■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 国際 rss

    イスラエル軍のガザ空爆で7人死亡

     イスラエル軍は12日から13日にかけ、パレスチナ自治区ガザ地区の150カ所以上に空爆や砲撃を行い、ガザ地区の保健省によると少なくとも6人が死亡した。一方、ガザ地区からは12日、イスラエル南部に約400発のロケット弾が撃ち込まれ1人が死亡、約70人が負傷した。近年では最大規模の攻撃の応酬とみられ、双方の報復攻撃がエスカレートする恐れがある。

    0
    続き

    BTSは韓国の歴史教育の所産だ

     米ロサンゼルスに本部を置くユダヤ人団体「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」(SWC)は11日、世界的人気を呼んでいる韓国ポップグループ「防弾少年団」(BTS)のメンバーが過去、ナチス親衛隊(SS)の徽章が装飾された帽子をかぶっていたことに言及し、「ナチス・ドイツ軍の蛮行を思い出せるものでユダヤ民族への侮辱だ」と批判し、謝罪を要求した、という外電が流れてきた。

    1
    続き

    ホールフーズ】プライムでターキー激安!プライムナウとインスタカートの違いとは?

    ■アマゾンとホールフーズは13日、ターキー(七面鳥)など感謝祭のディナーに添えられる食材を中心に多くの商品を値下げすることを発表した。年会費119ドルのアマゾン・プライム会員にはさらに値引きして販売し、新規会員の獲得を目指す。

    0
    続き

    E-2ビザに関するよくある質問について 投資額はどのくらい?/自宅兼オフィスはOK?など

    E-2ビザとは何ですか?

    E-2ビザは、外国人の投資家に、米国内でビジネスを始めたり、あるいはビジネスを買収することを可能にするものです。投資家は(グリーン・カードをもっていない)日本国籍の人でなければいけません。その投資家が国籍をもつ国と米国との間に協定が存在している必要があり、日本は米国とその協定を結んでいる約80カ国のうちの一つです。

    どれだけの金額を投資する必要があるのですか?

    0
    続き

    韓国は徴用工判決で自滅へ 新日鉄住金の門前払いを支持する

     最近、当ウェブサイトでは特定国に関する話題が続いていて、まるで「韓国専門サイト」のようになってしまっていますが、やはり、「現実は小説より奇なり」の言葉どおり、日々、事態が動いています。ちょっと目を離していると、あっという間に現実から取り残されそうになってしまいかねません。ここで、現時点までの動きをいくつか確認しておきたいと思います。

    ●徴用工代理人を門前払い

    0
    続き

    マクロン氏「欧州軍」の創設提唱

     フランスのマクロン大統領が6日、欧州の自主防衛のための「真の欧州軍」の必要性に言及したことで、米仏関係がギクシャクしている。マクロン氏の釈明に理解を示したトランプ米大統領だが、環大西洋の安全保障の枠組みは、北大西洋条約機構(NATO)の在り方を含め、新たな時代に差し掛かっているとも言える。(パリ・安倍雅信)

    1
    続き

    トランプ氏、共産主義の犠牲者を追悼

     トランプ米大統領は、「共産主義犠牲者の国民的記念日」の7日、声明を発表。共産主義体制下での弾圧、抑圧で死亡した「1億人」に哀悼の意を表明するとともに「すべての人々の自由と機会の促進」を訴えた。

     トランプ氏は声明で「独裁的共産主義政権によって殺害され、弾圧された1億人以上の人々をしのび、世界中の平和、繁栄、自由のために戦う人々を強く支持する」と自由民主主義の促進への決意を改めて表明した。

