■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    東京都とNYC、相互に観光PR

     東京都とニューヨーク市観光局が「東京都&ニューヨーク市 相互観光PRパートナーシップ」を締結。10日、東京都庁第一本庁舎でメディア発表会を実施した。

    0
    続き

    中露の台頭前に後退する米国

    米コラムニスト デービッド・イグナチウス

     トランプ大統領は12日間のアジア歴訪を終えた。歴訪をまとめるとすれば、ユリウス・カエサルの言葉をもじって「来た、見た、媚びた」となるだろうか。

     歴訪は、力の誇示というよりも巡礼に近いものだった。米国の政策についてはほとんど説明せず、他国の指導者らに助けを求め、褒めそやし、その世界観を受け入れた。

    3
    続き

    トランプ大統領アジア歴訪、米の具体的戦略見えず

     トランプ米大統領はアジア歴訪を総括した声明で、北朝鮮に対する包囲網を強化したことや、貿易不均衡の是正を中国に訴えたことなどを挙げ、成果を強調した。アジア歴訪の最大の目的は北朝鮮に対する圧力強化を各国に訴えることだったため、その点では確かに実りがあった。

     ただ、覇権主義的な動きを隠そうとしない中国にどう対抗するかという、アジア歴訪のもう一つのテーマについて具体的な戦略を打ち出せたかは疑問だ。

    0
    続き

    軍事行動に自信持つ米国

     今回、トランプ大統領は韓国国会での演説で「(朝鮮戦争で)3万6000人の米国人が戦死し、15万人が負傷」してまで守った韓国を命掛けて守ると述べ、韓国国民に心強いメッセージを与えた。さらに、残酷な悪党の体制は絶対容認しないと警告した。

     米国は3隻の空母打撃戦団を日本海(東海)に出動させ対北軍事圧力を強めている。

    1
    続き

    北非核化へ日本と結束

     初のアジア歴訪を終えたトランプ米大統領は15日、ホワイトハウスで声明を発表し、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮への対応などで「米国のリーダーシップを示し、歴史的な進歩を遂げた」と成果を強調した。安倍晋三首相との会談については「北朝鮮の非核化に向け結束していくことで完全に一致した」と語った。

    0
    続き

    【メイシーズ】EC売上33四半期連続して二桁増も既存店売上が11四半期連続して減少!

     ■メイシーズが9日に発表した第3四半期(8月~10月期)決算では、引き続き既存店ベースが前年を下回った。売上高は店舗閉鎖やハリケーンの影響により前年同期比6.1%の減少となる52.8億ドルだった。純利益は店舗などの資産売却により前年同期の1,700万ドルから3,600万ドルと大幅に増加した。粗利益率は在庫を圧縮していることで前年同期の39.8%から39.9%と0.1ポイント増加。

     一般販売管理費率はリストラの費用等で37.8%と前年同期の37.5%から0.3ポイント増加した。メイシーズ店内で展開する提携業者からのコミッションを除く既存店・売上高前年同期比4.0%の減少だった。コートやブーツ、冬物アクセサリーが季節外れの温かさで売れず、既存店売上を低迷させた。なお既存店ベースの減少は11四半期連続となっており、リーマンショック時に記録した11四半期連続前年割れと並んだ形だ。前年同期の既存店ベースは3.3%の減少だった。オンライン売上高は発表していないものの、メイシーズによるとオンライン売上は33四半期連続して二桁成長している。

    2
    続き

    【ノードストローム】24時間カーブサイド・ピックアップ!日本の百貨店にJアラート?

     ■カーブサイド・ピックアップは利用者がネットで注文した商品を指定されている店舗駐車場にて受け取るサービスだ。大手チェーンストアではウォルマートが生鮮品などのカーブサイド・ピックアップを「ウォルマート・グローサリー」で行っており、スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーも「クリックリスト」というサービス名で拡大している。食品以外でもターゲットが一部の店舗でテストを始めている。

     ただカーブサイド・ピックアップは店の営業時間に合わせて行われているのだが、なんとデパートメントストアのノードストロームは、24時間でカーブサイド・ピックアップを行うのだ。ノードストロームではネットで注文した商品を午前3時や午前4時でもお店の駐車場で受け取れるのだ。テストは12月16日~24日の期間で、シアトル市内にあるノードストローム本店やロサンゼルス郊外のサウス・コースト・プラザSCのノードストロームなど10ヵ所の限定で行われる。  利用の仕方はネット注文時にカーブサイド・ピックアップを選択し、受け取る10分前に電話もしくはテキストメッセージで所定の連絡先に連絡する。店舗の駐車場にあるカーブサイド・ピックアップ専用駐車スペースで待っていれば、スタッフが注文品を持ってきてくれるのだ。アマゾンがファッションでも存在感を増す中、ノードストロームは実店舗を生かしたオムニチャネル化で反撃する。

