■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 社会 rss

    赤旗“パワハラ”勧誘 徳島の鳴門市役所でも管理職30人購読

     全国の自治体で、日本共産党の地方議員による党機関紙「しんぶん赤旗」の購読勧誘が相次いで問題となる中、徳島県鳴門市役所でも課長級以上の管理職員少なくとも30人が昇格時に共産党市議から「赤旗」購読を勧められ、やむなく購読している実態が明らかになった。この問題は、12月の定例市議会で取り上げられ、市当局主導の実態調査が求められる見通しだ。 (「しんぶん赤旗」問題取材班)

    6
    続き

    特攻の歴史語り継ぐ 台湾・新竹の地元有志

     太平洋戦争末期に旧日本軍の特攻隊が出撃したのは日本だけではない。台湾の航空基地からも特攻隊員が飛び立ち、散華した。台北から約60キロ離れた台湾北西部の新竹市には、特攻隊員が出撃前夜に「最後の晩餐(ばんさん)」をしたとされる料亭などが残っており、台湾人の地元有志は「特攻隊の歴史を語り継ぎたい」と話している。(編集委員・早川俊行)

    2
    続き

    皇居前広場で神輿や祭囃子、即位祝うパレードが開催

     雲一つない秋空の下、「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が9日、東京都千代田区の皇居前広場で盛大に行われた。約3万人(主催者発表)が見守る中、全国の神輿(みこし)や郷土芸能など40団体以上が祝賀パレードに出演し、祭り囃子(ばやし)に合わせて威勢のよい掛け声を響かせていた。

    3
    続き

    「壁を越えて世界平和を」 多文化交流フェスティバル

     多文化共生社会の実現に向けて国際交流活動を促進する「多文化交流フェスティバル in TOKYO 2019」(同実行委員会主催)が4日、東京・新宿区の四谷区民ホールで開かれた。今年で5回目。

    3
    続き

    日本の即身仏も展示、世界のミイラを一堂に 国立科学博物館

     世界中のミイラを集め、その歴史や文化背景にスポットを当てた特別展「ミイラ」(主催・国立科学博物館など)が2日、東京・上野公園の同館で始まる。それに先立ち1日、報道向けの内覧会が行われた。

    3
    続き

    情報発信は被災地から

    秋田県三種町内鯉川自治会会長 田中 勉氏に聞く

    0
    続き

    「琉球文化の土台 早期復元を」

    元沖縄県立博物館・美術館館長 牧野浩隆氏

     沖縄県の振興開発で格差是正で本土並みの経済を目指す一方で、沖縄の個性を発揮すべく、歴史・文化・芸術に力を入れてきたが、それらは首里城に集約されている。日本全体の多様性を広げたという意味では、首里城の果たす役割は大きい。

    2
    続き

    北朝鮮 金正恩氏、金剛山観光に中国人誘致

     金正恩朝鮮労働党委員長が北朝鮮南東部の景勝地、金剛山に本格的に中国人観光客を誘致することで習近平国家主席と合意していたことが分かった。北朝鮮が今後、国連制裁決議への抵触や米国の反発を恐れ金剛山観光の再開に踏み切れずにいる韓国に見切りをつけ、金剛山を訪れる中国人を通じ外貨稼ぎを図る可能性が出てきた。(ソウル・上田勇実)

    1
    続き

    米海兵隊が新方針、対艦ミサイルで海軍を支援

     米軍の展開を阻む中国の「接近阻止・領域拒否(A2AD)」戦略に対応するため、米海兵隊は新たな役割を果たす方針だ。テロ対策に重点を置いていたこれまでの体制を見直し、長射程の対艦ミサイルや無人システムの導入を図り海軍の作戦を最前線で支援する。在沖海兵隊の役割に変化をもたらす可能性があるほか、米軍全体の対中戦略にも影響を与える革新的な取り組みとして注目される。

    1
    続き

    新しいアイデアで企業PR インセンティブショー開幕

     企業向けの新しいPRツールやマーケティング商材などの国際的な専門展示会「第60回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2019」(ビジネスガイド社主催)が16日、東京都豊島区の池袋サンシャインシティで始まった。

    3
    続き

    台風19号通過、未曽有の災害への備えを常に

     大型で強い台風19号は東日本の広範囲にわたって大きな爪痕を残した。記録的な大雨で千曲川や多摩川などが氾濫し、浸水被害が相次いだほか、土砂崩れも起きている。

     時事通信の集計によれば、死者は30人以上に上っている。行方不明者も出ており、警察や消防、自衛隊は捜索に全力を挙げるべきだ。

    13都県に大雨特別警報

    2
    続き

    色鮮やかな秋バラ、旧古河庭園でバラフェス

     東京都北区の旧古河庭園で5日、「秋のバラフェスティバル」が始まった。園内には約100種200株の色とりどりのバラが咲きそろい、見頃を迎えている。期間中、大正時代に建てられた洋館と秋バラをバックに、音楽会などの催し物が開かれる。来園者らはこの日、色鮮やかな秋バラの多様な色や形に秋の気配を満喫していた。

