■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 欧州 rss

    マクロン氏「欧州軍」の創設提唱

     フランスのマクロン大統領が6日、欧州の自主防衛のための「真の欧州軍」の必要性に言及したことで、米仏関係がギクシャクしている。マクロン氏の釈明に理解を示したトランプ米大統領だが、環大西洋の安全保障の枠組みは、北大西洋条約機構(NATO)の在り方を含め、新たな時代に差し掛かっているとも言える。(パリ・安倍雅信)

    1
    続き

    「神父」も「牧師」もいない寂しい教会

     新約聖書「ルカによる福音書」10章には「収穫は多いが、働き人が少ない」と嘆くイエスの聖句があるが、ドイツのローマ・カトリック教会(旧教)ばかりか、プロテスタント教会(新教)でも(収穫は別として)深刻な働き人(聖職者)不足に悩まされている。この傾向が続くと、新旧教会の存続が危ぶまれるという声すら囁かれている。すなわち、ドイツの新旧キリスト教会で「神父」も「牧師」もいない“寂しい教会”がこれから多く出現するというのだ。

    1
    続き

    退役陸軍大佐、ロシアに情報流す

     オーストリア連邦軍(Bundesheer)の退役陸軍大佐(70)が過去20年間以上に渡りロシア側にさまざまな情報を流していたことが判明し、セバスティアン・クルツ首相は9日、急きょ記者会見を招集し、説明に追われた。

    2
    続き

    フランスのマクロン大統領が「欧州軍」創設呼び掛け

     フランスのマクロン大統領が、ロシアの脅威に対抗するための「欧州軍」の創設の必要性を訴えたことが波紋を呼んでいる。欧州を独自の軍で防衛する必要性を強調したものだが、北大西洋条約機構(NATO)加盟国である米加との同盟関係を損ねる可能性もある。

    2
    続き

    タイヤ交換の時期到来

     ヘルシンキ首都圏でも先日雪が降った。いよいよ冬の到来だ。

     本格的な冬が来る前にタイヤをウインタータイヤに交換しないといけない。フィンランドでは法律でウインタータイヤでないと冬は車の運転ができない。

    1
    続き

    クリスマス・ツリーも整形手術を

     クリスマス・シーズンの訪れを告げるクリスマス市場が欧州各地でオープンされるが、欧州最大のクリスマス市場と呼ばれるウィーン市庁舎前広場市場でも今月17日、ルドヴィック新市長を迎えオープンされる。それに先立ち、今月6日には同広場にクリスマス・ツリーが運び込まれ、2台のクレーン車に支えられ、立てられたばかりだ。

    0
    続き

    「ツヴェンテンドルフ原発」の40年

     40年前の話だ。オーストリアにも原子力発電所があった。厳密にいえば、原発は建設され、いつでも操業できる状態だった。それが国民投票で操業開始反対派が僅差で操業支持派を破ったため、建設され、操業開始寸前の原発は1度も操業されることなく、即博物館入りした。あれから今月5日で40年が過ぎた。

    0
    続き

    長時間労働が常態化

     世界中のゲームソフト企業も長時間労働は同じなようで、フランスでも制作会社の長時間労働が問題になっている。今やゲームソフトは高い収益を生む有望産業となり、若者の間で職業としての人気が上昇する一方、労働環境の改善が求められている。

    0
    続き

    ドイツ政局、ポスト・メルケル時代に

     メルケル独首相は10月29日、ベルリンでの記者会見で12月初めにハンブルク市で開催の与党「キリスト教民主同盟」(CDU)党大会で党首選に出馬しない意向を表明する一方、首相ポストは任期満了になる2021年まで務め、その後はいかなる政治ポストにも就かないと述べ、政界から引退する意向を明らかにした。ポスト・メルケル時代がいよいよ始まろうとしている。 (ウィーン・小川 敏)

    1
    続き

    欧州で「移民協定」拒否のドミノ現象?

     ウィーンに第3の国連都市を有するオーストリアが「移民協定」の不参加を正式に表明したことを受け、他の欧州諸国でも協定から離脱を模索する“ドミノ現象”が起きている。

    0
    続き

    独極右AfDを憲法擁護庁の監視対象?

     昨年9月24日に実施された独連邦議会(下院)で野党第1党に大躍進し、先月実施されたバイエルン州議会選、ヘッセン州議会選でも躍進、ドイツ16州全州議会で議席を有する政党となった極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)を危険団体(政党)としてドイツ連邦憲法擁護庁(BfV)の監視対象とすべきだという声が高まってきている。

    0
    続き

    オーストリア「移民協定」に不参加

     オーストリアのクルツ政府は先月31日、12月10日から11日にかけモロッコのマラケシュで開催される「安全で秩序ある正規移住のためのグローバル・コンパクト採択政府間会議」で正式に採択される「移民協定」(Migrationspakt)に参加しないと表明した。

    2
    続き

    バチカン大使館の人骨は何を語るか

     イタリア・ローマのバチカン大使館別館の改装作業中、人骨が発見された。バチカン側はイタリア警察に即通報。ローマ検察は人骨の年齢、性別、死亡時の確認のために法医学者を派遣したという。バチカン・ニュースが30日報じた。

    0
    続き

    メルケル氏の後釜を狙う“8人衆”

