■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 中東・北アフリカrss

    パレスチナ和平経済会合を「失敗する運命」と酷評するイスラエル紙

     クシュナー米大統領上級顧問が提案したパレスチナへの経済支援に関する国際会合への逆風が強まっている。

     有力ユダヤロビー「米イスラエル公共問題委員会(AIPAC)」のロビイストを務めたこともあるコラムニストのダグラス・ブルームフィールド氏は右派系イスラエル紙エルサレム・ポストへの寄稿で、この会合について「失敗する運命」と酷評した。

    0
    続き

    イスラエルで9月に再選挙

     イスラエルのネタニヤフ首相による新政権発足に向けた連立協議が不成立に終わり、イスラエル国会は30日未明、国会解散法案を74対45の賛成多数で可決した。9月17日に総選挙を行う。再選挙は1948年のイスラエル建国以来初めて。

    0
    続き

    米とタリバンの直接交渉に懸念 アフガン駐米大使、政府参加を求める

     アフガニスタンのラマニ駐米大使は、ワシントンでの一部メディアとの会合で、米政府が反政府組織タリバンと進めている直接交渉について、アフガン政府が情報提供を受けておらず、正統政府が参加しないどのような和平合意も国民の支持は得られないと懸念を表明した。

     ラマニ氏は「アフガン政府は、交渉について十分説明を受けていないと感じている」と指摘、「交渉を持続性のあるものにするには、アフガン国民の関与が必要」と、交渉への政府の参加を求めた。

    1
    続き

    独立記念の定番バーベキュー

     イスラエルは、5月9日(ユダヤ暦のイヤル月5日)に独立記念日(ヨム・ハアツマウート)を祝った。1948年にベングリオン初代首相がイスラエル独立を宣言してから、今年で71年目を迎えた。

     各地の記念会場では夜に、花火が打ち上げられ、市民らはイスラエル国旗を身にまとって繰り出した。記念の音楽コンサートなどの催しも開かれ、とある店では、アイスクリームが無料でサービスされるなど、祝賀ムードに包まれた。

    1
    続き

    イランの核合意停止は中東を戦火に

     イランのロウハニ大統領は8日、2015年に締結した核合意が遵守されていないとして、核合意の一部停止、ウラン濃縮関連活動の再開を表明した。トランプ米政権は同日、イランに対し追加制裁の実施を警告したことから、米国とイラン間だけではなく、イスラエル、サウジアラビアなどを加えた中東地域で武力衝突の危険性が再び高まってきた。

    0
    続き

    イラン核合意、核開発阻止へ多国間の連携を

     米国がイラン核合意から離脱して1年。制裁を強化する米国と、反発を強めるイランとの間の緊張が急速に高まっている。

    一部履行停止を表明

     イランのロウハニ大統領は、核合意で定められた低濃縮ウランと重水の国内保管量の上限を今後は順守しないと発表。さらに、合意に参加している英国、ドイツ、フランスと交渉を行い、60日以内に合意できない場合は高濃縮ウランの製造を再開することを明らかにした。

    1
    続き

    米国務長官がイラクを電撃訪問

     ポンペオ米国務長官は7日、イラクの首都バグダッドを予告なしに電撃訪問した。仏・米メディアが9日、イラク政府筋の情報として報じた。同長官は、突然の訪問の目的を、イランが「活動をエスカレートさせているためだ」と指摘、脅威の増大についてイラク側に伝え、米関係者の保護に必要な措置を取れるようにする意図があった、と説明した。

    0
    続き

    アラブ諸国も高い関心

    生前退位「歴史的」と強調

     エジプトでは、同国の主要紙アル・アハラム紙やアル・アクバル紙をはじめ、Day 7(デーセブン)、アハラム・ゲイト、マスリヨーム紙、エジプト・インデペンデントなどの電子版でも、4月30日の天皇陛下の御退位と、1日の新天皇の即位式について大きく報じた。テレビでは、国営テレビをはじめ、CBCテレビなどで両式典の様子が報じられた。

    2
    続き

    イスラエル軍がガザに空爆続行

     イスラエル軍は5日、パレスチナ自治区ガザへの空爆を続行し、イスラム根本主義組織ハマスの軍事施設など220カ所以上を標的に攻撃を行ったと発表した。ガザの保健省などによると、空爆で少なくともパレスチナ人11人が死亡、数十人が負傷した。

    0
    続き

    アルジェリア大統領辞任

     北アフリカ・アルジェリアで4期20年にわたる長期政権を維持してきたブーテフリカ大統領(82)が4月2日辞任した。リビア、スーダンではすでに長期独裁政権が崩壊しており、「アラブの春」の第2弾が炸裂(さくれつ)したとの見方が出ている。

    0
    続き

    建設が進む「新首都」

     首都カイロの人口過密に伴う、交通渋滞の緩和などを目的に、首都から東方45~50㌔地点に建設が始まっている 「新首都」に行ってみた。

     高速道路を走行中の車窓から、砂漠の中に忽然(こつぜん)と姿を現したのは住宅用と思われる高層ビル群。

    0
    続き

    イスラエル大統領がネタニヤフ首相に組閣要請

     イスラエルのリブリン大統領は4月17日、同月9日に行われた総選挙(定数120)で右派系5党を含め過半数の支持を得たネタニヤフ首相に組閣を要請した。パレスチナ国家が樹立されればユダヤ国家の存立が危うくなるとしているネタニヤフ氏は、強硬な対外政策を取ることのできる右派系連立政権を目指す。(エルサレム・森田貴裕)

