■連載一覧
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 平壌共同宣言の波紋
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 2018/10/15
  • 2018/10/04
  • 2018/9/26
  • 2018/9/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 中東・北アフリカrss

    羊皮紙を抱えてダンス

     イスラエルでは1日、ユダヤ教新年の一連の祝祭を締めくくる日となる律法の祝典(シムハット・トーラー)を祝った。

    0
    続き

    トルコ、サウジの信用失墜画策か

     サウジアラビア政府への批判を続けてきた同国のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏(59)がトルコ最大の商業都市イスタンブールのサウジ総領事館で消息を絶った事件は、国内外に大きな波紋を呼んでいる。同氏は全世界のイスラム化を標榜(ひょうぼう)するイスラム主義組織「ムスリム同胞団」支持だったことから、同胞団に寛容なトルコと同胞団に厳しいサウジの両国を含む中東、欧米諸国を巻き込む外交問題にも発展しかねない。 (カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    サウジはトルコの陰謀に嵌められた?

     米国に亡命中のサウジアラビア反政府ジャーナリスト、米紙ワシントン・ポストなどにコラムを書いてきたジャマル・カショギ氏(60)が今月2日、婚姻に関する書類を入手するためにトルコの国際都市イスタンブールのサウジアラビア総領事部を訪問した後、消息を絶った事件はサウジ、トルコ、米国などが関与する国際事件となってきた。

    1
    続き

    プーチンとネタニヤフのもろい友情

     ウラジーミル・プーチンとベンヤミン・ネタニヤフは、長年、強い個人的関係を持っている。ロシアの大統領とイスラエルの首相は幾つかの類似点を共有している。

     彼らは2人とも、彼ら自身のであれ、また、彼らが自国の利益になると認めるものであれ、利益追求には、臆することなく突進する。そして、彼らはダボス会議に出て来るグローバリストや、おせっかいを焼きたがるいくつかの機関が考えていることに過剰に心配したりしないタフな指導者なのである。彼らは2人とも国内では人気がある。

    0
    続き

    シリア反政府勢力、国境地域から撤退

     内戦が続くシリアで、昨年6月からの同国軍による攻撃を受けて、イスラエル国境付近の地域を拠点としていた反体制勢力が撤退、国境地域はシリア政府の支配下に入った。これを受けてイスラエル軍は9月13日、5年以上にわたった国境付近のシリア国民への人道支援を終了させた。(エルサレム・森田貴裕)

    0
    続き

    イスラエルとパレスチナ 育て、融和の心の種と芽

     米主導の圧力の結果、朝鮮半島の南北融和は急進展。だがパレスチナは、国連パレスチナ難民救済事業機関への拠出停止その他の米国の圧力に強く反発、対イスラエル融和どころか第3次インティファーダ(民衆蜂起)の懸念すら出ている。

     だがそんな嵐の中で、融和と共生のための種や芽の存在によけい注目したくなる。日本でも小さな種は播(ま)かれている。

    0
    続き

    シリアでのロシア機撃墜で関係悪化が懸念されるイスラエルとロシア

     内戦が続くシリアで17日、ロシアの偵察機イリューシン20がシリア軍による「誤射」で撃墜されたことを受けて、情勢がいっそう複雑化するとの懸念の声が上がっている。

     搭乗していたロシア兵15人が死亡、ショイグ国防相は「全てイスラエルの責任」と強く非難した。

    1
    続き

    維新後の日本の教育評価

     エジプトのカイロ大学文学部内に2017年9月に創設された「日本研究センター」で22~23日、「明治以降の日本の経験から学ぶ―明治150周年を迎えて」をテーマとする国際シンポジウムを開催した。 (カイロ・鈴木眞吉)

    1
    続き

    イラン政府、襲撃犯特定できず

    イラン南西部アフワズで22日行われた軍事パレード中、イラン革命防衛隊員12人を含む25人が殺害された襲撃事件で、同国首脳らによる敵対国への批判が続いている。

    0
    続き

    ユダヤ人は太巻きがお好き?

     イスラエルでは9月10日、ユダヤの新年(ロシュ・ハシャナー)を迎えた。今年はユダヤ暦5779年となる。

     聖書の創世記に「はじめに神は天と地とを創造された」とあり、ユダヤ教指導者(ラビ)たちは聖書の記述から割り出して、天地創造は西暦の紀元前3761年10月7日と定められた。

    1
    続き

    サウジアラビアで行き詰まるムハンマド皇太子の構造改革

     サウジアラビアのムハンマド皇太子が進める脱原油などの経済・社会構造改革が逆風にさらされている。強権を行使し、改革に反対する宗教勢力などを抑え込んできた皇太子だが、国内からの反発は強く、改革が頓挫する可能性も指摘され始めている。(外報部・本田隆文)

    2
    続き

    ポンペオ氏、イエメン内戦でサウジ支持を確認

     トランプ政権高官は12日、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)を擁護し、両国は、3年に及ぶ凄惨なイエメン内戦で、民間人の死傷者を減らすために最善を尽くしていると主張した。

     これは、ポンペオ国務長官が今週、マティス国防長官と共に議会に対して明らかにしたものだが、イエメンでの民間人の死者数が全体で数千人に上っていることに対して、国際的非難が高まっている。