     遂にその時が訪れたというわけだ。メルケル独首相は29日、ベルリンでの記者会見で今年12月初めにハンブルク市で開催の与党「キリスト教民主同盟」(CDU)党大会で党首選に出馬しない意向を表明する一方、首相ポストは任期満了になる2021年まで務め、その後はいかなる政治ポストにも就かないと述べ、政界から引退する意向を明らかにした。

    1
    続き

    独ヘッセン州議会選が発した教訓

     ドイツで今年最後の州議会選挙が28日、同国中部ヘッセン州で行われた。現地から届いた暫定結果によると、メルケル首相の与党「キリスト教民主同盟」(CDU)が第1党を維持したが、得票率で前回選挙(2013年)の38・3%から約11・3%を失い、27%に留まった。第4次メルケル政権に参加する社会民主党(SPD)も同じように、前回比で10・9%減の得票率19.8%に急落した。メルケル政権を組閣する2大政党が2週間前に実施されたバイエルン州議会選に次いでヘッセン州議会選でも大幅に得票率を落としたことから、ドイツ国民がメルケル政権に「ノー」を突き付けたものと受け取られている。CDUとSPD両党内で激しい指導部批判の声が出てくるのは必至だ。

    0
    続き

    茶人で事業家・山田寅次郎 トルコとの友好の礎築く

     日本とトルコとの友情の基礎を築いたとされる人物が、快男児・山田寅次郎だ。現在でも彼を慕うトルコ国民は数多い。  寅次郎は慶応2年(1866年)に沼田藩(現在の群馬県沼田市)の江戸上屋敷で、家老中村雄左衛門の次男として生まれた。15歳の時に後継ぎとして、茶道宗徧流(そうへんりゅう)家元の山田家に養子入りし、57歳の時に家元を襲名した。

    1
    続き

    日本との戦略的提携を強化 ハサン・ムラット・メルジャン氏

    日本との戦略的提携を強化 ハサン・ムラット・メルジャン氏

     トルコ共和国建国95周年に当たって世界日報の読者の皆様にお話しできることは、私にとって大きな喜びであります。この機会をお借りして、日本にいるトルコの方々に私の祝意をお伝えし、また、私たちの日本の友人たちに心からなるごあいさつを申し上げたいと思います。

    1
    続き

    東西十字路に位置する親日国トルコ

     トルコ共和国はきょう、95回目の建国記念日を迎えた。3大陸の結節点に位置するトルコは、東西の文明がシルクロードを通じて行き来した地政学上の要衝。日本からは地理的に遠い位置にあるが、大の親日国家であり、豊かな歴史文化遺産を持つ観光大国でもある。一時、テロ事件などで外国人観光客の落ち込みもあったが、治安回復努力により、昨年から増加傾向に転じ、観光大国として復活している。 【企画・制作=世界日報社企画開発部】

    1
    続き

    ホームレスが問う「国家」とは何か

     ハンガリーで今月15日、「宿無し(ホームレス)規制法」が施行された。それによると、ホームレスを見つければ、警察官は路上や公共場所で眠らないようにまず警告する。3度警告を受けたホームレスが移動しない場合、警察は罰金か公的奉仕を義務づけることができる。すなわち、路上のホームレスは犯罪人扱いにされる。 同法案は今年6月、2013年の関連法を改正したもので、賛成多数で採択された。

    1
    続き

    中国との付き合い方に悩むスイス

     アルプスの小国スイスも中国の外交干渉や企業買収に恐れを感じ出している。スイス・インフォから配信された「外交干渉、相次ぐ買収、中国との付き合い方を模索するスイス」という見出しがついたカトリン・アマン記者(Kathrin Ammann)の記事(10月5日)を読んで、驚いた。「スイスよ、お前も中国に悩まされているのか!」といった印象を受ける。少し紹介が遅れたが、記事の概要を報告する。

    4
    続き

    ホーキング博士の“神探しの道”は続く

     英国の著名な理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士の遺作「大いなる問への簡潔な答え」((Brief Answers to the Big Questions)が出版直後、独週刊誌シュピーゲルの新著ベストセラーリストに入っていた。「大いなる問い」に関する博士の生前の答え、発言をまとめたものだ。ここでいう「ビック・クエッション」は主に「神は存在するか」、「死後の世界は」といった哲学的なテーマや、宇宙とは、ブラックホールとは何か、といった純粋な物理学的な問いかけだ。 

    7
    続き

    「人体標本展」の遺体のDNA鑑定を

     スイスのローザンヌのコンベンションセンターで今月19日から21日まで開かれる予定だった人体標本展「リアル・ヒューマン・ボディーズ」について、「展示されている遺体が法輪功学習者を含む中国の囚人である可能性が高い」という情報を受け、州裁判所が急きょ開催の中止を決めた。展示される人体標本は生物を半永久保存できる技術(プラスティネーション)で加工された、実際の人体が使用されている。

    4
    続き

    観光馬車フィアカーの廃止論

     ウィーン観光の目玉の一つ、観光馬車のフィアカーを廃止すべきとの声が出てきた。フィアカーが路面を痛め、その修理代も馬鹿にならないからだという。これに対し、ルドヴィク・ウィーン市長は「フィアカーは市の文化財だ」と、廃止には消極的だ。

    0
    続き