    2
    続き

    バー併設のラーメン店として、ニューヨーカーを取り込む

     日本で70店舗以上のラーメン店や居酒屋を展開するフーデックスホールディングスが1日、ニューヨーク・ミッドタウンにオープン予定の「TONCHIN NEW YORK(屯ちんニューヨーク)」にメディア関係者を招き、お披露目した。

    ラーメン店が競合するニューヨークで、入り口からすぐの場所にバーカウンターを設け、つまみやカクテルを豊富に用意し、バー併設のラーメン店として、ニューヨーカーを取り込む。

    0
    続き

    ブラジルの大手アパレルに奴隷労働の疑い

     ブラジル・サンパウロ州の公共労働検察局は、10日までにブラジル大手のアパレル会社M5 Textilに対して、「奴隷労働」に相当する基準で下請け企業の従業員らを働かせていた疑いがあるとして、最高10年間の販売権停止(サンパウロ州内)と罰金を求める訴えを起こした。

     サンパウロ州の労働裁判所は、すでに500万レアル(約1億7300万円)相当の罰金を同社に科すと決定、同社は控訴等を検討しているという。

    1
    続き

    テキサス銃乱射事件をめぐる空軍の失態が銃規制論議に再び火を付ける

     米空軍はデビン・パトリック・ケリー容疑者の犯罪歴をFBIの身元調査システムに提出するのを怠るという失態を犯したことを認め、6日に調査を開始したが、これは銃規制論議の両陣営に攻撃材料を与える結果となっている。

     テキサス州サザーランドスプリングスのファースト・バプテスト教会で26人の死者と20人の負傷者を出す銃乱射事件が発生したことを受け、一方では銃規制支持派が抜け穴をふさぎ、身元調査を厳格化することを求めている。

    0
    続き

    【ホールフーズ】店内でアマゾンエコーなどアマゾン製品販売!ポップアップストアも?

     ■ホールフーズ・マーケットは9日、100店以上の店舗でアマゾン・エコーなどアマゾン製品を販売することを発表した。また一部のホールフーズにはモール等に展開しているポップアップストアを導入する。ホールフーズで販売されるアマゾン製品はスマートスピーカーのエコー・ファミリーやファイアTV、電子書籍のキンドル、ファイアタブレットなど。スタッフが常駐してアマゾン製品のデモンストレーション等を行うポップアップストアは11月13日にイリノイ州シカゴ地区、ミシガン州ロチェスターヒルズ地区にあるホールフーズ内にオープンする。14日にはフロリダ州デイビー地区、カリフォルニア州パサディナ地区のホールフーズ、15日にはコロラド州デンバー地区のホールフーズにもポップアップストアがオープン予定だ。ブラックフライデーに合わせ販売開始と同時にアマゾン製品を20ドル~30ドル値引きして販売する。

    2
    続き

    【ウォルマート】ウォルマートペイがアップルペイを抜く?利便性で抜いている!

     ■アップルペイはアメリカの全小売店舗の約50%で利用できるモバイル決済サービスだ。その中には全米トップ100に名を連ねる小売企業67社も含まれている。アップルペイは今やマクドナルドやパネラブレッド、アルバートソンズ、ウォルグリーン、メーシーズ、JCペニー、オフィスデポ、ステープルズ、ベストバイなど数多くの大手チェーンストアで利用が可能となっている。

    2
    続き

    深刻な女性への暴力を告発、 ミス・ペルーのファイナリストたち

     ラテンアメリカは、世界でも女性に対する暴力が最も頻繁に行われている地域の一つとなっている。そうした中、ペルーでミスコンテストの出場者たちが「女性への暴力に反対する」との声を上げ、国内で大きな反響を呼んでいる。(サンパウロ・綾村悟)

    1
    続き

    アマゾン誘致への期待

     米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが「第2本社」をつくる計画に注目が集まっている。先月19日まで募集した候補地にはカナダやメキシコを含む238地域が名乗りを上げるなど誘致合戦は過熱。中には市の名前を「アマゾン」に変えようとする動きもあるというから驚きだ。

