■連載一覧
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 2018/4/07
  • 2018/3/30
  • 2018/3/12
  • 2018/2/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    20年までの核廃棄求める 河井特別補佐が講演

     自民党の河井克行・総裁外交特別補佐は25日、ワシントンで講演し、トランプ米大統領は米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対して、2020年までに核開発計画を放棄するよう要求し、期限が守られなければ制裁緩和は実施しないという態度を明確にすべきだと訴えた。

     河井氏によると、安倍晋三首相は今月中旬の訪米時にトランプ氏に、非核化は、苦戦が予想される2年後の米大統領選までに実施すべきだと訴えたという。

    0
    続き

    高い税金と庶民の本音

     ブラジルに住み始めた日本人が驚くことの一つが、税金の高さと複雑さだ。

     例えば、スーパーで渡されるレシートには、合計欄の下に「あなたはこれだけの消費税を払いましたよ」という明細が小さな字で書かれている。物品によって税率は変わるが、多くの場合、数十%もの税率に基づいた納税額が書いてあり、「こんなに税金を払っているのか」と驚かされる。

    1
    続き

    化学兵器使用に再び軍事攻撃、不明確な米の対シリア戦略

     トランプ米政権は13日、英仏と連携してシリアのアサド政権の化学兵器関連施設とみられる3カ所を標的にミサイル攻撃を実施した。昨年4月に続き、国際法違反である化学兵器の使用には、軍事行動で報いることを改めて示した。しかし、専門家からは、今回の攻撃ではアサド政権による今後の化学兵器使用の抑止には不十分な上、内戦状態が続くシリアに対するトランプ政権の戦略が明確でないことが指摘されている。(ワシントン・山崎洋介)

    0
    続き

    「何でもあり」になったりしたら

    ロバート・モラーが仮に仕事口を必要としているなら私たちは喜んで、学部長を探している新聞学部をお勧めしたい。

     特別委員会、つまり、検察官は、2016年の大統領選の記録をごまかすためにドナルド・トランプがウラジーミル・プーチンと共謀したという証拠を探しているのだが、作り話をばらまく報道機関の編集者には気を付けるよう警告した。彼の捜査に関する「多くの」記事は間違っている、と言うのだ。

    0
    続き

    米上院委、次期国務長官にポンぺオ氏僅差で可決

     米上院外交委員会は23日、ポンぺオ中央情報局(CIA)長官を次期国務長官に起用する人事案を僅差で可決した。本会議で今週中にも承認される見通しとなった。

    0
    続き

    【アマゾン】アレクサ・ロボット極秘開発!アイボ?ペッパー君?それとも幻の先行者?

    ■ネット通販最大手のアマゾンが、家庭用ロボットを開発中であることをブルームバーグが23日に報じた。「動くアレクサ」は早ければ来年にも販売が開始される可能性がある。

    事情に詳しい複数の話として、アマゾンはカリフォルニア州サニーベール地区にあるハードウェア研究開発部所「アマゾン・ラボ126(Amazon Lav 126)」でコードネーム「ヴェスタ(Vesta)」を極秘研究している。

    0
    続き

    「孔子学院」米で広がる警戒感

     米南部テキサス州のテキサスA&M大学は5日、中国政府系の教育機関「孔子学院」の閉鎖を発表した。中国政府の介入による学問の自由の抑圧やスパイ活動を懸念する同州選出の下院議員からの勧告を受けて決定した。米国では大学内で影響を強めようとする中国に対する警戒感から、孔子学院の閉鎖を求める動きが広がりつつある。 (ワシントン・山崎洋介)

    9
    続き

    ポンペオ氏を承認すべき理由

    米コラムニスト マーク・ティーセン

     共和党の歴史の中で初めて上院外交委員会の過半数が、大統領指名の国務長官候補の承認に反対する可能性が高まっている。そうなれば、マイク・ポンペオ氏の経歴に傷が付くだけでなく、名高い委員会の評判も損なわれることになる。

