■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 社会 rss

    改憲への思い、歌にのせて―自民党職員・田村氏がCDリリース

     自民党職員で歌手としての顔も持つ田村重信氏が12日、都内で憲法改正の歌「憲法よりも大事なもの」のリリース記念パーティーを開き、歌を披露した。田村氏は本紙の動画サイト「国益ネット放送局パトリオットTV」でメインキャスターも務めている。

    0
    続き

    広がるムスリム観光客への対応

     訪日外国人数が昨年、初めて3000万人を突破した。インバウンドのさらなる拡大を目指す日本にとって、訪日ムスリム(イスラム教徒)への対応は重要な課題の一つだ。ハラル(コーランで食べることを許された食材)以外にも礼拝用スペースの確保など、ムスリム観光客を意識した対応が全国に広がっている。 (社会部・石井孝秀、写真も)

    0
    続き

    昭和天皇の心の声を聞く 御製・直筆草稿が物語るもの

     昭和天皇の御製(和歌)の直筆の草稿とメモが発見され、世界日報社は独自調査を進めてきた。それらには昭和天皇の御心が率直に吐露された未発表の作や、皇族方、親しくされていた人々や国民への思いの滲(にじ)む歌が含まれる。一方で、それらの歌が、なぜ平成2年に宮内庁侍従職が編纂(へんさん)した御製集『おほうなばら』(読売新聞社、絶版)に収録されなかったのか。編纂者がどのような判断で撰歌を行ったのか疑問も浮かんでくる。(昭和天皇御製草稿取材班)

    1
    続き

    始動した「気候変動適応法」

     気候変動対策の新たな枠組みとなる「気候変動適応法」が1日に施行された。「適応」は地域が主体となって、気温上昇や集中豪雨などの被害に備えるもの。さまざまな分野に影響を及ぼす気候変動に対して、国や地方自治体が一体となり適応策を推進する取り組みが始動した。 (政治部・岸元玲七、写真も)

    1
    続き

    「慰安婦」「元徴用工」韓国・文政権ジレンマ

     日韓関係が急速に冷え込んでいる。元徴用工だったと主張する朝鮮半島出身者が起こした賠償請求訴訟で韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償命令を言い渡す判決を下し、韓国政府がいわゆる従軍慰安婦問題をめぐる2015年末の日韓合意に基づく支援財団の解散を発表したことが決定的な原因だ。日本には韓国に対する不信感が広がっているが、なぜ文在寅政権は反日路線に舵(かじ)を切ったのだろうか。(編集委員・上田勇実)

    2
    続き

    防衛省、自衛官獲得に奮闘

     少子化問題が深刻化する中、国内の多くの企業が若手の人材獲得に頭を抱えている。国を守る役割を担う自衛隊も例外ではない。防衛白書によると2014年度以降、自衛官候補生(任期制自衛官)の応募人数と採用人数は4年連続で減少となっている。この人員不足解消のためにどのような対策が行われているのか、現場での取り組みを取材した。(社会部・川瀬裕也)

    6
    続き

    カルロス・ゴーン会長、逮捕

     日産自動車の代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)ら2人が、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、東京地検特捜部に19日に逮捕された。  ゴーン容疑者は同日夕、日産自動車のプライベートジェット機で羽田空港に到着した。

    0
    続き

    安田さん解放、一層のテロ情報収集力向上を

     内戦下のシリアで武装勢力に拘束されたジャーナリストの安田純平さんが解放された。

     安田さんは隣国トルコの入管施設で保護された後、日本に帰国した。無事に帰国できたことを喜びたい。

    トルコとカタールが仲介

    4
    続き

    「いきなり画面におサルが……」Youtube世界規模で障害発生、一時動画閲覧できず

     利用者が15億人に上る動画閲覧サイトYouTubeが17日午前10時ごろ、突然アクセスができなくなり、パソコン、スマートフォンなどの動画再生ができない状態となった。YouTube側のサーバに何らかの障害が世界規模で発生した模様で、11時40分現在は復旧している。