    2
    続き

    「神父」も「牧師」もいない寂しい教会

     新約聖書「ルカによる福音書」10章には「収穫は多いが、働き人が少ない」と嘆くイエスの聖句があるが、ドイツのローマ・カトリック教会(旧教)ばかりか、プロテスタント教会(新教)でも(収穫は別として)深刻な働き人(聖職者)不足に悩まされている。この傾向が続くと、新旧教会の存続が危ぶまれるという声すら囁かれている。すなわち、ドイツの新旧キリスト教会で「神父」も「牧師」もいない“寂しい教会”がこれから多く出現するというのだ。

    1
    続き

    親政府派とフーシ派が戦闘、イエメンで149人が死亡

     イエメンの港湾都市ホデイダで、ハディ暫定大統領側の親政府派と、イランが支援するイスラム教シーア派「フーシ派」が戦闘を展開、同国の医療および軍関係者が12日、明らかにしたところによると、24時間以内に少なくとも149人が死亡した。

     仏メディアが医療関係者の話として報じたところによると、フーシ派の戦闘員110人と親政府派の戦闘員32人が死亡した。

    0
    続き

    革新勢力振るわず、民主党は路線対立の表面化も

     今回の米中間選挙で注目を集めていたのが、今年夏以降に社会主義的政策を訴え民主党予備選で台頭した革新勢力だ。

     6月にはニューヨーク州の下院予備選で、28歳の新人女性候補、オカシオコルテス氏が民主党の重鎮を破る番狂わせで一躍注目を集めた。前回の大統領選で旋風を起こしたバーニー・サンダース上院議員と同じく「民主社会主義者」を自称するオカシオコルテス氏の勝利は、革新勢力台頭の象徴とされた。

    1
    続き

    中国がサイバー経済スパイ禁止合意に違反

     中国は、オバマ前政権時に、米中双方がサイバー経済スパイを支援せず、実施しないとする合意を交わしたが、この合意を順守していない。米国家安全保障局(NSA)当局者が8日、明らかにした。

     トランプ大統領のサイバーセキュリティー調整官を務め、現在はホワイトハウスのサイバーセキュリティー政策を担当するロブ・ジョイス氏は、サンフランシスコのカリフォルニア科学アカデミーで行われたアスペン研究所主催のパネルディスカッションで、2015年の合意に違反していると中国を非難した。

    2
    続き

    西部で再生可能エネルギーに反対

     【デンバー】地球温暖化は6日の中間選挙で注目されることはなかった。化石燃料反対を訴える活動は西部州で敗北、壊滅的な気候変動へ警告を発する環境グループにとっては痛手となった。

     選挙では、コロラド州で水圧破砕法のほとんどを禁止すること、アリゾナ州の再生可能エネルギーの水準の3倍化、ワシントン州での画期的な二酸化炭素排出課税は拒否された。これは、地球を救うためには負担の重い政策が必要だと有権者に説得することがいかに困難かを物語っている。

    0
    続き

    政治倫理を欠くトランプ氏との外交関係

    2018年11月11日

     ストロングマン(強権的政治指導者)という視点で政治の潮流を見つめることが目立ちます。トランプ米大統領はその頂点にいます。政治学者やメディアは「政治指導者」と訳しています。政治倫理に欠け、指導者の資格がない人物が多く、「指導者」というのは、どうかなとは思います。

    1
    続き

    一貫性欠くトランプ氏批判

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     大統領が、南部国境の安全を守るために米軍を派遣すると発表した時、議会からは超党派で称賛された。ワシントン・ポスト紙は、国境への軍の派遣を「スマート・ポリティクス」と呼んだ。2011年のことだ。当時の大統領はバラク・オバマ氏。オバマ氏が「ファランクス作戦」の一環として国境に送った州兵は、約1万8000人の不法移民を拘束し、25㌧以上の違法薬物を差し押さえた。

    1
    続き

    イラン、サウジ制裁の陰に潜む諸問題―中東戦争は、いつ起こるか?