    0
    続き

    米、パレスチナ難民機関への拠出停止

     トランプ米政権は先月31日、既に大部分を凍結している国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への拠出を停止すると発表。一方で、国連や難民受け入れ国などと、パレスチナへの直接支援を含む「新しいアプローチ」について協議する方針を示した。イスラエルは米政権の政策を歓迎。パレスチナ側は反発を強めている。 (エルサレム・森田貴裕)

    0
    続き

    一夫多妻制度の功罪

     イスラム世界の諸国が、他の国々と著しく異なる文化として一夫多妻がある。1人の男性が妻を同時に4人まで持てると法律で保障されているのだ。もちろん、4人を平等に愛するとの条件があるとはいえ、現実はどうしても不平等にならざるを得ないとの話も多々聞く。

     先日、友人のあるエジプト人女性が従兄弟の第2夫人として結婚した。最初に結婚した夫による日常的な暴力に耐えかね、3人の子供を連れて離婚した。

    2
    続き

    米資金援助停止、難民の自立への支援強化を

     米政府は、パレスチナ難民を支援する国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への資金援助を停止した。

     難民問題の解消、さらには中東和平交渉の推進へとつなげたい意向とみられるものの、トランプ米政権の露骨なイスラエル寄りの姿勢に反発は強い。支援停止は問題の解決にはつながらず、難民の自立、吸収への支援強化が必要だ。

    パレスチナ自治区は反発

    0
    続き

    「殺人ロボット」禁止阻止を主導する米露

     ジュネーブで、ロボットを持つ大国と持たない小国の戦いが繰り広げられている。

     20カ国以上が、今週開かれている国連の重要会議の場で、完全自律型兵器の全面禁止を訴えている。この兵器は、反対グループの間では「キラー・ロボット(殺人ロボット)」と呼ばれ、ゆっくりだが着実に存在感を増している。比較的シンプルなドローンがあり、映画「トランスフォーマー」も脚光を浴びた。それによって、大国が小国と対立、米、ロシア、イスラエル、英国などの軍事大国は、自律型機器の技術開発を禁止するいかなる取り組みにも反対すると主張している。

    0
    続き

    ユダヤにも「食べ合わせ」

     イスラエルの国民の8割はユダヤ人、つまりユダヤ教徒である。その中でユダヤ教の戒律を厳格に守る者は約2割、ある程度戒律を守っている者は約6割、ほとんど戒律を気にしない者は約2割いるとされる。

     ユダヤ教の戒律の中に食事規定(コーシェル)というものがあるが、その一つに、一緒に食べてはならないものが規定されている。

    0
    続き

    半独立型の小テロ集団に変化したIS

     ウサマ・ビンラディンは何年も前に死亡し、アブバクル・バグダディが中東で樹立を目指した「カリフ制国家」は崩壊した。しかし、世界的なジハーディスト(聖戦主義者)らの脅威は絶えることない。過激派は、地下に潜み世界中でテロを計画している。

     国連の最新報告によると、バグダディの「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う戦士約2万人から3万人は、広大な支配地は失ったものの、依然としてシリアとイラクで活動し、ビンラディンのテロ組織アルカイダから派生した組織も、依然としてアフリカ、アジアで強い力を持っている。

    0
    続き

    砂漠の国でパラセーリング―エジプト・シャルムエル・シェイクの夏

     まさか、砂漠の国で熱帯魚やサンゴなど海の宝を楽しめるとは! エジプトというと、ピラミッドとスフィンクスがまず脳裏に浮かぶが、実は絶景の海のリゾート地もある。その一つが、シナイ半島の南端に位置する都市シャルムエル・シェイクだ。

     首都カイロから、東に約120km。車を飛ばして運河の街スエズの方向に向かい、スエズ市街地の北部にある運河の下を通る海底トンネルを通過、シナイ半島に出る。その後、南に向かってひたすら走ること約350kmで、シャルムエル・シェイクの街に入る。

    0
    続き

    シリア反体制派拠点で武器庫爆発

     シリア反体制派の最後の拠点となっている同国西部イドリブ県サルマダで12日、武器庫が爆発し、在英のNGO「シリア人権監視団」によると、民間人50人以上を含む69人が死亡した。

     爆発原因は不明、弾薬が保管されていた建物2棟が倒壊したという。

     仏メディアによると、死者の大多数は、イスラム過激派組織「シャーム委員会」(旧ヌスラ戦線)のメンバーとその家族だという。

    0
    続き

    イラン産ピスタチオが店から消える

     トランプ米政府は6日、イラン核合意からの離脱を受け、解除した対イラン制裁を再発動した。第1弾として自動車部品、貴金属取引の禁止、米ドル紙幣の購入などが禁止。11月4日からは第2弾としてイランの主要収入源の原油取引の停止が控えている。

    0
    続き

    「ユダヤ国民国家法案」可決

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     イスラエル国会(一院制、議席120)は7月19日、「ユダヤ国民国家法案」を賛成62、反対55、棄権2、欠席1で可決した。

    1
    続き

    イラン議会、大統領盟友の閣僚解任

     イラン議会は8日、ロウハニ大統領の盟友とされるラビイー労働・協同組合・社会福祉相を解任した。イランのファルス通信によると、ラビイー氏の不信任決議案は、全243票のうち賛成129、反対111、棄権3で可決され、同氏は解任された。

    2
    続き