ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

中国 rss

新型肺炎 中国軍の生物兵器専門家が移動実験室設置し対策主導

 中国軍の生物化学兵器専門家の女性少将、陳薇氏が1月末、生物兵器の研究に関与していた可能性が指摘される湖北省武漢の「武漢ウイルス研究所」に送り込まれたことから、新型コロナウイルスと同研究所との関連をめぐる疑念が強まっている。

3
続き

「実験室から卵、豚、ネズミ不法に持ち出す」武漢現役研究員の実名告発!《中編》

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

■「新型コロナウイルスは人工編集のウイルス!?」武漢現役研究員の実名告発!《前編》

●武漢P4実験室現役研究員の内部告発  引き続き、前回の武漢P4実験室(バイオセーフティーレベル4実験室)の武小華博士による内部告発文の紹介です。武小華博士は現在、武漢で発生したコロナウイルスが人工的に編集された証拠を提示した「内部告発の勇者」となっています。

27
続き

「新型コロナウイルスは人工編集のウイルス!?」武漢現役研究員の実名告発!《前編》

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。■「実験室から卵、豚、ネズミ不法に持ち出す」武漢現役研究員の実名告発!<中編>●世界中から糾弾されるテドロス・アダノムWHO理事長

今回は中国武漢発の世界的流行してる新型コロナウイルスについてお伝えします。WHO(世界保健機関)のテドロス・アダノム理事長が、中国政府の言いなりになってたせいで、中国政府が改ざんした感染者数と死者数を世界各国に渡し、世界各国の政府が対応を遅らせることになり、その結果、感染を拡大させるという深刻な事態になりました。現在は世界中でテドロス理事長の辞任を求める声が上がっており、オンライン上の署名は30万人以上に上っています。

53
続き

中国共産党は新型肺炎に敗北した

■新型肺炎の感染拡大

 中国湖北省武漢を発生源とする新型肺炎は感染拡大を続けた。その結果、2月9日の段階で感染者数は3万7000人を超え、死亡者数は800人を超えた。新型肺炎の感染拡大は中国全土に及び、中国に安全な空間は消え失せた。

10
続き

チャイナパニックから得る教訓

日本安全保障・危機管理学会上級フェロー 新田 容子

 世界を震撼(しんかん)させている新型コロナウイルス肺炎の感染拡大が止まらない。世界保健機関(WHO)はやっと1月30日に「緊急事態宣言」を宣言した。我が国もこの流れに基づき、感染症法で定める指定感染症の政令日を前倒しするなど迅速な対応を進めている。

2
続き

武漢肺炎で見る中国共産党の「詭弁」

 最初は、駐イスラエルのダイ・ユミン中国代理大使(Dai Yuming)がテルアビブで記者会見を開き、そこで新型コロナウイルスの拡大防止という理由で中国人の入国制限、追放が展開されている状況に不満を表明し、「(中国人追放は)世界第2次大戦時の最悪の出来事、ユダヤ人大量虐殺ホロコーストを想起させる」と発言したと伝えた記事だ。

7
続き

ウイルス禍の「非常事態」は1つでなく3つ

2020年2月3日

 中国の武漢市を発生源とする新型ウイルスは、世界に大きな混乱を巻き起こしています。世界保健機構(WHO)は感染拡大を阻止するため、「緊急事態宣言」を出しました。私は「緊急事態」は1つではなく、3つあると思います。

0
続き

中国の新型肺炎事件に思う

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 中国の武漢市で発症した新型コロナウイルスによる肺炎は、中国内では全省・自治区に蔓延(まんえん)し、わが国など近隣国・地域の外に米欧も含め20カ国を越えて感染して世界的な拡大様相を見せてきた。

1
続き

世界は新型肺炎対策で中国を封鎖する

■新型肺炎の感染拡大

 新型肺炎は武漢が発生源。中国共産党は1月25日の春節(旧正月)で人民の移動を禁止しなかった。さらに武漢封鎖が遅れて新型肺炎が中国全土に感染拡大する。武漢封鎖は日時が知らされていたので、移動可能な者は封鎖前に武漢から脱出。しかも春節の移動と重なり、中国全土だけではなく、世界に新型肺炎を移動させる失態を演じた。

19
続き

中国の新型コロナウィルス問題に対処する3つの視点

 中国の新型コロナウィルスによる感染拡大問題は、我々が中国という国家を眺める際に幾つかの重要な示唆を与えるものであった。そこで、下記に3つほどポイントをまとめたいと思う。

(1)中国の危機管理能力とその限界について

13
続き

入国拒否などの政令前倒しの一方で台湾問題も浮上

 先ほどの『【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い』では、「科学が風評に負けてはならない」という点を強く主張させていただきました。これに続き、本稿でもコロナウィルスに関する最新の情報について、関連する法令などを交えてまとめておきたいと思います。とくに、WHOのガバナンスの問題や、WHOなどの国際機関が台湾を排除している問題を巡っては、早急な対策が必要です。

 新型コロナウィルスやそれに関連する肺炎の蔓延が話題となるなかで、現役の医師としての立場から執筆していただいた冷静でわかりやすい論考については、先ほどの『【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い』で紹介したとおりです。

5
続き

武漢発・新型コロナウイルス~習政権による隠蔽と各国の対応

●武漢からの日本人帰国者3人が感染

 中国湖北省武漢市で発生した、新型コロナウイルスによる肺炎について、1月30日、中国国家衛生健康委員会は「29日の時点で死者数が170人、感染者数は7711人になった」と発表した。 ただ、それ以前から感染が中国全土に広がりを見せており、15都市の封鎖も伝えられる。「感染者数は少なく見積もっても一桁違う」との声が、国内外の医者や専門家から聞こえる。武漢市市長は、26日の記者会見で、「新型肺炎が始まってから、500万人が武漢を離れている」とニヤけながら、シャアシャアと言ってのけたのだ。

16
続き

「ダーク・ノレッジ」が世界を支配?

