■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    【フェアウェイ・マーケット】倒産報道を否定したNY老舗スーパーが翌日に倒産!

    ■ニューヨーク老舗スーパーマーケットのフェアウェイ・マーケット(Fairway Market)は23日、連邦破産法11条を申請し倒産した。

    フェアウェイ・マーケットは2016年に負債総額で約4億ドルで倒産している。

    0
    続き

    米初の孔子学院が閉鎖へ

     米国内で最も古い孔子学院が、閉鎖されることになった。2019年国防権限法で、孔子学院の受け入れを続ける大学に対する国防総省からの資金援助を制限することが決定されたことを受けた措置。

     メリーランド大学のワリス・ロー学長は1月17日、「国防権限法のUMD(メリーランド大学)への影響を評価した結果、CIM(メリーランド大孔子学院)をこれ以上維持できないことが明らかになった」と述べた。

    1
    続き

    アルゼンチン左派政権、経済・外交で多難な船出

     昨年10月に南米アルゼンチンで大統領選挙が行われ、4年ぶりに左派政権が誕生した。新政権は経済相に国際通貨基金(IMF)批判派を起用するなど、急進派クリスティナ・フェルナンデス副大統領の意向が強く反映された形となっている。今後のIMFとの交渉や経済・外交など懸念材料も多い。(サンパウロ・綾村悟)

    0
    続き

    ホワイトハウスで窃盗多発

     世界で最もセキュリティーの厳しいはずのホワイトハウスで窃盗が多発している。

     狙われているのは、記者の所持品だ。地元メディアによると、以前から窃盗はあったが、最近では、プレスエリアに置いてあったマイクやカメラ機器など高価なもののほか、現金の入った封筒もなくなっているという。

    0
    続き

    米大統領弾劾裁判の審理始まる

     トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐる上院の弾劾裁判の本格審理が21日、始まった。トランプ氏や与党共和党が早期終結を図る一方、野党民主党は鍵を握るとされるボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らの証人招致を求めている。11月の大統領選をにらみ、与野党が主張を戦わせる。

    0
    続き

    米大統領弾劾裁判 きょう審理入り

     トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐる上院の弾劾裁判は21日午後(日本時間22日未明)、実質審理を始める。野党民主党は新たに証人招致や証拠提出を求めているが、与党共和党は早期の無罪判決を目指している。11月の大統領選もにらみつつ与野党の攻防が繰り広げられる。

    0
    続き

    トランプ岩盤支持層の正体 早川俊行前アメリカ総局長に聞く

     2020年は米国大統領選挙の年。トランプはなぜ支持され続けるのか?対する民主党候補者レースの状況は?大統領選前半期は何に注目していったらいいのか?など、昨年「トランプ超保守改革」を出版された前アメリカ総局長、現編集委員の早川俊行さんに話を聞きます。

    パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

    45
    続き

    【アマゾン】手のひら決済の端末を開発?中国はイノベーションも国の手のひらの上だ!!

    ■ウォール・ストリート・ジャーナル紙は18日、アマゾンが手のひらで支払いが可能となる端末を開発中であることを報じた。

    アマゾンによる非接触生体認証の開発やパテント申請についてはこれまで報じられていた。

    同紙が匿名の関係者の話として伝えたところによると、アマゾンは手のひらで支払いできる端末を他の小売店やファーストフード店、コーヒーショップなどアマゾン以外のリアル店舗に売り込む計画を持っている。

    0
    続き

    米国は中国の技術窃盗へ取り締まり強化

     米国は、米医療研究機関から先端技術を盗む中国の活動への取り締まりを強化している。モフィット国立がんセンター(フロリダ州)は先月、所長ら4人の辞任を発表した。4人は中国共産党が海外で活躍する研究者を取り込む「千人計画」から報酬を得たことを報告していなかった。(ワシントン・山崎洋介)

    0
    続き

    トランプ政権3年、評価できる一連の対中政策

     トランプ米大統領はきょう、就任から3年を迎えた。11月3日の大統領選に向け、与党共和党、野党民主党の激しいつばぜり合い、舌戦が既に演じられている。

    支持層の心をつかむ

     直近の調査では、トランプ氏の支持率44%に対し、不支持率は53%に上っている。再選に向けて予断を許さない状況ではあるが、2016年大統領選ではメディアの予想に反して当選している。

    2
    続き

    ブラジルが新南極基地を開庁

     ブラジル海軍は15日、南極サウス・シェトランド諸島のキングジョージ島で新南極基地の開庁記念式典を行った。式典には、モウロン副大統領やポンテス科学技術相などが参加した。

     ブラジルが同島に所有していた最初のコマンダンテ・フェラス基地(1984年開庁)は、2012年の火災事故で基地の大部分を焼失、海軍兵士2人が犠牲となっていた。

    1
    続き

    【Amazon Go】ワシントンDCに大型店?プライムナウ等の宅配サービスとどう紐付け?

