■連載一覧
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 平壌共同宣言の波紋
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 2018/10/15
  • 2018/10/04
  • 2018/9/26
  • 2018/9/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    「白頭から漢拏」への統一企て

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     韓国で青春時代に徹底した反共=反北朝鮮教育を受けた者にとって、最近の文在寅政権の「親北融和政策」に戸惑っていると前回書いたが、今回もその続きである。

    0
    続き

    宋がたどった滅びの道を警戒せよ

     南北経済協力の動きが速い。平壌共同宣言で推進することにした南北鉄道連結と北朝鮮鉄道の現代化を年内着工するという。言うは易いが、国連制裁対象ではないのか、資金はどうするのか…と、問題は乱麻のように絡まる。

    1
    続き

    “伝書鳩”が運ぶフェイクニュース

     前回の米大統領選ではロシアからのフェイクニュースが大きな問題となったが、11月の米中間選挙ではロシアではなく、中国がサイバー攻撃を仕掛けているという。狙いは貿易戦争を仕掛けてきたトランプ大統領の次期大統領選出馬を拒むことだ。

    2
    続き

    韓国の対北融和、擁護では非核化達成できない

     韓国の文在寅大統領が海外メディアとのインタビューで、非核化に取り組んでいる北朝鮮の努力に国際社会は応じるべきとの見解を示した。2回目の米朝首脳会談を前に双方の協議が難航していることからも推察できる通り、北朝鮮が本気で非核化に踏み出したとはまだ確認されていない。韓国が現段階で北朝鮮を擁護するのは時期尚早だ。北朝鮮に非核化を迫る国際社会の連携を乱すものでしかない。

    楽観的な文在寅大統領

    3
    続き

    AIロボット導入の是非

     近年、韓国でも人工知能(AI)による技術革新など来るべき第4次産業革命への備えがさまざまに語られるようになった。

    1
    続き

    韓国政府が北に忖度? 制裁解除を示唆

     韓国政府が2010年から北朝鮮に科している独自制裁「5・24措置」の解除を示唆し波紋が広がっている。北朝鮮の完全非核化を見届ける前に対北制裁の解除に踏み切る考えをにじませたもので、保守派は強く反発している。 (ソウル・上田勇実)

     文在寅大統領は12日、大統領府で英BBCのインタビューに応じ、「北朝鮮の非核化がある程度の段階に達すれば、経済制裁を徐々に緩和していくことも検討すべき」と述べた。

    1
    続き

    金永南氏が漏らした本音

     仲間同士ではつい本音が出てしまうものだ。内輪の話となるからだ。北朝鮮の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長が漏らした一言は、北朝鮮の本音と、韓国の誰が“仲間”なのかを図らずも暴露してしまった。「月刊朝鮮」10月号(電子版)が伝えている。

     金永南委員長は10月5日、平壌人民文化宮殿休憩室で、南側訪問団(与党共に民主党議員ら)と面会、「統一偉業成就に南側の同胞も力を合わせて、保守打破運動に…」と発言したのだ。

    0
    続き

    韓国抜きでも軍事訓練 北に核リスト提出迫る米

     9月19日の平壌共同宣言は関係国が注目していた「北の非核化」ではなく、南北の軍事的緊張緩和に重点が置かれていた。後日、東京で行われた国慶日(韓国建国記念日)のパーティーで李洙勲(イスフン)駐日韓国大使は、「不可侵条約に相当する」と胸を張った。

     共同宣言は非武装地帯と日本海側、黄海側での軍事行動を制限している。だが、ここでの軍事行動は韓国軍単独で行われるものではなく、まして非武装地帯の共同警備区域(JSA)は国連軍の管轄下にあり、韓国が独自に決定できるものではない。

    1
    続き

    売国奴を国のトップに据えた悲劇!

    韓国の文大統領の暴走が止まりません。

     どんどん北に近寄っているとしか思えない方向に舵を切り続けています。

     先日行われた釜山での国際観艦式でも、日本やCHINAなどの不参加国が出る中、アメリカは堂々と軍艦旗を掲げて参加しています。

    11
    続き

    韓米FTA再協議の批准に反対する理由

     韓米自由貿易協定(FTA)再協議の結果が国会の批准同意を控えている。基本的に不満が残る部分は、追加譲歩が相互貿易の拡大均衡を実現するものではなく、むしろ弱い産業の行き過ぎた保護に重点が置かれた合意であるという点だ。

    0
    続き

    海の向こうの70歳定年

     冠岳山(ソウル市南方の京畿道との境界にある山)の南側の稜線を上ると大きな岩が出てくる。誰かが岩に「鏡明」と名前を付けた。鏡に曇りがないという意味だ。その岩に座るたびに考えた。「どうして明鏡と言わなかったのだろうか」。唐の禅僧、六祖大師・慧能曰く「悟りは最初から植えられたものではなく/“曇りのない鏡”は支えの台ではない/もともと一物すらないのだ/どこに塵やほこりがあろうか」。曇りのない鏡は明鏡だ。明を修飾語として使えば明鏡で、述語として使えば鏡明だ。

    0
    続き

    「東洋のエルサレム」から法王招請

     バチカン・ニュースは9日、韓国の文在寅大統領が今月18日にバチカンを訪問し、フランシスコ法王に謁見する際、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の「フランシスコ法王への訪朝招請」を伝達すると速報した。韓国の聯合ニュースも同日、韓国大統領府から「法王の訪朝招請」のニュースを大きく報じた。

