■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    実りの秋は来るのか

     金正恩・朝鮮労働党委員長が「秋には実りを持って『秋が来た』という公演をソウルで開催しよう」と言った。一昨日、東平壌大劇場で開かれた韓国芸術団の公演『春が来る』を観覧した後に、語った言葉だ。秋という“デッドライン”を示した。ソウル公演を観覧するために来るだろうという韓国側の期待感まで煽(あお)っておいた。

    1
    続き

    超強硬派ボルトン氏起用を受けて

     トランプ米大統領は国家安保問題補佐官としてボルトン元国連大使を選んだ。それも歴史上初めての北朝鮮指導者との会談を予告した時点でだ。北に対する軍事的攻撃も排除しない超強硬派ボルトンの登場に“韓半島のチェス盤”がにわかにせわしくなっている。

    1
    続き

    南北首脳会談で北の人権問題を

     今月27日には第3回目の南北首脳会談が板門店の韓国側「平和の家」で開かれる。来月末までには米朝首脳会談が初めて開催される予定だ。両首脳会談の主要課題は北の非核化である。韓国からの情報によれば、文在寅大統領は北朝鮮の金正恩労働党委員長との間で「非核化宣言」を発表したい意向だという。

    4
    続き

    活発化した北朝鮮の外交を考える。

     北朝鮮はCHINAと仲が悪いと聞いていました。

     今回のアメリカの軍事作戦に伴い北朝鮮に鴨緑江を超えて軍事侵攻するのもCHINAの人民解放軍の可能性が高いと聞いていました。

     北朝鮮はロシアとの関係を密に、CHINAとの関係を疎にしていたのですが、今回大幅に路線を変更してきたようです。

    89
    続き

    北は“リビア方式”の非核化を拒否

     韓国聯合ニュース(日本語版)が30日、韓国大統領府の高官筋として報じたところによると、「北はリビア方式の非核化には応じる考えはなく、あくまで補償と支援との交換で実施する意向」という。すなわち、米国が何らかのオファーを出したら、それに呼応して北側は非核化を進めていくというわけだ。金正恩労働党委員長は訪中の際、中国の習近平国家主席に対し、非核化はあくまで「段階的、同時進行」で実施すると、「行動対行動」の原則を強調していた。その発言内容を裏付けるものだ。

    1
    続き

    金正恩氏の留守中「誰」が平壌を管理

     北朝鮮の金正恩労働党委員長は25日から28日、2011年の実権掌握後初の外国訪問として中国を非公式訪問した。北朝鮮発の特別列車が北京に到着した時、誰が乗っているかで国際メディアはスクープ合戦を展開したが、ホスト国・中国国営新華社通信が28日、金正恩委員長の中国訪問を公式発表してその謎解きは幕を閉じた。

    4
    続き

    北朝鮮との核交渉には「プランB」も用意せよ

     米朝首脳会談をよく「世紀の会合」というが、不確定要素が多く、条件はそれほど良くない。北朝鮮は米朝首脳会談や非核化に関する公式の見解を出しておらず、朝鮮中央通信は「全てのものが開始にすぎない」と言っている。4月1日から始まる韓米合同演習の日程発表にも何の言及もない。

    1
    続き

    金正恩氏訪中、問われる「非核化」の本気度

     北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が25日から28日まで電撃的に訪中し、中国の習近平国家主席と首脳会談を行った。金氏は「朝鮮半島の非核化に尽力する」と語り、来月27日に実施される南北首脳会談と5月末までに開催予定の米朝首脳会談に向け意欲を示した。北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射など武力挑発を自制し、対話路線に転じたことは幸いだが、金氏が言う「非核化」の真意にはなお疑いの目が向けられている。

     条件付き「半島非核化」

    2
    続き

    皇太子殿下と韓国首相の「接触」というか、「挨拶」

    会員学生の皆さん、こんにちは。

     皆さんは、北朝鮮の人口ってご存知ですか? ちょっと調べてみたのですが、まず

    韓国の人口は、5125万人    うちソウルに986万人(2015年) で、 北朝鮮人口は 2537万

    とのこと。

     つまり、日本は韓国人口の倍いて、韓国は北朝鮮の倍くらいいる、ということです。 南北合わせても日本の人口の4分の3程度、ですね。

     え? 何? え? ちょ、ちょっといたたた!

    4
    続き

    鉄鋼王・朴泰俊氏の夢

     時価総額28兆ウォン(約2・7兆円)、従業員1万6500人。韓国企業で初めてニューヨーク証券取引所に上場し、米国の投資家ウォーレン・バフェット氏が投資価値を認めた企業。浦項市民の60%に影響を及ぼす会社。軍人だった朴泰俊氏が誕生させて今年4月に創立50周年を迎えるポスコ(旧浦項製鉄)の実績だ。

    0
    続き

    13年前にも囁かれた北の甘言

     北朝鮮が核兵器保有を宣言すると、鄭東泳統一相(当時)が2005年6月17日、特使として平壌にすっ飛んで行って金正日国防委員長(総書記)に会った。

    0
    続き

    米朝会談前に中国つなぎ留め

    解説

     北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が電撃的に訪中し、習近平国家主席と会談した背景には、来月末に予定されている南北首脳会談と5月末までに開催予定の米朝首脳会談に向け、両国が急速に動きだした朝鮮半島情勢をめぐり直接会って擦り合わせが必要になったという事情がありそうだ。

