■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    【大量閉店】パリピ御用達店も大量閉鎖!パーティ・イズ・オーバーの意外な理由とは?

    ■調査会社のコアサイト・リサーチによると、5月17日までに発表されたアメリカ国内の閉鎖店舗数はトータルで6,378店舗にのぼった。今年はまだ半年も経っていないにもかかわらず、昨年1年間で閉鎖となった5,864店を超えるペースで店舗閉鎖が起きているのだ。

    0
    続き

    100年に1度の地殻変動~米中新冷戦時代の幕開け

     世界は100年に1度とも言うべき規模での、大きな地殻変動が起こっている。アメリカのトランプ政権は、新たな時代に向けた布石を次々と打っており、その調整の過程で、世界はいろいろな軋轢が生じていると解析する。  中国の習近平国家主席は、「站起来,富起来,強起来」とのスローガンを出している。これは「毛沢東が国を立ち上がらせ、鄧小平が国を豊かにし、習近平が国を強くする」という意訳になる。習主席はまた、「創新(イノベーション)」を連呼し、「国有資本をより強く、より優秀に、より大きくする」「軍事と民間の技術を融合して、技術革新を促す軍民融合を進める」と豪語し、「軍拡をさらに加速させる!」と宣言している。

    9
    続き

    米政権元高官、対北制裁解除「可能性低い」

     昨年までトランプ米政権でジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の首席補佐官や国家安全保障会議(NSC)事務局長を務めたフレッド・フライツ氏は18日までに本紙との単独インタビューに応じ、「トランプ政権は北朝鮮がすべての核関連施設のリストを公表しない限り、制裁を解除しないだろう」と述べ、米国は今後も対北制裁を維持する考えだと強調した。

    1
    続き

    移民受け入れ「能力」重視、米大統領が新政策発表

     トランプ米大統領は16日、ホワイトハウスで演説し、移民の受け入れについての新たな政策を発表した。学歴や高い専門能力を持つ人を積極的に受け入れ、その代わりに家族や親族との関係に基づく移民を減らす方針を示した。野党・民主党はこれに強く反発する一方、トランプ氏は2020年の大統領選や議会選で争点化する姿勢を示した。

    0
    続き

    【ウォルマート】ピックアップ等の拡大で実店舗の売上増!EC体験に勝る学びはなし?

    ■ウォルマートが16日発表した第1四半期(2月~4月期)決算は、グローサリーピックアップや宅配サービスの拡大が寄与し予想を上回った。

    会員費等を含む総売上高は1.0%増となる1,239.3億ドルだった。為替変動の調整では総売上高は1257.8億ドルとなり、前年同期から2.5%の増加だった。純利益は前年同期から80%の増加となる38.4億ドルだった。

    0
    続き

    ブラジルで大規模デモ

     ブラジルで15日、元軍人の保守派ボルソナロ大統領が進める公立大学の予算削減に反対する大規模デモやストライキが各地で行われた。サンパウロや首都ブラジリアなどの大都市では、大学生を中心に数万人が目抜き通りでデモを行い、同政権が1月に発足した後で、最大規模の反政府デモとなった。

    0
    続き

    米国、中国ファーウェイを排除 「安全保障に深刻な脅威」

     トランプ米大統領は15日、国家安全保障に深刻な脅威をもたらす外国企業の通信機器の利用を禁止する大統領令に署名した。名指しはしていないものの、中国の華為技術(ファーウェイ)などの通信関連企業を標的にした措置で、米市場から締め出す姿勢を明確に打ち出した。通商問題で中国との対立が強まる中、圧力を一段と強化した形だ。

    2
    続き

    【アマゾン】ラストワンマイルに従業員支援?1万ドルと給与3か月分で配達起業支援!

    ■ウォルマートは以前、仕事を終えた店舗スタッフが配達する「アソシエイト配達」をテストを行っていた。残念ながらラスト・ワン・マイルを従業員に行わせるテストは今年1月に終了し、事実上の失敗に終わった。

    一方、アマゾンは従業員を対象にアマゾン商品の配達を請け負う事業を支援するプログラムを開始する。

    0
    続き

    アメリカの間接的な戦争

    ■アメリカの不可解な行動

     北朝鮮は短距離弾道ミサイルを発射した。1回目は200km飛び、2回目は420km飛んだ。最高高度は50kmだから短距離弾道ミサイルに該当する。だがアメリカは国連決議違反で北朝鮮を攻撃しない。それどころか空母打撃群すら派遣しない。

    8
    続き

    予測的中!―米国の対中関税強化政策の影に何があるか?