 中国・武漢市で見つかった新型コロナウイルスによる肺炎患者が世界各地で拡大する様相を深めてきた。欧州でもフランスを皮切りにドイツで感染確認患者が見つかった。当方の住むオーストリアではこれまで3人の感染疑いのある人が見つかり、一時隔離されたが、幸い、これまでのところ感染確認患者は出ていない。

6
続き

新型肺炎の感染源は海鮮市場ではない、専門家が指摘

 中国・武漢の新型コロナウイルスの感染源は、中国当局が当初、指摘した華南海鮮市場だけではなかった可能性が浮上している。中国人研究者グループが英国の医学誌ランセットに掲載した論文で、肺炎患者が最初に見つかったのは昨年12月1日で、海鮮市場とは関連がなかったと指摘した。

 論文は「最初の患者とその後の感染例との間に疫学的なつながりは発見されなかった。少なくとも、13人の感染者は明らかに海鮮市場との接点がない」と指摘している。

6
続き

習近平の夢に止め刺すトランプ ノンフィクション作家・河添恵子さんに聞く

 トランプ米大統領が習近平中国国家主席の夢(中国の野望)を阻止する米中新冷戦。香港事態や台湾総統選の背後で米中は熾烈な戦いを行っていた。中国は日本にもIRを通じて浸透を図る。その実態をノンフィクション作家の河添恵子氏に語ってもらった。

パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

46
続き

世界が中国の新型肺炎対策を信用しない理由

■新型肺炎の感染は止まらない

 中国の新型肺炎は1月25日の段階で感染者1323人だった。だが翌日の1月26日は、感染者数2019人・死者数59人。公表された数字は偽りで、中国共産党は実際の数字を隠していると言われている。実際の感染者数は5000人を超えていると言われているから、今後感染者数が増加することは事実だろう。

■中国の対応

22
続き

新型肺炎のコロナウイルス 武漢の研究所から流出か

 中国・武漢から世界に拡大し、多数の死者を出している新型コロナウイルスの発生源は、武漢の「中国科学院・武漢病毒研究所」ではないかとの見方が出ている。この研究所は、中国の極秘生物兵器研究にも参加しているとみられ、米当局者からはウイルス流出隠蔽(いんぺい)工作が行われていた可能性も指摘されている。

13
続き

2019年の中国10大ニュース

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 2019年は中国にとって内憂外患の多難な年であった。内憂外患の多くは米国との間で始まった貿易摩擦が影響している。

0
続き

「海外SNSアプリ使用罪」で逮捕・監禁されたカザフ人の証言

●海外SNSアプリ私用で即刻逮捕、監禁  こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 1月16日、アメリカのメディアRFA(ラジオ・フリー・アジア)※が新疆ウイグル自治区のイリ・カザフ自治州に住むカザフ人の女性を取材しました。女性の名前はディナ・ヌドバイさん(28歳)、ファッションデザイン専攻でニルカ県に洋服専門店を経営してました。

14
続き

中国の新型肺炎と無差別テロ

■SARSの悪夢再び  中国はSARS(重症急性呼吸器症候群)が感染拡大した過去がある。当時の中国共産党は感染者数の実態を明らかにしなかった。今の中国は新型肺炎が感染拡大しているが、インペリアル・カレッジ・ロンドンは1700人以上が感染していると報告した。すると中国共産党は、新型肺炎の感染者が17人増えたと報告。中国共産党の対応は、過去のSARSと同じ対応をしている。

■損害比率から見る

20
続き

中国経済の減速を歓迎するのが正解

2020年1月19日

 中国経済の減速を懸念する声が圧倒的に多いようです。共産党独裁の習近平政権にとっては、国民の不満が高まるので、懸念するのは当然でしょう。中国は巨大市場ですから、世界経済への影響も大きく、日本を含め諸外国も懸念しています。私はその逆で、懸念はせず、中国経済の減速を歓迎します。

3
続き

蔡英文“歴史的大勝利” 北京の北風が追い風に

 台湾総統選が行われ蔡英文総統が歴史的大勝利を収め再選を果たした。同時に行われた立法委員選(国会議員)でも与党民進党が過半数を獲得した。北京から吹く北風がむしろ蔡総統への追い風となり、この勝利をもたらした格好だ。今後の台彎・中国関係、日本の課題を現地取材した池永達夫編集委員に聞いた。

44
続き

ファーウェイの闇!日本のIT企業が中国に敗れたワケとは?

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

●ファーウェイ製品のシェア率にこだわるのは何故か?  日本企業のスマートフォン市場が不振なのに対して、中国メーカーのスマホがどんどん日本に上陸してきました。東京都内にJR山手線の構内にすでにファーウェイやOPPOの広告が溢れかえっています。2020年春には、シャオミー(小米科技:Xiaomi)も日本に上陸することを決めました。

13
続き


15 / 32|«1516 »|