«
»

社会 rss

福山城筋鉄御門などに、3カ所9本の引っかき傷

 広島県福山市は20日、国の重要文化財に指定されている福山城筋鉄御門などで、3カ所計9本の引っかき傷が見つかったと発表した。市は県警に被害届を提出する予定。

 市によると、19日午後2時ごろ、市職員が筋鉄御門と鐘櫓(やぐら)で傷を発見。いずれも先端に丸みのある固いもので削ったような傷という。

0
続き

東京五輪、IOCと国内世論とのずれが顕在化

 7月23日の開会式まであと半年となる東京五輪。世界中で新型コロナウイルスの感染者数と死者数は増え続け、収束の気配はない。日本国内の世論調査では、今夏の五輪開催に半数以上が否定的な立場を示す結果が出ている。

0
続き

日本新をマーク、 松元克央が1分45秒13で優勝

 競泳の北島康介杯第1日は22日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル自由形は2019年世界選手権銀メダルの松元克央(セントラルスポーツ)が1分45秒13の日本新記録をマークして優勝した。自身が同世界選手権で樹立した記録を0秒09縮めた。

0
続き

厄をはらう縁起物、熊手作りが最盛期を迎える

 愛知県西尾市の勝山寺では、節分を前に熊手作りが最盛期を迎えている。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため豆まきは中止となり、1月31日から2月2日までの3日間に分散して祈祷(きとう)が行われる。

 おかめや天狗(てんぐ)で豪華に飾られた熊手は、福をかき込み、厄をはらう縁起物。三浦詠豊住職(70)は「こんな時期だからこそ前向きに乗り切りたい」と話している。

1
続き

世界パラ陸上のアンバサダーに野口みずきさん

 2022年に神戸市で開催される世界パラ陸上選手権の大会アンバサダーに、04年アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさんが就任し、21日に市役所で大会組織委員会副会長の久元喜造市長から委嘱状を手渡された。

 現役時代の3年間、神戸市内を拠点に活動した野口さんは、「海や山が近く、環境がいい。選手も気持ちよくパフォーマンスできる」と語った。

1
続き

バッハIOC会長、東京五輪開催方針は崩さず

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は21日、電話形式でIOC委員向けに開いた非公式会合の中で、新型コロナウイルスの影響で実施を危ぶむ声が出ている今夏の東京五輪について、予定通りに開催する方針を改めて示した。関係者が明かした。開会式は7月23日に予定されている。

 IOCは22日に各国・地域オリンピック委員会(NOC)、25日には各国際競技団体(IF)を対象とした会合を開く。

1
続き

関脇の照ノ富士の揺るがぬ自負、朝乃山を破る

 結びに組まれた右四つ同士の対決。照ノ富士がまたも、年下の大関をはね返した。「落ち着いてできた」と涼しい顔で振り返った元大関。朝乃山に技術、力量の差を見せつける格好となった。

 すぐに右四つで組むと、互いに上手を探る攻防に。「体が勝手に動いた」のは照ノ富士。右のかいなを返すようにして、朝乃山の左をまわしから遠ざける。圧力をかけて上手を引けば盤石。やや半身になってこらえる相手を豪快に寄り切った。

1
続き

例年はにぎわう護国神社、今年は静かなお正月

 沖縄県は新型コロナウイルス感染の拡大する中、新年を迎え、例年正月は最大の初詣客でにぎわう沖縄県護国神社(那覇市)も今年は静かな正月となった。

 初詣客は正月3が日にこだわらず、年末から現在まで分散しており、3密を避けて参拝することができる。

1
続き

陸自も食PR参戦、駐屯地「給食」で人気投票

 陸上自衛隊が、各駐屯地の食堂で出している給食のナンバーワンを決める「陸自飯グランプリ」を計画している。インターネット上で投票し、入賞メニューの試食会を開催する予定。親近感を高める作戦で、カレーや鶏の空揚げをアピールする海上、航空両自衛隊との相乗効果を狙う。

1
続き

第164回芥川賞に宇佐見りんさんが選ばれる

 第164回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が20日、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に宇佐見りんさん(21)の「推し、燃ゆ」(文芸秋季号)、直木賞に西條奈加さん(56)の「心淋(うらさび)し川」(集英社)がそれぞれ選ばれた。

1
続き

「2度目の定額給付金を」7万人超が署名

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の再発令を踏まえ、2度目となる「特別定額給付金」の支給を求める動きが出ている。政府は昨年4月の前回宣言時、全国民に一律10万円の支給を決めたが再給付には消極的な姿勢を見せている。

3
続き

東京五輪半年前、春以降に選考本格化

 昨夏の開催予定が1年延期された東京五輪。国際大会の成績などで昨春までに日本代表に決まっていた選手は、ほとんどが権利を維持した。その後も選考は進み、個人競技でこれまで約120人が五輪切符を手にした。