    2
    続き

    中国の「一帯一路」経済投資は軍事拠点も拡張

     今週公表された報告書によると、中国はインフラプロジェクトに1兆㌦以上を投資する構想を軍事拠点拡大の手段として利用し、(アフリカ東部の)「アフリカの角」から中東、南アジアまで世界中にパワーと影響力を広げようとしている。

     中国の野心的な「一帯一路」構想は事実上、旧シルクロード交易路を模倣し、世界市場を中国の好みにつくり変えようとするものだ。中国はこれを純粋に経済的要因に基づく計画だと主張しているが、中国の軍事的拡張と結び付いているとの臆測が付きまとっている。

    0
    続き

    バングラデシュ人の米国不法侵入が急増

     テキサス州ラレードで国境を越えて米国に侵入するバングラデシュからの不法移民が倍増、テロの危険性がある国からの不法移民に懸念が高まっている。当局者が18日、明らかにした。

     バングラデシュからの移民らは、最高で2万7000ドルを国際密輸組織に支払い、アジアから西半球に運ばれている。中米、メキシコを通って米国境まで来て、リオグランデ川を渡る。

    0
    続き

    【ウォルマート】レジ待ちなしガーデニング!庭いじりが好きな女性や年配から高評価?

    ■ウォルマートは20日、芝生や園芸資材などのガーデニング用品を販売する「ガーデンセンター(Lawn & Garden)」部門の売り場でスタッフが清算を行うモバイルシステムのテストを開始することを発表した。造園用の腐葉土や花壇用の石やレンガなど、大きくて重い商品をレジに運ばなくてもその場で会計ができることで買い物の利便性が向上する。

    0
    続き

    キューバ議長にディアスカネル氏

     共産党一党独裁が続く、カリブ海のキューバで18日、同国の国会に相当する人民権力全国会議が開会し、国家評議会議長にミゲル・ディアスカネル第1副議長(57)が公式に推薦された。国家評議会議長は国家元首に当たり、同氏は行政府トップの閣僚評議会議長にも就任する。また、会議では、他の国家評議会メンバー30人も推薦された。19日、同氏は国家評議会議長に選出された。

    0
    続き

    米大統領「成果なければ会談せず」

     トランプ米大統領は18日、安倍首相との共同記者会見で、金正恩朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談に向け、「うまくいく気がする」と期待感を表明。その一方で、「成果が上がらないと判断すれば、会談しない」と述べ、正恩氏を牽制(けんせい)した。北朝鮮との対話について楽観的な見方を示しつつ、安易に妥協しない姿勢も見せた。

    1
    続き

    CIA長官、正恩氏と極秘会談

     米国の次期国務長官に指名されているポンぺオ中央情報局(CIA)長官が、トランプ米大統領の特使として北朝鮮を極秘に訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長と面会していたことが明らかになった。ワシントン・ポスト紙(電子版)など複数の米メディアが17日、報じた。トランプ氏は18日、ツイッターで極秘会談を認めた。

     同紙によると、ポンぺオ氏は復活祭(イースター)の週末だった3月30日から4月1日までに北朝鮮を訪問。米朝首脳会談の開催に向け、前提条件などについて話し合ったとみられる。ポンぺオ氏は、12日の国務長官指名承認の公聴会で、米朝首脳会談について、「対話のための条件を適切に設定することについて楽観的だ」と述べていた。

    3
    続き

    【マイヤー】アマゾンゴーに刺激され中西部の大手スーパーもセルフ・スキャニング!?

