«
»

社会 rss

異例シーズン制す、原辰徳監督の手腕光った1年

 今年は開幕が3カ月遅れ、秋には10連戦や9連戦もあった過密日程。さまざまな難しさがある中で、原監督の手腕が光った。

 連戦の疲労を考慮し、主力打者でも休養日を与えた。移動日やナイター翌日のデーゲームでは試合前の全体練習をキャンセルし、調整を各自に任せる日が目立った。試合では、終盤にある程度のリードができれば次々と交代を指示。厳しい連戦を乗り切るため、控えを含めた全員で戦った。

1
続き

「見せる復興」を、首里城再建の動きが本格化

 那覇市の首里城が炎上し、正殿などが焼失してから、31日で1年。復旧のための寄付金はこれまでに50億円を超え、内閣府や沖縄県による復元計画が本格的に始動している。一方、出火原因は不明のままで、管理責任があいまいな状態は解消されていない。

 火災は昨年10月31日未明に発生。正殿から出火し、木造の正殿とコンクリート造りの北殿、南殿などに燃え移り、建物と門の計7棟を焼いた。

1
続き

平良啓さん、30年を経て2度目の設計へ

 沖縄を象徴してきた首里城は失火や戦災で何度も焼失したが、そのたびに再建されてきた。「悲しむ暇はない。二度と燃えない城にする」。昨年の火災で焼け落ちた正殿の設計に携わり、建設の現場にも立った平良啓さん(66)は、苦労して造り上げた正殿などの焼失に衝撃を受けたが、約30年を経て再び復元に立ち上がった。

1
続き

NHK、朝ドラ「エール」の撮影が終了

 NHKは30日、放送中の連続テレビ小説「エール」の撮影が終了したと発表した。昨年9月に撮影を始めたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による約2カ月半の中断を挟み、約13カ月に及ぶ撮影が29日に完了したという。

 主人公を演じた俳優の窪田正孝さんは「学生服を着て撮影していたのが、昨日のことのよう。最後までエールをよろしくお願いします」などとするコメントを公表した。

1
続き

強くて成型自在な「ゲル」材料を簡単に作製

 食品や化粧品の増粘剤として使われる種類の微細な植物繊維「セルロースナノファイバー」と、レモンなどに含まれるクエン酸を材料として、非常に弾力性があるゼリー状の「ゲル」が開発された。日本原子力研究開発機構と東京都立産業技術研究センター、東京大の研究チームが30日発表した。論文は米化学会の専門誌に掲載される。

1
続き

人気漫画「鬼滅の刃」ブーム、観光に恩恵

 アニメ映画の記録的なヒットで一層盛り上がる人気漫画「鬼滅の刃」ブーム。作品や主人公ゆかりの「聖地」には大勢のファンが押し寄せ、地方の観光地が時ならぬフィーバーに沸いている。

1
続き

「叡王戦」、菓子大手の「不二家」が主催

 日本将棋連盟は29日、将棋の8大タイトル戦の一つ「叡王戦」について、31日に予選が開幕する第6期から連盟と菓子大手の「不二家」の主催で、タイトル保持者と挑戦者の決戦は従来の7番勝負から5番勝負に変更すると発表した。第5期まで主催してきた「ドワンゴ」から交代する。

1
続き

日本郵便、2021年用年賀はがきの販売開始

 日本郵便は29日、2021年用のお年玉付き年賀はがきの販売を全国で始めた。人気アニメ「鬼滅の刃」の絵柄が入ったはがきも11月20日に売り出す予定。

1
続き

批判が殺到、「日本食」のはずが中華風に

 英放送局チャンネル4の人気料理番組で、日本をテーマに料理の腕を競うはずが、出場者が中華風やインド風の料理をつくってしまい、批判が殺到する事態となった。英紙インディペンデントは「無知で差別的だ」との視聴者の声を伝えている。

1
続き

警視庁、俳優の伊藤健太郎容疑者を逮捕

 乗用車を運転中にバイクと衝突事故を起こし、現場から立ち去ったとして、警視庁は29日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、俳優の伊藤健太郎容疑者(23)東京都港区南青山を逮捕した。「バイクと衝突し、現場から離れてしまったことに間違いない」と容疑を認めているという。

1
続き

JR東、次世代新幹線 「ALFA-X」 初試乗会

 JR東日本は27日深夜から翌日未明にかけ、次世代新幹線試験車両「ALFA-X」の報道向け試乗会を、仙台-盛岡間で開催した。最高時速は400キロで、今回は382キロまで到達した。昨年5月に完成したALFA-Xの試乗会は初めて。

 同区間を走る現役の東北新幹線「E5系」の最高時速は320キロだが、ALFA-Xは新幹線としては世界最速の時速360キロで試験走行を重ねている。

2
続き

工夫もさまざま、ハロウィーンが本番を迎える

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、31日にハロウィーンが本番を迎える。コロナによる閉塞(へいそく)感に負けまいと、感染防止のフェースシールドに工夫を凝らすなど楽しんでもらう取り組みが広がっている。

