«
»

中国 rss

暗号データ主戦場に敵対、コロナ抑え込み自信増す

新田容子氏 日本安全保障・危機管理学会上席フェロー

民間では中央銀行のない仮想通貨ビットコインなど取引が普及している。

0
続き

楽天、米陸軍士官学校が中国に乗っ取られる

 こんにちは、元中国人、現・日本人の漫画家の孫向文です。

 最近話題になっている事件があります。去る3月31日、日本の楽天グループが、中国IT大手テンセントの子会社から出資の払い込み完了を確認したと発表しました。出資額は657億円で、出資比率は3.65%。中国資本が、巨大な日本人の顧客の個人情報を持つ「楽天」を乗っ取る第一歩が完成したと言っても過言ではありません。

0
続き

米国優位を奪う中国、デジタル通貨で影響拡大

 中国の覇権主義・人権侵害などに国際非難が起き、米バイデン政権は同盟国と対中包囲網を形成する一方、巨大市場をカードに対抗する中国は中央銀行デジタル通貨(CBDC)でデジタル経済に影響力を増そうとしている。日本安全保障・危機管理学会上席フェローの新田容子氏に聞いた。(窪田伸雄)

経済大国になった中国の覇権主義を懸念し、米国を中心に包囲網を築く動きが強まっているが。

3
続き

中国非難決議、今国会で チベットなど13団体が声明

 菅義偉首相の訪米を目前にして中国のチベット人やウイグル人などへの人権弾圧に注目が集まる中、日本ウイグル協会、世界モンゴル人連盟など弾圧を受ける当事者の13団体が12日、東京都内で記者会見を開き、「中国における人権問題を非難する国会決議」の今会期中の成立を求める声明を発表した。

1
続き

中国の内モンゴル同化、加速か 漢語授業早まる

 昨年9月から学校教育を中国語(漢語)中心に切り替える政策が取られている中国・内モンゴル自治区で、段階的に行われるはずだった同政策が予定よりも早く進められていることが、複数の情報筋から明らかになった。

9
続き

【動画】「人民元の基軸化」の深謀 日本の弱腰突いた「海警法」遠藤誉さんに聞く

 中国の中東戦略は、米の制裁でドル決済のできない中東産油国と、人民元を基軸通貨にしようとする中国の思惑が合致したもの。南シナ海でシーレーンが止められた時の陸路でのエネルギー確保も狙う。海警法は日本の弱腰を見越したもの。日本は何をすべきか、中国問題専門家の遠藤誉氏に聞いた。

▼関連動画▼父を失脚させた鄧小平への復讐 習近平の動機を探る 遠藤誉さんに聞く【パトリオットTV:098 -#02】

0
続き

【動画】父を失脚させた鄧小平への復讐 習近平の動機を探る 遠藤誉さんに聞く

 習近平の「毛沢東回帰」の裏には鄧小平によって失脚させられた父・習仲勲の恨みを晴らそうとする復讐がある。また深セン、香港、マカオを結ぶグレイターベイエリア構想は元々鄧小平よりも前に習仲勲が描いていた経済圏構想が下絵となっていたが、功績は鄧小平に横取りされてしまった。習近平の政策の背景を中国問題専門家の遠藤誉さんに聞いた。

0
続き

「新型コロナは超限生物兵器(super-limited biological weapon)」を証明する論文

 こんにちは、元中国人、現・日本人の漫画家の孫向文です。

 昨年、新型コロナを中心に「超限戦事変」(青林堂)を書きました。この本は、中国共産党が人工編集ウイルスの生物兵器で世界各国にバイオテロを行い、それが他国の経済と社会、人口を破壊するための工作だったことを暴露した一冊です。

18
続き

日本企業は取引停止を、ウイグル人強制労働で国際人権団体ら会見

 中国政府によるウイグル人を対象とした人権侵害について、国際人権団体ヒューマンライツ・ナウと日本ウイグル協会は8日、都内で記者会見を開き、取引を通じた「強制労働への関与」が指摘された日本企業に対し該当企業との取引停止などを求めた。

7
続き

ウイグル問題 中国の人権弾圧許さぬ結束を

 中国政府の新疆ウイグル自治区での少数民族ウイグル族への人権侵害などに対して、米国や欧州連合(EU)はじめ各国で批判が強まっており、米政府は来年に予定される北京冬季五輪を同盟国とボイコットする可能性を示唆した。覇権主義や政治弾圧を許さぬ国際的結束を強めて中国の態度を変えるべきだ。

 100万人超を強制収容

1
続き

【動画】米中アラスカ会議の真相 遠藤誉さんに聞く

 米中アラスカ会議では激しい言葉のやり取りがあったが、終わってみれば「いい会議だった」と中国は満足を示した。120年前の屈辱(北京議定書)を晴らそうと中国は周到な準備を重ね、米バイデン政権から言質を取り、日米韓の一角韓国を崩すなど、布石を着々と打ってきていた。背景には習近平中国国家主席の強い決意があった。中国問題専門家で中国問題グローバル研究所の遠藤誉所長に聞いた。

99
続き

中国共産党の戦略無き脅し

■遼寧の南下

 防衛省は4月4日、人民解放軍海軍の遼寧を含む6隻が、沖縄本島と宮古島の間の海域を抜け、太平洋に向けて航行したことを発表した。6隻の中には、先月の18日に日本付近で初めて活動が確認されたレンハイ級駆逐艦も含まれている。

