■連載一覧
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    トランプ氏はプーチン氏に完敗?

     トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領の米ロ首脳会談が16日、フィンランドの首都ヘルシンキの大統領公邸で行われた。米ロ首脳会談は昨年7月の20カ国・地域(G20)首脳会議以来約1年ぶり。サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の閉幕式に立ち会った後、プーチン氏はモスクワから予定より1時間ほど遅れてヘルシンキ入りした。一方、トランプ氏は北大西洋条約機構(NATO)、英国訪問などをこなした後、メラニア夫人を伴って一早くヘルシンキ入りしていた。

    0
    続き

    米国の分断 NFL選手の「片膝抗議」

     愛国心が強く、政治的には反共、そんな米国人のイメージを覆す現象が、特に若い世代の間で相次いでいる。米国が米国らしからぬ国に変わりつつあることを象徴する社会の分断の事例を報告する。(編集委員・早川俊行)

    3
    続き

    【マイパーク】駐車スペース予約アプリ!全米に日本のスーパーやコンビニでも流行る?

    ■週末や祝日など、ショッピングセンターや食品スーパー、大手量販店などの駐車場は混み合う。空いた駐車スペースを探すだけでも時間がかかってしまう場合もある。空きそうな駐車を見つけたものの、他の車が割り込んできたりする。明らかにこちらが先に待っていたのにもかかわらずだ。クラクションをならしても知らん顔。買い物をする前に駐車で疲れてしまうどころか、時には極めて不愉快な思いもする。

    0
    続き

    中国、先進技術の獲得狙い 米大手航空機メーカーの株式取得

     中国の軍事行動やスパイ活動への関与が指摘される国営航空機・ミサイルメーカー「中国航空工業集団(AVIC)」が、先進技術の獲得のために、ボーイングなど米国の大手航空機メーカーの株式の取得を進めていることを米政府当局者が明らかにした。

     米情報機関が数カ月前にこの動きを察知し、情報は政府内で共有されているという。

    1
    続き

    敬天愛人を「革命」にすり替えた「西郷どん」の鼻をつく沖永良部演出

     大河ドラマは史実を借りた虚実混交の芝居だ。見る人によって違いもあろうが、「虚」の部分が行き過ぎると鼻をつくような演出に感じることもある。

    0
    続き

    移民危機と「文化防衛論」

     6月中旬より米墨国境での不法移民親子の引き離しが米国で問題化した。この問題に関して考えているうちに、トランプ政権を成立させた「トランプ主義」と三島由紀夫の「文化防衛論」との共通性に気付いた。つまり、理性主義以前の精神的、文化的“共同体”の防衛である。

     この「親子引き離し」問題に関しては日本でも報道されているように、トランプ政権の不寛容政策のために極端になっている部分は否定できないが、不法移民の親が裁判中は子供を米国保健福祉省が預かるというのは、クリントン、オバマ政権が決めたものである。今年は極端な状態が起きて政治問題化したため、トランプ大統領は応急処置の一環として不法移民親子を軍事基地に収容するように命じた。これも実はオバマ政権でも一回は行われた政策なのだが、その時の収容人数は7000人だった。今年は2万人以上の収容が必要だという。つまりオバマ時代最悪の年の3倍もの不法移民が米国に殺到しているのである。

    0
    続き

    【ターゲット】カーブサイド・ピックアップのドライブアップを25州に展開する800店!

    ■ターゲットはカーブサイド・ピックアップ・サービスの「ドライブ・アップ(Drive Up)」を25州の800店舗以上で展開している。

    カーブサイド・ピックアップは利用者がネットで注文した商品を指定されている店舗駐車場にて店のスタッフから受け取るサービス。通常、利用者は車から降りる必要はなく、注文品はスタッフがトランクに積んでくれる。

    1
    続き

    米無人機の文書闇サイトで販売、ハッカーが盗み出す

     高度な偵察・攻撃能力を持つ米軍の無人機リーパーに関する文書がハッカーに盗み出され、闇サイトで売りに出されていたことを、米情報分析企業レコーデッド・フューチャーが11日、明らかにした。同社は「先進技術を搭載したリーパーの弱点をさらすことになりかねない」と警鐘を鳴らしている。

     盗み出されたのは、リーパーの手引書や整備を担当する要員の名簿など。「取り扱いに高度な注意を要する」文書の一部だが、わずか150㌦でハッカーが利用する闇サイトで販売されていた。

    1
    続き

    ヘルシンキ米露首脳会談実施へ

     ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、(フィンランドの首都)ヘルシンキで今月後半に予定されるトランプ・プーチン会談の日程調整のためのモスクワでの会議を終えたところである(注:7月11~12日、ブリュッセルで開かれる北大西洋条約機構=NATO=の首脳会議後の16日に、米露首脳は会談すると、米露両政府は発表している)。そして、話し合いの内容は「世界の戦略的安定、核兵器の管理、そして、全般的には、軍縮問題に関する一切合切」であった。

     ロシア人側の報道官は、彼らは、また、シリアやウクライナの紛争、北朝鮮の不確実性、そして、イラン核合意などについても話し合ったと言っている。しかし、ボルトン氏も、ロシア人の報道官も、ロシアの米大統領選への干渉疑惑が話し合われたかどうかについては、語らなかった。今、想像してみるに、それはなかったのだと思う。

    0
    続き

    トランプ米大統領、最高裁判事にカバノー氏

     トランプ米大統領は9日夜、7月に退任する連邦最高裁判所のアンソニー・ケネディ判事(81)の後任に保守派として知られるブレット・カバノー連邦高裁判事(53)を指名すると発表した。同氏の指名が上院で承認されれば、米社会に大きな影響力を持つ最高裁での保守派の優位が強まることになる。

    1
    続き

    【移動式スーパーマーケット&コンビニ】自動運転車のロボマートが実証テストを開始!

