«
»

アジア・オセアニア rss

習主席の鉄腕統治 いずれ揺り戻しも

2015 世界はどう動く 識者に聞く(21)

評論家 石平氏(下)

 ――香港の雨傘革命をどう見るか。

 学生らの民主化運動そのものは成功したわけではないが、習近平が勝ったわけでもない。中国は鎮圧したからといって何か得たわけではない。むしろ、運動が起きた時点で中国は敗北している。

4
続き

中国が仕掛ける歴史戦 日米提唱の法的秩序に反撃

2015 世界はどう動く 識者に聞く(20)

評論家 石平氏(中)

 ――今年、戦後70年ということで、中国は「歴史戦」を仕掛けてくる?

 昨年、中国は日本との戦争に関わる二つの国家的記念日を決めた。一つは、9月3日の抗日戦争勝利記念日。もう一つは12月3日の南京大虐殺記念日を国家的追悼日に定めた。

 両方とも大々的なキャンペーンを展開し、式典に習近平主席自身が出席している

5
続き

中国の海洋大国化 米のリバランスで失敗も

2015 世界はどう動く 識者に聞く(19)

評論家 石平氏(上)

 ――中国は海洋国家に舵(かじ)を切ってきた。しかし、大陸国家が海洋国家に転じると破綻するという地政学的なテーゼからすると、中国の抱え込んだリスクは大きい。大陸国家が海洋国家へと転じて成功したのはローマと米国だけだ。

 中国の海洋国家建設は失敗に終わると思う。

 中国が海を狙うと、日米やアジア諸国も全部、敵にまわしてしまうことになる。

5
続き

空を飛ぶ灯籠リスク

地球だより

 タイ陰暦12月の満月の夜に灯籠(とうろう)を流して1年の罪を流すタイの伝統行事「ロイクラトーン」は有名だが、灯籠を川に流さず空に飛ばす「コムローイ」がタイ北部チェンマイならではのローカル行事として人気を博している。

 空を飛ぶコムローイの原理は、熱気球と同じでロウソクの炎でもって紙や布で作られた小さな気球の中の空気を暖め天空に飛ばす。

0
続き

行政長官と民主派、「香港独立」めぐり舌戦

 昨年9月から79日間続いた雨傘革命がようやく収束した香港では立法会(議会=70議席)で梁振英行政長官の施政方針演説を皮切りに香港独立論に対する舌戦が民主派と親中派の間で展開されている。親中派からは中央で審議中の国家安全法の香港適用を提唱する案も出ており、中国からの独立か隷属かとの急進論に親政府派は否定的な動きを見せるしかないスタンスだ。(香港・深川耕治)

0
続き

フィリピンでのローマ法王歓迎の熱狂

地球だより

 その熱狂ぶりは宗教指導者というよりも、ロックスターという表現がふさわしいかもしれない。フィリピンで老若男女を問わずに、これほど人気のある人物はいないだろう。まさに別格の歓迎ぶりで、この国がカトリック大国であることを改めて思い知らされた。ローマ法王のフィリピン訪問は20年ぶりのことだ。

0
続き

スリランカ、中国傾斜から脱却も

 8日行われたスリランカ大統領選挙で、現職のラジャパクサ大統領の親中路線に反対してきたシリセナ氏が野党連合の統一キャンペーンに成功し当選した。9日の大統領就任式では、野党、統一国民党(UNP)党首のウィクラマシンハ元首相が同時に新首相に就任。シリセナ新大統領は、ラジャパクサ前大統領が2010年の憲法改正で行った大統領の3選禁止条項の撤廃、最高裁長官や検事総長の大統領による任命といった規定を全て廃止し、強大になり過ぎた大統領の権限を縮小するなど民主化路線を公約しているが、注目されるのは中国に傾斜した外交路線の転換だ。(池永達夫)

0
続き

人気職業は医師、軍人、警察官

地球だより

 スイス企業が昨年末、タイで行ったアンケート調査で、「住みたい夢の国」を問う質問に対しタイが1位に浮上した。まあ、住めば都だし健全なナショナリズムのなせる業とも思えるが、2位は3位の米国を抜き、日本だった。

