■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    北代表団の金永南団長の“御奉公”

     韓国聯合ニュース日本語版が5日報じたところによると、北朝鮮は4日、平昌冬季五輪に金永南最高人民会議(国会に相当)常任委員長を団長に、団員3人、随員18人構成の高官代表団を9~11日に派遣すると表明した。金永南常任委員長はプロトコール上、国家元首に当たる。

    3
    続き

    北朝鮮の核・ミサイル技術、在ベルリン大使館が調達

    在ベルリン大使館が調達=北朝鮮の核・ミサイル技術-独情報機関(時事)

     ドイツの情報機関、連邦憲法擁護庁(BfV)のマーセン長官は、北朝鮮が在ベルリン大使館を通じ、核兵器やミサイル開発に必要な機材や技術を調達していたと明らかにした。5日放映の独公共放送ARDとのインタビューの抜粋が3日、公開された。

    7
    続き

    バチカン代表団「平昌開会式」に参加

     バチカン日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノ(2月1日)によると、韓国南部の平昌で開催される第23回冬季五輪大会の開会式(2月9日)にバチカン代表団が参加する。同代表団は5日から7日まで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会にもオブザーバーとして出席するという。

    10
    続き

    反日運動はケモノの論理

    米国在住の日系人で矢野 祥(やの しょう)という医学者がいます。 なんと9歳で大学に入り、13歳で医学部の大学院に入ったという秀才です。 IQは200もあるのだそうです。 妹もいて、やはり11歳で大学に入り、13歳で全過程を終了して卒業してしまいました。 両親は父が日系人、母が韓国系です。 何をいいたいのかというと、Koreanだから馬鹿にしてはいけないということです。

    16
    続き

    韓国が米の貿易報復で袋叩きにされる理由

     米国のセーフガード(緊急輸入制限措置)で韓国の洗濯機と太陽光パネルは関税爆弾を落とされた。韓国政府が米国に協議を要請した事実を世界貿易機構(WTO)に通知したが、米国との論戦で勝つことができるだろうか。

    4
    続き

    寒国平昌、南北なかよし運動会で五輪終 ②

    ● うらがあるおもてなし

     付近の飲食店では、韓国料理を海外に広め多くの客を効率的高回転で捌こうと「外国人向けに」立食形式にしたり、人気のカルビ料理の味付けを変えてみたりなど、いろいろな工夫をしている模様。

     私も焼肉を立ったまま食べたことはないので、期待に胸が膨らみます(棒)。

    3
    続き

    2030世代

     大学生の息子を通して2030世代(20代と30代)の認識に接したが、30年前の2030世代と大きく違う。社会の変化より個人の利益についてはるかに敏感だ。近ごろ首都圏出身の大学生の心理的な剥奪感が非常に大きいという。大学入試の選考で逆差別されたと思っているのだ。

    0
    続き

    最大の安保危機にも政治報復に狂奔する韓国

     李明博(イミョンバク)元大統領が、「(側近らに対する事情聴取を)盧武鉉(ノムヒョン)元大統領の死に対する政治報復」だと抗議すると、文在寅(ムンジェイン)大統領は、「怒りの心を禁じられない」と反撃した。以前「(李政権の)盧武鉉捜査は盧政権に対する敵対感から始まった政治報復だ」と非難した文大統領が、報復論議を呼ぶ当事者に変わったのだ。

    2
    続き

    “美女軍団”の思い出

     平昌冬季五輪に合わせ韓国に来る予定の北朝鮮女子応援団、いわゆる“美女軍団”を記者が最初に密着取材したのは赴任1年目の2005年にあった仁川アジア陸上大会だった。

    0
    続き

    北朝鮮と“無限核競争”

     国際社会では国連安全保障理事会の常任理事国5カ国だけに核保有が認められ、これ以外の国の核保有はNPT(核拡散防止条約)によって禁止されている。

     しかし、インド、パキスタン、イスラエルは既に核保有国家であり、北朝鮮も事実上の核保有国である。米国務省は北朝鮮を核保有国と認定はしていないが、米国防総省は核保有国として受け止めているというのが事実である。いわば、「ダブルスタンダード外交」路線である。

    4
    続き

    慰安婦像近くに徴用工像も、在ソウル日本大使館前

     戦前、日本に強制徴用されたとされる朝鮮半島出身者の追悼碑を在ソウル日本大使館前にある慰安婦像の近くに設置する計画が進められている。日韓「慰安婦」合意の事実上の見直しを宣言した文在寅政権の下、韓国側では未来志向に逆行する動きに歯止めがかからない。 (ソウル・上田勇実)

    3
    続き

    平昌五輪とその後の情勢

    元統幕議長 杉山 蕃

     平昌五輪が旬日に迫り、朝鮮半島では南北閣僚級会談を通じ、双方の思惑を込めた交渉が行われ、帰趨(きすう)が注目される。今回は会談合意内容とともに、五輪後の展開について所見を披露したい。

    3
    続き

    平昌五輪に来る北朝鮮「美女応援団」の謎に迫るも突っ込み不足の新潮

     2月9日から韓国で平昌冬季オリンピックが始まる。韓国はもとより日本のメディアもそうだが、五輪の事前報道は「南北統一チーム」や「美女応援団」ばかりで、肝心のスポーツの祭典、記録への期待、などアスリートへのリスペクトは後ろへ追いやられている感がある。

