«
»

中国 rss

中国 米大統領選に干渉か

 米国の情報機関を統括する国家情報長官のジョン・ラトクリフ氏は、政権交代に伴う退任直前の7日、情報機関の分析官らが昨年11月3日の大統領選への中国の干渉を過小評価し、政治判断に影響を及ぼしていると非難する報告を公表、波紋を呼んでいる。

16
続き

ジェノサイド認定 中国への国際的圧力強めよ

 米国のトランプ前政権のポンペオ前国務長官は政権最終日、中国政府によるウイグル族ら少数民族への迫害について「ジェノサイド(民族大量虐殺)」および「人道に対する罪」であると認定した。バイデン新大統領が国務長官に指名したブリンケン氏も、ジェノサイド認定に同意した。国際社会は中国への圧力を強めていくべきである。

少数民族への迫害を非難

1
続き

中国 新型コロナで春節厳戒

 中国では昨年末から新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあり、再流行すれば経済的打撃だけでなく、政治日程、2022年の北京冬季五輪についても国内外の厳しい視線にさらされる。延べ30億人が移動する春節(旧正月)連休が迫り、習近平指導部は警戒を強めている。 (深川耕治)

3
続き

中国共産党、米主要メディアを完全に乗っ取り済み

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 アメリカの大統領選挙が終え、今回のような惨めな状況になってしまったことで、もっとも罪が重いのはマスメディアです。アメリカの99%のメディアは国家反逆罪に該当すると言っても過言ではありません。

92
続き

香港情勢、決して許されぬ「一国一制度」

 香港では、高度な自治を保障した「一国二制度」が中国によって骨抜きにされ、自由と民主主義が踏みにじられる事態が続いている。

 国際公約でもある一国二制度をないがしろにすることは決して許されない。

 民主派53人の逮捕強行

 香港警察は元立法会(議会)議員ら民主派53人を、国家安全維持法(国安法)の「国家政権転覆罪」を犯した疑いで逮捕した。国安法関連では最大規模の摘発で、米国人弁護士1人も逮捕された。

8
続き

中国 ウイグル族に出産制限を強要

 在米中国大使館が投稿したツイッターから、中国西部の少数民族ウイグル族に対する人口抑制政策の一環として、ウイグル族女性が「子供を産む機械」にならないよう出産制限を課されていることが明らかになった。

3
続き

世界最大規模の児童人身売買組織犯罪をスルーしたペンス氏

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 アメリカ大統領選挙は「バイデン当確」という法律的ステップが完了したようですが、ディープステートがアメリカの三権の隅々まで浸透して、トランプ大統領に罠を仕掛けて落選させた格好です。不正選挙で当選しても、それを認めたら、もう2度と公正な選挙はできない、「民主主義制度の欠陥」を示しましたことになります。

82
続き

中国・華為技術が狙う東南アジア市場

 中国の華為技術(ファーウェイ)が東南アジア市場取り込みに躍起となっている。中国側とすれば「米中テック冷戦下」で欧米などファーウェイ外しが本格化する中、経済面では同国と強い関係を持つ東南アジアを自陣に取り込む思惑がある。習近平政権はユーラシア経済圏構想「一帯一路」の関係国に対し、中国独自のネット空間拡張を狙った「デジタルシルクロード」構想を推進中で、東南アジアはその重点地域の一つとなっている。 (池永達夫)

0
続き

中国ワクチン外交、途上国でホームランとなるか

 2021年。新型コロナという“鬼”に対し、ワクチンが強力な“鬼滅の刃”になり得るか。私たちの関心の的は米欧のワクチンだが、忘れてならないのがまた中国。世界各地で中国製ワクチンによる「ワクチン外交」を展開しているからだ。

3
続き

中国の宇宙開発に求められること

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 昨年12月18日付の中国「人民日報」は無人探査衛星「嫦娥(じょうが)5号」が、月のサンプル採取後に無事地球に回収されたニュースを偉業としてトップで大々的に報じた。これは米・旧ソ連に次ぐ44年ぶりの宇宙開発成果であり、わが国の「はやぶさ2号」の快挙と共に慶賀に値しよう。

0
続き

中国「強権の刃」が迫る

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 習近平体制になり、チベットへの弾圧が再び強まった。チベット語の使用が禁止され、多くの政治犯が捕まった。昨年の1月から7月の間には、54万3000人のチベット人が「職業訓練」という名の下で駆り出され、農業や遊牧などの伝統的生活を奪われた。本来チベット人は約半数が遊牧民で、残りは農業をしていたが、もう田舎には働ける人は残っていない。