    ■自動運転の無人・移動スーパーマーケットの「ロボマート(Robomart)」が今秋にも実証実験を始める。今年1月に開催された世界最大級の技術見本市となる「CES(Consumer Technology Association)」で披露されたロボマートはオンデマンド&セルフ・ドライビングカーだ。

    0
    続き

    トランプ批判が逆効果に

    米コラムニスト マーク・ティーセン

    2
    続き

    YAMADA CHIKARA NEW YORK、串揚げを中心におまかせコース提供

    今年5月にミッドタウンイーストにオープンした「Yamada Chikara New York」(www.yamadachikara-ny.com)。串揚げを中心としたコースメニューを提供するレストランだ。

    0
    続き

    セッションズ米司法長官、大学へのアファーマティブ・アクション要求を撤廃

     トランプ米政権は3日、アファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置)を要求するのは行き過ぎだとして、大学に対し入学の合否判定で人種を考慮するよう促したオバマ政権時代の政策を撤廃した。

     新たな指針では、人種にとらわれない入学判定プロセスを求めている。これは、大学に対し人種を無視することを要求するものではなく、大学側に司法省とぶつかるのを恐れずに合否判定する選択肢を与えるものだ。

    0
    続き

    マティス米国防長官搭乗機、通信機器持ち込み禁止

     記者(ビル・ガーツ)は6月下旬、マティス米国防長官の訪中に同行、搭乗機では、スマホ、ノートパソコンなど通信機能のある電子機器の機内持ち込みは禁じられ、中国国内に持ち込んだ機器の持ち帰りも禁止されるなど、中国からの通信機器に対するスパイ活動に備え、厳重な対策が取られていた。

    3
    続き

    ブライアントパークでさまざまなゲスト招き無料講演会

    ブライアントパークでは、緑に囲まれた中、さわやかな風と共に青空の下で、毎週木曜日午後12時半から約1時間、HSBC銀行主催で無料でさまざまなゲストを呼んで講演を行う「Reading Room」というプログラムが10月まで定期的に開催されている。

    0
    続き

    落とし物を届けに来た人

     米国で落とし物をしたら見つからないことが多いようだが、先日、アパートまで落とし物を届けに来た親切な人に出会った。

     届けに来たといっても記者の落とし物ではなく、同じ建物に住む主婦のものだった。アパートを出ると、駐車場の車から30代くらいの男性が出てきて、声を掛けられた。免許証を拾ったので届けたいという。

    2
    続き

    コロンビア次期大統領に和平合意反対派

     6月17日に実施されたコロンビア大統領選挙の決選投票で、ゲリラとの和平合意反対派のイバン・ドゥケ上院議員(41)が勝利した。ドゥケ氏が所属する保守政党は、合法化したゲリラ政党の権利を制限する憲法改正を目指している。 (サンパウロ・綾村 悟)

    0
    続き

    【Amazon Go】ついに2号店オープンが確定!レジなしコンビニでギネス世界一に挑戦?

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴー(Amazon Go)の2号店が今秋、シアトル市内にオープンすることが分かった。ネット情報サイトのギークワイア(GeekWire)が報じ、アマゾンも認めた。

    0
    続き

    法律の手引書が必要だ

     アメリカ合衆国連邦最高裁判所(以後、最高裁)は火曜日、法律の解釈に、憲法の代わりに、感情を使いたがる善意の人々にきついお灸(きゅう)を据えた。憲法問題に関する評決では、見慣れた5対4の裁決(注)によって、最高裁は、危険な外国人の米国への入国を制限するトランプ大統領の命令を支持して、連邦議会の明快な文言を守った。

     チャド、イラン、ソマリア、リビア、北朝鮮、シリア、べネズエラ、そしてイエメンなどの市民の米国への入国を制限するトランプ大統領の行政命令は、三度目の正直で通ったのである。それ以前に行われた2回の控訴裁判所の判決は違っていた。上述の8カ国の大部分はイスラム教徒人口が大部分を占めている。それらの国の一つは、名前だけのキリスト教徒が過半数を占めており、また、北朝鮮のような国もあって、そこでは、市民は、金正恩を神として拝んでいるか、あるいは、市民が、市民にとって何が良いことか分かってやっている場合には、金正恩に深い思いを寄せているか、のどちらかの姿勢を取っている。

    0
    続き

    米国務長官、あす再訪朝

     米国務省は2日、ポンぺオ米国務長官が5~7日の日程で北朝鮮を訪問すると発表した。北朝鮮の高官と非核化に向けた協議に臨む。米朝首脳会談で確認した「完全非核化」の期限や方式などを具体化できるかが焦点となる。また、ポンぺオ氏は、7、8日には初来日する。安倍晋三首相や河野太郎外相と会談する見通しで、韓国メディアによると、康京和外相も訪日を調整している。

    0
    続き

    【ジャイアント・イーグル】AMAZON GOの影響でセルフ・スキャン実験!万引きの温床?

    ■ペンシルバニア州を中心に200ヵ所以上のスーパーマーケットを展開するジャイアント・イーグルがスキャンしながら買い物を行うセルフ・モバイル・チェックアウト・サービス「スキャン・ペイ&ゴー(Scan Pay & Go)」のテストを行っている。レジなしコンビニストアのアマゾンゴーや同種のサービスで先行するクローガーなどに追随する。

    0
    続き

    トランプ氏、保守派判事指名へ

    米コラムニスト マーク・ティーセン

     最高裁を変えてほしくてトランプ大統領に投票した保守派に、おめでとうと言いたい。願いはかなった。

    1
    続き