    4
    続き

    純粋なスポーツ精神と思えない北朝鮮の五輪参加

     平和の祭典オリンピックで分断国家が単一チームを構成して参加したのは1956年イタリアのコルチナ・ダンペッツォ冬季五輪の東西ドイツが初めてだった。

     国際オリンピック委員会(IOC)加入を望む北朝鮮は1963年スイス、ローザンヌのIOC本部で開かれた南北体育会談で団歌を「アリラン」に決め、旗はIOCが提示した「五輪マークの下にKOREA表示」で同意したが、単一チーム構成は失敗に終わった。

    1
    続き

    北朝鮮の五輪参加、融和戦術に惑わされるな

     韓国・平昌で来月9日、開幕する冬季五輪に北朝鮮が選手団のみならず応援団や芸術団など総勢数百人を送り込んでくることが決まり、連日、その話題でにぎわっている。だが、本来の競技に対する関心をよそにいわゆる「美女軍団」の動向ばかりに目を奪われかねない状況は望ましくない。融和戦術で韓国はじめ国際社会を惑わそうとする北朝鮮の思惑通りに事が運ぶのを許してはならない。

    韓国・文政権が大幅譲歩

    5
    続き

    最初に名乗り出た金学順は本当は慰安婦ではなかった。違法売春婦であった

     慰安婦問題は終戦から46年も経た1991年から始まっている。それまでは慰安婦の慰の字もでなかった。それなのに今では韓国政府が深刻な問題として考えるくらいに政治問題になっている。

     慰安婦は性奴隷であったと韓国、日本、世界に広める目的で1991年に韓国挺身隊問題対策協議会は結成されたが、挺対協が最初に登場させたのが金学順であった。しかし、金学順が本当は慰安婦ではなかった。彼女は日本兵相手の違法売春婦であった。

    29
    続き

    女子大危機論

     キム・ホソン誠信女子大総長(男性)が大学改革方案の一つとして“男女共学への転換”の意向を示唆した。

     女子大は受験生の半分だけを対象に学生を選ぶ『受験生の募集』から始まって、女子大出身は社会的な差別により『就職』において構造的な不利益を被るというのだ。誠信女子大だけの悩みではない。女子大全体の悩みであり、これは“女子大危機論”の反映だ。

    1
    続き

    度を越した“南北共同路線”

     北朝鮮の平昌冬季オリンピック参加宣言以後、文在寅政府の“平和もの乞い”が度を越している。まず、正体不明な朝鮮半島旗で南北共同入場というのは、主催国がその国旗を掲げられないという事態を招いた。正統性の毀損(きそん)という話まで出てくる。

    2
    続き

    五輪後に再び危機モードに 北朝鮮情勢で米専門家

     ブッシュ(子)元米政権で国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長を務めたマイケル・グリーン戦略国際問題研究所(CSIS)日本部長は23日、北朝鮮が平昌冬季五輪に参加することで対話ムードが広がっているが、核問題の解決につながる「ターニングポイントになる可能性は低い」とし、「春か夏には再び厳しい状況に戻るだろう」との見通しを示した。ワシントンの同研究所で報道陣に語った。

    2
    続き

    北の脅威・ミサイルよりも結核菌

     草津白根山が突然噴火しました。災害時に国民を守るために訓練していた自衛官が、噴石にあたりお亡くなりになったという報道がありました。 お亡くなりになった自衛官とそのご家族に、心よりお悔やみを申し上げます。ケガをされた方々も早いご快癒を願っております。

    昨日、大雪の中、第196通常国会が開会されました。 安倍総理は施政方針の中で、

    3
    続き

    【PTV RADIO:007】慰安婦像は“韓国の恥”、安倍首相は平昌へ行くのか?

     元韓国国防部北朝鮮分析官で現拓殖大学客員研究員の高永喆氏に慰安婦問題、平昌冬季五輪、文在寅政権、東アジアの安全保障、北朝鮮問題などを聞いた。 (対談の音声を公開!)

     

     

    ———————————->> 本記事音声(iPhone用アプリで再生)

    Podcast: Play in new window | Download

    Subscribe: iTunes | Android | RSS

    8
    続き

    効果疑問な国連対北経済制裁

    日本大学名誉教授 小林 宏晨

     国際関係ではこれまで戦争に代わってたびたび経済制裁が行われているが、その効果は極めて疑わしい。アメリカの対キューバ経済制裁、欧州連合(EU)の対ロシア経済制裁、そして国連安保理の対北朝鮮経済制裁しかりである。国連に限定して問題を検討しよう。

    1
    続き

    オリンピックが韓国の私物化!南北融和?そんなことありえない。

     韓国と北朝鮮が断続的に南北対話を行なっているけど、本当に「勝手に何をやってんの?」という感じ。

     同じ民族である北朝鮮を放って置けない韓国左派やその代表である文大統領の気持ちもわからないわけではないが、あまりにも唐突すぎて、国際社会から顰蹙を買っていることに気付いていないことが不思議である。

    6
    続き