■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    ほんの数十センチの距離だったが、この距離を埋めるのに何十年かかったことか

    南北朝鮮のトップが今日お互いに国境を越えて、相手の国の領土に足を踏み入れた。

    百聞は一見に如かず。

    どんな論評も、今日の両国首脳のパフォーマンスの前には殆ど意味がないだろう。

    今日のこの日を迎えるまでに、長い年月が過ぎている。 今日のこの日を迎えるまでに、実に多くの血が流されている。

    この先、何が待っているかを読むことは出来ないが、南北朝鮮にとって今日は歴史に残る一日になったことは間違いない。

    1
    続き

    金正恩氏と文在寅大統領の「舞台劇」

     体制、国体の違いはあるが南北両国民はドラマが好きだ。北の国民は韓国のTVドラマを密かに観、韓国民は南北分断の痛みを抱える民族の主人公になった気分でドラマを観、また自身も演じる。ドラマは演出家と俳優が心を合わせて舞台作りをすれば、それを見る人々を感動させ、笑いと涙を誘うものだ。

     ひょっとしたら、南北首脳会談も同じように一幕の舞台劇だったかもしれない。ただし、18年前の初演や11年前の再演との違いは、3回目の今回は、演出効果を計算した様々な書割がこれまで以上に工夫されていたことだ。

    0
    続き

    払拭できぬ偽装平和の疑い 高永喆氏

    拓殖大主任研究員 高永喆氏

     首脳会談は予想した通りの結果だった。南北関係改善や交流増進に向けた合意はあったが、最大の焦点である非核化問題で、金正恩委員長は「完全かつ検証可能、不可逆的な核廃棄」(CVID)に全く言及しなかった。

    2
    続き

    北を代弁した文在寅大統領

    解説

     今回の南北首脳会談では国際社会共通の弊害である北朝鮮の核・ミサイル開発問題で金正恩氏をたしなめ、正常国化に歩み出すよう促すべき韓国の文在寅大統領が、それとは逆に中途半端な北朝鮮の非核化を高く評価し、制裁の最中で口にしないはずだった北朝鮮への事実上の経済協力まで共同宣言に盛り込んだ。あたかも北朝鮮の立場を代弁するような低姿勢であり、改めて文政権の親北朝鮮ぶりが“発揮”されたと言うしかない。

    1
    続き

    韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮…

     韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による南北首脳会談が板門店で開かれ、共同宣言が発表された。6月初めまでに開かれる米朝首脳会談を前に融和ムードが高まっている。しかし、肝心の北朝鮮の非核化への具体的見通しは不透明なままだ。

     北朝鮮の核・ミサイル問題での米国や日本、韓国とのやりとりを見ていると、野球の投手と打者の対決に似ていると思う。正恩氏は、剛速球は投げないが打者との駆け引きに長け、コントロールが巧みで腹の座った投手といったところか。

    1
    続き

    朝鮮半島完全非核化で合意―南北首脳が「板門店宣言」

     【高陽(韓国北西部)上田勇実】 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日、南北軍事境界線にある板門店の韓国側施設「平和の家」で第3回南北首脳会談を行い、「朝鮮半島の平和繁栄、統一のための板門店宣言」に署名した。両首脳は宣言で焦点だった北朝鮮の非核化について「完全非核化」を約束しながらも、北朝鮮の措置が確認できない内容にとどまった。一方、年内に朝鮮半島の終戦宣言を目指し、休戦協定を平和協定に転換させるため韓国、北朝鮮、米国の3者かこれに中国を加えた4者による会談を推進することで合意した。

    5
    続き

    「平和繁栄の出発点に立った」金正恩氏

     【高陽(韓国北西部)上田勇実】  韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による第3回南北首脳会談が27日午前10時15分ごろ、南北軍事境界線にある板門店の韓国側施設「平和の家」で始まった。

     会談冒頭、金委員長は「平和繁栄、北南(南北)関係の新しい歴史が刻まれる瞬間に、こうした出発点に立ち、のろしを上げる気落ちでこの場に来た」と述べた。また「以前繰り返したように原点に戻って履行できない結果を招くよりは、未来を見つめて手を取り合って歩んでいく契機にしよう」と呼び掛けた。

