■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 社会 rss

    「乗員の負担軽減を」、客支援で二重ストレス

     新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船には、乗客を支援する多くの乗員がいる。感染者が日を追って増加する中、職責を果たす乗員に対し、専門家は「メンタルリスクが高い」と負担軽減の必要性を指摘する。

     クルーズ船では5日以降、ショーやレストランなど華やかなサービスを提供していた乗員の業務が一変。客室への食事や薬の配布、クレーム対応や廊下での見張りなどに追われている。

    1
    続き

    新型肺炎で「さっぽろ雪まつり」の来場者26%減

     11日閉幕した「さっぽろ雪まつり」(札幌市)の実行委員会は12日までに、期間中の来場者数が202万1000人と前年比約26%減少したと発表した。新型コロナウイルス肺炎で、中国からの観光客が大幅に減少したことが響いた。

    1
    続き

    「初めてでも簡単」、女子レスラーが確定申告体験

     2019年分の所得税の確定申告が始まるのを前に、女子プロレス団体「PURE-J」の選手2人がこのほど、東京都足立区の専用道場で、スマートフォンなどによるインターネット申告を模擬体験した。

    1
    続き

    “わがごと感”持ち早期避難を、江戸川区の水害ハザードマップ

     ここにいてはダメです―東京都江戸川区が昨年5月、11年ぶりに改訂した水害ハザードマップの表紙の地図に記されたフレーズだ。インパクトのある表紙はメディアやSNSでたびたび話題となっており、当初住民の中からは「引っ越したくなった」「不安だけあおっている」という不満の声が出るほどだった。だが、昨年10月の台風19号上陸の際に3万人以上が避難。ハザードマップは区民に徐々に浸透している。(社会部・石井孝秀)

    2
    続き

    野村克則氏「今は母といるんじゃないかな」

     11日に死去した野村克也さんの息子、克則氏(46)はこの日、1軍作戦コーチを務める楽天のキャンプ地、沖縄から早朝発の便で空路、東京へ戻った。午後1時前に野村さんの自宅前で報道陣に対応し、突然の別れに「急過ぎて実感がない。受け入れられない」と何度も目を拭った。

    1
    続き

    最年少棋士の藤井聡太七段、朝日杯準決勝で敗退

     将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が11日、東京都内で行われた第13回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント準決勝で千田翔太七段(25)に敗退した。藤井七段は昨年まで2連覇していたが、羽生善治九段(49)に続く2人目の3連覇は果たせなかった。

     藤井七段は「粘り強く指すことができず残念だった」と話した。

     同日午後の決勝では千田七段が永瀬拓矢2冠(27)叡王、王座を破り、初優勝した。

    1
    続き

    災害ボラの受け付けに「10秒」、無料アプリ開発

     災害ボランティアの受け付けに要する時間を大幅に短縮できる無料アプリを熊本市の大学生らが開発した。2016年の熊本地震の教訓を踏まえて考案され、担当者は「1人10秒ほどで済むため、活動時間を長く確保できる」と話している。

    2
    続き

    ロシア通商代表部の外交官が出頭に応じず出国

     ソフトバンク元社員による営業秘密不正取得事件で、元社員を唆した疑いが持たれている在日ロシア通商代表部の外交官が10日、警視庁公安部の出頭要請に応じないまま成田空港から出国した。公安部は近く、不正競争防止法違反の教唆容疑で外交官を書類送検する。

    1
    続き

    クルーズ船で広がる感染、「笑えない状況だ」

     新型コロナウイルスの集団感染が続くクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で10日、新たに65人の感染が判明した。「笑えない状況だ」。船内の感染者が130人を超え、長期にわたり船室に滞在を余儀なくされる乗客のいら立ちは日に日に強まっている。

    1
    続き

    内閣府、焼失した首里城の復元工事を開始

     内閣府は10日、昨年10月の火災で焼失した首里城(那覇市)の復元工事を開始し、報道陣に公開した。初日は足場を組み立てたり、破損した瓦を集めて移動したりして、建物の解体と再建に向けた準備を進めた。

    1
    続き

    米アカデミー賞、カズ・ヒロさんにメーク賞

     米映画界最高の栄誉とされる第92回アカデミー賞の授賞式が9日(日本時間10日)、ハリウッドで開かれ、京都市出身の特殊メーキャップアーティスト、カズ・ヒロ(旧名辻一弘)さん(50)がメーキャップ&ヘアスタイリング賞に輝いた。米映画「スキャンダル」でメークを担当し、2年ぶり2回目の受賞となった。

