■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • アジア・オセアニア rss

    中国、フランスの影響

     ベトナムを旅すると、フランスと中国の影響下にあったことを肌で感じる。クリーム色の建物などフランスを感じさせるが、何より食文化として残ったのが、フランスパンだ。

     ラオスやカンボジア同様、ベトナムにはフランスパンがよく売られており、味も結構いける。路傍ではフランスパンを使ったサンドイッチ屋台が出ていて、国民食にもなっている。

    0
    続き

    マレーシア政府系ファンド流用問題

     マレーシアのリム・グアンエン財務相は先月、米フィナンシャル・タイムズ紙に「われわれが(米投資銀行ゴールドマン・サックスに)求めている金額は75億ドル(約8300億円)だ」と述べ、マレーシアの政府系ファンド「ファースト・マレーシア・デベトップメント(1MDB)」の不正資金流用問題で、ゴールドマンに債権発行額や手数料を超える巨額賠償を求める考えを明らかにした。 (池永達夫)

    0
    続き

    中台関係、習政権の強硬姿勢に警戒を

     中国の習近平国家主席は、台湾政策について「武力使用を放棄することは承諾できない。一切の必要な措置を取る選択肢は留保する」と明言した。習政権の台湾への強硬姿勢に警戒する必要がある。

    「一国二制度」も検討

    0
    続き

    近くても違う島国の天気

     台湾を取材する機会があった。出掛けたのは台北と彰化県。彰化県というのは、中部の台中の南に隣接した県だ。高速鉄道(新幹線)で約1時間20分と近い。だが、距離的には近くても、天候はがらりと変わる。

     5日ほど、台北にはいたが、一日たりとも太陽を見たことはなかった。いつも曇天模様か小雨だった。確か2年前の総統選挙取材の折も、似たような天気だった。

    0
    続き

    フィリピン南部で戒厳令が再延長

     フィリピン国内で物議を醸している戒厳令が、ドゥテルテ大統領の強い後押しで再び延長された。南部ミンダナオ島で活動するイスラム過激派や共産ゲリラなどの掃討を目的に、ドゥテルテ大統領が強く求めていたもので、12日に上下両院が賛成多数で承認した。しかし左派系議員や人権団体などからは、人権侵害が悪化するとの批判もあり反対意見も根強い。 (マニラ・福島純一)

    0
    続き

    南国フィリピンのクリスマス、マニラ首都圏で様々なイベント

     国民の大半を占めるカトリック教徒のフィリピン人にとって、クリスマスは1年で最も重要な祝日だ。早くも9月からクリスマスシーズンが始まり、12月初めには職場などで忘年会ならなぬクリスマスパーティーが開催され始め、各地での催し物も活況となる。

     マカティ市のビジネス街の中心地にあるアヤラ・トライアングルでは、クリスマス恒例のイルミネーションショーが毎日開催され、インスタ映えする記念写真を求める若者たちで賑わう。

    1
    続き

    長蛇の列となった台湾選挙

    平成国際大学教授 浅野 和生

     11月24日(土曜日)に投票が行われた台湾の統一地方選挙の結果は、全国22の県市の首長のうち与党の民進党が選挙前の13県市から6県市へと激減し、野党の国民党は6県市から15県市へと倍増以上の結果となった。まさに翌日の地元紙、聯合報が「民進党大崩盤」と伝えた通りである。

    0
    続き

    習氏・北外相会談、うわべだけの非核化は不要だ

     中国の習近平国家主席は訪中した北朝鮮の李容浩外相と会談し、双方が朝鮮半島の非核化実現の重要性を確認したという。中国は米国に対し一定の配慮を欠かせない立場から、また北朝鮮は来年初めにも開催が見込まれる2回目の米朝首脳会談に向け、それぞれが非核化に言及したものとみられる。だが、これまで何度も確認されたはずの非核化は一向に進展しておらず、果たして両国が本当に非核化を望んだ上での確認なのか疑問だと言わざるを得ない。

    米朝会談前に関係強化

    3
    続き

    収容所は地獄よりひどい

     中国当局によってウイグル人が強制収容所へ送られている問題で、家族を収容されたウイグル人男性が7日、東京・永田町の憲政記念館で行われた呉竹会アジアフォーラム(同会主催)に招かれ、当局から受けた弾圧や収容所の過酷な実態について証言した。

    4
    続き

    人食い海水ワニを捕獲

     フィリピン最西端のパラワン州で、全長が5メートル近くもある巨大なイリエワニ(海水ワニ)が捕獲され話題となっている。

     先月末に行方不明になった漁師の遺体の一部が発見され、それにワニのものと考えられる咬傷が確認できたため、「人食いワニ」の捕獲作戦が実行されたのだ。

    0
    続き

    台湾次期総統選、候補選びが混迷

     台湾与党の民進党は統一地方選での惨敗で蔡英文総統が党主席を引責辞任したことを受け、来年1月6日に党内選挙で正式な党主席を選出し、2020年1月の総統選に向けて党勢立て直しを図る。求心力のある有力候補が見当たらず、大勝した野党・国民党も呉敦義党主席が高齢かつ地味なために次期総統候補選びは与野党とも混迷が予想される。 (高雄・深川耕治)

    6
    続き

    変貌する日本

     日本は、ダグラス・マッカーサー元帥が第2次世界大戦後に日本の社会を再建して以来、まさに最大の文化変容の段階に入ろうとしている。経済が成功するには高度の技術を有する労働力の存在が鍵となるのだが、その代わりになるものをはっきり持たないまま、日本人は、外国人労働者――中には永住する者をも含む――を入国させようという計画を推し進めようとしている。