    1
    続き

    金正恩氏、笑顔で文大統領と握手

     北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日午前、この日開かれる第3回南北首脳会談に出席するため韓国との軍事境界線上にある板門店に姿を現し、韓国の文在寅大統領と握手を交わした後、韓国側に徒歩で入った。朝鮮戦争(1950~53年)で南北分断が固定化して以降、北朝鮮のトップが韓国の地を踏むのはこれが初めて。

    10
    続き

    韓半島統一の機会なら逃すべきでない

     私たちがよく見る韓半島が中心にあって両側に大陸が広がっている世界地図は安定感と均衡感を与える。地図の上下をひっくり返してみれば、太平洋とインド洋が韓国の前庭のように見え、「韓国が世界の中心だ」というスローガンがもっともらしく聞こえる。

    1
    続き

    2018南北首脳会談 映像

    南北首脳会談、文在寅大統領、金正恩委員長 板門店 映像(韓国大統領府)

    0
    続き

    半導体戦争

     アリババは中国最大の電子商取引会社だ。英語の講師だった馬雲(ジャック・マー)が創業した。馬雲は1964年、浙江省杭州市で生まれた。そんな因縁のためなのか、アリババは杭州の半導体企業を買収した。買収した企業はC-SKY(中天微)だ。この事件をめぐって世界の半導体業界に緊張が走った。“半導体戦争”を告げる信号弾であるためだ。

    1
    続き

    文在寅大統領へ淡い期待を込めて

     韓国の文在寅大統領と北朝鮮労働党の金正恩委員長の南北首脳会談が27日、南北軍事境界線にある板門店の韓国側の「平和のハウス」で開かれる。

     南北首脳の会談は2000年6月(金大中大統領・金正日総書記、平壌)、2007年10月(廬武鉉大統領・金正日総書記、平壌)に次いで今回が3回目だが、北側指導者が韓国領土に入るのは南北分断後、初めて。6月初めまでにはトランプ米大統領と金正恩委員長が歴史上初の米朝首脳会談を開くことになっている。その意味で、南北首脳会談は米朝会談の“前座”とみる向きもあるが、南北首脳会談が成功しない場合、米朝首脳会談の開催は考えられない。北の非核化を含む朝鮮半島の行方を左右する重要な首脳会談だ。韓国大統領府は、金正恩氏には国賓級ゲストのプロトコールに従って歓迎するという。

    4
    続き

    準国賓待遇の金正恩委員長、礼砲や国歌演奏は省略か

     韓国大統領府は金正恩労働党委員長に国賓に準ずる優遇をする見通しだ。分断後、北朝鮮最高指導者としては初めての韓国訪問という象徴性があることに加えて、韓半島平和定着の重大な転機になる今回の首脳会談の相手である金委員長に会談の内容とは別に、客を迎える礼は尽くすという意味だ。

     南北は23日、首脳会談のための関連実務会談で、首脳会談当日の公式歓迎式と歓迎晩餐(ばんさん)を開くなど細部日程で合意した。

    0
    続き

    南北、米朝首脳会談 北はベトナム式統一を狙う?

     43年前の4月、ベトナム、カンボジアの戦争で共産側が勝利し、インドシナ共産主義半島が成立した。今年、その記憶がいつも以上に気になる。27日の南北朝鮮、その後の米朝の首脳会談に臨む北朝鮮の究極の狙いが、「ベトナムコース」と重なって見えるからだ。

    4
    続き

    盛衰多き韓国国産車

     その国の経済レベルを推し量るには走っている国産車を見れば分かるとある韓国人から聞いたことがある。1台の車には技術の粋が結集されているからだろう。その意味で韓国の場合、記者が初めて訪れた二十数年前から比べ現在は隔世の感だ。何せ90年代前半当時、韓国二大自動車メーカーの一角だった「大宇(デウ)」の大型セダンを運転し、スピードを出すと飛んで行ってしまいそうなボディーのちゃちさに驚いたものだ。今は日本車に引けを取らない品質とデザインを誇る。

    0
    続き

    北の核・ICBM実験中止宣言、本音透ける非核化ショー

     北朝鮮は先日開かれた朝鮮労働党中央委員会第7期総会で4月21日から核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を中止し、北東部の豊渓里核実験場を廃棄することを全会一致で採択した。27日の南北首脳会談と6月初めまでに開かれる見通しの米朝首脳会談を前に、非核化に向け具体的に歩み出したことを国際社会にアピールする狙いとみられるが、北朝鮮の真意に疑問を投げ掛ける声は少なくない。 (ソウル・上田勇実)

    4
    続き

    非核化の“どの工程”から制裁解除?