6
続き

香港、ウイグル、チベット

アジア太平洋交流学会会長 澁谷 司

 国家主席の任期制限(2期10年)を撤廃する憲法改正を承認し、習近平国家主席続投の道を敷いたのは、2018年3月の全人代(全国人民代表大会)だった。

 この際、習氏は「中台統一には時間がかかる」ことを口実にしたとされる。

 その意味では、習氏にとって台湾併合問題は政権の正統性を懸けた重大課題だ。

3
続き

『孫子』で読む中国の対米謀略戦

哲学者 小林 道憲

 『孫子』というよく知られた兵法書は、今から2500年ほど前、中国春秋時代末期の将軍、孫武によってまとめられたものだといわれる。孫子は言う。戦争は国家の大事であり、国民の生死、国家存亡の分かれ道であるから、よくよく熟慮しなければならない。したがって、無駄な戦いを続けて費用をかけてはならない。

戦わずして勝つ「謀攻」

5
続き

中国が脱炭素化宣言

 中国の習近平国家主席は昨年9月、国連総会一般討論でのビデオ演説で、2060年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにする脱炭素社会の実現を目指すと表明した。30年までに排出量が減少に転じる「ピークアウト」を達成し、60年までに排出量と除去量の差し引きをゼロにするというカーボンニュートラル宣言だ。

3
続き

「天安門」外交文書 対中融和外交の蹉跌鮮明に

 外務省がこのほど公開した外交文書で、天安門事件に関するわが国の融和外交の蹉跌(さてつ)が明らかになった。

サミットで制裁に反対

 天安門事件は1989年6月4日、北京で民主化を求める多くの学生や市民を人民解放軍が虐殺した事件だ。同年7月の仏アルシュ・サミット(先進7カ国首脳会議=G7)での対中非難声明をめぐり、日本政府が表現を和らげようと動いた詳細が文書には書き込まれている。

11
続き

豪州における親中工作 標的の社会的エリート

 世界がコロナ禍に翻弄(ほんろう)され続けた一年だった。170万人以上の命が失われるなど、多大な犠牲を強いられた。一部の国ではワクチン接種が始まったが、コロナの猛威の中で新年を迎えようとしている。

 そんないまいましい新型コロナだが、これからの国際政治を考える上で、“前向きな”変化も出てきた。中国共産党の狡猾な強権・全体主義に対する認識が欧米諸国で急激に厳しくなったことだ。

6
続き

中国「輸出管理法」の狙い (株)アシスト平井宏冶さんに聞く

 中国の日中合弁会社で作った部品が含まれていれば日本から再輸出できなくなる可能性が!中国「輸出管理法」の狙い・背景について、同分野に詳しい株式会社アシストの平井宏冶さんに聞きました。

パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

93
続き

史上最大規模の中国スパイの巣を発覚

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 アメリカの大統領選挙はまだ結果が出ないうちに、中国のスパイが大量に発見されました。今回は前代未聞のレベルです。主に上海在籍の中国共産党員195万人の個人情報が流出しました。中には名前、民族(大半は漢族)、年齢、性別、勤務先まで詳細に記載されています。

53
続き

欧米の支援不可欠な香港民主派

 香港では国家安全維持法(国安法)の施行に伴い、政治的な締め付けが強まったことで一部の急進民主派は海外に逃れ、特に旧宗主国・英国で移民受け入れや欧米からの支援を取り付ける動きが加速している。香港の自決権を求める香港衆志(デモシスト)の元メンバー、羅冠聡氏や立法会議員を辞任した許智峯氏は英国を拠点に香港民主化運動の根を張り、中国当局は動向を警戒している。 (深川耕治)

11
続き

尖閣領有の既成事実化図る中国

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ ギャルポ

 11月に中国絡みで二つの国際的論争があった。一つは中国が一方的に「キムチは中国が元祖である」と主張し、国際標準にしようとする中国ならではの傲慢な姿勢が表れたこと。もう一つは中国の王毅国務委員兼外相の「尖閣諸島はわが国のものである」という暴言である。

6
続き

注視すべき中国の海警法制定

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

1
続き

中国共産党は新鮮な臓器を求める

■不透明な出所

 中国で臓器を求めれば、短時間で見つかると言われている。このため、臓器を求める人には“救いの国”になった。だが臓器を提供するなら、提供者の死を意味する。タイミング良く適合者が見つかるのは不可解で、以前から疑問視されている。

8
続き

「韜光養晦」実現に拍車かける中国

日本安全保障・危機管理学会上席フェロー 新田 容子

 2020年は米中の覇権争いに明け暮れた一年とも言えるが、1990年代に鄧小平が中国の外交・安保方針として唱えた「韜光養晦(とうこうようかい)」(才能を隠して、内に力を蓄える)を押し進めた一年であった。

3
続き