 昨年来、タイから日本への観光がノービザになって急増中だし、一度来るとリピーターになる確率も高いことから、日本の人気は急上昇中だ。

0
続き

法王来比控え高まる熱気と混乱

 国民の約8割がカトリック教徒のフィリピンでは、ローマ法王の訪問を間近に控え、次第に熱気が高まる一方、ミサなどの一連の行事に多くの人々が殺到することが予測されており、混乱を防ぐため関係機関が準備を整えている。訪問まで1カ月を切った昨年末に訪問期間が突然連休となったり、マニラ国際空港の利用が大きく制限されるなど、各方面で混乱も広がっている。(マニラ・福島純一)

0
続き

新華社10大ニュースの意図

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 中国では習近平政権の反腐敗闘争h4や権力集中が続く中で、昨秋の共産党中央委員会第4回総会(4中総会)と北京APECから次の段階に進もうとしている。

0
続き

カンボジアの高校卒業試験で6割落第

地球だより

 カンボジアで毎年行われている卒業試験で、昨年の合格者は26%。残る4分の3が不合格となるという衝撃的な結果となった。例年8割以上の高校生が合格していたのに、ちょうど合格者と不合格者の割合が逆転したような前代未聞の事態になった。

0
続き

習政権が団派排除、権力基盤を強化

 中国では昨年末、胡錦濤前国家主席の腹心だった令計画党統一戦線工作部長が党の取り調べを受けて解任された。江沢民元国家主席に近い周永康前政治局常務委員の汚職摘発に続き、胡氏の支持基盤である共産主義青年団(共青団=団派)出身の有力幹部に取り締まりが及び、党内の有力派閥が次々と弱体化に追い込まれている。汚職摘発の大義名分で習近平国家主席は他派閥を抑え込み、党内権力基盤を着々と強化している。(香港・深川耕治)

0
続き

中国は「ボコ・ハラム」に似ている

 中国反体制派の海外メディア「大紀元」(12月26日)よると、西安市にある西北大学・現代学院のキャンパスで、クリスマスを祝うことを批判し、「欧米の休日に反対」や「西洋文化をボイコット」などのスローガンが掲げられた。大学側はイブの夜に学生全員を集め、孔子など中国の伝統文化を紹介する映像を鑑賞させたという。この記事を読んで驚いた。

 クリスマス禁止令は欧米のキリスト教文化の影響を阻止し、伝統文化を擁護するという理由からだろうが、その主張は、ナイジェリアで少数宗派の信者たちを迫害するイスラム過激派テロ組織「ボコ・ハラム」を想起させる。「ボコ・ハラム」とは、「西洋の教育は罪」という意味だ。クリスマスは中国文化に悪影響を及ぼすという中国共産党政権の主張となんと酷似していることだろうか。

0
続き

フィリピンのカラオケ騒音地獄

地球だより

 カラオケは日本発祥だが、「カラオケ好き」ということならフィリピン人の方が勝っているかもしれない。

 日本でカラオケと言えばカラオケボックスが定番だが、これは近所への騒音問題もあるし、知らない人に歌声を聞かれるのが恥ずかしいという人も多いからだろう。

0
続き

中・タイ急接近を牽制、暫定首相招請で日本

 タイ軍事政権のプラユット暫定首相が来年2月上旬に日本を訪問する。5月の軍事クーデター後、同暫定首相が訪日するのは初めてだが、今回の訪日は強い日本側の要請によるものだ。目的は中国へ急接近するタイを引き留めておくことにある。(池永達夫)

 5月22日の軍事クーデターで軍主導で構成されたタイ暫定政権は、閣僚の多くが軍の関係者で占められている他、立法議会の過半数が軍関係者であるなど、事実上の軍事政権だ。

