«
»

社会 rss

各地の保健所「患者発生に対応が追い付かない」

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、各地の保健所が電話相談や感染経路の調査、濃厚接触者の健康管理などに忙殺されている。疲弊する職員からは「患者発生に対応が追い付いていない」と悲鳴が上がる。入院ベッドの確保やクラスター(感染者集団)の解明を担う保健所の業務量が限界を超えれば、医療崩壊やさらなる感染拡大を招く恐れがある。

8
続き

緊急事態宣言発令から一夜明け、通勤客はまばら

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言から一夜明けた8日午前。普段は人波でごった返す都心のターミナル駅や、通行人が途絶えることのないオフィス街は閑散とし、バスやタクシーの乗客の姿も消えた。

 JR東京駅前では、近くのデパートや商業ビルはいずれも臨時休業。路線バスは乗客を1人も乗せないまま出発した。

8
続き

買いだめ心理が国内外に、トイレ紙トラブルも

 新型コロナウイルスの感染爆発を防ぐため、世界各国に続き日本でも緊急事態宣言が7日発令された。

 安倍晋三首相は「海外で見られるような都市封鎖(ロックダウン)ではない」と国民の不安解消に努めるが、トイレットペーパーなど生活必需品の買いだめの動きが続く。

 集団心理にどう対処すべきか。各国社会も状況は同じで、医療、経済に加えたもう一つの課題となっている。

8
続き

9年ぶりに「請戸地方卸売市場」で競りを再開

 福島県浪江町で8日、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた魚市場「請戸地方卸売市場」が業務を再開し、約9年ぶりに競りが行われた。東京電力福島第1原発事故の旧避難指示区域で市場が再開するのは初めて。

7
続き

180万本のチューリップのじゅうたん、 桜と共演

 三重県桑名市の「なばなの里」で約200種類180万本のチューリップが見頃を迎えている。広さ約4万3000平方メートルの「花ひろば」では色とりどりのチューリップを取り囲む桜との共演が楽しめる。

 桜もチューリップも今週末ごろまでが見頃。来園者からは「こんなにチューリップの種類があって驚いた」という声も。

7
続き

コロナウイルスに打ち勝とう! 五月人形を公開

 老舗人形メーカー「久月」は7日、活躍が期待される人物をモチーフにした五月人形「今年の期待大将」を、東京都台東区の本社で公開した。今年は新型コロナウイルス収束の願いを込め、安倍晋三首相や小池百合子東京都知事、トランプ米大統領など6体の人形が登場した。

 「今年の期待大将」は男の子の成長を願い厄払いする端午の節句に合わせ、世の中が明るくなることを祈願する人形で、久月が毎年制作している。

11
続き

「緊急事態宣言」発布、見えぬ先行きに募る不安

 「日本経済は戦後最大の危機に直面した」。安倍晋三首相が7日に発令した緊急事態宣言。

 新型コロナウイルスの脅威に打ち勝つための苦渋の決断だが、広範囲にわたる休業要請で飲食店や娯楽施設などが大打撃を受けるのは必至だ。

 「従業員を養わないと」「補償はどうなる」。経験したことのない局面を迎え、街中からは不安の声が漏れた。

6
続き

新型コロナ感染患者の軽症者をホテルへ移送開始

 東京都は7日午後、新型コロナウイルスに感染し入院している患者のうち、無症状や軽症の人のホテル移送を開始した。移送先は中央区のビジネスホテル「東横イン東京駅新大橋前」で、空いた病床と医療資源を重症患者に振り向ける。対象は約100人となる見通し。

6
続き

「預け先がない」、休園の保育園の保護者が困惑

 緊急事態宣言を受け、保育園を休園するか続けるかで、管轄する自治体の判断が分かれている。休園が決まった園の保護者からは「預け先がない。どうしたらいいのか」と困惑の声が上がった。

 東京都渋谷区は医療従事者や警察官などの家族を対象とした特別保育を除き、週内にも原則休園となる。担当者は「困る人がいるのは分かるが、感染から子供を守るために決断した」と説明する。

6
続き

買い物かごをちりばめたカラフルなロゴを作製

 宮城県塩釜市は、新型コロナウイルスの影響で消費が落ち込んでいることを受け、買い物を通じて街を元気づけようと呼び掛けるカラフルなロゴを作製した。色とりどりの買い物かごをちりばめた中に「Let’s Buy! しおがま」と記したデザイン。

 ロゴは、市のホームページからダウンロードできる。

6
続き

マグロ競り取引の手法の見直しを求める声も

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京・豊洲市場(江東区)で行われているマグロの競り取引の手法を見直すべきだとの声が上がっている。卸売場には仲卸業者などが多く集まることから、業者同士が一定の間隔を空けるなどの対策が必要とみられている。

