«
»

中国 rss

中国がサイバー経済スパイ禁止合意に違反

 中国は、オバマ前政権時に、米中双方がサイバー経済スパイを支援せず、実施しないとする合意を交わしたが、この合意を順守していない。米国家安全保障局(NSA)当局者が8日、明らかにした。

 トランプ大統領のサイバーセキュリティー調整官を務め、現在はホワイトハウスのサイバーセキュリティー政策を担当するロブ・ジョイス氏は、サンフランシスコのカリフォルニア科学アカデミーで行われたアスペン研究所主催のパネルディスカッションで、2015年の合意に違反していると中国を非難した。

3
続き

チベット亡命政府を標的とする中共のハッカー、手口は「なりすまし」

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 先日はチベットの人権状況を救うトランプ大統領の法案を紹介しました。

■チベット相互入国法案可決、弾圧を隠蔽してきた「中国のモラル無視」が米中貿易戦争の「外交カード」になる日https://news-vision.jp/intro/189166/

8
続き

迫害された満洲人、同化政策で葬られた満洲語

亡命満洲国政府総統 富 君氏/亡命満洲国政府首相 史 方騰氏に聞く

 清朝を築いた満洲人は、20世紀には満洲国をつくった。日本との同盟関係にあった満洲国は、それゆえに中国共産党政権が樹立された後、迫害対象にもなった。その満洲人が辿(たど)った歴史と現在を亡命満洲国政府総統の富君氏と亡命満洲国政府首相の史方騰氏に聞いた。 (聞き手=池永達夫、石井孝秀)

7
続き

米中戦争は間接的に始まっている

■平和の書き換えを求める中国

 国際社会の平和とは強国に都合が良いルール。戦争に勝利した国のルールが平和であり、敗北した国は戦勝国のルールに従う。これが国際社会の平和。今の平和を維持する国は原状維持派と呼ばれ、今の平和を否定して書き換えを求める国を現状打破派と区分されている。今の平和は強国アメリカのルール。しかし今の平和を嫌い、自国のルールで書き換えたい国が出現しており、それが中国だ。

5
続き

中国「改革開放40周年」の〝異変″

●トップニュースは南部戦区の視察

 日中平和友好条約締結40周年という節目の年に、安倍晋三首相は10月25日から、日本の首相として約7年ぶりの中国公式訪問を行い、習近平国家主席や李克強首相らとの首脳会談に臨んだ。安倍首相はODA(政府開発援助)について、「その歴史的使命を終えた」と述べ、今年度の新規案件を最後に終了することを表明したが、「世界第2位の経済大国」どころか、拡張主義で世界覇権を目指し、欧米諸国の警戒対象になっている中国共産党政府に対して、この決断はあまりに遅すぎた感が否めない。

8
続き

民族や国々が連携、「自由インド太平洋連盟」を結成

 中国政府による弾圧を逃れ亡命したウイグル人やチベット人などの代表が26日、中国の少数民族弾圧や覇権主義に対抗する国際連帯組織「自由インド太平洋連盟」を結成した。

7
続き

酷!!中国で、新疆ウイグル人らの臓器売買発覚!?

 こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。

 新疆ウイグル自治区の人権問題について、日本のテレビや新聞など主要メディアでは、殆ど報道しません。確かにこれは一見、日本と関係のない話かもしれません。しかし、もし中国共産党が沖縄や北海道を「侵略」してきたとしたら、いかに日本人といえど、同じように酷い目に遭うということを、僕は再三に忠告してきました。今日はいくつかのウイグル自治区における惨状を日本以外のメディアをピックアップしながら紹介してみましょう。

29
続き

中国の軍拡と農業問題

■中国の軍拡

 中国は1950年代から核兵器の保有を渇望し、次に軍隊の近代化を望んだ。核開発と軍の近代化は別物で、核開発に資金を投入すると軍の近代化が遅れ、軍の近代化を行えば核開発が遅れるジレンマに苦しんだ。

 中国は1990年代から世界の工場として歩み外貨を稼いだ。稼いだ金で核開発と軍の近代化に邁進。2000年代に入ると、アメリカに対して挑戦するまでの軍拡を行った。

■無視された農業

16
続き

“転売屋中国人”殺到で大困惑、いっそ免税制度を廃止せよ!

 こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。

●アップルストア前は、転売目的の中国人で長蛇の列

27
続き

中国との貿易戦争で武器を手に入れた米国

 トランプ米大統領は北米自由貿易協定(NAFTA)のパートナーであるメキシコ、カナダと新協定を結ぶことに何とか成功した。このことは、ホワイトハウスがエスカレートする中国との貿易戦争で強硬路線を取る上で追い風になると、政権支持者が1日、指摘した。

 「焦点は今、中国に移った。トランプ大統領は強い立場から交渉を再開できる」。クリス・ガルシア前商務省副局長はこう語った。

0
続き

諸文明が融合した中国文明

哲学者 小林 道憲

 中国文明は、四千年来の一貫した歴史を持ったオリジナルな文明だと思われているが、必ずしもそうではない。中国文明も、その長い変遷の過程で、常に外部からの影響を受けて変動してきた文明である。

