■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    米大統領 対北制裁「撤回」を表明

     トランプ米大統領は22日、ツイッターに「財務省が北朝鮮に対する大規模な追加制裁をきょう発表したが、それらの追加制裁を撤回するよう指示した」と投稿し、北朝鮮に追加制裁を科さない方針を表明した。先月末の米朝首脳会談が決裂し、その後も非核化交渉の再開のめどが立たない中、協議継続のため北朝鮮に配慮を示したとみられる。

    0
    続き

    米の対北制裁措置、制裁厳格化でさらなる協調を

     米財務省は北朝鮮の制裁逃れを支援したとして中国の海運会社2社を新たに制裁対象に指定した。先月、ベトナム・ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談が決裂して以降、北朝鮮関連の制裁措置はこれが初めてだ。北朝鮮が完全非核化に向け具体的な行動に踏み出さなければ制裁緩和には応じないとする米国の断固たる意志を示すもので、日本をはじめ国際社会は改めてこれに呼応し、制裁網構築へ協調体制を強化しなければならない。

    中国2社が瀬取り関与

    1
    続き

    野党指導者側近を拘束 ベネズエラ

     反米左派マドゥロ大統領による強権政治が続く南米ベネズエラで21日、野党指導者グアイド国会議長の首席補佐官を務めるロベルト・マレロ氏が情報機関に拘束されたことが分かった。グアイド氏が同日、明らかにした。

    0
    続き

    【大量閉店】また3桁スクラップ!ショッピングモールの影を見たければアソコに行け?

    ■今年1月に倒産したデパートメントストアのショップコが18日、再建を断念し企業清算を発表した。

    1962年創業のショップコは2月初めに251店舗の閉鎖を発表し、残りの116店の売却先を模索していた。売却先が見つからなかったため、全店舗とオンラインストアを閉鎖するのだ。

    0
    続き

    ロシア疑惑、米大統領弾劾への支持低下

     米CNNテレビは20日、ロシアによる2016年米大統領選介入疑惑をめぐり、大統領の弾劾を支持する人の割合が36%で、昨年12月の前回調査から7ポイント低下したとする世論調査(13~17日実施)の結果を発表。昨年6月に質問を開始して以来、過去最低となったとした。

    0
    続き

    国連、マドゥロ政権の人権侵害批判

     政情不安が続いている南米ベネズエラ情勢に関して、国連人権高等弁務官事務所は20日、反米左派マドゥロ政権が秘密警察や民兵などを用いて反体制派の市民に対する殺害や拷問、拉致などの弾圧を行っていると指摘する報告書を発表した。

     一方、バチャレ弁務官は、米国による制裁が、経済危機をさらに悪化させているだけでなく、食料不足や医療崩壊など基本的権利を損なう原因になり得ると牽制(けんせい)した。

    0
    続き

    非NATO主要同盟国へ

     トランプ米大統領は19日、訪米したブラジルのボルソナロ大統領とホワイトハウスで初の首脳会談を行った。トランプ氏は会談後の共同会見で、ブラジルを北大西洋条約機構(NATO)非加盟国の主要同盟国と位置付ける考えを表明。両国は、ベネズエラのマドゥロ政権の退陣に向け協力することで一致した。

    0
    続き

    この考え、いまだ時来たらず

     奴隷の子孫は、こんなに時が経っていても、何らかの方法で、金銭的に補償されるべきであるという「賠償金」の話は、一般的に見て、うまくいかない考えである。それは、かつては、米国政治の末端に限られていた。ジミー・カーターや、ビル・クリントンや、また、バラク・オバマのような主流の民主党員は、それに関係することによって、何も得たいとは思っていなかった。

     そんな考えが出たのは、民主党員が、国境の開放であれ、医療保障の国営化であれ、大学の無償化であれ、「グリーン・ニューディール」であれ、すべてを受け入れるようになった以前のことだった。少なくとも、口に出して言わなくても、有力な大統領候補のカリフォルニア州のカマラ・ハリス上院議員は、賠償金問題はいけるかもしれないと思っているし、マサチューセッツ州のエリザベス・ウォレン上院議員や、元サンアントニオ市長のジュリアン・カストロ氏も同様である。

    0
    続き

    大口献金者を悩ます民主党の左傾化

     フロリダ州の億万長者マーシャ・ラウファー氏は、2016年大統領選でヒラリー・クリントン氏のために1300万㌦以上を集めたが、2020年大統領選に対しては様子見だ。民主党が極度に左翼傾斜していることへの懸念からだ。

     ラウファー氏は、エリザベス・ウォーレン上院議員が大統領選の選挙運動を民主化するため、大口献金者に特典やVIP待遇を与えないと公約したことを挙げながら、民主党の左傾化に懸念を示した。

    0
    続き

    上院、イエメンでの軍事活動の停止要求

     上院は13日、トランプ大統領に、イエメン内戦に介入するサウジアラビアへの軍事支援の停止を求める法案を通過させた。米政権の外交に少なくとも象徴的な打撃を及ぼすものだ。

     これは、サンダース上院議員にとっては大きな成果だ。2020年大統領選でトランプ氏の対抗馬となる可能性のあるサンダース氏は、この法案を推進し、戦争権限法案の効力を試した。

    0
    続き

    【ミールキット】今後はスーパーマーケットで急成長!サブスクリプション低迷理由は?