    2
    続き

    朝鮮戦争秘話 知られざる日本掃海隊の貢献

     自衛隊による戦後初めての国際貢献として、ペルシャ湾への掃海艇派遣(平成3〈1991〉年4~11月)が知られている。しかしその約40年前、朝鮮戦争が勃発した昭和25(1950)年の10月、GHQ(連合国軍総司令部)占領下の日本で秘密裏に「日本特別掃海隊」が結成され、朝鮮海域で機雷を除去する命がけの掃海任務にあたっていた。同任務に参加した、水産大学校(山口県下関市)名誉教授の吉澤正大さんの証言とともに当時を振り返る。 (社会部・川瀬裕也)

    4
    続き

    韓国の反日に北の影

     韓国・文在寅政権による波状攻撃のような反日路線は、北朝鮮の日韓分断戦術や親日派清算の建国精神から影響を受けた結果だとの見方が浮上している。日韓関係悪化は安全保障面における日米韓連携にも亀裂を生じさせているが、北朝鮮にとって願ったり叶(かな)ったりの展開となっていて事態は深刻だ。(ソウル・上田勇実)

    8
    続き

    世界最大規模のゲーム見本市「東京ゲームショウ2019」が開幕

    世界最大規模のゲーム見本市「東京ゲームショウ2019」(主催:コンピュータエンターテインメント協会)が12日、千葉市の幕張メッセで開幕した。4日間の開催中、12日と13日はゲームビジネス・メディア向けのビジネスデイ、14日と15日は一般公開日となる。

    1
    続き

    障害越えて奏でる名曲

     聴覚障害や発達障害など、さまざまな障害を抱えたピアニストが世界中から集まり、ピアノ演奏を発表する「ニューヨーク国際障がい者ピアノコンペティション」(主催・NPOアンハードノートピアノパラ委員会)。その受賞者らによるピアノコンサートが10日、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた。

    4
    続き

    台風被害、陸の孤島と化した成田空港から運よく終電で帰宅

    子供と親切心に救われた1日

     今年の春頃から、今月の7日から9日まで韓国に家族で行く予定を立てていました。出発の数日前から韓国と日本に台風が到来する予報が出ていて、心配しながらも仁川国際空港には予定時刻より1時間遅れて無事に到着できました。韓国では記録的強風だと言われており、仁川に着いた時には雨はそれほど降っていなかったのですが、風が強くて台風が通り過ぎていったことを実感させられました。空港のテレビでは台風の影響で倒壊した家屋や、負傷者や被害を受けた方の様子などが報道されていました。7日の夜に宿泊所に着いた時にはまだ小雨が降っていましたが、翌8日と9日は天気も良く、日本に台風が上陸していたことをすっかり失念していました。

    17
    続き

    ランドセルをウガンダの子供たちに寄付、日本との絆プロジェクト /TICAD7

     第7回アフリカ開発会議(TICAD7)を翌日に控えた27日、神奈川県横浜市の会場周辺ではサイドイベントが次々と始まり賑(にぎ)わいを見せている。メイン会場には河野太郎外相をはじめ、各国の要人たちの姿もあった。

    2
    続き

    第5回全国ふるさと甲子園

     地方創生と地域活性化を図るため、ご当地グルメと自慢のロケ地の紹介を行う「第5回全国ふるさと甲子園」(主催=同実行委員会)が24日、東京・秋葉原で開催された。

    0
    続き

    中国の「ハイブリッド戦」に対抗を 米シンクタンク

     米国やその同盟・友好国は、これまで軍事的手段と非軍事的手段を組み合わせた「ハイブリッド戦」を仕掛ける中国、ロシアへの対応で後手に回ってきた。米シンクタンクがこのほど、インド太平洋地域における中国のハイブリッド戦について提言を発表し、米国などが「政治戦」を含めた包括的戦略で対抗し、主導権を取り戻すべきだと訴えた。(ワシントン・山崎洋介)

    4
    続き

    平和への決意 後生に

     終戦から74年が経(た)ち、当時を知る世代が少なくなる中、15日の全国戦没者追悼式の参列者からは、戦争体験や平和への決意の継承を願う声が相次いだ。

    0
    続き

    「社員、遺族を守りたい」京都アニが警察・マスコミを牽制

     戦後最凶といわれるほど凄惨な放火事件から半月が過ぎました。7月18日、京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオに男がガソリンをまいて放火。35人が亡くなり、33人が重軽傷を負う大事件が、日本中を震撼させました。放火、殺人、傷害などの容疑で、埼玉県さいたま市に住む職業不詳の青葉真司容疑者が京都府警に逮捕されました。しかし、放火した際、自身も大やけどを負い、病院へ搬送。重篤で話ができる状態ではなく、本人から直接犯行の動機を聞けていません。犯行前後の言動や、パソコンやスマートフォンなどの押収物を解析するなどして、警察は動機を探っています。

    京都アニメーションの、社員、遺族を守りたい想い

    5
    続き

    人と動物との関係、資料で紹介 江戸東京博物館

     江戸時代に観賞用として愛された小鳥や明治時代に馬車の働き手として活躍したウマなど、江戸・東京の人々と動物とのさまざまな関係を歴史的資料で紹介する企画展「いきものがたり―江戸東京のくらしと動物―」が6日、東京都墨田区の江戸東京博物館で始まる。それに先立ち5日、報道向けの内覧会が行われた。

    1
    続き