0
続き

中国、AIで米軍情報を分析

 中国軍は人工知能(AI)を駆使し、米軍などの公開情報を基にしたデータベースの構築へ、情報収集活動を強化している。

 中国中央軍事委員会の装備調達通告書によると、中国軍は、半年間で「外国軍に関するオープンソース情報データベース」を構築する新プロジェクトを進めている。

 この通告は、軍事委の装備発展部が出したもの。同部と李尚福部長は、ロシアからの兵器調達に対して米国から制裁を科せられたばかりだ。

4
続き

米英などが本気モードで敵視する中国統一戦線工作

中国共産党政権のソフトパワー

 ――ユナイティッド・フロント・ワーク・ディパートメント(United Front Work Department)――  米英豪メディアでは最近、この名称を頻繁に目にする。全世界で中国共産党政権のソフトパワーを浸透させるための中央機関、「統一戦線工作部」(以下、統戦部)のことである。直接的な表現では、中国共産党が「カネ・ヒト・モノ」で世界中に張り巡らせてきたスパイ・ネットワークだ。

25
続き

キリスト教弾圧強める中国

 中国では非公認宗教への弾圧が強化され、キリスト教でも中国政府が認めるカトリック以外は認めず、イスラム教や仏教の主要団体も当局の締め付けが厳しくなっている。バチカンと中国政府が長年対立してきた司教任命の主導権問題が収束に向かう一方、公教育の場である学校、教育界でも国際的に認められるべき信教の自由が脅かされている。 (香港・深川耕治)

6
続き

中国の対台湾「民族浄化政策」とは!?

 こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。  日本人の皆さんは、「台湾=反中親日」という既成観念をお持ちかもしれませんが、今日は親中派の台湾人のタレントのトンデモ発言を紹介してみます。

●台湾元アイドルのつぶやきで大炎上のトンでも発言とは!?

 彼女の名前は劉楽妍(ファニー)、台湾のアイドルグループ女版F4の元メンバーで、お爺さんは中国から移民した軍人で、お婆さんは台湾人です。

31
続き

海洋覇権に意欲燃やす中国

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 8月16日、米国防総省は議会宛ての年次リポート「中国の軍事力」(米国防報告)を公表した。そこでは中国軍事力の強化に警戒感が示され、特に海洋面での領域拡大などへの懸念が表明されていた。

1
続き

「一帯一路」逆風の兆し、アジア各国反発

 中国が精力的に進めている経済圏構想「一帯一路」が、重大な岐路に立たされている。アジアの一部の国で、融資契約が不透明、インフラ開発後の負担が重いなどと反発が強まり、アナリストらからも、構想は中国のアジアでの政治的、経済的影響力拡大の意図を覆い隠すためのものだという指摘も出ている。

7
続き

習近平は重病!?マレーシア首相の訪中に中共政府の不可思議な対応

 こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。

 8月上旬、中国共産党は、毎年恒例の北戴河会議を開催しました。「北戴河」とは北京郊外にある避暑地のことです。ここで習近平国家主席をはじめとする中国共産党幹部らが秘密会議を行いました。内容は党の人事や国内の様々な問題、外交問題などあらゆる分野の“根回し”をするイベントです。  詳細は先月のコラムをご参照ください。

13
続き

「中国共産党」と「中国」は全く別だ!

 海外中国メディア「大紀元」(日本語版9月6日)に、米議会の「米中経済安全審査委員会(USCC)」が先月24日に公表した「中国共産党の海外における統一戦線工作」という報告書の内容が報じられていた。報告書には中国の海外でのさまざまな工作が記述されている。同報告書の概要を「大紀元」の記事をもとに紹介する。

5
続き

ウイグル人抹殺を謀る中国、強制収容300万人に「政治学習」

東トルキスタン共和国亡命政府大統領 アフメットジャン・オスマン氏に聞く

 中国共産党によるウイグル人への弾圧が厳しさを増している。国内に多数の強制収容所を設置し、多くのウイグル人を拘束して「政治学習」を行っているという。ウイグル人が受けている民族弾圧の実態について、海外にあるウイグル人組織の一つ「東トルキスタン共和国亡命政府」(拠点・米国ワシントン)の大統領で、著名な詩人でもあるアフメットジャン・オスマン氏に話を聞いた。 (聞き手=石井孝秀)

9
続き

中国、北朝鮮への石炭輸出が増加

 北朝鮮の貨物船少なくとも29隻が、米朝首脳会談直前の5月から6月にかけて、中国・竜口港の石炭積み出しドックに入港していたことが、衛星写真などから明らかになった。海上交通の追跡などを行うウィンドワード社からの情報をもとに米NBCニュースが5日報じた。

0
続き

「殺人ロボット」禁止阻止を主導する米露

 ジュネーブで、ロボットを持つ大国と持たない小国の戦いが繰り広げられている。

 20カ国以上が、今週開かれている国連の重要会議の場で、完全自律型兵器の全面禁止を訴えている。この兵器は、反対グループの間では「キラー・ロボット(殺人ロボット)」と呼ばれ、ゆっくりだが着実に存在感を増している。比較的シンプルなドローンがあり、映画「トランスフォーマー」も脚光を浴びた。それによって、大国が小国と対立、米、ロシア、イスラエル、英国などの軍事大国は、自律型機器の技術開発を禁止するいかなる取り組みにも反対すると主張している。

0
続き

内憂外患で崖っぷちの習近平政権②

●難題山積で紛糾?「北戴河会議」

 「北戴河会議」が今夏も終わった。毎年夏に中国共産党幹部や長老たちが河北省の避暑地、北戴河に集って非公式・非公開で行う会議のことだが、今夏は米中貿易戦争の激化や、悪評高き「一帯一路」構想など、難題山積で紛糾したとみられている。

13
続き