«
»

動画 rss

空手界のきゃりーぱみゅぱみゅこと植草さんら浴衣姿披露

 五輪のメダリストらによる浴衣のファッションショーが27日、東京都千代田区の神田明神で行われた。  ショーには空手界のきゃりーぱみゅぱみゅこと植草歩さん、リオ五輪柔道金メダリストの田知本遥さん、リオ五輪競泳銅メダリストの星奈津美さん、ロンドン五輪競泳銅メダリストの寺川綾さん、フィギュアスケートの村上佳菜子さん、パラトライアストンの秦由加子さんら女性6人が普段とはひと味違う和の装いで登場。  目前に控える七夕の願いごとをしたためた短冊を笹の葉に結んだ。

4
続き

都知事選告示、259人出馬

 東京都議選(定数127)が23日告示され、42選挙区に259人が出馬し7月2日の投開票に向け10日間の選挙戦の火蓋が切って落とされた。各党代表は街頭に繰り出し、支持を訴えた。台風の目となる小池百合子知事が率いる「都民ファーストの会」は50人を公認し、60人を擁立した自民党と激突する。過半数を確保し、都政運営の基盤を築けるかが焦点となる。

>> 【詳細記事】都議選2017告示日、各党代表の第一声

4
続き

台湾新幹線の旅 総統府や名物のエビ釣りを堪能

 台湾の新幹線は、見た目は日本のものと違うのだが、中は日本と同じ。まるで日本の新幹線に乗ったような錯覚を起こす。  用事を済ませて台南から台北へもどる途中の台中は、ビルが立ち並ぶ産業都市だ。日本でいえば名古屋のようなところ。

 台北に帰ってきて、総統府や食堂街が集まる夜市(よいち)、台湾名物のエビ釣りを楽しんだ。  総統府とは、米国のホワイトハウスに相当する建物で要するに「大統領府」だ。日本統治時代の「台湾総督府」の建物をそのまま使用している。平日午前中にはコース見学もできる。  夜市は台湾のみならず、東南アジアの中華圏で見られるものだが、台湾のそれは規模も数も多い。

4
続き

我那覇真子氏「日本の報道自由」報告者と沖縄活動家の“親密な関係”指摘

 我那覇氏が国連人権委でスピーチ

 「琉球新報、沖縄タイムスを糾す会」(代表運営委員・我那覇真子氏)は16日、都内で、第35回国連人権委員会で行ったスピーチとジュネーブ市内で行ったシンポジウムについての報告会を行った。我那覇氏に同行したカナンファーム代表の依田啓示氏も同席した。

17
続き

韓国の安保路線は日米韓の連携を

 北朝鮮の核・ミサイル危機は、一刻の猶予も許さない段階に来た。そういう中で、韓国では親北左派の文在寅政権が誕生した。  北朝鮮情報の専門家で拓殖大学客員研究員の高永喆氏は、「日米韓は、安保上の運命共同体であり、日米同盟、米韓同盟は地域平和の二つの柱だ」と述べ、3カ国が連携して対処する重要性を強調した。また、文在寅大統領が当選したのは「葬(とむら)い選挙の結果」と指摘。文氏が自殺した盧武鉉大統領の秘書室長を務めたことに対する同情心やセウォル号事故に対する政権批判を最大限に利用したと分析した。高氏は6月18日に都内で開かれた世日クラブで講演した。動画ではその一部を紹介する。

>>【Podcast】講演全体収録

2
続き

伊調選手に最優秀賞-JOCスポーツ賞表彰式

 日本オリンピック委員会(JOC)スポーツ賞の表彰式が9日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開かれ、平成28年度に顕著な功績を残した選手や団体が表彰された。リオデジャネイロ五輪で4連覇を達成したレスリング女子の伊調馨選手が最優秀賞を受賞した。

 伊調選手は受賞スピーチで「アスリートは結果が全ての世界です。結果を残すためにはさまざまなサポートが必要」だとし、選手たちへの支援の重要性を訴えた。また、優秀賞にはスピードスケートの小平奈緒選手ら5人、新人賞には卓球の張本智和選手ら3人が選ばれた。

2
続き

何だか騒がしい永田町周辺

 現在国会では「テロ等準備罪」が審議され、与野党間で激しい舌戦が繰り広げられている。この攻防は国会内だけではなく、場外にも飛び出している。

 6月8日(木)衆議院第二議員会館前の歩道では「共謀罪」に反対する集会が開かれた。プラカードを掲げ、横断幕を持って、「共謀罪」法案反対を叫んでいた。

5
続き

「YOUは何しに?」「仕事だよ(笑)」ネイマールが来日イベント登場

 サッカーのブラジル代表FWでスペイン・バルセロナのFWネイマール選手(25)が5月30日、来日して成田空港に姿を見せた。ファンからの黄色い声援を受けながらサインに応えたネイマール選手。翌日はトークショーと子供たちのサッカー教室のイベントに登場した。自身のサッカーへの思いを語り、子供たちとサッカーをするネイマール選手にファンは歓喜した。