    1
    続き

    4月と9月で変わった南北首脳会談

     9・19南北首脳会談を取材した東大門デザインプラザのプレスセンターと、5カ月前の4・27南北首脳会談を取材した一山キンテックスのプレスセンターの風景は全く違った。

    1
    続き

    米国務長官訪朝、首脳会談ありきでは駄目だ

     ポンペオ米国務長官が北朝鮮を訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長と会談した。両氏は2回目の米朝首脳会談を早期に開催することで一致した。一方、北朝鮮が応じたとされる非核化措置は必ずしも歓迎できるものではない。首脳会談ありきでことを進め、肝心の非核化の中身が曖昧な状況が続いているのは北朝鮮の思惑通りではないのか。憂慮すべき展開だ。

     非核化の焦点ぼかしか

    3
    続き

    南北国民の間で「中国脅威論」台頭

     新しいシルクロード(一帯一路)を提案し、アジアと欧州ばかりか世界と繋ぎ統合する広大なビジョンを提示した時、中国の習近平国家主席からは“未来を見通した稀な指導者”といった風格さえ感じたものだが、それも束の間、習国家主席の人気に陰りが差してきた。「一帯一路」に国家の再生を夢見てきたアジア諸国ばかりか、アフリカ諸国にとっても中国のビジョンが中国優先であり、決して他国の繁栄を実現するための利他的なビジョンではないことが判明し、次から次と同ビジョンから撤退、または腰が引ける国が出てきた。

    2
    続き

    公共機関の地方移転非婚少子化へ配慮を

     公企業に務めるある知人は会社が2015年に地方に移転する際、退職するかどうか悩んだ。未婚の彼は恋愛と結婚の心配が先だったが切実に望んだ職場だったので、「なんとかなるだろう」と生活の場を移した。周辺の勧めで地域の“出会いの場”にも参加したが効果もなく、30代中盤になっても恋愛と結婚の宿題は解決されていない。

    1
    続き

    「老人の日」に思う

     かつては儒教の教えに従い、孝に根を置く敬老思想を社会倫理の根幹に据えた。

    0
    続き

    北の“サラミ”戦術受け入れた韓国

     非核化交渉は3者ゲームだ。ここでは中間子の役割が重要で、中間子がどちらか一方と連係すれば、他方は孤立する。韓国が米国側に立てば北朝鮮が、その反対は米国が孤立するのだ。

     このような点で平壌共同宣言が出てくる前まで韓国政府は用心深く中間子の役割を果たしていた。しかし、もはや韓国は中間子でない。平壌共同宣言の非核化条項は北朝鮮の立場へ傾いたことを示している。

    0
    続き

    【PTV RADIO:034】文在寅・金正恩の「平壌共同宣言」を読み解く

     今年に入り3度目の南北首脳会談で「平壌共同宣言」が署名された。非核化の具体的進展はないが、軍事的緊張緩和だけは大きく進んだ。北朝鮮の意図、韓国側の姿勢など、プレスセンターで取材した上田勇実特派員に聞いた。 (対談の音声を公開!)

     

     

    ———————————->> 本記事音声(iPhone用アプリで再生)

    Podcast: Play in new window | Download

    0
    続き

    文在寅・金正恩の「平壌共同宣言」を読み解く

     今年に入り3度目の南北首脳会談で「平壌共同宣言」が署名された。非核化の具体的進展はないが、軍事的緊張緩和だけは大きく進んだ。北朝鮮の意図、韓国側の姿勢など、プレスセンターで取材した上田勇実特派員に聞いた。

    パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

    6
    続き

    韓国慰安婦財団、解散なら未来志向の後退だ

     韓国の文在寅大統領はニューヨークで安倍晋三首相と首脳会談を行い、2015年末のいわゆる従軍慰安婦問題をめぐる日韓両政府間合意に基づき韓国が設立した「和解・癒やし財団」の解散を示唆した。合意は同問題の「最終的、不可逆的な解決」を確認したもので未来志向の精神に沿ったものだった。韓国が財団解散に踏み切れば日韓関係は再び悪化せざるを得ない。

    「枯死」招いたのは文氏

    2
    続き

    北朝鮮の政治闘争に騙されるな

    ■変幻自在の北朝鮮

     これまでの北朝鮮は核保有国を目指していた。北朝鮮は何度も核実験を行い、核保有国を国内外に宣伝した。だがトランプ大統領が北朝鮮に圧力を加えると、北朝鮮は非核化を目指していたかのように振舞い始める。すると北朝鮮は、非核化を武器に日米の圧力を批判するようになる。非核化を目指す北朝鮮は「善」で、圧力を加える日米は「悪」のような印象操作を行い始めている。

    ■武装闘争から政治闘争へ

    6
    続き

    “子供は国が育てる”発想で人口減少防げ

     少子化問題が深刻だ。昨年、韓国の出生児が35万人台に減少し、合計出産率(女性1人が一生の間に産む子供の数)が史上最低の1・05人に落ちた。現在の人口を維持しようとすれば2・1人は必要なので、その半分の水準だ。韓国が少子化で国家が消滅する地球上の最初の国になるだろうという海外の人口学者の主張が荒唐無稽ではなくなる。

    1
    続き