     米国トランプ政権は5月10日、中国からの2000億ドル分の輸入品に従来の10%を上回る25%の関税を掛け世界に衝撃を与えた。しかし、それは拙著『救世主トランプー“世界の終末”は来るか?』(近代消防社)の中で予測した通りだった。その問題に関して詳述し今後に関して考えて見たい。

     確かにFOXが5月11日に配信した“For Trump, the China trade war began long ago □ and this is a war he’s determined not to lose”によれば、アメリカの対中貿易赤字は、WTOに中国が加盟した2001年には1180億ドルだったのが2018年には4190億ドル。しかしカナダの年間アメリカからの輸入額は2980億ドルなのに対し中国は1200億ドル。中国はカナダの30倍の人口であるにも関わらず…。これは中国が国内での米国企業の活動に制限を設けているためである。これが“不公正”なことは言うまでもない。

    0
    続き

    バイデン氏選挙戦に暗雲

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     大統領選に出馬しているジョー・バイデン元副大統領の選挙戦は困難に直面する。おかしなことを言うと思われるかもしれない。ある世論調査によると、バイデン氏は民主党の他の候補を32ポイントもリードしている。しかし、雲行きが怪しくなっている。

    0
    続き

    米の対中制裁関税、中国は不公正な慣行改めよ

     トランプ米政権は、中国からの輸入品2000億㌦(約22兆円)相当に課している追加関税を10%から25%へ引き上げた。中国からの輸入品すべてに追加関税を課す準備も始めた。

     いずれも知的財産権の侵害を理由とした制裁措置で、中国は報復措置に動く構えだ。

    全輸入品に対象拡大か

     米中両国はワシントンで閣僚級の貿易協議を開催。米国は追加関税の税率を引き上げることで構造改革を迫ったが、中国は拒否した。

    4
    続き

    【ウォルマート】ペットのヘルス&ウェルネスに本格参入!やはりゲームチェンジャー?

    ■犬や猫などのペットは特にミレニアル層にとって特別な存在だ。学資ローンで家計が苦しくても若い人達はペットのヘルス&ウェルネスを最優先に考えて高額なペットフードなどに支出する。

    0
    続き

    ベネズエラ当局が国会副議長を拘束

     反米左派マドゥロ大統領と、暫定大統領を名乗る野党指導者グアイド国会議長の「2人の大統領」による正統性をめぐる対立が続いている南米ベネズエラで8日、グアイド氏の側近として知られるエドガル・サンブラノ国会副議長が、「クーデター未遂」に関与した疑いで情報機関に身柄を拘束された。マドゥロ派が大半を占める制憲議会は7日、サンブラノ氏を含む野党議員7人の不逮捕特権を剥奪していた。

    0
    続き

    米政権は対イラン制裁で金属を追加

     トランプ米政権は8日、イランの鉄、アルミニウム、銅の各分野を制裁対象に加える大統領令を出した。イランによる核・ミサイル開発やテロ支援などへの資金源を断つことが狙い。イランが核合意履行の一部を停止すると発表したことを受け、圧力を強めることで牽制(けんせい)した。

    0
    続き

    ブラジルのボルソナロ大統領の支持率低下

     ブラジルの民政化後、初の本格的な保守派大統領として就任したジャイル・ボルソナロ氏の支持率が低下している。財政再建に向けた政策は進んでいるが、現政権に早急な景気改善を求めてきた世論の期待も大きかったのが原因だ。 (サンパウロ・綾村悟)

    0
    続き

    日米友好の象徴に危機

     米首都ワシントンの春の風物詩である桜で有名なポトマック河畔は、今年も4月上旬ごろ、その花を愛(め)でる地元の人たちや観光客で賑(にぎ)わった。しかし、1912年に当時の東京市から桜が寄贈されてから100年以上が経(た)ち、日米友好の証でもあるこの桜の名所は危機に瀕(ひん)している。

    1
    続き

    新天皇の国際的視野に注目 米英

     天皇陛下の御退位に伴う御代替わりを、米国でも主要メディアが一斉に報じるなど、注目を集めた。上皇陛下がこれまで国民に寄り添い象徴天皇としての役割を果たしてこられたと指摘。新天皇陛下は、こうした姿勢を受け継ぎつつ、広い国際的な視野に基づき、新たな役割を果たされるとの見通しを伝えた。

    0
    続き

    米「対中危機委」、脅威に対する理解広めよ

     米議会関連の外交政策組織として3月に「現在の危機に対応する委員会:中国」が設立された。米国で浸透工作を行う中国共産党政権の戦略に対して、より強力な外交、防衛、経済措置を取らなければならないと提言している。

    共存する希望なしと強調

    3
    続き

    【在庫管理】店内にコンピュータービジョンをもつ自律制御の小型ドローンでAI解析!?

    ■店舗の生産性を向上するためウォルマートは店舗に多くのロボットを導入している。その一つがシェルフ・スキャニング・ロボットのオートSだ。オートSはAI(人工知能)やスキャニングセンサーを搭載した約1.8メートルの高さのロボット。売り場の通路を進みながら欠品や在庫少、置き間違い、値段間違いなどを1つ1つ念入りにチェックしていく。

    0
    続き

    電磁攻撃に弱い米国の送電網

     米空軍のクワスト教育・訓練軍司令官(中将)は空軍が開催した電磁パルス(EMP)の脅威に関する専門家会合で、米国の電力網は、中国、ロシアからの核爆発によるEMPや戦術的電磁兵器の攻撃、磁気嵐に対して脆弱(ぜいじゃく)であり、全米が停電に見舞われる可能性があると警告した。

    1
    続き

    蜂起で4人死亡 ベネズエラ

     南米ベネズエラで野党指導者グアイド国会議長が4月30日に始めた蜂起で、5月2日までに4人の死者が出ていることが分かった。現地メディアによると、これまでに少なくとも150人が負傷、約200人が身柄を拘束されているという。

    0
    続き