0
続き

タイでの職業訓練校生徒の対立

地球だより

 タイのチャリティーコンサート会場で若者同士の乱闘事件が発生した。同事件を報じる新聞を読み、「ああ、またか」と思った。

 タイでは、この種の事件が後を絶たない。

 「若者」と「乱闘」の後に来るキーワードは、決まって「職業訓練校生徒」だ。

0
続き

比の“最厳重警備”の刑務所、実は組織のボスの楽園

 このほどフィリピン国家捜査局と国家警察などが合同で、マニラ首都圏にある刑務所の抜き打ち検査を行ったところ、麻薬組織や強盗団のリーダーなどの収監者が、ホテルのように改装された部屋で、豪華な生活を送っている実態が明らかとなった。以前から刑務所内における一部収監者の特別待遇は問題となっていたが、アキノ大統領が目指す「汚職なければ貧困なし」のモットーとは裏腹に、壁の中でも経済格差を背景にした腐敗は広がる一方のようだ。(マニラ・福島純一)

0
続き

沖縄と台湾「琉中の絆」

中琉文化経済協会 謝國棟理事長に聞く

 台湾(中華民国)は10月10日、1911年の辛亥革命から数えて、今年で103回目の国慶節を迎えた。台湾と日本はその間、友好関係を維持し、さまざまな分野において緊密な交流を図っている。そうした中、台湾に最も近い沖縄と台湾の友好交流を促進する組織として、台湾側には中琉文化経済協会があり、沖縄県には、中琉協会(國場幸一会頭)がある。中琉文化経済協会は、台湾にあっても重要な役割を担って沖縄との交流を50年余にわたって存続しており、このたび、“若き理事長”として謝國棟氏が新しく理事長に就任した。沖縄との一層の交流促進などについて謝理事長に聞いた。(聞き手=ジャーナリスト・山口芳弘)

0
続き

香港の75日、一国二制度の矛盾浮き彫り

 香港行政長官選挙の制度民主化をめぐり、香港当局は11日、金鐘(アドミラルティー)の大通りを占拠していた学生団体ら民主派に対し、警官隊を動員してバリケードの全面撤去を行って247人を逮捕、幹線道路を開通させて一掃した。9月末から75日間にわたる占拠デモは終結したが、中国が台湾に提起する一国二制度の矛盾が浮き彫りになり、中国の香港統治は混迷の度を深めている。(香港・深川耕治)

0
続き

中国と結ぶタイの高速鉄道

地球だより

 タイ議会は4日、高速鉄道2本の建設プロジェクトを賛成多数で可決した。タイの鉄道は日本と同じ狭軌だが、中国の鉄道と同じ広軌でレールの幅は1435㍉となる。中国はラオス政府とも高速鉄道建設で合意しており、実現すれば北京からビエンチャン、バンコクを経由してシンガポールまでレールで結ばれることになる。

 投資総額は約1兆3000億円。中国がタイ高速鉄道プロジェクトに参入するのはほぼ間違いない。

0
続き

台湾民主主義示した地方選

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

 11月29日に投開票された台湾の統一地方選挙は、焦点の6大都市の市長選挙で与党・国民党が現有の四から一つに減らすという「大敗北」を喫して終わった。

 中国から陰に陽に加えられてきた脅威におびえてきた台湾人は、中国に依存しなければ台湾は生き残れないと、中国寄りの馬英九政権を容認してきた。

1
続き

季節外れの台風で混乱するフィリピン

地球だより

 昨年11月に大型台風が上陸し甚大な被害が出たフィリピン中部に、再び台風22号が接近し緊張が走っている。まさに現地のクリスマスムードを吹き飛ばすかのような状況だ。

0
続き

中国の台頭顕著なフィジー、都内で太平洋島嶼国シンポ

 太平洋島嶼(とうしょ)国の動向をテーマにしたシンポジウム(フィジー大使館・笹川平和財団共催)が11月27日、都内で開催された。鮮明に浮かび上がったのは太平洋島嶼国に出てきている中国の台頭とわが国の援助の深化が課題となっていることだった。(池永達夫、写真も)

0
続き