the nonlethal weapon as an additional tool to prevent confrontations from escalating.

    0
    続き

    米国防長官更迭、アジア戦略に支障出ないか

     オバマ米大統領はヘーゲル国防長官が辞任すると発表した。まだ在任1年9カ月である。米紙ニューヨーク・タイムズは、辞任がオバマ大統領の要請に基づくものだと報じており、事実上の更迭と見てよい。

     安保政策で大統領と対立

    0
    続き

    2016 GOP hopefuls struggle to appease base on amnesty without angering Hispanics 共和党の有力大統領候補者、移民改革で支持基盤とヒスパニックの板挟み

    The 2016 Republican presidential hopefuls are having to walk a tightrope as they respond to President Obama’s executive deportation amnesty, trying to push back against the White House while not offending the increasingly powerful Hispanic voting bloc.

    Some of the major potential 2016 candidates have called for rescinding Mr. Obama’s order, even as they vow to lead Congress in a push to achieve the same ends of legal status for most illegal immigrants.

    0
    続き

    Clinton’s lesson of 1994 lost on Obama 1994年のクリントンから教訓を学ばなかったオバマ

    When Democrats lost control of the House back in 1994, the Clinton White House responded by adjusting to what was clearly a new political reality. The president and his advisers realized in a nanosecond that the election results had been a referendum on his administration’s policies and were quick to push what the Obama crew would call the “reset” button.

    0
    続き

    世界を欺く米中気候変動合意

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】「歴史的合意」。オバマ大統領と中国の習近平国家主席が最近、北京で交わした気候変動合意はよくこう呼ばれる。この合意で中国は初めて炭素排出量を制限することを約束した。

    0
    続き

    Cybersecurity lapses leave government agencies vulnerable to hackers 政府機関でサイバーセキュリティー対策に遅れ

    Even though there have been at least two dozen mass breaches of government computer systems since 2013, many federal agencies continue to have a lax culture and poor security provisions to repel the growing threat from hackers and cyberattacking states such as Russia, Iran and China, internal investigative reports show.

    From the State Department to the Transportation Department, internal inspectors general have flagged, over the last few months, widespread vulnerabilities while noting that prior security recommendations have gone unheeded, the reports reviewed by The Washington Times show.

    0
    続き