■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    任期折り返しの韓国朴政権 経済・安保で米中板挟み

     韓国の朴(パク)槿恵(クネ)政権が25日に任期折り返しを迎える。大型事故や大統領府の疑惑などで政権不信が募って以降、支持率は低迷したまま。外交では米中の2超大国との良好な関係をアピールするものの、経済と安全保障の利害がかみ合わず、その板挟みになっている。隣国である日本、同胞である北朝鮮とは関係改善の兆しが見られない。任期後半には総選挙(2016年4月)、大統領選(17年12月)が控えてお り、求心力低下がさらに進む可能性もある。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    日朝外相会談、金第1書記に「拉致」談判せよ

     岸田文雄外相は、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の外相会議で訪問したマレーシアの首都クアラルンプールで北朝鮮の李洙墉墉外相と会談した。日本人拉致問題の解決に向けた交渉が行き詰まる中、よりハイレベルで話し合うことは重要であり、これを被害者の一括全員帰国につなげなければならない。

     「自衛隊活動に限界」

    0
    続き

    ネット番組で「反日」を痛烈批判 朴韓国大統領の実妹、朴槿令氏

     韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の実妹、朴槿令(パククンリョン)氏(61)が4日夜に公開された日本のインターネット動画サイト「ニコニコ動画」の日韓問題特集のインタビューで、「日本の首相が替わるたびに謝罪を求め、隣人を責めるのは第三国から見て恥ずかしいことだ」などと述べ、歴史問題を蒸し返して繰り返し日本に謝罪を求める韓国政府の反日姿勢を痛烈に批判した。

     また槿令氏は50年前に父親の朴正煕(パクチョンヒ)元大統領が世論の反対を押し切り果たした日韓国交正常化について「国交正常化こそ生きる道と思って推進した父を誇らしく思う」とした上で、日本からの無償・有償援助が製鉄所や高速道路建設など、韓国経済発展の「原動力になった」と評価した。その上で慰安婦問題では「隣人を責め続けるのではなく、自らの手で(元慰安婦の)祖母や母を慰めて暮らしていくことが重要だ」と述べ、元慰安婦らへの補償や支援を韓国自らがしていく必要を強調した。

    0
    続き

    ドイツ統一25周年の教訓をどう生かすか

    韓国紙セゲイルボ

     先週、駐韓ドイツ大使はある国策研究機関で行った演説で、25年前ドイツ統一が可能だった3要因として、周辺国が独統一を支持、第2に東独住民が喜んで統一を選択、第3は西独政府が一貫した交流協力政策を推進した―ことだと述べた。

    0
    続き

    白昼に北朝鮮を逃げる幹部

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     北朝鮮の対外に向けての声明は虚勢を張った、弱者の恫喝(どうかつ)が見え見えのものばかりである。イランと米国など国連安保理常任理事国およびドイツとの核協議が最終合意に達したと伝えられる中、これを受けて北朝鮮側から今回もまた荒唐無稽で空虚な声明が出された。北朝鮮の宣伝用ウェブサイト「ウリミンジョクキリ(わが民族同士)」が、「いつになれば馬鹿げた夢から目覚めるのか」と題した記事で、「アメリカがわが国を脅かし、朝鮮半島で核戦争を起こすために執拗(しつよう)に策動を企てている。核放棄や非核化など寝言のようなことをいつまでほざいているのか」との、いつもながらの無味乾燥な常套(じょうとう)句である。

    0
    続き

    無窮花普及の風

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「鳥と獣は悲しく泣き、海と山も眉をひそめている/無窮花の世界は既に消え去ったのか/秋の灯火の下で本を閉じて千古を回想すると/人の世に識者の本分を果たすことは本当に難しい」

