ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

韓国紙セゲイルボを読む rss

丹東の情報戦

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 丹東はわが民族の歴史の舞台だった。1874年、満州の封禁令を解いた清は、2年後にそこへ安東県を作った。その名前に女真族の故郷・満州の平穏を願う心を込めたのか。安東が丹東に変わったのは中国の文化革命の時代の1965年だ。なぜ変えたのか。「丹」という文字は「赤い」という意味と共に「誠を尽くす」という意味も持つ。契丹の丹がこの意味だ。“赤い中国”を称(たた)えたのか、それとも契丹の形跡を残そうとしたのか。

0
続き

国会で求められる朴大統領の役割

韓国紙セゲイルボ

 朴槿恵(パククネ)大統領が13日、国会開会式で演説した。演説は開会ごとに歴代大統領が慣例的に行ってきもので目新しいものではない。

0
続き

揺らぐ日本の信用

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 日本というと何が浮かぶか。侵略、歴史歪曲、独島(竹島)挑発、壬辰倭乱(文禄の役)…。日本に広がる極右的な風潮、事ごとにぶつかる韓日。あまりいいことが浮かばない。とはいえ、悪いイメージだけだろうか。

1
続き

潘基文氏の言動に注目 「期待」と「誤解」

韓国紙セゲイルボ

 “潘基文(パンギムン)旋風”が駆け抜けて行った汝矣島(ヨイド)が落ち着かない。

 潘国連事務総長は30日、韓国を離れる際、「誤解がないことを望む」と述べたが誰も「誤解」とは思っていない。潘氏は6日間の滞在中に多くを口にした。すべての日程に記者が集まった。政治家の日程はメッセージだ。長い間の外交官生活、国連事務総長を2期10年務めている潘氏がこれを知らないはずがない。

0
続き

北朝鮮の労働党大会で外交エリートが権力機構に

韓国紙セゲイルボ

 北朝鮮が対話攻勢へ転じている。最近、国防委員会が公開書簡で南北軍事会談を提案したのをはじめ、人民武力部と労働党対南機構の祖国平和統一委員会を通じて、連続的に軍事会談を提案し、予想された平和攻勢が始まった。

0
続き

不眠症の治療法

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 大韓民国をむしばむ低成長基調の中でも好況を誇る分野がある。“睡眠産業”だ。国民健康保険公団によると、昨年、睡眠障害で病院を訪ねた患者は45万5900人に達した。2011年の28万9500人と比べると57%も急増した。

0
続き

翻訳が培うハングルの豊かさ、韓国作品が海外で文学賞

韓国紙セゲイルボ

 韓国人作家・韓江(ハンガン)氏の『菜食主義者』が英国のマン・ブッカー賞国際部門を受賞した。韓国作品が海外で文学賞を受賞したのは喜ばしいことだ。その喜びと光栄は何より作家のものだが、今回は翻訳者にもそれが与えられる。同賞が外国作家の英語翻訳作品に授けられるものであるためだ。

0
続き

韓国紙、米大統領の広島訪問は“安倍の日本”への贈り物

韓国紙セゲイルボ

 オバマ米大統領が27日に広島を訪問する。安倍晋三首相も同行する。米国の現職大統領が訪問するのは原爆投下後71年にして初めてだ。日本の懇請に応じた。オバマ氏の内心が何にせよ、日米同盟に邁進(まいしん)した“安倍の日本”への贈り物と映る公算が大きい。

 広島訪問はそれ自体で重大なメッセージとなる。だから余計に言葉を選ばなければならない。

0
続き

元サムスンマンの「退社学校」

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 ずんぐりむっくりした体に大きな頭。不埒なタイトルの本でベストセラー作家となりテレビ番組にしばしば顔を出していた。そんな大学教授がある日テレビから消えた。番組の人気は浮沈が激しいから、そんなものかと思っていた。知人から「彼は教授を辞めて日本で絵を学んでいる」と聞くまでは。キム・ジョンウン元明知大教授の話だ。

1
続き

「トランプ米大統領」誕生に備えよ

韓国紙セゲイルボ

 「韓半島で戦争が起きるならば、それは悲劇だ。しかし、そこに米軍が駐留していないならば、米国とは事実上関係ない戦争である。…米国は韓国の軍事的タダ乗りに終止符を打たなければならない。韓国に対する防衛は米国の防衛に必要でない部分だ」

0
続き

憲法裁で審判される〝ハングル専用法”

韓国紙セゲイルボ

 訓民正音(ハングル)が頒布されたのは世宗28年(1446年)。訓民正音解例本の冒頭に、「わが国の語音は中国とは異なり、漢字と噛み合っておらず、そのため愚かな民はその意を述べることができない者が多い。予(世宗(セジョン))はこれを憐れに思い、新たに二十八文字を制定した。人々が簡単に習い、日々用いるのに便利なようにさせることを願ってである」とある。

3
続き

忠清待望論

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 “政界の風雲児”と呼ばれるほど波乱万丈の人生を過ごしてきた金鍾泌(JP)元首相の最後の夢は意外だった。「私は男としてやる価値があることは全てやったし、行ってみる価値があるところも全て行った。妻の膝枕で横になって死ぬのが最後の望みだ」。首相を務めた金大中(DJ)政府と袂を分かった後とはいえ依然政界に身を置いていたので、私的な席でその話を聞いて“ロマンチストらしい”と感じた。