2
続き

復元を願い光る 「首里城」、再建の機運が高まる

 那覇市の首里城の正殿などが火災で焼失してから31日で1年となるのを前に、市中心部で28日、発光ダイオード(LED)ライトを使って首里城の形をともす催しが始まった。赤色の正殿の輪郭が幻想的に浮かび上がり、集まった市民が再建を願った。

2
続き

LEDの数は無数、夜空を彩る光の巨大なアート

 三重県桑名市の「なばなの里」で発光ダイオード(LED)による壮大なイルミネーションが訪れた人を魅了している。

 使用されているLEDの数は「数え切れず無数」(担当者)。圧巻は夜空にそびえる高さ約35メートル、幅約155メートルの大樹をモチーフにした巨大な作品。

 近くから見上げた人たちからは「言葉にならない」と感嘆の声が上がった。イルミネーションは来年5月31日まで。

2
続き

燕市教委、小中学校の水栓をレバー式に交換

 新潟県燕市教育委員会は、新型コロナウイルス対策の一環で、全ての市立小中学校や児童クラブの手洗い場、トイレなどの水栓をレバー式に交換する。事業費は4700万円で、地方創生臨時交付金を活用する。

 現在は基本的に左右にひねるハンドル式だが、ウイルスに触れた手を介した接触感染リスクを抑えるため、肘で開閉できるレバー式に今年度中に換える。

2
続き

上野動物園、シャンシャンとのお別れはネットで

 上野動物園(東京都台東区)で生まれた雌のジャイアントパンダ、シャンシャン(3歳)が年末に中国へ返還されるのを前に、同園は28日から、オンラインで未公開映像などを公開する特別企画を始める。新型コロナウイルスの影響で園内でのイベントを全て休止している同園は、「自宅でシャンシャンを楽しんでほしい」としている。

1
続き

加藤官房長官に日本メガネベストドレッサー賞

 第33回日本メガネベストドレッサー賞の表彰式が27日、東京都内で開催され、政界部門で加藤勝信官房長官が選ばれた。

 加藤氏は記者会見で、2005年衆院選の自身の出陣式でメガネが落ちて割れたエピソードを披露。選挙には当選したが「メガネは予備を持っておかなければいけないことを実感した」と苦笑いした。

1
続き

マスク取り一礼、参院議員の河井案里被告が保釈

 昨夏参院選をめぐる大型買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)について、東京地裁は27日、保釈を認める決定をした。保釈保証金1200万円は即日納付され、被告は同日夜、東京拘置所から保釈された。

1
続き

画面越し、石神井公園団地の建て替えセレモニー

 建て替えプロジェクトが行われている東京都練馬区の石神井公園団地で27日、団地のシンボル、高さ約35メートルの給水塔の解体作業が始まった。

 同団地は前回東京五輪から3年後の1967年に竣工(しゅんこう)し、昨年建て替えが決定した。

 新型コロナウイルスの影響でセレモニーはライブ配信され、住民は画面越しに別れを惜しんだ。

1
続き

学童クラブの児童が段ボールで首里城アート

 那覇市首里地区の郵便局で段ボールによる首里城アートが展示されている。

 郵便局で不要になった段ボールを地元の五つの学童クラブに提供した。それを児童が貼り付け、色を塗って仕上げた。

 10月中旬から市内五つの郵便局で順次展示されている。

1
続き

日米共同統合演習「キーン・ソード」が始まる

 自衛隊と米軍による日米共同統合演習「キーン・ソード」が26日、日本周辺の海空域などで始まった。新型コロナウイルス禍の中、初めての大規模な共同訓練で、武力攻撃事態や離島防衛などを想定し、自衛隊の即応性を高めるとともに、日米の共同対処能力の向上を図る。

 防衛省によると、宇宙状況監視(SSA)に関する訓練を新たに実施。鹿児島県・トカラ列島の臥蛇島では、日米が初めて着上陸訓練を行う。

1
続き

制服系公務員、自衛隊ユーチューバーが奮闘

 海上自衛隊が人員不足の解消に向け、動画投稿サイト「ユーチューブ」に活路を求めている。隊員が公式チャンネルでユーチューバーとなり仕事ぶりをアピール。海自幹部は「自衛隊の堅いイメージをぶっ壊す斬新なアイデアで、若い人たちにぜひ見てもらいたい」と話す。

1
続き

大阪・道頓堀の名物、動く「カニ看板」が復活

 大阪・道頓堀の「かに道楽道頓堀本店」(大阪市中央区)で24日、修理を終えた動くカニ看板の脚2本が取り付けられた。現在の看板は3代目。1996年から24年間、休まず動き続けてきたことで脚の付け根の部品に不具合が見つかった。

1
続き