     筆者が住むワシントン郊外のバージニア州北部も幾つかの郡が名乗りを上げており、IT企業で働く人を中心に関心が高まっている。

    0
    続き

    ロシア革命から100年 米大統領、共産主義犠牲者を追悼

     トランプ米大統領は7日、1917年のロシア革命から100年を受け、「全米共産主義犠牲者の日」を宣布し、1億人を超えると推定される共産主義の犠牲者を追悼した。トランプ氏は声明で、共産主義を「自由、繁栄、生命の尊厳と相いれない政治思想」と断じたが、米国では若い世代を中心に共産主義に対する警戒感が薄れつつある。最近の世論調査では、過半数の若者が社会主義か共産主義国家に住みたがっているとの驚くべき結果も明らかになった。(編集委員・早川俊行)

    4
    続き

    【CVSヘルス】アマゾン・エフェクトで薬局チェーン大手も当日宅配サービスを開始!

     ■ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは6日、処方箋などの宅配サービスを来年1月にも始めると発表した。ネット通販最大手アマゾンによるドラッグ市場への参入を前に顧客を囲い込むのが狙いとなる。

    2
    続き

    女性と徴兵制

     女性は、国家のすべての戦争で、男性と共に、そして、大変優秀な成績で、志願して米軍の兵士や下士官として服務してきている。今、国防政策作成者の前に置かれている問いは、女性が徴兵名簿に署名して、彼女らが望むと望まざるとにかかわらず、戦場の厳しい状態に伴う危険を冒すことを求められるべきかということである。

     男女平等はオバマ時代に連邦政府が派手に振った旗印である。そして、将官や将軍らも律儀にそれに敬意を表していた。「選抜徴兵制」の未来に関する新しい国防総省の研究は、若い男性を登録し続けることを勧め、そして、初めて、若い女性を徴兵登録するよう求めている。

    1
    続き

    【モバイルオーダー】日経トレンディ「201X年ヒット予測ベスト20」にランクイン!?

     ■月刊情報誌の「日経トレンディ」が「2017年ヒット商品ベスト30」と「2018年ヒット予測ベスト20」を発表した。ヒット商品ベスト30は「売れ行き」「新規性」「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、独自にランク付けしたもの。同誌が1987年の創刊以来、毎年12月号で掲載してきた恒例企画となっている。そのランキングにアメリカの市場で既にトレンドになっているものがいくつか入っている。

    2
    続き

    【イータリー】最大の広さを誇るイータリーLAオープン!ハリウッドセレブの御用達?

     ■イタリア食材を楽しめるレストランとマーケットのイータリーが3日、ロサンゼルス近郊にオープンした。西海岸では初となるイータリーLA店(Eataly LA)は、ロサンゼルス副都心センチュリーシティの「ウエストフィールド・ショッピングセンター(Westfield Shopping Center)」の2階にオープンした。全米最大となる2,000坪近くのイータリーLAは3層になっており、モールの2階にあるメインエントランスの位置にはコーヒーやエスプレッソのラバッツァカフェにジェラートやイタリアのペストリー菓子カンノーロ、揚げパン菓子のボンボローニを売るショップがある。

    2
    続き

    トランプ大統領の選対議長ら起訴は氷山の一角

    米コラムニスト キャサリン・パーカー

     低いランクのボランティアに気をつけろ。

     連邦捜査局(FBI)がトランプ大統領の選挙スタッフ2人を起訴した10月30日、これまで聞いたことがなかった名前が出てきた。ジョージ・パパドポロス被告は2016年大統領選でのトランプ陣営とロシアとの共謀のキーマンなのか、はたまた、トランプ氏が31日にツイートしたようにうそつきの「低いランクのボランティア」なのか。

    0
    続き

    クリントン夫妻に露から資金

     カナダのウラン採掘企業ウラニウム・ワンをめぐる疑惑が深まる中、米国の安全保障当局者らは、ロシアとの新戦略兵器削減条約(新START)が、ロシア政府の機嫌を損ねたくなかったオバマ前政権だけでなく、ロシアからの賄賂の影響をも受けていたのではないかとして、調査を求めている。

    0
    続き

    元ゲリラ指導者大統領選出馬へ

     南米コロンビアの左翼ゲリラ組織から合法政党化した「コロンビア人民革命代替勢力(FARC)」の党首であるロドリゴ・ロンドニョ氏(58)はこのほど、来年5月のコロンビア大統領選挙に出馬することを発表した。同氏は、ゲリラ当時の最高司令官。FARCが1日にロンドニョ氏の大統領選出馬を発表したのに対し、コロンビア国内からの報道では、内戦を通じて民間人を含む多数の犠牲を出す原因にもなったゲリラに対する国民の反感は根強く、当選の可能性は低いと予測されている。

    0
    続き