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾン・ゴーの大型店がシアトル市内にオープン間近となっているが、ワシントンDCにも同様な店舗がオープンしそうだ。

    ワシントンDCの当局が13日に許可を発行したサイトプランによると、複合施設のプロジェクト「Liz」にオープンするアマゾンの小売施設(1701 14th St NW Washington, DC 20009)は8,041平方フィート(225坪)の面積。

    0
    続き

    トランプ氏、米中交渉で成果誇示

     トランプ米大統領は15日、中国との貿易交渉の「第1段階」の合意文書署名式で中国の劉鶴副首相ら代表団を脇で立たせたまま、約1時間にわたって成果を誇示した。大統領選に向けたアピールの場として、さながらトランプ氏の独り舞台となった。

     「かつてない重要な一歩を踏み出した」「これは本当に画期的な合意だ」。ホワイトハウスで行われた署名式で、トランプ氏はいつにも増して饒舌(じょうぜつ)だった。

    0
    続き

    米軍が学ぶ「失敗は成功のもと」

     独語では「Aus Schaden wird man klug」という諺がある。日本語では「失敗は成功のもと」という諺とほぼ同じ意味だ。幸い、どの国でも失敗して意気消沈している人を鼓舞し、再出発への気力を奮い起こさせるためにはそれに相応しい諺や表現があるものだ。

     なぜ、その諺を思い出したかというと、当方が最近、大きな失敗をしたからではない。ここでは米軍の話だ。

    0
    続き

    米軍のアジアシフト困難に、中東・アフリカ情勢が緊迫

     中東での緊張の高まりを受けて、中国との「大国間競争」に集中するという米国の国防戦略が見直しを迫られている。専門家らは、米軍は間もなく、中東とアジアのどちらかの選択を求められることになると指摘する。

     テロとの戦いから、台頭する新興国への対応へとシフトすることは、2018年に当時のマティス国防長官がまとめさせた「国家防衛戦略」の根幹をなしている。

    1
    続き

    【ウォルマート】在庫管理ロボットが1,000店に展開!ロボット進化で売り場も変わる?

    ■ウォルマートは今年、商品棚をスキャンしながら在庫管理するロボットを大幅に導入する。

    シェルフ・スキャニング・ロボットを開発するボサノバ・ロボティクスが13日に発表したところによると、ウォルマートは同社と提携し「オートS(Auto-S)」を新たに650台を追加導入する。

    0
    続き

    白人労働者票がトランプ氏再選のカギ

    バージニア大学政治センター カイル・コンディック氏

     2020年米大統領選の見通しについて、選挙分析に定評があるバージニア大学政治センター政治アナリストのカイル・コンディック氏に聞いた。

    弾劾はトランプ米大統領にとって有利、不利どちらに働くか。

    3
    続き

    対イラン政策が争点化も

     「イランは(さらなる攻撃を)抑制しているようだ。これは関係者全員や世界にとって非常に良いことだ」

     ペンス副大統領やエスパー国防長官、米軍幹部が立ち並ぶ厳粛な雰囲気の中、ホワイトハウスで演説したトランプ氏は抑制された調子で声明を読み上げた。

    2
    続き

    黒人票を狙うトランプ氏

     米国でも「ブレグジット」が進行中――。こんな議論が米国内で出ている。

     ブレグジットとは英国の欧州連合(EU)離脱のことを指すが、米国で起きているのは「ブラック・エグジット」と呼ばれる現象だ。民主党の強固な支持層である黒人有権者が、同党から離れてトランプ大統領を支持する動きが見られる、というのである。

    1
    続き

    トランプ米大統領、軍事力行使に言及せず

     イランによるイラクの米軍駐留基地へのミサイル攻撃を受け、トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで演説し、米国人に死傷者は出なかったと発表。イランはさらなる攻撃を「抑制しているようだ」との見方を示し、軍事力の行使については否定的な考えを示した。追加の経済制裁を科す意向を示す一方、対話に前向きな姿勢を示すなど、硬軟両様でイランに核計画の放棄を求める立場を示した。

    1
    続き

    驚くばかりの学校生活

     ブラジルを代表するスポーツと言えば、日本では間違いなくサッカーという答えが返ってきそうだが、サッカーに劣らず人気があるのがバレーボールだ。

     記者の娘もブラジルの地元高校でバレーボールをやっていて、さまざまな大会に出ているのだが、練習を初めて見に行って驚いたのがそのスパルタぶりだ。

    1
    続き

    防衛産業基盤強化に取り組む米政権、ドローン国産化を促進

     トランプ米政権は、スパイやサイバー攻撃など安全保障上の懸念がある中国製ドローンの排除を進めるとともに、こうした小型無人機の国内産業基盤の立て直しを図っている。現在、市場で高いシェアを占める中国に対抗し、国産化を促進する考えだ。 (ワシントン・山崎洋介)

     「ドローンの分野で経済や安全保障のために行動を起こすことはトランプ政権にとって急務だ」

    0
    続き

    【アレクサ】ガソリン給油も音声!「経験がないから柔軟」で音声コマンドが拡大する?

    ■アマゾンは6日、エクソンモービルと提携しアレクサの音声指示によるガソリン給油を発表した。アレクサを利用することでGSでの支払いを簡略化し利便性を高める。

    アマゾンによると、ボイスコマンドでのガソリン代を支払う機能はアレクサ対応の車やエコーオートなどアレクサ対応のモバイル所有者から利用可能となる。対象となるスタンドは1万1,500以上のエクソンとモービルのガソリンスタンド。

    0
    続き