■連載一覧
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 2018/4/07
  • 2018/3/30
  • 2018/3/12
  • 2018/2/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 中東・北アフリカrss

    イランとの核合意はどうなるか

     トランプ米大統領は5月12日、イランとの核合意を破棄するかどうかの決定を下す。トランプ氏は大統領選からオバマ政権時代の外交実績といわれる核合意(2015年7月に最終合意した「包括的共同行動計画=JCPOA」)を「これまで締結された合意の中でも最悪のディールだ」と批判し、その破棄を主張してきた。

    0
    続き

    預言者モーセの息遣い

     4月中旬に、従兄弟(いとこ)の娘とその友人の女性ら4人が、エジプト観光にやって来た。クレオパトラの面影が残るアレクサンドリアや古王国時代のシンボル、ギザのピラミッドやスフィンクス、ヒエログリフの刻印が鮮やかな古代神殿が残るルクソール東岸や歴代の王が眠る王家の谷、アブシンベル神殿などを一通り見学したが、最も印象的な所はどこだったかと問うと、シナイ山との答えが返ってきた。

    1
    続き

    イスラエル建国70年、激化するパレスチナ抗議デモ

     イスラエルは19日、建国70周年を迎え、各都市でコンサートなどイベントの開催も予定され、祝賀ムードだ。パレスチナ自治区ガザ地区のイスラエルとの境界沿いでは、イスラエル建国などにより故郷を追われたパレスチナ難民の帰還を求めるデモが連日行われている。パレスチナ問題は70年目を迎える。(エルサレム・森田貴裕)

    1
    続き

    米英仏、シリア攻撃 化学兵器使用と断定

     米英仏の3カ国は13日、シリアのアサド政権が首都ダマスカス近郊で化学兵器を使用したとして、軍事攻撃を実施した。トランプ氏は米東部時間13日午後9時(日本時間14日午前10時)ごろホワイトハウスで演説し、シリアの化学兵器関連施設に対し「精密攻撃」を実施したと発表した。

    0
    続き

    シリア攻撃、国際規範への挑戦許すな

     首都ダマスカス近郊東グータで化学兵器を使用したシリアのアサド政権に対し、米英仏が軍事攻撃を行った。人道と国際規範への公然たる挑戦に断固とした姿勢を示したものだ。化学兵器使用が理由のシリアへの攻撃は昨年4月に続き2度目だが、今回は米国単独ではなく英仏が共同しての軍事行動であったことに意味がある。

    米英仏が化学兵器施設を

    2
    続き

    シリア内戦で揺れるレッドライン

     シリア内戦が始まって今年3月で丸7年目が過ぎた。その間20万人から40万人のシリア人が犠牲となり、数百万人が国外難民となったが、戦闘は今なお終焉する兆しを見せていない。それどころか、武装勢力間で化学兵器が使用され、民間人、子供たちが多数犠牲となっている。国際社会はシリア内戦の終焉をアピールするが、その声は紛争勢力には届かない。

    0
    続き

    化学兵器攻撃、シリアに使用を封じる代償を

     シリアの首都ダマスカス近郊の東グータでの化学兵器攻撃について、国連安全保障理事会で独立調査機関を新設する米国の決議案、米国案を修正したロシアの決議案とも否決された。トランプ米政権はシリアへの武力行使を辞さない構えだが、化学兵器の使用は断固として封じなければならない。

     露が安保理で拒否権発動

    3
    続き

    終わらないシリア国民の悲劇

    シリアの東グータでまたもや化学兵器が使用されたという。現地の支援団体は9日までに共同声明を発表し、少なくとも48人が死亡したと明らかに。定かではないが、反体制派の活動家は、シリア軍のヘリコプターが化学物質の入った爆弾をドゥーマ地区に投下したと話しているようだ。

    国際医療支援団体「シリア医療救援組織連合」によれば、東グータで活動する医師が今回の攻撃後に診察した患者たちは、身体の震えが止まらない状態で、身体がまひしたり、反応がなくなったりした患者もいるらしい。

    0
    続き

    エジプト大統領選、シシ氏が再選

     3月26日から3日間行われたエジプト大統領選の結果が4月2日に発表され、シシ大統領が有効票中97%を獲得、再選された。有力対抗馬のいない選挙で政府は、投票率を上げようとあの手この手の動員策を講じたが、前回選挙を下回る41・5%にとどまった。シシ政権の当面の課題は、通貨下落で悪化した国民生活の向上だ。(カイロ・鈴木眞吉)

    1
    続き

    ペサハの期間限定食品

     ユダヤ教の祝祭日の中で最も重要な祭りの一つである「過ぎ越しの祭り(ペサハ)」が3月30日夜から始まった。ユダヤ暦ニサン月15日から1週間続くこの祭りは、ユダヤ民族がエジプトでの400年間の奴隷生活を逃れ、カナンの地に出発したことを記念する。

    1
    続き

    サウジに対する9・11訴訟開始へ

     28日の判事の判断によって、2001年9月11日の米同時多発テロの共謀容疑でサウジアラビアを訴え、巨額の損害賠償を求める訴訟の開始が可能になった。

     ニューヨーク州マンハッタンの連邦地裁のジョージ・ダニエルズ判事は、サウジ当局の共謀の証拠はないとして訴えの取り下げを求めたサウジの申し立てを却下した。

    12
    続き

    エジプト大統領選、シシ大統領が再選

     エジプト大統領選の投票は28日夜に終了し、国営メディアは29日、シシ大統領(63)が再選を果たしたと報じた。マスリ・アル・ヨウム紙の同日午前の開票速報によると、開票率40%段階でシシ氏は2300万票で得票率は約92%、対立候補のムーサ・ガッド党党首(65)の得票率は約3%であることから、シシ氏圧勝の情勢だ。結果は4月2日に正式発表される。