    ■ミシガン州を中心に中西部6州にスーパーセンターなど235店を展開するマイヤーは16日、スキャンしながら買い物を行う「ショップ&スキャン(Shop & Scan)」を全店で展開することを発表した。レジ待ちやレジ会計の時間を短縮することで顧客満足度を高めるのが狙い。

    0
    続き

    トランプ米大統領の「月着陸の宇宙計画」に期待を寄せるNW日本版

     米国のトランプ大統領は昨年12月、米航空宇宙局(NASA)に対し、将来の火星探査に向け宇宙飛行士を再び月に着陸させることを命じる大統領令を発令した。同計画について「これは将来を鼓舞し、宇宙における米国の誇り高い使命の復活に向けた大きな一歩だ」「宇宙は軍事面も含め非常に多くの応用と関係しており、米国はリーダーであり続ける」と大統領。国威発揚と軍事的応用という大国の宇宙開発の思惑をストレートに語った。

    1
    続き

    中露のインフラへサイバー攻撃も

     米サイバー軍司令官、国家安全保障局(NSA)局長に指名されているポール・ナカソネ陸軍中将は上院公聴会で先月、米軍のサイバー部隊は、中国、ロシアとの間に紛争が起きた場合、サイバー攻撃を行って、両国の重要インフラを停止させる用意があることを明らかにした。

    4
    続き

    奴隷廃止論者マッキンリー元大統領の像を標的にする左翼勢力

     カリフォルニア州のある町が、ウィリアム・マッキンリー元大統領の像を撤去しようとしている。これは、政治的に公正でない人物を公共の場から消し去ろうとする左翼の標的が、もはや奴隷所有者や(南北戦争時の)南部連合の将軍、人種隔離主義者にとどまらないことを示している。

     南部各地で南部連合の記念碑が取り除かれているのに続き、カリフォルニア州アーケータ町議会は、マッキンリー第25代大統領の像を撤去することを投票で決めた。マッキンリーには公民権に関して立派な業績があるにもかかわらずだ。

    0
    続き

    「ポルノ的」性教育拒絶へ抗議行動

     中絶支持派と同性愛者権利擁護団体の影響を受けて、描写が生々しく、快楽的、思想的な性教育が実施されているとして、保護者らが抗議のために公立学校に通う子供たちを1日休ませる計画を立てている。

     ノースカロライナ州シャーロットの保護者らが「セックス・エド・シット・アウト(性教育拒否)」運動を開始、すでに3カ国十数カ都市に拡大している。草の根の取り組みで始まった4月23日の抗議行動は、学校の授業で使われる教材が「ポルノ的」であることに驚いた母親らが先頭に立って準備を進めている。

    0
    続き

    米大学で「孔子学院」閉鎖の動き

     海外中国メディア「大紀元」日本語版(4月11日付)によれば、米国で学生数が2番目に多いテキサス州のA&M大学内にあった中国情報機関とつながる「孔子学院」の閉鎖が決まった。

    8
    続き

    【ミールキット】シアトルではアマゾンゴーにPCCインストア・ミールキットが必見!

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーが一般に公開され、日本からシアトルに視察にくる小売企業が増えている。特に食品スーパーやコンビニエンスストアのトップや役員、関係者、さらに食品メーカーの人たちがアマゾンゴーを視察する。キャッシャーレス・コンビニエンスストアとも呼ばれるアマゾンゴーは人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができる革新的な店舗だ。

    0
    続き

    酒盛りのないお花見

     首都ワシントンの春の風物詩であるポトマック河畔の桜は、先週末ごろ満開となった。ここは1912年に日本から約3000本の「ソメイヨシノ」が贈られたことで有名で、国内外から多くの人が訪れて花見を楽しんでいる。

     もっとも、公共の場での飲酒が禁止されているということもあり、ここでは日本のようにブルーシートを敷いて、にぎやかに酒盛りする光景はない。

    0
    続き

    ルラ・ブラジル元大統領が収監

     ブラジルのルラ・ダシルバ元大統領(72)が収賄などの罪で収監された。過去にない規模の汚職と大統領経験者の収監という事態は、ブラジルを揺るがす政治事件として注目を集めている。 (サンパウロ・綾村 悟)

     ブラジルで話題となっているドラマがある。ネット動画配信大手ネットフリックスが今年3月から配信している連続ドラマ「ザ・メカニズム」がそれだ。

    1
    続き