5
続き

ロッテ、佐々木朗希投手のトレーニング動画公開

 新型コロナウイルスの感染拡大により臨時休校となり、外遊びもままならない子供たちに向けて、プロ野球ロッテが取り組みを始めた。動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルで、自宅で手軽にできるトレーニングを紹介。注目のドラフト1位ルーキー、佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)がモデルになって実践する動画を公開した。

5
続き

緊急事態、自衛隊は新たな派遣要請に備える

 新型コロナウイルスの感染者急増に歯止めがかからず、政府が緊急事態宣言に踏み切るかが焦点になる中、自衛隊は感染拡大に伴う新たな災害派遣要請に備え、全国の都道府県の新型コロナ対策本部と連絡を取れる態勢を敷いている。東京都などには6日までに、自衛隊員を連絡員として派遣した。

5
続き

苦境の飲食店救え ! 食事券発行で資金繰り支援

 新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けている飲食店を支援しようと、仙台市の有志が寄付を募るクラウドファンディング(CF)を立ち上げた。集まった資金は参加店舗に分配し、急場の資金繰り対策に役立ててもらう一方、出資者には応援する店舗で使える食事券を発行する。出資は14日まで募っている。

5
続き

介護予防のために「家トレ相談室」を開設

 福岡県古賀市は、介護予防のため家で行うトレーニングを支援する「家トレ相談室」を、市の地域活動サポートセンターに開設する。毎週火曜日に、健康運動指導士が体力測定を行い、介護予防の運動について助言する。

5
続き

新型コロナリスク「3密」を避けて家族葬が増加

 新型コロナウイルスの感染リスクを高める密閉、密集、密接の「三つの密」を避けるため、通夜や葬儀の参列者が減り、少人数の家族葬が増える動きが広がっている。松山市では参列者の集団感染が確認され、葬儀会場ではさまざまな予防策が講じられる中、「最期の別れ」の場でも自粛ムードが高まっている。

5
続き

義務教育学校「いいたて希望の里学園」が開校

 福島県飯舘村で5日、小中学校9年間の教育を一貫して行う村立の義務教育学校「いいたて希望の里学園」が開校した。東京電力福島第1原発事故による児童・生徒数の激減を受け、学校機能を集約して教育の質の向上を目指す。旧避難指示区域での義務教育学校の創立は初めて。

3
続き

五輪延期で個人所有ヨットの係留場所に難題

 2021年夏に東京五輪・パラリンピックが延期され、会場整備や施設確保で思わぬ難題が生じている。セーリング会場では、事前に移動させた個人所有ヨットの係留場所が問題化。大会後、再開発が予定されている施設についても、関係自治体が頭を悩ませている。

3
続き

「未来を生きるために」、モアイで呼び掛ける

 イースター島のモアイ像を模した像が立てられている北海道札幌市南区の真駒内滝野霊園で、新型コロナウイルス予防の重要性を訴えるため、33体ある像のうち5体にマスクが取り付けられている。

 マスクは防水シートとナイロンロープを素材にしており、像の横には手洗いやうがいを呼び掛ける看板も設置された。

3
続き

東京で初の100人超、 新型コロナ感染118人確認

 東京都は4日、新たに118人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。うち重症者は1人。1日当たりの感染判明が100人を超えたのは初めてで、小池百合子知事は「一人一人の行動が感染拡大を防止する」として、不要不急の外出を自粛するよう呼び掛けた。

 都によると、全体の約7割に当たる81人で感染経路が特定できておらず、調査を進めている。

4
続き

横浜市の西山徹さん、日航機事故への思いを胸に

 1985年に乗客乗員520人が犠牲になった日航機墜落事故。この123便に乗るはずだったものの、直前に予約を変更して助かった男性が亡くなった。「自分の身代わりになった人がいる」との思いを持ち続けた男性は、変更後の航空券をプラスチックのカバーで覆い、いつも手元に置いていた。

6
続き

最深記録、 ナンヨウマンタが水深672mまで潜る

 ダイバーに人気がある大きなエイ類、ナンヨウマンタは南太平洋のニューカレドニアの島々では水深672メートルまで潜ることがあると、ニューカレドニア大などの研究チームが4日までに米科学誌プロス・ワンに発表した。水深や水温、明暗を観測し、浮上時に衛星通信でデータを送る小型装置を9匹に取り付けて調査した成果で、これまでで最も深い記録という。

4
続き

9000万年前の南極大陸に森林や湿地があった!

 南極大陸の沿岸付近は約9000万年前(白亜紀半ば)には温暖で、森林や湿地があったと推定されるとドイツのアルフレッド・ウェゲナー極地海洋研究所などの国際研究チームが3日までに英科学誌ネイチャー電子版に発表した。当時は大陸を覆う氷床がなく、大気中の二酸化炭素濃度が現在よりはるかに高かったと考えられるという。

5
続き