     Twitterでは「#YouTubeDOWN」が世界中でツイートされ、トレンド入り。11時30分時点で20万ツイートを突破していた。

    1
    続き

    外国人観光客を呼び込め

     日本政府は2020年までに訪日観光客(インバウンド)4000万人と消費額8兆円の達成を掲げている。昨年度のインバウンド数は2869万人と5年連続で過去最高を更新。今年は台風など災害の影響が懸念されるが、日本政府観光局によると8月までの累計インバウンド数は前年比12・6%増の2130万9000人で、昨年より速いペースだ。目標達成のためには東京や京都などの名所から地方への観光客分散が鍵といわれ、外国人の誘客に知恵を絞り、成功する地方自治体も増えてきている。 (社会部・石井孝秀)

    1
    続き

    築地から豊洲へ、日本の食文化支えた83年

     「日本の台所」の東京・築地市場が83年の歴史に幕を閉じた。最終営業を終えた卸業者や仲卸業者ら築地市場と歳月を共にした関係者は万感の思いで別れを告げ、移転先の豊洲市場への引っ越し作業を開始した。

    2年延期の弊害大きく

    4
    続き

    台湾との関係強化に動く米

     米国が台湾との関係強化に動いている。米国はこれまで、台湾に関して中国を刺激する行動を極力控えてきたが、中国の露骨な外交的、軍事的圧力で台湾海峡の安定が脅かされており、中国配慮より台湾支援を優先すべきとの機運が生まれている。 (編集委員・早川俊行、写真も)

    4
    続き

    座間事件起訴、動機と手口を究明し再発防げ

     戦後の犯罪史上に例を見ない猟奇的な凶悪事件の裁判が始まる。神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、東京地検立川支部は白石隆浩容疑者を強盗・強制性交殺人などの罪で起訴した。大量殺人はなぜ起きたのか、裁判を通じて動機や手口を究明し、再発の防止に資すべきだ。

    SNSを利用し大量殺人

    1
    続き

    樹木希林さん ご冥福をお祈りします 今の理想的ながんとの付き合い方

    樹木希林さんがお亡くなりになりました。乳がん手術後からから8年後の2013年の全身がん(おそらく転移)の告白。そして5年後。彼女の活動はまさに一人のがんサバイバーとして素晴らしい女優を演じきりました。

    本当に医師から見てもすごい患者さんで、以前から記事にさせていただいていました。 ((1)、(2))

    1
    続き

    38歳男性4回目の逮捕 77歳の女性に親の監督義務? 病気が治らなければ責められる?

    38歳の男性が覚せい剤違反で4回目の逮捕をされました。(三田佳子次男逮捕 覚醒剤で4度目「親としては、もう力及ばずの心境」(スポニチ))

    薬物依存症。専門家によれば日本人の2%の方が経験する病気の一つで、今の日本の対応は欧米と比べて間違っていると言っています。(ゼロからわかる「薬物依存症」〜私たちがいまだに誤解していること 安心して「やめられない」といえる社会へ)(つい最近あの女医に対してのバカ記事(桑満先生の解説)を書いた週刊現代にもいい記事はある)

    0
    続き

    五輪向けサマータイムは結局、廃案か

     2020年夏の東京五輪向けに、安倍首相が自民党に指示したサマータイムの導入検討は、無理が多く、撤回されると考えたほうがいいでしょう。この夏の猛暑に驚いた森大会組織委員会(IOC)会長と安倍首相がだれかの思い付きに乗せられたのでしょう。「面白いそうだ」というスローガンに飛びつき、関係部署に指示を出したがる安倍政権の軽率さによるのでしょうか。