0
続き

脱北者が出会う「ヘル韓国」

韓国紙セゲイルボ

 北朝鮮で生まれ、30年間暮らしたある脱北者は2008年韓国に亡命した。自由市場で必死に稼いだ金を国境守備隊幹部に握らせて、豆満江を渡った。

 辺境部隊に取られる“渡江料”が08年には300人民元(約5万ウォン)だったのが、今は5万元(約900万ウォン)と150倍以上跳ね上がっている。

0
続き

「北」難民に中国危機感、安保不感症に陥る韓国

韓国紙セゲイルボ

 香港の時事誌「争鳴」は4月号で、「中国政府は北朝鮮政権が崩壊したり韓半島での戦争勃発にともなう北朝鮮難民流入という最悪の状況に対応し、80㌔㍍の吉林省の中朝境界地域に収容施設800~1000件、医療施設20件を設立する計画をたてた」と報じた。

0
続き

韓国は孤児の輸出国

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 時には偶然が運命を変える。米オレゴン州のユージーンに農夫の夫妻が住んでいた。ある晩秋、新聞に映画上映の広告が出ていた。夫妻は上映場所の会館に行ってわくわくしながら席に着いた。まもなく映画が始まると、夫妻はただただ驚いて肝を冷やした。飢えに苦しむ子供たちの惨状が画面を埋めていたからだ。韓国動乱で両親を失った孤児を支援するために制作されたドキュメンタリー映画だったのだ。

0
続き

ゲーム理論と北朝鮮問題

韓国紙セゲイルボ

 古典的なゲーム理論で「ブロットー大佐のゲーム」がある。ブロットー大佐はN名の軍人をM個の戦場に配置する。敵国もこれと同じくN名の軍人をM個の戦場に配置する。この時、軍人をより多く投じて勝利する戦場が多い側が勝利を収める。

1
続き

ゴルフ禁止令解除した朴大統領の胸中は?

韓国紙セゲイルボ

 オバマ米大統領はゴルフ好きだ。2014年米軍のIS空襲の数時間後にもゴルフ場を訪ねたほどだ。その年、54回ゴルフをしたという。

 韓国では大統領のスタイルにより、公職者ゴルフが禁止されることも、されないこともあった。禁止令の元祖は金泳三(キムヨンサム)元大統領だ。しかし、1993年大統領に就いて変心した。「ゴルフをしない」と宣言し、大統領府内のゴルフ練習場も撤去した。

2
続き

集玉齋図書館

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 景福宮の集玉齋(チボクジェ)は(朝鮮26代王、大韓帝国皇帝)高宗(コジョン)の書斎だ。1881年、昌徳宮の別堂として建てられ、91年、景福宮の北門、神武門の内側の現在の位置に移設された。高宗は(朝鮮22代王)正祖(チョンジョ)の治世を王政の模範としていたので、正祖の改革政治の中心だった奎章閣(キュジャンカク)(王室図書館)の評価を高め、奎章閣の図書整理事業を行ったという。  集玉齋は両側にレンガの壁を造り、外から見ると平屋だが内部は2階建てで、広いホールに椅子と机が置かれていた。看板も横でなく縦長だった。美術史学者の兪弘★は『私の文化遺産踏査記』で「高宗当時の立場でいえば時流に合わせて造った新式建物」だと言った。

0
続き

平和協定で非核化は希望的観測

韓国紙セゲイルボ

 北朝鮮による5回目の核実験とそれ以後の追加核実験で核兵器小型化・軽量化が完成すれば、韓国は“風前の灯火(ともしび)”の危機に直面することになる。

 中国は「米国が北の核除去に乗り出せば、韓半島で戦争が起きるだろう」と危惧する。オバマ米大統領も最近、「米国には北朝鮮を破壊する能力があるが、韓国が被害を受けるので忍耐する」という趣旨の発言をした。

0
続き

為替レート問題で構造調整頓挫させぬ対応を

韓国紙セゲイルボ

 日本の量的緩和政策に対して、日本の立場を擁護してきた米国に変化が感知される。米国金利引き上げが予定より遅れ、国際金融市場で円高が進み、日本政策当局が介入しようとする動きを見せると、米国は明らかな警告メッセージを送った。

0
続き

鳳仙花(ホウセンカ)

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 丁酉再乱(慶長の役)の時、日本に捕虜として行った姜”は「看羊録」にこのように記した。「乙未年、丙申年以来、4、5年間、数日おきに地震のない日がない」。乙未年は1595年、丙申年は1596年だ。その頃、日本には大きな地震があった。豊臣秀吉。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を起こした1592年、京都の本拠地を作るために宮殿のような城を造った。伏見城。規模がものすごかったようだ。1596年に京都を襲った地震は4年の大工事は泡と消えてしまった。看羊録にはこのように記されている。「城と家が全て壊れた。…東側に新しく城を建てることにし昔通りの姿に造った」。壊れればまた建てる日本人の応戦ぶりがうかがわれる。

1
続き

解釈入り乱れる韓国与党の総選挙惨敗

韓国紙セゲイルボ

 与党の惨敗で終わった4・13総選挙の敗因をめぐって解釈が入り乱れている。政府・与党の傲慢(ごうまん)と不通という主張や、経済政策失敗に対する報復という分析もある。どれも正しいだろう。

2
続き

脱北事態は中朝関係変化の序章なのか

韓国紙セゲイルボ

 中国にある北朝鮮レストランから従業員ら13人が脱出した。この事件は核実験、ミサイル発射を進める北朝鮮に中国が送った警告メッセージである。

 北朝鮮は大きな衝撃を受けたにもかかわらず、中国に対して露骨な攻撃をひとまず自制している。中国の黙認がなかったら今回の脱出はできないという点をよく知っているからだ。

2
続き


30 / 47|«3031 »|