«
»

社会 rss

日米共同統合演習「キーン・ソード」が始まる

 自衛隊と米軍による日米共同統合演習「キーン・ソード」が26日、日本周辺の海空域などで始まった。新型コロナウイルス禍の中、初めての大規模な共同訓練で、武力攻撃事態や離島防衛などを想定し、自衛隊の即応性を高めるとともに、日米の共同対処能力の向上を図る。

 防衛省によると、宇宙状況監視(SSA)に関する訓練を新たに実施。鹿児島県・トカラ列島の臥蛇島では、日米が初めて着上陸訓練を行う。

1
続き

制服系公務員、自衛隊ユーチューバーが奮闘

 海上自衛隊が人員不足の解消に向け、動画投稿サイト「ユーチューブ」に活路を求めている。隊員が公式チャンネルでユーチューバーとなり仕事ぶりをアピール。海自幹部は「自衛隊の堅いイメージをぶっ壊す斬新なアイデアで、若い人たちにぜひ見てもらいたい」と話す。

1
続き

大阪・道頓堀の名物、動く「カニ看板」が復活

 大阪・道頓堀の「かに道楽道頓堀本店」(大阪市中央区)で24日、修理を終えた動くカニ看板の脚2本が取り付けられた。現在の看板は3代目。1996年から24年間、休まず動き続けてきたことで脚の付け根の部品に不具合が見つかった。

1
続き

2業態同居、 フミレス内に空揚げ専門店を併設

 外食業界で、もともとある店舗の中にグループの別業態の店を同居させる動きが広がっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で収益が悪化しているため、設備投資費用を抑えつつ、店舗の魅力を高めて巻き返しを狙う。すかいらーくホールディングス(HD)はファミリーレストラン内に鶏の空揚げ専門店を併設。利用客は店内で2種類の店のメニューを一度に楽しめる利点がある。

1
続き

18年ぶり観光スポット 「氷川丸」 の船長が交代

 横浜市の山下公園にある観光スポット「氷川丸」の船長が交代した。2003年1月から務めていた金谷範夫さん(70)が9月末で退任。29代目の船長に大内孝利さん(68)が就任した。

 金谷さんは交代式で、心に残る思い出としてリニューアルオープン当日の長蛇の列や、16年の国の重要文化財指定を挙げた。特に重文指定については「これで氷川丸はずっと残ると思った」と感慨深げに語った。

1
続き

映画「鬼滅の刃」感動の裏にあるマナーの悪さに怒りの声

 コロナ禍の中、映画館に足を運ぶ人が減り、Netflixなどネット上で映画を観る人が増えており、映画館の運営が危ぶまれていました。

 そんな折り、幅広い層からの人気を集める漫画「鬼滅の刃」を原作にした「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が上映され、公開初日から3日で観客動員数は342万人に上り、興行収入は46億円超えという記録的な数字を叩き出しました。

10
続き

お酢のカクテルいかが? 酒に負けぬ深い味わい

 体質や車の運転などのため、お酒が飲めない人にも楽しんでもらおうと、関西の飲食店が酢をベースにしたノンアルコールカクテルの提供を始めた。見た目に美しく、爽やかな口当たりとお酒に劣らない深みを持つ1杯が、大阪や京都など45の店舗で味わえる。

1
続き

修学旅行に遊覧飛行、地元上空の景色を楽しむ

 岐阜県揖斐川町立揖斐川中学校がこのほど、修学旅行として古里を上空から眺める遊覧飛行を実施した。新型コロナウイルスの影響で、東京などに行く計画を変更。3年生と引率教諭ら計約100人が名古屋空港(愛知県豊山町)発着のチャーター便2機に乗り、約1時間の飛行を楽しんだ。

1
続き

東京農工大など、頑丈な甲虫の外骨格の謎を解明

 足で踏まれても、車にひかれてもつぶれずに生きている頑丈な甲虫の外骨格の謎を東京農工大や米カリフォルニア大などの日米研究チームが解明し、23日までに英科学誌ネイチャーに発表した。この北米西海岸に生息する甲虫の一種は飛ぶ能力を失っており、英語で「アイアンクラッド・ビートル(鉄の装甲の甲虫)」と呼ばれる。研究成果は航空機や自動車を強く、軽く造る技術に応用できる可能性があるという。

1
続き

安心して楽しんで、旅行前にPCR検査を

 日本航空(JAL)はこのほど、医療機関と提携し、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査を旅行前に受けられるサービスを開始したと発表した。1回1万円(税別)で、旅行需要を掘り起こすのが狙い。国内航空会社で初めてのサービスという。

1
続き

来年は見に来て! 今年の「竿燈まつり」は中止

 秋田空港(秋田市)で25日、竹のさおにちょうちんをぶら下げた竿燈(かんとう)を掲げて東京行きの便を見送る男性ら。

 東北3大祭りの一つ、「秋田竿燈まつり」は8月に予定されていたが、新型コロナウイルスで中止となった。空港での披露は全日本空輸と日本航空が企画。

 この日は強風と雨にも見舞われたが、地元竿燈会の差し手が「来年は見に来てもらえるように」と願いを込め、懸命にさおを支えていた。

1
続き

高級和牛に京野菜、「年末はぜいたく巣ごもり」

 「年末はぜいたく巣ごもり」。来週以降、大手百貨店のお歳暮商戦が本格的に始まる。新型コロナウイルス流行下の「特別な冬」に向け、各社は高級和牛や京野菜など自宅で楽しめる高級料理・食材に力を入れている。