    1
    続き

    シリア内戦いまだ終わらず

    東京国際大学名誉教授 渥美 堅持

    0
    続き

    頼まれたら断れない

     エジプト紙の三面記事を見て、殺人や強盗、誘拐、麻薬など、日常生活の中での人間関係の赤裸々な姿を見せつけられるのだが、極めて異常に感じることの一つに、「共犯」が多いことがある。殺意を持つ人物が、愛人や兄弟、親戚、友人に話を持ち掛け、持ち掛けられた方は、それを断ることをせずに引き受け、一緒に犯行に及ぶというケースが多い。

    0
    続き

    イスラエル、ガザ境界で続く攻撃の応酬

     イスラエルによる封鎖の続くパレスチナ自治区ガザの境界付近で武装組織とイスラエル軍との攻撃の応酬が続いている。イスラエル軍は、ガザ地区からイスラエル領内に延びる地下トンネルの破壊にも取り組んでいるが、イスラム根本主義組織ハマスはトンネル網の再建を試みるなど、いたちごっこが止まらない。(エルサレム・森田貴裕)

    2
    続き

    イラクに新たなテロ組織

     イラクで「白旗(ホワイトフラッグ)」と呼ばれる新たな武装組織が出現、過激派組織「イスラム国」(IS)に代わる勢力になるのではないかと懸念されている。

     白旗は、イラク北西部と中部で昨年末ごろ活動を開始、米国防・情報当局者らは、クルド人テロ組織とISの連合体ではないかと見て、監視を続けている。

    14
    続き

    パキスタン高官、タリバンとの交渉を米に要求

     【イスラマバード(パキスタン)】

     米国は武力でアフガニスタンでの戦争に勝とうという思いは捨て、タリバンとの和平合意を目指すべきだ。パキスタンの治安当局者が6日、こう訴えた。

     元陸軍将官でパキスタンの国家安全保障顧問のナセル・カーン・ジャンワ氏は、首都イスラマバードでの記者らとの会合で「アフガンと国民の苦難を終わらせよう。紛争に勝つのではなく、紛争を終わらせたい」と語った。

    5
    続き

    ユダヤ人救済の祝い、プリム

     イスラエルで生活していると、ユダヤ教やユダヤ人の歴史にちなんだ祝日が本当に多いことを実感する。子供たちは、休みの合間に学校に行くような感覚だ。

     ユダヤ暦アダル月14日に当たる3月1日、イスラエルの祝日の中で最も華やかな 「プリム祭」が全国各地で行われた。

    1
    続き

    中東混迷の原因は米前政権

     シリア内戦は、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討をほぼ終えた現在、共通の敵を追ってきた各勢力が相互にぶつかり合い、混迷を深めている。エジプト人識者らは一様に、その原因は、民主化要求運動「アラブの春」勃発時のオバマ米大統領の対応の誤りにあると指摘、イスラム組織「ムスリム同胞団」系政権を支援したオバマ氏を非難した。(カイロ・鈴木眞吉)

    1
    続き

    シリア内戦、流血と人道危機の拡大抑えよ

     シリア内戦でアサド政権が反体制派への攻撃を強めている。首都ダマスカス郊外の反体制派支配地域、東グータ地区ではアサド政権軍の空爆が連日続き、18日以降の犠牲者は500人を超えた。このうち子供は100人以上に上る。

     安保理が停戦決議採択

    1
    続き

    優しくて時間にルーズ

     エジプト人は天性が明るく、人懐っこい。生活が苦しくとも、冗談を言い合って吹き飛ばすたくましさも兼ね備えている。私はこの性格は、万年快晴に恵まれている天候に負うところが大きいのではと考えている。家族を思いやり、女性や子供を保護する姿勢、弱者に対する思いやりもとても強いと感じるときがある。

    0
    続き

    イスラエル、ハマスとの衝突が激化

     イスラエル軍は18日、パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム根本主義組織ハマスのテロ活動拠点など18カ所を攻撃したと発表した。イスラエル軍は、民間人を狙ったテロ活動への報復と発表、ガザをめぐってイスラエルとハマスとの衝突が激化している。(エルサレム・森田貴裕)

    0
    続き

    建国70年迎えるイスラエルと「中東」

     独南部バイエルン州のミュンヘンで開催された安全保障会議(MSC)の最終日(18日)、イスラエルのネタニヤフ首相が演説し、イランを激しく批判した。それだけではない。イスラエル軍が今月10日、同国空域に侵入したイランの無人機を破壊したが、その破片を檀上で示し、会場にいるイランのザリフ外相に向かって、「これは君のものだよ。イスラエルを試みる馬鹿げたことはするなと暴君に伝えたまえ」と述べた。その後、壇上に立ったイランのザリフ外相は、「イスラエル空軍こそ連日、シリアを空爆している。シリア空域に侵入したイスラエル戦闘機が先日、撃墜された。イスラエル軍の無敵神話はこれで消滅したよ」とやり返した。

    0
    続き