1
続き

「合格祈願」、まんじゅうに願いを込めて

 コロナ禍での受験シーズンを応援しようと、大阪府高槻市の和菓子店「薩喜庵」で15日、「合格祈願」の焼き印が入ったまんじゅう作りがピークを迎えた。

 4年前から製造されている人気商品で、自家製のこしあんを入れた蒸しまんじゅうに、焼き印を一つ一つ押して仕上げる。

1
続き

早咲きの「あたみ桜」、熱海に一足早い春が到来

 静岡県熱海市の糸川遊歩道で19日、早咲きの「あたみ桜」のつぼみが開き始めている。五分咲きのものもちらほら見られ、一足早い春の到来を告げている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で1月中は出店や催しが中止となったが、「密などに気をつけて見に来ていただきたい」と市の担当者。

 あたみ桜は平年通りに開花しており、2月上旬まで楽しめるという。

1
続き

久保田掛川副市長、「避難の徹底」教訓を伝える

 「防災に強いまちづくり」を掲げる静岡県掛川市が、南海トラフ地震を想定した対策に力を入れている。「災害の死者をゼロにしたい」。久保田崇副市長(44)は、岩手県陸前高田市で東日本大震災の復興に関わった経験を生かし、避難徹底の重要性を訴えるなど防災意識向上に取り組む。

2
続き

日差しを浴びて銀色に輝く、サンマの天日干し

 冬の日差しを浴びて銀色に輝くサンマ。東日本大震災から10年を迎える宮城県女川町で19日、サンマの天日干しが最盛期を迎えている。

 寒風にさらすことでうま味が増す古くからの製法だ。製造する同町の水産加工会社「ヤマホンベイフーズ」は津波で工場や冷蔵設備が被災したが、生産量は震災前の約半分に回復したという。

1
続き

不正チャージの疑いで中国人留学生2人を逮捕

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用し預金が不正に引き出された事件で、警視庁は19日、同口座に他人の銀行口座から現金をチャージ(入金)したとして、電子計算機使用詐欺容疑で、中国人留学生のファン・イン(28)=東京都板橋区常盤台=、チー・ハオナン(23)=練馬区羽沢=両容疑者を逮捕した。2人は「勝手にチャージしたことはない」などと容疑を否認しているという。

1
続き

男子テニスの錦織圭、つらいホテルの隔離生活

 テニスの全豪オープン(2月8日開幕)開催地メルボルンへの移動便で同乗者に新型コロナウイルス陽性者が確認され、到着後ホテルで隔離生活を強いられている男子の錦織圭(日清食品)が18日、公式アプリで近況を報告した。体調は問題ないとしながら、「2週間じっとしていた後に試合をするのはリスクしかない」と不安を漏らした。

1
続き

丑年、疫病退散で「赤べこ」に人気が沸騰

 疫病退散の縁起物でもある福島・会津地方の郷土玩具、「赤べこ」に人気が集まっている。丑(うし)年の今年、新型コロナウイルスが感染拡大する中、東京都内の販売店では売り切れが続いている。業者は「ここまで注文が増えるとは」とうれしい悲鳴を上げる。

3
続き

コロナ感染防止と暑さ対策の両立が大きな課題

 今夏の東京五輪・パラリンピックを前に、空港や駅、競技会場周辺で交通案内などを務める都市ボランティアからは、新型コロナウイルスの終息見通しが立たず不安の声が多く出ている。そうした中でも自治体などは開催を前提に対策を推進。マスク着用といった感染防止と暑さ対策をどう両立させるかが大きな課題となっている。

1
続き

日曜限定カフェ「cha茶cha」が憩いの場に

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が一部区域で解除された福島県富岡町で、昨年10月にオープンした日曜日限定のカフェ「cha茶cha」が、帰還した町民らの憩いの場になっている。

 町内で休日の日中に開いている飲食店がなかったことから、毎週日曜日の午前11時~午後3時に限り営業している。語り部活動を行うNPO法人「富岡町3・11を語る会」が運営。

1
続き

野生のジャイアントパンダ、馬糞で寒さしのぐ

 野生のジャイアントパンダが馬ふんを体になすり付けるのはなぜ? 冬季にしばしば見られる行動の謎を中国科学院動物研究所などの研究チームが解明し、18日までに米科学アカデミー紀要電子版に発表した。排せつされたばかりの馬ふんには、温度感覚を鈍らせる物質が含まれており、パンダが体に付けると寒さを感じにくくなるという。

2
続き

宝富士、近大の恩師の命日に「いい報告できる」

 相手は迷いなく突進してくる大栄翔。経験豊富な宝富士は、立ち合いが肝心と心得ていた。当たりを吸収し出足を止める。下からあてがって猛攻をしのぐ。左に回り込む。最後は体を開いてはたき込み、「立ち合いに集中できたのがよかった」。

1
続き