    0
    続き

    朴槿恵氏の実妹の異次元な「正論」

     少々、遅くなった感もあるが、やはり所感をまとめておきたい。韓国の朴槿恵大統領(63)の実妹、朴槿令氏(61)が日本から帰国直後、ソウルの金浦空港で韓国メディア関係者との取材の中で語った内容についてだ。産経新聞が詳細にその内容を報道していたが、同氏の返答が明確でズバリ正鵠を射ているので、「本当に韓国の大統領の実妹の考えか」と驚かされた。

     韓国問題のウオッチャーからは、「朴槿令氏は日韓関係で肯定的な発言を繰り返してきた人物で、その考えは既に知られている」といわれるかもしれないが、その発言内容はやはり新鮮であり、驚きだ。

    0
    続き

    不十分な北朝鮮の歴史と現実情報

    韓国紙セゲイルボ

     高麗王仁宗(インジョン)(在位1123年~46年)の命によって、金富軾(キムブシク)が「三国史記」を書いたのは、高句麗、新羅、百済の領地を統治することになった高麗王朝として、統一国家の政治を遂行する上で、各々異質だった地域と人に対して深層から理解する必要からだった。

    0
    続き

    北の「核保有国」化は容認できぬ

     イラン核協議の合意を受け、北朝鮮の核開発問題が世界の耳目を再び集め始めた。しかし、北朝鮮政府の高官らは相次いで核放棄を拒否する発言をしている。そこには核保有国の地位を世界に認めさせようという思惑がにじんでおり、国際社会は結束してこれを阻む必要がある。

     「遺訓事業」の核開発

    0
    続き

    臨機応変な実用主義で対日外交を推進せよ

    韓国紙セゲイルボ

     韓日国交正常化50周年記念行事に両国首脳が参加することで、韓日関係に解氷ムードが流れた。しかし、ユネスコ世界遺産登録では日本側が強制労働を認めず、対立が再発したことで、安倍晋三首相の戦後70年談話内容への期待感は引き下げられている。

    0
    続き

    瀋陽を思う

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     瀋陽は遼東の中心部だ。西に遼河、南に太子河が流れ、渾河は瀋陽を横切っている。三つの河の名前は外来語表記法に従って、それぞれリャオホ、タイツホ、フンホと呼ぶ。本当に複雑にしてしまった。地名、河の名前を全て中国語の発音だけで表記するので、わが国の歴史に登場する北方の地名は死語になりつつある。瀋陽(シミャン)、遼河(ヨハ)、太子河(テジャハ)、渾河(ホナ)…。こんな名前は韓国史の試験の時に1度ぐらい使う“試験用語”になってしまった。

    0
    続き

    波紋呼ぶ性的少数者の主張 韓国にも価値観多様化の歪み

     同性婚の認定を求める訴訟や性的少数者による都心での集会など、このところ韓国では同性愛者たちが声高に自分の主張をし始めている。一般的な国民情緒とは懸け離れ、伝統的な儒教精神や聖書の教えに真っ向から反するため宗教界の反発も根強いが、価値観の多様化でこうした動きに歯止めを掛けるのは容易ではなさそうだ。(ソウル・上田勇実)

    日刊紙の社説二分「流れに乗り遅れている」家庭と社会の規範破壊」

    0
    続き

    韓中協力は北朝鮮に焦点合わせて

    韓国紙セゲイルボ

     韓国の「ユーラシアイニシアチブ」と中国の「一帯一路」構想。両構想はユーラシア大陸を経略して経済発展を実現し、影響力を向上させるための試みという点で共通性を持つ。

     しかし、中国の一帯一路構想がアジアインフラ投資銀行(AIIB)の成功的スタートなどで本格化しているのに対して、ほぼ同時期に提案された韓国のユーラシア構想は具体的計画や進展がない。