     WSJが11月5日に配信した“5 Things to Know About New U.S. Sanctions on Iran”という記事には以下のように書かれている。

    「 11月5日午前零時(日本時間同日午後2時)過ぎに発動される制裁措置は、特にイランの石油、港湾、海運や造船、金融セクターを標的としている。金融セクターでは主として保険会社と、イランの一般銀行・中央銀行との取引が対象となる。

    0
    続き

    フィリピンの万聖節、お墓参りの家族で賑わう墓地

     カトリックの伝統行事である「万聖節」。フィリピンでは家族で墓参りをする日となっている。人々は墓前に食べ物を持ち寄って、先祖に思をはせながら家族や親戚と一緒に食事を楽しむ。

     一日中ピクニックのように過ごすのがフィリピンスのお墓参りで、墓地内にはファーストフードやケバブ、ドーナツなどあらゆる屋台が立ち並び、日本の夏祭りのような雰囲気だ。以前はカラオケや飲酒などが横行していたが、現在では入口で警官による持ち物検査が行われるなど、厳しい取り締まりが行われている。

    0
    続き

    文大統領の「沈黙」に潜む歴史の見直し

     韓国大法院(最高裁)が先月30日、戦後補償の個人請求権は1965年の日韓請求権協定で消滅することになっているにもかかわらず、4人の元徴用工の賠償請求を認める判決を下して以来、日韓両国では激しい批判合戦が始まった。厳密にいえば、日本側では「戦後の日韓関係を根底から覆す判決だ」(河野太郎外相)といった強い反発の声が高まる一方、韓国側は守勢に回っている、といった方が正しいだろう。

    2
    続き

    【モバイルオーダー】ユニバーサルも!日本のマックにスタバにディズニーにUSJも?

    ■フロリダ州オーランドにあるユニバーサル・オーランド・リゾートは30日、園内にあるテーマパーク内レストランでモバイルオーダー&ペイを始めたことを発表した。モバイルオーダー&ペイは事前注文・事前決済。ユニバーサル・オーランド・リゾートの公式アプリから料理を注文し、アプリ内に登録したクレジットカードやデビットカードから支払う仕組みとなっている。

    0
    続き

    「徴用工」判決は日韓併合条約否定への号砲

     韓国大法院の「徴用工賠償」判決は請求権協定のみならず、日韓併合条約そのものを無かったことにしようとする韓国の歴史の書き換えのスタートとなる。「積弊清算」を進める韓国左派勢力の狙いと韓国事情を元ソウル特派員が読み解く。

    パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

    6
    続き

    退役陸軍大佐、ロシアに情報流す

     オーストリア連邦軍(Bundesheer)の退役陸軍大佐(70)が過去20年間以上に渡りロシア側にさまざまな情報を流していたことが判明し、セバスティアン・クルツ首相は9日、急きょ記者会見を招集し、説明に追われた。

    2
    続き

    邦人47人は無事、ヨルダンのペトラ遺跡で土石流

     ヨルダン各地で豪雨による洪水が発生し、ヨルダン政府が9日明らかにしたところによると、少なくとも10人が死亡した。同国南部にある世界遺産「ペトラ遺跡」でも同日、土石流が発生し、国内外の観光客約3500人が避難した。

    0
    続き

    トランプ再選へ課題、穏健派・無党派へ支持拡大必要

     トランプ米大統領の「信任投票」とされる米中間選挙では、下院は野党民主党が多数派を奪回した一方、上院では与党共和党が過半数を確保し、議席を上積みした。2020年の大統領選に向け与野党が動きだす中、その意味と、今後の米政治の行方を探る。(ワシントン・山崎洋介)

    0
    続き

    チベット亡命政府を標的とする中共のハッカー、手口は「なりすまし」

     こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

     先日はチベットの人権状況を救うトランプ大統領の法案を紹介しました。

    ■チベット相互入国法案可決、弾圧を隠蔽してきた「中国のモラル無視」が米中貿易戦争の「外交カード」になる日https://news-vision.jp/intro/189166/

    7
    続き