«
»

アジア・オセアニア rss

賛否あるネパール11月選挙

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 この夏、私はネパールとインドへ出掛けた。目的はネパールの動向の研究である。2001年の、あの悲惨な王室の惨劇以来、政治が不安定な様相を抱えたままになっている。私は少年時代、ネパール系の人々の多いインドのダージリンで過ごした。そのお陰でネパール人の友人も多く、かつては言葉も不自由なく暮らしていた。今も流暢ではないがコミュニケーションには困らない。

0
続き

残酷なビデオに非難集中 フィリピンから

地球だより

 フィリピンで撮影されたとみられる残酷なビデオがフェイスブックを中心に話題となり、その作成者を特定して処罰を求める声が高まっている。

0
続き

インド洋安保で連携強化を

 日英安全保障協力会議(笹川平和財団、英国王立防衛安全保障研究所共催)が、このほど都内のホテルで開催された。安倍晋三首相は基調演説で「英ジェームズ1世の命で東インド会社の船が長崎に来航したのが1613年。今年は日英関係が発足して400周年を迎える」と歴史的経緯に言及。英国王室のアンドルー王子は「歴史的な日英関係を21世紀の現在に活かす工夫が大事だ」と語った。(池永達夫、写真も)

1
続き

懸念される東シナ海の有事

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 去る8月12日に日中平和友好条約35周年を迎えた。冷戦下に多くの障壁を克服して平和友好が約束されたが、今日の両国関係は、昨年の国交正常化40周年も含めて、慶賀すべき節目を迎えながら友好とは逆の方向に進んでいる。

0
続き

中国とどう付き合うか?日本の政治再建は? 京都大学名誉教授 中西輝政

 安倍晋三首相のブレーンとして知られる中西輝政京都大学名誉教授は、150回目を迎えた世日クラブ講演会(8月20日)で、「中国とどう付き合うか~日本の政治再建は?」と題し講演した。中西氏は、中国経済の世界史的異変を指摘した上で、二つの選挙で大勝した安倍政権に対し保守派の分裂を警戒すべきだと釘を刺した。以下はその講演要旨。

実質成長は2、3%の水準

対中姿勢は聖徳太子に習え/グローバルな価値基準を軸に

2
続き

日米、ASEAN、印の連携強化を

新グレートゲーム・中国南進の海中国南進の海(8)

 アジア情勢は乱気流を伴った今年の春の天候に似ている。インドの新聞各紙は、中国ネタで持ちきりだ。3月には「中国がモルディブ・マラオ島で潜水艦基地建設か」とのニュースが流れた。

2
続き

衛星打上げ基地を中国海南島文昌へ

新グレートゲーム・中国南進の海中国南進の海(7)

 意外だが中国内陸部は、重化学工業とハイテク産業の集積地となっている。

 これは1960年代、中ソ関係が悪化。中国は核戦争サバイバル手段として、上海や東北部に集積していた軍需産業を内陸に大移転させた「三線」建設の経緯があるからだ。「三線」というのは、沿海部を第一線とし、四川省や雲南省など内陸部が第三線、その間が第二線という設定だ。

1
続き

中国海南島三亜が南シナ海睨む空母基地へ

新グレートゲーム・中国南進の海中国南進の海(6)

 同じ緯度にleftし常夏であることから「中国のハワイ」と呼ばれる海南島・三亜。24年ぶりに訪れて驚愕した。

 当時は珊瑚がゴロゴロ転がっている白い砂浜にマリンブルーの海こそ素晴らしかったが、ホテルはバンガロー風のものだった。

1
続き

米露印引きつけ中国牽制するベトナム

新グレートゲーム・中国南進の海中国南進の海(5)

 ビーチリゾート地ニャチャンの南方60キロにあるベトナム最良の港湾の一つ、カムラン湾は真っ白い砂が目に眩しい。

 湾の入り口は1・2キロと狭いが、北側の細長いカムラン半島と南側のビン・ハイ半島に挟まれる格好の内部は広く、水深も12メートル以上と大型船寄港も可能だ。

1
続き

空母3隻体制でインド洋守る

新グレートゲーム・中国南進の海中国南進の海(4)

 スリランカのラジャパクサ大統領は2005年の政権発足以来、中国への傾斜を強めている。政府が少数派タミル人の武装組織「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」との25年に及ぶ内戦で勝利したのは、最後は中国の軍事支援が効いたからでもあった。

1
続き

スリランカ の“アラブの港”に中国がくさび

新グレートゲーム・中国南進の海中国南進の海(3)

 インド洋の真珠と言われるスリランカでは、一昨年来、8%台の高度成長が続くほど経済が好調だ。

1
続き

シットウェー港で中国牽制するインド

新グレートゲーム・中国南進の海中国南進の海(2)

 ベンガル湾に面したミャンマー西部のラカイン州チャウピューと中国雲南省昆明を結ぶパイプラインは地下に埋められている。ミャンマー北部の落差の大きい昼夜の温度差でパイプラインの劣化を防ぐのと、何より反政府武装少数民族のターゲットにならないようにするためだ。

 このためパイプラインそのものを見るには、工事現場に赴くしかない。

1
続き

ミャンマー横断のパイプライン 中国、来月にも完成へ

新グレートゲーム・中国南進の海 中国南進の海(1)

上海協力機構を軸に中央アジアの取り込みを図る中国は、インド洋でも米印海軍を相手に虎視眈々と戦略的動きを加速させている。中央アジアは19世紀にロシアと英国がグレートゲームを演じた場だが、21世紀においても中露米印が絡んだ新グレートゲームが展開されている。さらに中央アジアだけでなくインド洋や他の海洋でも、中国は囲碁に似た布石を打ち始めている。(池永達夫、写真も)

1
続き

過去から学ぶ中国の拡張主義 桐蔭横浜大学法学部教授ペマ・ギャルポ氏

尖閣問題に臨む日本の覚悟  力の信奉国家・中国には力で対処を

 チベット出身で中国問題に詳しいペマ・ギャルポ桐蔭横浜大学法学部教授が昨年12月19日、世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)で、「過去から学ぶ中国の拡張主義~尖閣問題に臨む日本の覚悟」と題して講演した。ペマ教授は、「中国という国は力しか信用しない。相手が譲歩したら弱いとみる」と述べ、日本政府に毅然とした対応を貫くことを求めた。講演内容は以下の通り。

7
続き