5
続き

沖縄県祖国復帰45周年記念 靖国集会/記念パレード

 5月20日、都内・靖国会館で「沖縄県祖国復帰45周年記念靖国集会(主催日本沖縄政策研究フォーラム 仲村覚理事長)が行われた。集会終了後、参加者が靖国神社第一鳥居をスタートし、淡路町までパレードを行った。参加者は日の丸の旗を振り、「沖縄県祖国復帰45周年、おめでとうございます!」「5月15日は沖縄県祖国復帰記念日として、お祝いしましょう!」などのシュプレヒコールをしながら行進した。 (デジタルメディア局 長坂秀雄)

>>【詳細記事】「沖縄はもともと日本である」復帰45周年集会

4
続き

フィリピン夏の祭典「アリワン・フィエスタ」【スライド】

 このほどマニラ首都圏で毎年恒例となっている夏の祭典、「アリワン・フィエスタ」が開催された。これは各地で観光名物となっているお祭りが一堂に会するというもので、フィリピンの多様な文化を感じることができる催しだ。

0
続き

文在寅韓国大統領 就任宣誓

 10日正午過ぎ、国会で大統領就任宣誓を行った文在寅新大統領は、国会前広場に集まっていた支持者に手を振り、青瓦台(大統領府)へ向かった。 文大統領は国会前の大通りでは、オープンルーフから上半身を出して沿道の支持者や市民に手を振った。内政、外交、南北と懸案は山積しており難しい舵取りが求められている。 (ソウル=聞き手・岩崎 哲)

3
続き

文在寅韓国の課題と展望

 9日に行われた韓国大統領選で当選した共に民主党の文在寅氏は10日正午、国会ホールで就任宣誓を行い、その後、大統領府に入って執務を開始した。9年ぶりの政権交代で内政、外交、南北問題で大きな政策転換が予想される。上田勇実ソウル特派員に聞いた。 (ソウル=聞き手・岩崎 哲)

※訂正:スライド2枚目キャプション [総評が締め切られ→投票が締め切られ ]に訂正いたします

6
続き

国宝・瑞龍寺(高岡市)のプロジェクション・マッピング

 4月29日からの3日間、富山県高岡市の国宝・瑞龍寺で「春のライトアップと門前市」が開催されました。そこでの3Dプロジェクション・マッングでは、色鮮やかな歴史絵巻に大勢の観光客の歓声を浴びていました。

2
続き

韓国大統領選2017―運命の時を待つ候補者たち

 主要候補がほぼ3人に絞られた韓国大統領選。共に民主党の文在寅候補、自由韓国党の洪準杓候補、国民の党の安哲秀候補だ。選挙戦最終日の8日、ソウルをはじめとして全国で支持を訴えた。 (ソウル・岩崎 哲)

3
続き

まるでピンクの絨毯のよう‐秩父・羊山公園「芝桜の丘」

 天候に恵まれたゴールデンウィーク。一面ピンクの絨毯を敷き詰めたように咲き誇る芝桜。秩父市の羊山公園「芝桜の丘」には、国内外から多くの観光客で賑わっていました。

3
続き

バーチャルとリアリティの融合―ニコニコ超会議2017

 ニコニコ動画の世界を地上に再現する「ニコニコ超会議2017」が4月29、30日、幕張メッセで開かれ、15万人超の人々が訪れ、ネットでは500万人を超える視聴者が“参加”した。  出展は政党、大企業から大相撲、歌舞伎、そしてコスプレイヤーまで幅広く、バーチャルとリアリティの融合した世界が展開された。 (撮影・市村龍二)

>>【ギャラリー】ニコニコ超会議2017 レポート 1幕目

4
続き

市場は豊洲に移転すべし

 東京都プロジェクトチーム(PT)は4月26日、築地市場建替え案と豊洲移転案を盛り込んだ報告書の素案を示したが、元水産庁漁業交渉官で東京財団上席研究員の小松正之氏は、「基本的に豊洲に移転すべきだ」と主張した。  小松氏は、豊洲移転をめぐる議論では「本質論が欠けている」として、「機能、将来性を見ても豊洲が(築地より)上」と強調、「いっぺん豊洲に移転し、それから全体をどうするかを議論し、その中のオプションとして築地も考えたらいい」との考えを示した。  小松氏は18日に都内で開かれた世日クラブで講演した。動画ではその一部を紹介する。

>>【詳細記事】世界と日本の水産業から見た豊洲移転問題

7
続き