    0
    続き

    ISが最高指導者の動画

    過激派組織「イスラム国」(IS)が29日、同グループのフルガン・メディア・ネットワークを通じ、最高指導者のバグダディ容疑者とされる動画を発表した。動画は18分超。この動画が、いつ、どこで収録されたかは不明だが、ISの拠点があったシリア東部バグズでの戦いや、スリランカでの連続爆弾テロ事件、アルジェリア、スーダンでの大統領辞任などについて言及していることから、最近収録されたものとみられている。

    0
    続き

    「約束破った」とトランプ氏を非難

     パレスチナ解放機構(PLO)のサエブ・アリカット交渉局長は、トランプ米大統領が、中東和平交渉で一方的な行動をとらないという約束を破ったと主張、米政府に和平を仲介する資格はないと非難した。パレスチナ自治区エリコでワシントン・タイムズの取材に応えた。

    3
    続き

    エジプトで改憲めぐる国民投票始まる

     大統領の任期延長などを盛り込んだ憲法改正の是非を問う国民投票が20日、エジプト全土で始まった。有権者数は約6100万人。中央投票所と地方投票所を合わせ、2万4797カ所で投票が行われる。投票期間は22日までの3日間。過半数が賛成すれば、現職のシシ大統領(64)は最長2030年まで大統領職を維持できることになる。

    0
    続き

    リビア内戦が本格化

     北アフリカのリビアで内戦が本格化しようとしている。同国軍の元将校で、東部トブロクを拠点とする「政府」を支持してきたハリファ・ハフタル氏が、自ら率いる軍事組織「リビア国民軍(LNA)」に対し4月4日、「首都への進軍」を命じ、国連の支持を受け首都圏内外を拠点とする国民合意政府(GNA)との間で、首都争奪戦を展開しているからだ。(カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    仮装で祝うプリム

     イスラエルの祝日の中で最も華やかな 「プリム祭」が3月20日、全国各地で行われた。

     毎年、ユダヤ暦のアダル月14日に行われる。城壁に囲まれた町では1日遅れて祝う風習があり、エルサレムだけは15日に行われる。

    0
    続き

    ゴラン高原の主権承認

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     1967年の第3次中東戦争によりイスラエルがシリアより奪取し実効支配しているゴラン高原。かの地に対するイスラエルの主権を3月末、トランプ米大統領が承認したのだ。

    1
    続き

    エジプト 大統領任期延長へ

     エジプト国会は16日、大統領の任期を現在の4年から6年に変更する憲法改正案を、採決に臨んだ議員554人のうち、賛成531、反対22、棄権1の圧倒的多数で可決した。国営紙アルアハラムによると、国民投票が今月22日から24日に行われる予定で、過半数の賛成を得て成立する見通し。

    0
    続き

    リビア元国軍将校、エジプト大統領と会談

     リビアで、軍事組織「リビア国民軍」(LNA)を率い、首都争奪戦を繰り広げているハフタル元国軍将校は14日、エジプトの首都カイロの大統領宮殿で、シシ・エジプト大統領と会談した。同元将校が外国の元首と会談するのは、4日に「首都への進軍」を命じて以降、初めて。

    0
    続き

    「ビビ王」のイスラエル王国の行方

     イスラエル議会(クネセト)選挙の投開票が9日実施された。現地からの情報によれば、ネタニヤフ首相が率いる与党右派「リクード」とガンツ元軍参謀総長の中道政党連合「青と白」が熾烈なトップ争いを展開し、集計がほぼ終了した段階で両党とも定数120議席中、35議席を獲得した。安定政権を樹立するためには61議席が必要だが、リクードを中心とした右派政党の連立政権発足が有利とみられている。そのため、ネタニヤフ首相は10日未明、テルアビブのリクード集会で勝利宣言をしている。リクードは占領地ヨルダン川西岸の入植者らが結集している極右派の「統一右派」などとの連立を視野に入れている。

    1
    続き

    イスラエル総選挙、右派が過半数

     9日実施されたイスラエル総選挙(定数120、全国1区の比例代表制)は、同日夜から開票が進められ、開票率97%の段階で、ネタニヤフ首相率いる現与党の「リクード」を中心とする右派勢力が、ガンツ元軍参謀総長率いる中道政党連合「青と白」などの中道・左派系を上回り、過半数に達する見通しとなった。

    0
    続き

    サウジとの付き合い方

     サウジアラビア(以後、サウジ)人のコラムニストで、ブロガーのジャマル・カショギが行方不明になってから、半年が過ぎた。彼は、リヤド政権や王族を彼が批判していたことに我慢し切れなくなっていたサウジ政府内のいずれかの高官の部下に殺害されたと広く信じられている。遺体は見つからず――手足を切断されて、遺体のさまざまな部分はイスタンブール周辺にばらまかれていると信じられているが――真相は不明だ。

     誰にも信じられていないサウジ政府の説によると、彼は、イスタンブールのサウジ総領事館の中で拉致されていた時「殴り合いのけんか」で死んだのだという。それから、サウジ政府は、彼の遺族らに補償金を支払おうとしているようだとも言う。しかし、中東においては、何事も確かだと言うことは難しい。

    0
    続き