     自民党総裁選が7日に告示され、20日の投開票ですから、安倍首相は出したばかりの指示を引っ込めるには、タイミングが悪い時期です。北海道が地震で全道停電、死者と行く方不明35人という時にサマータイム案の撤回発表でもありますまい。10日に延期された所見発表、候補者記者会見あたりで、撤回を匂わすか、「検討継続」とかいって、結局、断念という流れになるのでしょうか。

    1
    続き

    日朝接触、昨年から北京で

     今年7月ベトナムで日本と北朝鮮の当局者が極秘接触していたという米紙報道を受け、日朝関係の新たな動きにつながるのか関心が高まっている。最大の懸案である日本人拉致問題の解決などに向け糸口を見いだせるのだろうか。 (編集委員・上田勇実)

     報道によると、接触していたのは北村滋内閣情報官と金聖恵統一戦線部策略室長。詳細は不明だが、北朝鮮による日本人拉致問題が議題に上がったとの見方が出ている。

    5
    続き

    児童虐待、痛ましい事件をなくしたい

     全国の児童相談所が2017年度に対応した児童虐待件数は、前年度比1万1203件(9・1%)増の13万3778件で、1990年度の統計開始以来、27年連続で最多を更新した。

     児童虐待をめぐっては、今年3月に東京都目黒区で5歳女児が死亡した事件など深刻なケースも後を絶たず、対策強化が求められる。

    連携不足で死を防げず

    6
    続き

    エアコン故障で4人死亡 業務上過失致死

    岐阜の療養型病院藤掛第一病院での死亡の話です。(岐阜の病院で80代の患者4人死亡 冷房故障で熱中症か)(4人死亡の病院長「エアコン、20日から故障」 岐阜)

    病院のHPからです。 >本院にご入院の患者様はご高齢の方が多く、本院が終(つい)のすみかとなられる事が多く、患者様の快適性を追求して日々改善して運営しております。 >当院は老人医療を専門に、療養病床を119床有しております。

    1
    続き

    容疑者逃走、危機管理体制がお粗末だ

     大阪府警富田林署の留置場に勾留されていた容疑者の男が逃走した。警察の危機意識の欠如が招いた事件と言うしかない。

    面会室のアクリル板壊す

     男は弁護士との接見後、面会室のアクリル板を壊して弁護士が出入りするドアから逃げたとみられる。接見は弁護士と二人きりで、手錠はしていなかった。

    アクリル板は30年前に設置され、一度も交換していなかった。点検は目視だけで、実際に押して強度を確かめてはいなかったという。

    2
    続き

    韓国 文政権 南北融和で反日抑制

     韓国の文在寅政権が反日色を抑えている。日本統治からの解放日を祝う恒例行事で文大統領はお決まりの日本批判を一切せず、今年から法定記念日となった「慰安婦を称える日」の式典も日本をはじめ外国メディアへの取材が制限された。南北・米朝首脳会談で動き出した朝鮮半島の対話ムードを壊したくないため、日本をいたずらに刺激するのは得策ではない、との判断が働いているようだ。(ソウル・上田勇実)

    3
    続き

    阿波踊りの観客を増やして、累積赤字解消に貢献するプロジェクトを始めませんか

    あまり政治的な争点になってしまうのはよくないと思うので、徳島市関係者の方には早めに知恵を出して欲しい。

    まあ、徳島市長はご自分の目論見が見事に外されてしまって、目下は如何にも面目を失ってしまったような感じではあるが、徳島の阿波踊りに全国の方々が関心を持っていただいたのだから、今年の観客が昨年より15万人程度減少したといって、そうめげることはない。

    1
    続き

    色々な奇跡が重なった2歳の子生存 凄腕災害ボランティアの職人技

    行方不明だった2歳の子供。無事見つかりました。(不明男児発見した男性、「尊い命が助かって良かった」 曾祖父、元気な姿に涙)

    沢があったことから水分だけはとっていたのでしょう。68時間1人で2歳児が生きていたことは奇跡です。本当見つかった子供は元気だったようで、すぐに退院できそうとのことです。

    9
    続き