6
続き

中国の対中東政策は破綻の運命に

 中国の対中東政策が注目されている。中国とイランは石油取引や核問題などで利害の共通点が多く、両国は対米政策では共同歩調を取ってきた。サウジアラビアやバーレーンなど他の中東諸国とはあまり縁が深くなかったが、中国はここにきて新しい中東政策を掲げ、中東での影響力拡大に動き出してきた。

 米国や欧州の対中包囲網の突破を目指し、中国の人権問題にも理解を示す一種の共通価値を有する同盟国探しに躍起となってきたわけだ。

5
続き

ウイグル問題、米欧が対中制裁

 米国は3月22日、ウイグル人への人権侵害に対し中国に制裁を科した。欧州連合(EU)や英豪、カナダなども歩調を合わせている。ただ日本は制裁に慎重姿勢を保ったままだ。中国政府は「新疆の顔に泥を塗ることで中国を故意におとしめる内政干渉だ」と非難するが、人権は国境を越えて人類が守り抜かなければならない普遍的価値を有する。 (池永達夫)

7
続き

台湾侵攻は朝鮮戦争の再現

■警戒するアメリカ軍と中国共産党の準備

 次期アメリカ・インド太平洋軍司令官のジョン・アキリーノ海軍大将は3月23日、「中国共産党による台湾侵攻の脅威は深刻だ」と発言。さらに「台湾侵攻は、多くの人が理解しているよりも差し迫っている」と述べた。

中国の台湾侵攻「多くの人が理解しているより切迫」 米軍司令官https://www.afpbb.com/articles/-/3338402

19
続き

【動画コラム】中国の手先、国連関係機関を信用するな!―ワクチンに注意!

 中国はWHOやIOCを通じて中国製のコロナ・ワクチンを提供しようとしている。そこに恐ろしい裏はないか?そもそもWHOや国連のような国際機関が中国の手先になっていないか?それに、どう対処するか?考えてみたい。

【Youtubeチャンネル】Yoshikawa Keiichi「吉川圭一の危機管理司令室」No.46 中国の手先、国連関係機関を信用するな!ーワクチンに注意!

94
続き

中国 米のイラン制裁を無視、原油輸入が昨年の3倍

 バイデン米政権は、トランプ前政権によるイランへの「最大限の圧力」を継続していると主張するが、中国が、禁輸対象となっているイラン原油の輸入を大幅に増加させるなど、バイデン政権下で制裁の形骸化が進んでいることが明らかになった。

 エネルギー専門サイト「オイルプライス・コム」によると、中国のイランからの原油輸入量は、2020年に日量30万6000バレルだったが、今年2月には85万6000バレルに増加した。米調査会社クプラーは、3月の輸入量は日量91万8000バレルと見積もっている。

2
続き

中国人ハッカー、国外のウイグル族を標的

 インターネット交流サイト(SNS)大手フェイスブック(FB)は24日、中国のハッカー集団が、国外に居住するウイグル族のアカウントに侵入したり、マルウエア(悪意あるソフト)に感染させたりしようとしていたが、阻止したと発表した。

1
続き

中国 米の最新チップに食指、兵器開発に導入へ

 米新興IT企業タヒュームが米軍と協力して開発を進めている最新マイクロチップ「プロディジ」の技術を中国が購入しようとしていたが、拒否されていたことが分かった。

 タヒュームのCEO、ラドスラブ・ダニラク氏がワシントン・タイムズに語ったところによると、中国側から10億㌦での買い入れの申し出があったが、中国共産党政治局員の家族が関わっていることが明らかになり、提案は拒否されたという。

3
続き

人民解放軍は弱点を見抜かれている

■戦狼外交で誤魔化す中国共産党

 中国共産党が戦狼外交を使うことは知られている。戦狼外交とは、簡単に言えば脅迫。相手を脅迫して従わせるもので、軍事力で劣る国は中国共産党に従う。だが軍事力を持つ国に行えば、怒らせるだけで終わる。実際にヨーロッパの国々は、中国共産党に反発するようになった。

14
続き

世の中に潜む中国共産党のIT「超限戦」VS保守の新しい交流のSNS

 こんにちは、元中国人・現日本人の漫画家の孫向文です。令和3年2月に、日本に帰化しました。今後は日本人として日本を中国共産党から護るように真実の情報発信活動をし続けていきます。

 昨年出版した著書『超限戦事変』(生物兵器で世界各国にバイオテロを引き起こし、他国の経済と社会、人口を破壊する工作を暴露した一冊)があります。「超限戦」とは「あらゆるの手段と戦法で相手を倒す」という意味で、兵器以外、ウイルス、細菌などの微生物、有害外来種、世論への浸透、金銭的誘惑、ハニートラップ、なりすまし、テロ、IT技術等々…。今回は「IT技術」に特化して、最近の中共がどのような「超限戦」を行っているのかというニュースに関してお伝えします。

9
続き

中国は人権問題で「後進国」自認?

 欧州連合(EU)は中国の新疆ウイグル自治区での人権弾圧に抗議し、対中制裁を実施することを決めた。ロイター通信によると、中国の4個人と1団体に対し、EUへの渡航禁止や資産凍結といった制裁が科せられる。EUの対中制裁は1989年の天安門事件以来のものだ。EUは22日外相会議で正式に承認する予定だ。 中国側の激しい反発が予想されている。

6
続き