    ■料理キット(ミールキット)は今後、スーパーマーケットなどリアル店舗での成長が著しくなり、逆にオンライン販売は成長速度が鈍化していく...調査会社ニールセンの報告で明らかになった。

    ミールキットは料理がすぐに調理できるよう、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料のみがセットされたもの。食材を洗ったり皮をむく手間もなく同封レシピに従って調理すれば20分程度で食事を楽しめる。

    0
    続き

    左派台頭で分裂する民主党

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     民主党のペロシ下院議長は「弾劾を支持しない」と発表し、左派から反発を受けた。ペロシ氏は、トランプ大統領を守ろうとしたわけではない。常軌を逸した非主流派から党を守ろうとしているだけだ。だが、それもますます困難になっている。

    2
    続き

    トランプ氏、初の拒否権

     トランプ米大統領は15日、メキシコ国境に壁を建設するために出した非常事態宣言を無効にする議会決議に対し拒否権を発動した。トランプ氏による拒否権の発動は就任以来初めて。議会に対して、選挙公約だった壁建設を推進するため譲らない姿勢を鮮明にした。

    3
    続き

    米政権、台湾へ新型F16売却へ

     米政府は、戦闘機F16、66機を台湾に売却することを承認した。この30年間でこれほどの規模の軍用機が台湾に売却されるのは初めて。米政府当局者によると、決定は間もなく発表され、総額は130億㌦に上ると見積もられている。

    4
    続き

    米非常事態宣言、上院も「無効」可決

     米上院は14日、トランプ大統領が国境の壁建設のために出した非常事態宣言を無効にするための決議案を59対41の賛成多数で可決した。野党・民主党の47人全員が賛成したことに加え、与党・共和党から12人が賛成に回った。

    0
    続き

    米人権報告書、韓国政府の脱北者抑圧は遺憾

     米国務省は世界各国の人権状況をまとめた2018年版の国別人権報告書を発表し、韓国の文在寅政権が国内に定住する脱北者たちの北朝鮮批判を抑え込もうとしていたと指摘した。

     北朝鮮に融和的な文政権の脱北者軽視を如実に示すもので、北朝鮮との対話重視を理由に脱北者の人権を抑圧する姿勢は大いに問題だ。

    北批判しないよう圧力

    3
    続き

    学校で男2人が銃乱射 ブラジル

     ブラジル南東部サンパウロ州のスザノ市で13日朝、2人組の男が州立学校で銃を乱射し、生徒ら8人が死亡、少なくとも11人が負傷した。犯行に及んだ17歳と25歳の2人は、通報を受けた警察が到着する前に自殺した。サンパウロのドリア市長は3日間の服喪を発表した。

    0
    続き

    米タリバンの交渉政府不参加に懸念

     米政府が、アフガニスタン反政府組織タリバンと和平交渉を進めていることをめぐって、アフガンのモヒブ国家安全保障顧問とサレハ元内相は、正統政府が参加しておらず、テロ組織との「裏取引」だと非難した。

    0
    続き

    中国の人権侵害「群を抜く」

     米国務省は13日、世界各国の人権状況をまとめた2018年版の報告書を発表した。ポンぺオ国務長官は、中国について「人権侵害に関しては群を抜いている」と批判。新疆ウイグル自治区におけるイスラム教徒の弾圧やキリスト教徒、チベット族への迫害を問題視した。

    2
    続き

    ロシア疑惑が長引いてほしい民主党員

     負け組が同情に値することもあるが、時には、仕返しだけで十分なこともある。「政治は説得術」であるという古来の格言は、民主党員には何の役にも立たない。それよりも、彼らはニッコロ・マキャベリの「政治は道徳とは関係ない」という冷酷無比な助言の方を好む。ホワイトハウス奪還の決意をし、そのためなら、あらゆる悪いことをする覚悟の下で、彼らは、マキャベリの説の正しさの実証に取り掛かった。

     下院司法委員会の議長に新しく就いたジェラルド・ナドラー下院議員は、トランプ政権に、トランプ氏の大統領就任以来の、同政権の職員の採用や解雇に関するありとあらゆること、また、無論、ウラジーミル・プーチン・ロシア大統領と関係のあるどんなことでも、それが緊密であっても、縁遠くあっても、そういうことで接触のあった81人の記録文書を差し出すよう求めた。

    0
    続き

    社会主義に対する民主党大統領候補の姿勢を問うトランプ氏

     トランプ米大統領は「メーク・アメリカ・グレート・アゲイン(米国を再びに偉大に)」を掲げて選挙を戦った。今は「米国の資本主義を守る」ために選挙運動をしている。

     トランプ氏は中国、北朝鮮の共産主義の指導者とディールを結ぼうとしているが、その一方で、「社会主義者」のレッテル貼りは、2020年大統領選で民主党の対戦者たちに対する強力な武器になるとみている。トランプ氏は、民主党の左傾化により、米国が支持するすべてが否定され、勤労より分配が優先される恐れがある、と主張している。

    0
    続き

    ハノイ・サミットの失望

     ハノイ・サミットは、8カ月前の彼らのシンガポールでの会談の善意の上に(ほかには、あまり大したものはなく)築かれて、本物の進展は、北朝鮮の核兵器廃絶計画と、その代わりに、制裁緩和を許す方向へ行くと思われていた。結局、ハノイ・サミットは究極の、中身のない空騒ぎに終わった。

     無論、見掛けは当てにならないものだ。トランプ大統領は、大したことではないもののために、はるばる長い旅をした。金正恩は北朝鮮の汽車に乗って、本国行きの2日間の旅に出発した。私たち皆は、核戦争になったら、どういうことになるか考える必要はなくなったことが分かって、今夜は眠りに就くことができる。結構な贈り物だ。

    0
    続き

    カーニバル過激化批判で物議

     今年1月にブラジル大統領に就任した保守派のジャイル・ボルソナロ氏。奔放な発言から「熱帯のトランプ」と呼ばれるが、ツイッターに第三者が撮影したカーニバルの動画を投稿したことが物議を醸している。(サンパウロ・綾村悟)

    1
    続き