    0
    続き

    支持率落ち込む第1野党・文代表の危機

    韓国紙セゲイルボ

     新政治民主連合の文在寅(ムンジェイン)代表の支持率が落ち込んでいる。韓国ギャラップが17日に発表した世論調査で、文代表は「うまくやっている」と評価した回答者が18%、「うまくできていない」(63%)の3分の1にしかならなかった。同党支持層の肯定評価も27%に終わり、地盤である湖南地域でも支持者が離れているのだ。文氏が党代表として迎えた最大の危機である。

    0
    続き

    月収3000ドル

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     近頃の子供たちはご飯を食べるのを嫌う。食膳の前に座るとまず駄々をこねる。「おいしいおかずが欲しい」と。もちろん全てがそうではないが…。穀物自給率24%、コメ自給率92%。これは何を意味しているか。ご飯をあまり食べないのにコメが不足するはずがない。昨年1人当たりの1日のコメ消費量は178・2㌘。1日に茶碗(ちゃわん)1杯のご飯も食べないのだ。

    0
    続き

    Homeland Security panel passes bill creating one anti-terror office テロ対策部署の新設求める法案が下院委を通過

    A key House panel passed legislation Wednesday that calls for the Homeland Security Department to create an office focused solely on countering violent extremism out of concern that the fractured program cannot effectively deter terror events from occurring within the U.S.

    0
    続き

    ギリシャに劣らなかった韓国の“悲劇”

    韓国紙セゲイルボ

     ギリシャに悲劇が続いている。アテネの中心シンタグマ広場。意味は「憲法」だ。先週初め、そこには「OXI(オヒ=ギリシャ語でノー)」でぎっしり埋まった。国際債権団が要求した緊縮案への反対票が多数を占めたことに歓喜した姿だった。

    0
    続き

    韓国のMERS騒動 政府の秘密主義が広める

     中東呼吸器症候群(MERS)が韓国で広がり、韓国政府の初期対応のマズさに批判が集中している。これに対して、大胆な分析が「月刊朝鮮」(7月号)に掲載された。「朴槿恵(パククネ)大統領が一般家庭の主婦だったら、まず何をすべきかが分かっていただろうに」という指摘だ。

    0
    続き

    清算される「486」世代 通用しないアマチュア政治

     韓国で「386世代」あるいは「486世代」と呼ばれ、学生時代に左派民主化運動に身を投じた世代は、いまでは社会の各層各分野で活躍する中心世代となっている。

    0
    続き

    対中THAAD外交で適切に対応する韓国

    韓国紙セゲイルボ

     THAAD(終末高高度防衛)に対する中国の憂慮に対し、韓国の対応は適切である。中国の憂慮は今年に入って常万全国防相(2月)、劉建超外交部長補佐(3月)、王毅外相(5月)らによって伝えられた。

     しかし、常国防相が朴槿恵(パククネ)大統領を表敬訪問した席では、THAADは一言も出なかった。これは中国の憂慮が実務次元に限定されることを暗示するものだ。

    0
    続き

    世論調査の政治

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     電話による世論調査のアルバイトをしたことがある。主に政治、社会の懸案に対する賛否を問うものだったが、日当がかなりよかったので同じ学科の女子大生に人気があった。ただ、守るべき条件があった。どこでどんなことをしたのかを外部に漏らしてはならないということだった。私たちは“韓国社会研究所”のような社会団体の依頼で調査していると回答者たちに説明したが、実際は文化観光部(部は省に相当)の調査だった。当時は政府の調査だというと、質問に答える人もいないし、率直な回答を聞くことも難しい時代だった。

    0
    続き

    安倍首相だけを指弾できない

    韓国紙セゲイルボ

     安倍晋三首相。なぜそんなにも頑(かたく)なに植民支配と日本軍慰安婦強制動員を謝罪しようとしないのだろうか。彼の歴史観は明らかに歪(ゆが)んでいる。

     だが、一つ考えなければならないことは、韓国がフランス、英国のような国力を持ち、ユダヤ人のような影響力を持っていたら、そのような傲慢な態度を取るだろうか、ということだ。

    0
    続き