    2
    続き

    「吉田氏の名前消去は韓国が嘘認めた証拠」 慰安婦石碑めぐり奥茂治氏

     韓国・天安市の国立墓地「望郷の丘」に故吉田清治氏が建立した“慰安婦の強制連行”を謝罪する石碑(以下、謝罪碑)に無断で別の文言を貼り付けたとして、今年1月に韓国の地裁で懲役6月、執行猶予2年の判決を受けた元自衛官の奥茂治氏(70)は27日、「奥茂治を支援する会(佐藤和夫代表)」が東京で開催した帰国報告会で講演した。

    15
    続き

    「不幸な国民」の後ろ姿は見えるか

     韓国紙中央日報(日本語版)は23日、社説で第17代大統領だった李明博元大統領の逮捕について論評していた。そして最後に、「法を守ると宣誓した大統領が退任後に拘置所へ向かう悲劇が繰り返されている。韓国社会もいつまでこのような『不幸な大統領』たちの後ろ姿を見守るべきか考えなければならない」といつもの嘆き節で記事を閉じた。

    2
    続き

    最前線部隊の遊び場論争

     先日、ソウルの知人宅に遊びに行ったら除隊したての息子さんがいた。配属先は北朝鮮に近い江原道だったというが、最前線近くにいた緊張感から解かれたという安堵感は感じられず、それより病院で取ってもらった顔のホクロの跡をいじりながら就活をしきりに気にしていた。韓国では軍服務を終えてこそ一人前になると言われたが、服務期間が短縮されたり優しい上官が増えたりして「男を上げる」間もなく除隊を迎えることも多いようだ。

    0
    続き

    韓国財界・市民団体、南北交流・協力に前のめり

     先月の平昌冬季五輪で北朝鮮が微笑外交を展開したことを契機に朝鮮半島に融和ムードが広がる中、韓国では財界や市民団体などが北朝鮮との経済協力や文化交流を再開させる動きが出始めた。北朝鮮が武力挑発路線を放棄しない限り、交流・協力は制裁の無力化につながる公算が強いが、これを戒める声はあまり聞かれない。 (ソウル・上田勇実、写真も)

    2
    続き

    「北」の非核化か「朝鮮半島」の非核化か

     「北朝鮮の金正恩労働党委員長は訪朝した韓国特使団(団長・鄭義溶大統領府国家安保室長)に非核化の意思のあることを初めて明らかにした」というニュースが大きく報じられた。韓国では北の非核化が核実験を含む稼働中の寧辺核関連施設の全面的停止を視野にれたものと早合点して歓迎する声が聞かれたが、金正恩氏は果たして“北の非核化”に言及したのか、それとも“朝鮮半島の非核化”を示唆したのだろうか。この辺のニュアンスは訪朝の韓国特使団の報告では明確ではない。

    0
    続き

    韓国・李氏逮捕、常軌逸する前・元大統領叩き

     韓国の李明博元大統領(76)が巨額の収賄容疑などで検察当局に逮捕された。大統領経験者の逮捕は全斗煥、盧泰愚両氏と朴槿恵前大統領に続き4人目。特に現職だった朴被告が昨年3月、弾劾・罷免後に逮捕されたばかりという異例の事態だ。約9年続いた保守政権から交代した革新系の文在寅政権による政治報復との見方が出ている。

     盧武鉉氏自殺で敵愾心

    3
    続き

    韓国市場攻略進める中国グローバル企業

     「モバイク、微信、滴滴出行」。わずか2、3年前には見慣れなかった用語がいまや韓国の日常生活の中に深々と食い込んでいる。

     3年前誕生したシェア自転車の「モバイク」はグローバル共有自転車の巨人に成長した中国企業。企業価値が1兆ウォン以上だと伝えられている。

    0
    続き

    トラック1.5対話

     米財務省がバンコデルタアジア(BDA)の北朝鮮資金2400万㌦を凍結させた後、米朝間の対話が断たれていた時のことだ。米国の非営利民間団体コリアソサエティーのエバンズ・リビア会長が仲介して北朝鮮の金桂冠外務次官が2007年3月、ニューヨークを訪問した。クリストファー・ヒル国務次官補、キャサリン・スティーブンス駐韓大使と会った。米国は“トラック1・5(半民半官)”対話だと言っている。金外務次官は国務省が提供した儀典車両で首相クラスの警護を受けた。リビア会長は「ジョージ・ブッシュ政権の任期内に関係正常化は不可能だとみる理由はない」と述べ、最高の交渉だと評価した。北朝鮮はBDAに凍結されていた秘密資金を取り戻したが、その前提条件だった核査察はうやむやになった。

    1
    続き

    大統領汚辱の歴史に終止符を

     李明博元大統領が収賄、横領・背任、職権乱用など約20件の疑惑を受けて検察に召還され調査を受けた。大統領汚辱の歴史を再び目撃した国民の心は惨めだ。世界にこうした大統領残酷史を持つ国はどこにもない。李氏は検察庁に入りながら、「歴史で今回のことが最後になればいい」と語った。

    0
    続き

    “パリパリ”でノーベル賞受賞は無理!

     韓国民族の民族性を適切に表した言葉に「パリパリ(早く早く)」という韓国語がある。パリパリが効果をもたらすこともあるが、そうでない場合も少なくない。ましてや、ノーベル平和賞を受賞しようとパリパリしても無理があるばかりか、相手側から反発を買うことにもなる。

    1
    続き

    正恩氏に核放棄の意思なし

    米コラムニスト マーク・ティーセン

     トランプ大統領がマイク・ポンペオ氏を国務長官に指名し、今後、承認手続きが進められる。北朝鮮の独裁者、金正恩氏との会談を控えるトランプ氏に間もなく、信頼できる助言役ができる。ポンペオ氏がまずしなければならないことは、交渉に臨むトランプ氏に、北朝鮮は交渉の場で核兵器を放棄するつもりはないことを理解させておくことだ。

    17
    続き