«
»

社会 rss

移動式の遊び場「プレーカー」の運行を開始

 岡山県瀬戸内市は、子供が外で安全に遊ぶのを支援するため、スタッフが遊び道具などを車に積んで地域に出向く「プレーカー」の運行を始めた。30種類ほどの遊び道具を用意し、今年度は60回、来年度は100回の開催を目指す。

 市社会福祉協議会に委託し、軽自動車2台で実施。協議会や市の職員、ボランティアらが1台当たり2人以上参加し、外遊びができる「こどもひろば」を地域の人たちと公園などで催す。

1
続き

色とりどりの花と香り、秋のバラを楽しむ

 東京都北区の旧古河庭園ではバラが見頃を迎えている。秋晴れとなった24日、多くの人が来園し色とりどりの花と香りを楽しんでいた。

 大正時代に建てられた洋館を背景に写真撮影していた50代の女性は「春はコロナ禍で来られなくて、秋に見られてよかった」と笑顔で話した。

1
続き

JAXA、アルテミス計画で宇宙飛行士を募集へ

 萩生田光一文部科学相は23日の閣議後記者会見で、日本が参加を表明した国際月探査計画(アルテミス計画)に向け、日本人宇宙飛行士の募集を行うと発表した。新たな飛行士は日本人初の月面着陸も期待され、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は来秋ごろをめどに募集を開始する。

 萩生田文科相は「日本人宇宙飛行士の参画は極めて大事だ。チャンスを生かしていけるよう国としても後押ししたい」と述べた。

1
続き

大阪大など、末梢神経再生する極薄シートを開発

 大阪大などの研究チームは22日、手首などの末梢(まっしょう)神経に巻き付けて神経再生を促す極薄シートを開発し、臨床試験(治験)を始めると発表した。手指がしびれる病気の患者らで有効性などを確認し、2025年の実用化を目指す。

 手首の神経が圧迫されて起きる「手根管症候群」は高齢女性に多く、国内で年間約3万件の手術が行われている。術後の回復に時間がかかるなどの課題があった。

1
続き

警視庁、未承認サプリ販売で医師3人を逮捕

 がんやインフルエンザの予防に効くとうたい、医薬品として承認されていないサプリメントを販売したとして、警視庁生活環境課は23日までに、医薬品医療機器法違反(無許可販売など)の疑いで、東京都新宿区四谷、医師風本真吾容疑者(57)ら3人を逮捕した。「医薬品の認識はなかった」という趣旨の供述をし、容疑を一部否認している。

1
続き

小平奈緒が11度目の優勝、北京五輪へ第一歩

 小平は特別な思いを胸にスタートラインに立った。昨年の台風19号による被災から復興途上にあり、新型コロナ禍の影響を受けた地元の長野での今季初戦。温かい拍手に、勇姿で応える覚悟を持って臨んだ。

 スタートでやや遅れ、最初の100メートルは10秒50。全体の3番目だったが、落ち着いて加速する。持ち前の重心の低い滑りを発揮して底力を示し、11度目の頂点に立った。

1
続き

巨人の岩隈久志投手、21年の現役生活に終止符

 プロ野球巨人の岩隈久志投手(39)が23日、東京ドームで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。巨人での2年間は1軍登板がなく、「このユニホームでもう一花咲かせようと戦ってきたが、残念ながら果たせなかった。21年間、たくさんの方々に応援していただき、勇気をもらった。感謝している」と話した。11月7日のヤクルト戦(東京ドーム)の試合後に引退セレモニーを行う。

1
続き

「ボージョレ・ヌーボー」初荷、羽田空港に到着

 フランス東部ブルゴーニュ地方産のワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の初荷が22日、羽田空港に到着した。新型コロナウイルスの物流への影響を考慮し、現地では例年より2週間ほど早く欧州域外への輸送を開始。11月19日の解禁に向け、小売店や飲食店に出荷される。

1
続き

松屋銀座がタクシーで食品の即日配送を開始

 松屋銀座は22日、タクシー会社50社が加盟するチェッカーキャブ無線協同組合(東京)と提携し、買い物代行サービス「松屋御用聞き」を来月4日に始めると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で顧客の外出自粛が続いており、タクシーで食品を即日配送して巣ごもり消費獲得を狙う。

1
続き

伸びやかな滑り、小平奈緒「わくわくしている」

 スピードスケートの全日本距離別選手権開幕を翌日に控えた22日、会場となる長野市のエムウエーブで2018年平昌五輪女子500メートル金メダルの小平奈緒(相沢病院)らが最終調整した。

 小平はリラックスした様子で伸びやかな滑りを披露。「気持ち的にもわくわくしている。タイムも順位も大事だが、たくさんの人の心を震わせるような滑りを見せられたら」と意気込みを示した。

1
続き

フィギュアの2大会中止もファイナルは開催?

