■連載一覧
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 欧州 rss

    独極右党、厳格な「政教分離」を要求

     ドイツの第1野党、極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)は、今年10月14日に実施されるバイエルン州議会選の選挙プログラムを公表し、その中でフランスの政教分離(ライシテ)に倣い「国家と宗教」の厳格な分離を要求している。バチカン・ニュースが18日報じた。

    0
    続き

    NATO防衛費増額圧力は正論

    米コラムニスト マーク・ティーセン

     トランプ大統領が、共通同盟に十分な予算を投じないことは北大西洋条約機構(NATO)のためにならないとドイツなどの同盟国に警告する一方で、米国の民主党はドイツを擁護した。民主党のシューマー上院院内総務とペロシ下院院内総務は共同声明で、「トランプ大統領が、米国の忠実な同盟国であるドイツを露骨に侮辱し、中傷したことは、恥ずべきことだ」と訴えた。

    0
    続き

    クロアチアが誇る「ネクタイの話」

     第21回サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、フランスとクロアチアの間で決勝戦が行われた。32カ国からチームが参加し、64試合の熱戦を繰り広げてきたW杯ロシア大会は多くのドラマを生み出し、閉幕した。このコラムが読者の目に届く頃には優勝チームは決まっている。

    1
    続き

    フェデラーとロナルドの新しい道

     サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、フランスとクロアチア両国間で決勝戦が行われ、14日にはイングランドとベルギー間で3位決定戦が行われる。欧州4カ国が今大会で1位から4位までを独占する。欧州サッカー界が世界のサッカー界をリードしていることを実証したわけだ。

     クロアチアが強豪イングランドを延長線の末破ったのはセンセーショナルだった。当方はウィーン市内16区に住んでいるが、同区にはクロアチア・コミュニティがある。W杯中、クロアチア人は勝てば喜び、負ければ暴れるのではないか、と考えていたが、幸い、クロアチアはグループ戦から準決勝まで負け知らずできたので、敗戦後のファンたちの大暴れといった最悪のシナリオはこれまで回避された。

    1
    続き

    解放感に浸る白夜の夏

     フィンランドの四季は大きく二つに象徴される。暗く長い冬と日照時間が長い夏だ。

    0
    続き

    欧米間に新しい「戦線」が拡大

     ブリュッセルに本部を置く北大西洋条約機構(NATO)で11日、29カ国加盟国の首脳会議が開催され、2024年までに加盟国の軍事支出を国内総生産(GDP)比で2%をクリアする合意内容を実行する決意を表明した「首脳宣言」を採択した。NATOの軍事支出問題で批判的だったトランプ米大統領も署名した。

    2
    続き

    ワイナリーで資金洗浄

     フランス西部ボルドー地方で先月末、中国企業・海昌集団が買収したワイナリー10軒が、フランス財務警察に脱税容疑で摘発された。フランスのワイン関係者は怒り心頭といったところだ。

     財務警察は、2014年から中国マネーの動きを監視し、海昌集団が、中国内で公金横領などにより得た不当な資金の洗浄目的で、監視の目が薄いフランスのワイナリーを買収していたとしている。

    1
    続き

    ドイツが難民政策を修正 実現性は不透明、波紋も

     欧州連合(EU)の盟主ドイツで2日、メルケル首相が率いる第1与党「キリスト教民主同盟」(CDU)と連立パートナー、バイエルン州の地域政党「キリスト教社会同盟」(CSU)のゼーホーファー党首(内相)との間で難民受け入れ政策が合意に達した。CDUとCSUの分裂は回避され、第4次メルケル連立政権は崩壊の危機を一応脱したと受け取られているが、合意内容が実現できるかは不透明だ。 (ウィーン・小川 敏)

    2
    続き

    バルカン諸国が中国の戦略拠点に

     ブルガリアの首都ソフィアで7日、「16プラス1」首脳会議が開催された。「16プラス1」はバルト3国、東・中欧、そしてバルカン諸国の16カ国に中国が参加した経済的枠組みだ。同会合の狙いは、財政的に脆弱なバルカンや東欧諸国が中国との経済協力を深めていくことにある。ソフィア会議は7回目。中国からは李克強首相が参加した。

    1
    続き

    欧州で域内国境閉鎖の「ドミノ現象」

     いつだったんだろう、欧州連合(EU)が“人、物、サービス、資本の自由な移動”を宣言し、そこに住む国民は煩わしい国境コントロールを体験せずに、他のEU内を自由に移動できたことを喜んだ日は。ベートーヴェンの交響曲第9番の最終楽章「歓喜の歌」の合唱が響き渡った日々が遠い昔のように感じる。

     EU加盟国が域内国境を次々と閉鎖する動きが出てきた。もはや誰も欧州の歌「歓喜の歌」を合唱しようと考えず、できれば誰にも気が付かれないように域内国境を閉鎖しだしたのだ。

    0
    続き

    欧州を制覇した「ジャガイモの話」

     欧州連合(EU)首脳会談が先日、ブリュッセルで開催されたが、その最大のテーマは難民・移民問題だった。北アフリカ・中東から押し寄せてくる難民・移民にどのように対応するかで加盟28カ国で意見が分かれている。“EUの顔”ドイツのメルケル首相は「難民・移民への対応は欧州の存続をかけた問題だ」と述べているほどだ。