     北朝鮮の金正恩労働党委員長は20日、朝鮮労働党中央委員会総会で核実験と中長距離弾頭ミサイルの試射中止を表明し、過去6回の核実験を実施してきた北東部、豊渓里の核実験場を廃棄すると述べた。  朝鮮中央通信が配信した上記のニュースが世界に流れると、北の戦略路線の大転換と歓迎する声が支配的だ。

    0
    続き

    北の核実験中止、非核化への本気度が見えない

     北朝鮮が核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射の中止を決定した。北部・豊渓里の核実験場の廃棄も決めた。

     しかし、金正恩朝鮮労働党委員長は非核化には言及しなかった。日本を射程に入れる中・短距離の弾道ミサイルの放棄にも触れていない。小野寺五典防衛相が「これでは不十分だ」と述べたのは当然だ。

     「核保有」は譲らず

    6
    続き

    成果主義より地域特性生かした観光政策を

     国内外の旅行に出掛ける人が増えるとともに、その目的も多様化している。しかし、地方自治体などでは観光対策として予算をつけて新しい施設を造ることだけに汲々(きゅうきゅう)としているのが現状だ。結果、同じような施設が全国各地に造られ、観光客は変わり映えのしない風景を見させられることになる。このような“観光開発流行”は旅客数等の成果にだけ執着する行政便宜主義的思考に起因する。

    0
    続き

    金正恩独裁体制が生き残る道は一つだけ、それを習近平が握っている

    北朝鮮問題で注目するべきはCIA(中央情報局)のポンペオ長官が、極秘で北朝鮮を訪れ、金正恩委員長と面会したことである。ポンペオ長官はトランプ政権で次期国務長官に指名されているトランプ米大統領の「腹心」と評価される人物である。ポンペオ長官が金正恩と会ったということはトランプ政権と金正恩政権の交渉がかなり煮詰まっているということである。

    個別の専門的な交渉は米国政府の北朝鮮担当チームが北朝鮮の幹部と直接やる。交渉によって合意が煮詰まった状況になったらポンペオ長官のようなトップが合意の確認をするために北朝鮮のトップ金正恩と会う。それが国家間の交渉の基本である。ポンペオ長官が金正恩と会ったことに大きな意義がある。

    0
    続き

    韓国大使が避けた「不都合な事実」

     駐オーストリアのシン・ドンイク韓国大使(Shin Dong – ik)が最近の南北接近と今後の朝鮮半島の見通しについてオーストリア代表紙プレッセ(4月17日付)に寄稿していた。記事のタイトルは「歴史的転換への大きなチャンス」だ。

    4
    続き

    使われなくなる「未亡人」

     「未亡」とは、夫が死んだ時に後を追って死ぬことができず、独りだけ生き残っていることを意味する。未亡人は夫を亡くした夫人が自分を低めて呼ぶ言葉だ。古代の北方民族の「殉葬」文化から始まったものと推測される。中国春秋時代の魯の学者、左丘明が著したとされる『春秋左氏伝』で初めて使われた。楚の宰相、子元が先王(兄である文王)の夫人を誘惑しようと、宮殿の横で「萬」という踊りを踊らせたが、夫人が「先王はこの踊りで軍事訓練を行ったのに、今は未亡人の傍らでこんなことをするなんて、おかしくありませんか」と語ったというのだ。

    0
    続き

    米大学「韓米研究所」閉鎖の衝撃

     小説家パール・バック。幼い頃中国に行き18歳まで暮らした。小説『大地』『西太后』『東の風・西の風』は中国を背景にしている。歴史学者ジョン・K・フェアバンク。西欧の東洋史学者第1世代で、1930年代、北京の精華大学で講義した。ハーバード大初の中国史教授である彼の『東洋文化史』は古典である。『中国の赤い星』を書いたエドガー・スノー。22歳で中国に行き12年間記者生活をした。毛沢東に直接会った。

    1
    続き