    1
    続き

    日本古来の製鉄法「たたら吹き」で火入れ式

     島根県奥出雲町で、日本古来の製鉄法「たたら吹き」の火入れ式が行われた。

     粘土製の炉にふいごで風を送りながら、砂鉄と木炭を30分置きに投入する作業を3昼夜にわたって行う。製造された鉄の塊から取り出した純度の高い「玉鋼」は、全国の刀匠に届けられる。

    1
    続き

    新型肺炎の感染拡大で、国内大学も対応追われる

     新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、国内の大学も中国人留学生の所在確認や、交換留学の中止など対応に追われている。春節(旧正月)で一時帰国した留学生もおり、再入国時には入念な健康観察を求めている。

    1
    続き

    追手門学院大、思わず笑顔になる作品を表彰

     全国で初めて笑いを学問として研究する「笑学研究所」を設けた追手門学院大(大阪府茨木市)は、作文、エッセーやつぶやき、写真から「思わず笑顔になる」作品を選ぶコンテストを開催し、8日に大阪市の通天閣で表彰式を行った。

    1
    続き

    「海の掃除屋」、お台場の海に新種のゴカイを発見

     国立極地研究所と東邦大の研究チームは8日までに、東京・お台場海浜公園で発見したゴカイの一種が新種と判明し、「ナミウチコモチコイソメ」(学名オフィリオトロカ・アービス)と命名したと発表した。

    1
    続き

    ナマハゲ・アマメハギ・アマハゲを舞台で再現

     鬼の仮面を着けて奇声を発したり子供を抱き上げて怠惰を戒める――全国の来訪神行事の関係者が保存・継承について意見交換する「来訪神サミット」が7日、秋田県男鹿市の男鹿市民文化会館で開かれた。

    1
    続き

    「持病薬 早く届いて」、にじむ疲労と不安

     乗員乗客が新型コロナウイルスに集団感染し、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で7日、新たに41人の感染が確認された。客室にとどまることを余儀なくされる乗客らには不安が広がり、長期滞在への疲労もにじむ。

     「乗員乗客全員にウイルス検査をしてほしい」。乗客の平沢保人さん(64)は求める。船内で感染が広がる中、下船後、自らも感染者ではないかと疑われることが不安だという。

    1
    続き

    市川團十郎襲名披露公演でゆかりの演目を上演

    市川團十郎襲名披露公演の演目発表会見で写真に納まる歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(右)と長男の堀越勸玄君=7日午後、東京都千代田区(時事)

     5月に十三代目市川團十郎白猿を襲名する歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(42)が7日、東京都内で記者会見し、東京・歌舞伎座で3カ月にわたり行う襲名披露興行の演目を発表した。

    2
    続き

    人々魅了する伝統の火祭り「お燈まつり」

    世界遺産に登録されている熊野速玉大社の摂社「神倉神社」で行われた、伝統の火祭り「お燈(とう)まつり」=6日夜、和歌山県新宮市(時事)

     世界遺産に登録されている和歌山県新宮市の熊野速玉大社の摂社「神倉神社」で6日夜、伝統の火祭り「お燈(とう)まつり」が行われた。  「上がり子」と呼ばれる白装束の男衆約1800人が燃えさかるたいまつを手に、雄たけびを上げながら538段の石段を一気に駆け下りる。

    1
    続き

    不安と不満も、クルーズ船の客室に「隔離」

     

     新型コロナウイルスの集団感染が判明したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」は、乗客乗員約3700人を乗せ、6日も横浜港に停泊を続けた。今後約2週間、客室内での生活を余儀なくされる乗客は、不安と不満を募らせている。

    1
    続き

    再会はかなわず、有本嘉代子さんが死去

     北朝鮮による拉致被害者の有本恵子さん失踪当時(23)の母嘉代子(かよこ)さんが3日、心不全のため兵庫県内の病院で死去した。94歳だった。支援団体の「救う会兵庫」が6日、発表した。恵子さんとの再会を信じ、待ちわびていたが、かなわなかった。

    1
    続き

    東京地裁で、女優の沢尻エリカ被告に有罪

     東京都目黒区の自宅で合成麻薬を所持したとして、麻薬取締法違反罪に問われた女優の沢尻エリカ被告(33)の判決が6日、東京地裁であった。滝岡俊文裁判官は「発覚しなければよいという安直な動機で、非難に値する」と述べ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。沢尻被告側は起訴内容を認めていた。

    1
    続き

    「ウェブ会議」、大阪など3地裁で初めて実施

    裁判所と弁護士事務所(モニター内)を結んだ「ウェブ会議」による民事裁判の模擬手続き=1月9日、東京地裁(代表撮影・時事)

     裁判所と弁護士事務所などをインターネットで結び、裁判所に赴かなくても手続きを進められる「ウェブ会議」の運用が3日、一部の裁判所で始まった。同日には、大阪など3地裁と知財高裁で初めて実施されたという。

    2
    続き