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは、新型コロナウイルス感染拡大のため6大会のうちスケートカナダとフランス杯が中止となった。シリーズ成績上位で争うGPファイナルについて、国際スケート連盟(ISU)幹部は「現時点では北京五輪テスト大会として来年2月下旬に開催するよう尽力している」と語った。

1
続き

650万個の光の贈り物、よみうりランドで点灯式

 東京都稲城市のよみうりランドで22日、恒例のイルミネーションの点灯式が行われた。今年で11年目。

 園内は650万個の発光ダイオード(LED)電球で飾られ、高さ25メートルの「グラン・オブジェ」がライトアップされると、訪れた人たちは幻想的な空間を楽しんだ。

 開催期間中、新型コロナウイルス治療に従事する近隣の医療関係者約2万人を招待する。同イベントの開催は来年4月4日まで。

1
続き

EVの自動運転バスで「分身」が乗客を案内

 三井物産やパナソニック、凸版印刷などは21日午前、万博記念公園(大阪府吹田市)で23日から行う自動運転サービスの実証実験を報道陣に公開した。電気自動車(EV)の自動運転バスを走らせながら、遠隔操作のアバター(分身)などを使って乗客を案内した。

1
続き

JR東、来春から首都圏在来線の終電繰り上げ

 JR東日本が21日、来春から首都圏在来線の終電時間を繰り上げると発表した。新型コロナウイルスの影響で新たな生活様式が広がる中、仕事帰りのサラリーマンらは冷静に受け止める一方、深夜営業の飲食店からは困惑の声が上がった。

1
続き

「事実を話して」、母は事故の真相解明を求める

 「6人は正面から向き合って、事実を話してほしい」。2歳男児が死亡した東京女子医大病院の医療事故から6年8カ月。医師6人が書類送検された21日、男児の母親(41)が取材に応じ、事故の真相解明を求めた。

 男児の名前は孝祐ちゃん。結婚3年目に授かった一人息子だった。電車が大好きで、散歩中は線路近くで一緒に電車を眺めたという。母親は「すごく素直で甘えん坊だった」と振り返った。

1
続き

タイガー・ウッズ、虎視眈々と83勝目を狙う

 米男子ゴルフのタイガー・ウッズが、22日にカリフォルニア州サウザンドオークスで開幕するZOZOチャンピオンシップに、大会連覇と米ツアー歴代単独最多の83勝目を懸けて出場する。

1
続き

スマホでつなぐ台風19号の浸水被害の記憶

 長野市は、昨年の台風19号から1年の復興祈念事業で、浸水被害のあった地区の8地点にチェックポイントを設けた「デジタルスタンプラリー」を行っている。各地点の看板などに付いているQRコードをスマートフォンで読み取ると、当時の状況を知ることができる。11月8日まで。

 各地点では被災当時の写真、当時と現在の被災地の様子を映した1分間の動画などをスマホで閲覧できる。

1
続き

福岡県大野城市の自動車学校で教習にAI活用

 福岡県大野城市にある自動車学校が、人工知能(AI)を活用した運転指導を試験的に始めた。走行した経路や速度、ドライバーの目線などをAIが解析し、運転技術を評価する。自動車学校が運転技術評価にAIシステムを導入するのは全国で初めて。高齢者向け講習の増加が見込まれる中、指導員の負担軽減や評価基準の適正化を狙う。

1
続き

政府が支援する「Go To 商店街」が本格始動

 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた商店街を支援する政府の「Go To 商店街」が20日、本格的に始動した。全国に先駆けて松江市内の3商店街は同日から動画配信を使った魅力発信などを実施。政府は事業を通じてコロナ禍に苦しむ各地の商店街の振興を後押しする。

1
続き

ゆっくりまばたきし返し、猫は人に親愛を示す

 猫の前でゆっくりまばたきすると、猫もゆっくりまばたきし返すことが多いと、英国のサセックス大とポーツマス大の研究チームが20日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。猫にとって相手をじっと見つめるのは敵意の場合があり、ゆっくりまばたきして親愛の気持ちを示すと言われる。飼い主にはよく知られた行動だが、実験で確認したのは初めてという。

1
続き

楽天と楽天野球団が仙台市と包括連携協定締結

 楽天(東京)とプロ野球楽天を保有する楽天野球団(仙台市)は20日、仙台市とデジタル技術やスポーツを通じて市の活性化を図る包括連携協定を締結した。

 2020年シーズンから台湾プロ野球に参入した「楽天モンキーズ」などを通じて国内外の交流人口拡大を図るほか、楽天のサービスで蓄積したデータを観光促進に役立てるなど、3者で協力する。

1
続き

岐阜県垂井町、「痛車」コンテストで町おこし

 岐阜県垂井町で、アニメのキャラクターなどを車体にラッピングして目立たせる「痛車(いたしゃ)」のコンテストが行われた。会場の運動公園駐車場には、県内外から約160台が集結。見学客ら500人以上が詰め掛けた。

 コンテストは3年前、町教育委員会の中村文彦さん(47)が町おこしの一環で開始。参加者は年々増え、今年は申し込み受け付けから2時間でエントリーが埋まった。

1
続き

夫婦別姓婚制度に賛成する人のご意見

 フェイスブックでの友達の木野さんから、次のようなご意見がありました。

 私とちがう意見でも、こういう意見は傾聴に値すると思っております。

 >>>引用開始

木野 雄介

 このスレッド内では唯一の意見かもしれませんが、私は選択的夫婦別姓に賛成の立場です。

 自由主義国において、極力、民への国家権力の制限は最小限度であるべきという考えから、強制的に同姓にさせられるのは、国家権力の過干渉だと感じます。

1
続き