    1
    続き

    W杯王者ドイツが「運勢」を失った時

     4年前のサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の覇者ドイツ・チームが27日、Fグループ戦3戦目、対韓国戦で0-2で敗北し、決勝トーナメント(ベスト16)に進出できずにロシア大会からは早々と姿を消すことになった。ドイツ公営放送は同日夜7時のニュース番組で、「ドイツ代表の敗北」をトップで大きく報じた。

    1
    続き

    戦争と民族の悲劇が凝縮された〝親日国〟ポーランド②

    ワルシャワ全体がお墓

     1918年に独立を回復するまでの123年、〝亡国の民〟だったポーランド人。首都ワルシャワは、大量の血を流さない限り国を取り戻せないことを私に教えてくれた街である。

    8
    続き

    ドイツ“バイエルン州ファースト”の波紋

     メルケル首相が率いる独与党「キリスト教民主同盟」(CDU)とゼーホーファー内相のバイエルン州の地域政党「キリスト教社会同盟」(CSU)は姉妹政党だ。両党とも「キリスト教」を政党名に付ける中道右派政党だ。これまで両党は選挙戦ばかりか、政策ガイドライン作りでも同じ歩調を取ってきたが、両党の関係がここにきて急変してきた、というより、対立が先鋭化し、第4次メルケル連立政権の土台すら震撼させている。

    0
    続き

    トルコ新体制、国内外の安定に尽力を

     トルコで大統領選が行われ、エルドアン大統領が再選を決めた。今回の選挙後、大統領に実権が集中する制度に全面移行する。トルコは欧州、中東、アジアの接点という戦略的要衝に位置する。国内の安定を図り、シリア内戦の終結などに尽力する必要がある。

    大統領が強力な権限握る

    2
    続き

    仏刑務所に聖戦思想拡大

     ベルギー東部リエージュの路上で5月29日に警官ら3人を殺害した事件の容疑者が、刑務所服役中に聖戦過激思想に傾倒した事実が確認され、刑務所内がテロリスト育成の温床になっている問題が注目されている。フランスでも数年前からテロの容疑者の刑務所内での過激化が問題になっており、対策が急がれている。 (パリ・安倍雅信)

    1
    続き

    トルコ大統領選、エルドアン氏続投

     トルコで24日、大統領選が行われ、エルドアン大統領の続投が決まった。同時に行われた総選挙(一院制、定数600)でも、与党が過半数を制した。エルドアン大統領は同日深夜(日本時間25日早朝)、「国民から大統領の任務を託された。新たな出発だ」と勝利宣言した。

    0
    続き

    洗礼式で泣く幼児を叩いた老神父

     喜怒哀楽という言葉があるが、その中でも「怒り」という感情は最も怖い。怒りを爆発させたゆえに、その人の人生が変わったという人もいるだろう。以下は、神に仕える聖職者が怒りを抑えきれなかった結果、生じた不祥事の話だ。

    0
    続き

    独情報局がオーストリアでスパイ活動

     ドイツ連邦情報局(BND)は政治、経済の情報などを収集し、それを分析する諜報活動を担当している。そのBNDが隣国オーストリアで広範囲の諜報活動をしていたとしてオーストリア政府が批判し、メルケル政権に全容の解明とその説明を求めている。

    1
    続き

    デザイナーベビーの誕生間近、倫理的問題も

     デザイナーベビーの誕生は、科学者らにとって心躍る出来事であるとともに、恐ろしいことでもある。将来、遺伝的疾患がなくなることが期待される一方で、どのような選択をし、どのような技術が開発され、社会にどのような影響を及ぼすかは予測できない。

     この新たな試みを牽引(けんいん)しているのは、CRISPR-Cas9という技術で、細胞中の欠陥のあるDNAを切除、置換する。この数年間でさまざまなところで実施されるようになり、利用しやすくなっている。

    0
    続き

    EU、カスペルスキー製品排除へ

     欧州連合(EU)の欧州議会は13日、ロシアのウイルス対策ソフト販売会社カスペルスキーに関する提案を承認した。カスペルスキーは、ロシア政府の国際的スパイ活動を支援したとして非難されており、EU加盟国は、他国からのサイバー攻撃への防衛力強化に取り組む。

     フランス・ストラスブールで議員らが参加して行われた本会議を通過した提案A8-0189/2018は多岐にわたり、EU内のサイバーセキュリティーを強化するための数十項目の勧告と提案が盛り込まれている。人工知能(AI)研究、加盟国間の協力の強化、国家によるとみられるサイバーテロの否定、増加するサイバー犯罪計画から自国を守る方策の開発を含む。

    0
    続き

    リトアニア外相、駐留米軍の増強を要求

     ロシアと国境を接するバルト3国の一つ、リトアニアのカロブリス外相は14日、米紙ワシントン・タイムズとのインタビューで、ロシアの挑発に対抗するため、恒久的駐留軍の増強を米国に求めた。

    2
    続き

    3Dプリンターの家

     フランス西部ブルターニュ半島の付け根にあるナントの建築研究所が、災害時などに必要となる仮設住宅や、貧困地区の粗末な住宅環境を改善すべく、3Dプリンターを活用した人手不要の住宅建築ロボットを開発し、注目を集めている。

    0
    続き