     日本のしっかりと仕組まれてきた人口は、ほかのどの国よりも急速に高齢化している。目下の予測によると、日本の人口は、今後の40年間に現在の1億2600万人から約8700万人に減るということである。日本は決して海外からの移民を歓迎してきてはおらず、そして、その堅苦しく、独特な社会構造のために、新来者は同化するのが難しくなっている。

    0
    続き

    台湾統一地方選 大敗の背景

    平成国際大学教授 浅野和生

     11月24日(土曜日)に投票が行われた台湾の統一地方選挙における最大の勝者は、高雄市長に選出された国民党の韓国瑜であった。

    1
    続き

    なぜ東トルキスタン独立を目指すのか

    在米ウイグル人牧場主 ヌリ・ティプ氏に聞く

     中国新疆ウイグル自治区での強制収容所が人権問題として世界的な注目を集めている。中国政府は職業訓練所であり、語学学校と弁明するこの問題を、東トルキスタン独立をライフワークとして取り組んでいる在米ウイグル人牧場主ヌリ・ティプ氏に聞いた。 (聞き手=池永達夫)

    新疆にいるお兄さんが死刑判決を受けたというのは本当か。

    2
    続き

    日本人に忍び寄る睡眠薬強盗

     マニラ首都圏で外国人観光客を相手に横行する睡眠薬強盗。飲み物に入れた強力な睡眠薬で被害者を眠らせて、その隙にATMカードを奪い銀行から現金を引き出すという手口だ。日本大使館の警告にもかかわらず、最近また日本人観光客が犠牲になった。

    1
    続き

    中国の新植民地主義を警戒

     5月の首相復帰後、3度目の来日を果たしたマレーシアのマハティール首相(93)は11月6日に、都内のホテルで開催されたビジネスフォーラムで自国の財政事情について言及し、「無法者の集まりだった前政権の借金は、1兆リンギット(約27兆円)だった。どう返すのか途方にくれるほどだ」と回顧した。 (池永達夫)

    0
    続き

    中国の圧迫に苦悩する台湾

    拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

     台湾の地方選挙では民進党の大敗が伝えられているが、先立つ11月8日、淡江大学で開催された国際シンポジウムに参加してきた。この国際シンポは日本安全保障・危機管理学会(JSSC)と淡江大学の研究交流を目的として着手された意見交換会で、渡辺利夫拓殖大学総長(当時)がJSSC会長時代に着手され、第3回を迎えて盛大に挙行された。

    3
    続き

    台湾与党大敗、中国の圧力強化に警戒を

     台湾の統一地方選で与党・民進党が大敗した。「一つの中国」原則を受け入れない民進党の敗北を機に、中国の習近平政権が民進党の蔡英文政権への攻勢を強めることが予想される。

    蔡総統が主席辞任を表明

     民進党は22県市の首長選で首長ポストを13から6に半減させた。民進党地盤の高雄市長選では同党新人の陳其邁氏が最大野党の国民党新人の韓国瑜氏に敗れ、台中でも民進党現職の林佳龍氏が国民党新人の盧秀燕氏に敗北した。

    1
    続き

    台湾統一地方選 与野党が大接戦

     24日投開票の台湾統一地方選挙は23日、選挙戦最終日を迎え、前回選挙で大敗した最大野党・国民党が中盤から終盤で急速に支持率を伸ばして優勢だが、与党・民進党が最終盤で挽回しつつあり、与野党が激しく競り合っている。同選挙管理委員会によると、24日午後4時(日本時間同5時)に投票が締め切られ、同日中に当落結果が判明する見通しだ。

    0
    続き

    インスタ映えの観光名所

     SNSのインスタ映えするニーズは、今や世界的な現象だ。インドネシアでもインスタ映えする観光名所が誕生している。注目を集めているのが、同国ジャワ州にある天然の泉だ。

     長さが70メートル、幅が40メートルで深さが2メートルのこの泉は、観光施設として整備されている。泉の底からは多くの湧き水が出ていて、水中の透明度はすこぶる高い。さらに水中には多くの熱帯魚が泳いでいる。

    0
    続き

    習主席のフィリピン公式訪問

     中国の習近平国家主席が20日、フィリピンを公式訪問した。中国の国家主席がフィリピンを訪問するのは実に13年ぶり。南シナ海の領有権問題で激しい対立を繰り広げたアキノ前政権から一転し、融和姿勢を強調するドゥテルテ大統領の取り込みを確実にし、南シナ海の領有権をめぐる東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国との話し合いで有利に立ち回りたい中国の思惑が透けて見える。また、フィリピン側もこれを利用して経済支援を獲得し、立ち遅れるインフラ整備に一気に弾みをつけたい考えがある。 (マニラ・福島純一)

    0
    続き

    フィリピン国際モーターショー、新型ジムニーが人気

     このほどフィリピン自動車工業会(CAMPI)は、国内最大級の自動車展示イベントの「フィリピン国際モーターショー」をマニラ首都圏パサイ市にあるワールド・トレード・ センターで開催した。

     ショーではトヨタ、三菱、ホンダ、マツダ、スズキ、いすゞ、日産などの日本メーカーを中心に、BMW、メルセデス・ ベンツ、フォルクスワーゲンなどの欧州メーカーも出展し、最新の技術を使った自動車を展示した。ショーではスズキが発表した新型ジムニーが注目を集めていた。

    2
    続き

    オーストラリア「エルサレムに大使館」検討

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     オーストラリアのモリソン首相は10月16日、エルサレムをイスラエルの首都として公式に認め、商都テルアビブに設置されている豪州大使館のエルサレム移転を目下検討中であると記者会見の場で発表した。実現すれば今年5月に移転を断行したトランプ米政権に追随する動きとなる。

    2
    続き