1
続き

池江璃花子選手「泳ぎやすくて素晴らしい環境」

 東京都は24日、東京五輪・パラリンピックの水泳会場として江東区に新設した東京アクアティクスセンターの完成披露式典を開いた。大会では競泳と飛び込み、アーティスティックスイミング(AS)が行われる。

1
続き

歩行者を直撃「こんなこと予想もできない」

 大阪・梅田の繁華街にある商業施設から男性が転落し歩行者の女性(19)を直撃した事故。現場は多くの会社員や若者らが行き交う場所で、通行人らは「こんなこと予想もできない」と恐怖に顔を引きつらせた。

 商業施設内で働く女性は事故直後、悲鳴とともに多くの人が施設内に駆け込んでくるのを見た。女性は「警察官や警備員が現場を調べている」と話し、「何が起きたのかは全く分からない」と繰り返した。

1
続き

移動式の遊び場「プレーカー」の運行を開始

 岡山県瀬戸内市は、子供が外で安全に遊ぶのを支援するため、スタッフが遊び道具などを車に積んで地域に出向く「プレーカー」の運行を始めた。30種類ほどの遊び道具を用意し、今年度は60回、来年度は100回の開催を目指す。

 市社会福祉協議会に委託し、軽自動車2台で実施。協議会や市の職員、ボランティアらが1台当たり2人以上参加し、外遊びができる「こどもひろば」を地域の人たちと公園などで催す。

1
続き

色とりどりの花と香り、秋のバラを楽しむ

 東京都北区の旧古河庭園ではバラが見頃を迎えている。秋晴れとなった24日、多くの人が来園し色とりどりの花と香りを楽しんでいた。

 大正時代に建てられた洋館を背景に写真撮影していた50代の女性は「春はコロナ禍で来られなくて、秋に見られてよかった」と笑顔で話した。

1
続き

JAXA、アルテミス計画で宇宙飛行士を募集へ

 萩生田光一文部科学相は23日の閣議後記者会見で、日本が参加を表明した国際月探査計画(アルテミス計画)に向け、日本人宇宙飛行士の募集を行うと発表した。新たな飛行士は日本人初の月面着陸も期待され、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は来秋ごろをめどに募集を開始する。

 萩生田文科相は「日本人宇宙飛行士の参画は極めて大事だ。チャンスを生かしていけるよう国としても後押ししたい」と述べた。

1
続き

大阪大など、末梢神経再生する極薄シートを開発

 大阪大などの研究チームは22日、手首などの末梢(まっしょう)神経に巻き付けて神経再生を促す極薄シートを開発し、臨床試験(治験)を始めると発表した。手指がしびれる病気の患者らで有効性などを確認し、2025年の実用化を目指す。

 手首の神経が圧迫されて起きる「手根管症候群」は高齢女性に多く、国内で年間約3万件の手術が行われている。術後の回復に時間がかかるなどの課題があった。

1
続き

警視庁、未承認サプリ販売で医師3人を逮捕

 がんやインフルエンザの予防に効くとうたい、医薬品として承認されていないサプリメントを販売したとして、警視庁生活環境課は23日までに、医薬品医療機器法違反(無許可販売など)の疑いで、東京都新宿区四谷、医師風本真吾容疑者(57)ら3人を逮捕した。「医薬品の認識はなかった」という趣旨の供述をし、容疑を一部否認している。

1
続き

小平奈緒が11度目の優勝、北京五輪へ第一歩

 小平は特別な思いを胸にスタートラインに立った。昨年の台風19号による被災から復興途上にあり、新型コロナ禍の影響を受けた地元の長野での今季初戦。温かい拍手に、勇姿で応える覚悟を持って臨んだ。

 スタートでやや遅れ、最初の100メートルは10秒50。全体の3番目だったが、落ち着いて加速する。持ち前の重心の低い滑りを発揮して底力を示し、11度目の頂点に立った。

1
続き

巨人の岩隈久志投手、21年の現役生活に終止符

 プロ野球巨人の岩隈久志投手(39)が23日、東京ドームで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。巨人での2年間は1軍登板がなく、「このユニホームでもう一花咲かせようと戦ってきたが、残念ながら果たせなかった。21年間、たくさんの方々に応援していただき、勇気をもらった。感謝している」と話した。11月7日のヤクルト戦(東京ドーム)の試合後に引退セレモニーを行う。

1
続き

「ボージョレ・ヌーボー」初荷、羽田空港に到着

 フランス東部ブルゴーニュ地方産のワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の初荷が22日、羽田空港に到着した。新型コロナウイルスの物流への影響を考慮し、現地では例年より2週間ほど早く欧州域外への輸送を開始。11月19日の解禁に向け、小売店や飲食店に出荷される。

1
続き

松屋銀座がタクシーで食品の即日配送を開始

 松屋銀座は22日、タクシー会社50社が加盟するチェッカーキャブ無線協同組合(東京)と提携し、買い物代行サービス「松屋御用聞き」を来月4日に始めると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で顧客の外出自粛が続いており、タクシーで食品を即日配送して巣ごもり消費獲得を狙う。

1
続き