«
»

予防という名の人体実験 rss

子供を国際ビジネスから守れ

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(17)

 先月24日、東京・湯島の全労連会館で行われた「国民の医薬シンポジウム」で子宮頸(けい)がんワクチンの問題に関する講演の前に、「医薬品の安全性確保とTPP」との観点で講演が行われた。

 講師は薬害オンブズパースン会議事務局長で弁護士の水口真寿美氏。

1
続き

「海外」根拠に市議会無視

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(16)

 田村憲久厚労相は定例記者会見で17日、記者から、25日の副反応検討部会に向けての見解を問われた。

 厚労相は、いろいろな症例を検証しながら、実数がどれくらいあるか海外と比べているが、海外では日本のような案件で接種中止をしたところがあるとは聞いていない、と回答。海外の例を参考に判断するのが妥当のような考えを示した。

1
続き

子宮頸がんワクチン勧奨は「時代に逆行」の声

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(15)

 「全国子宮頸癌ワクチン被害者連絡会」の松藤美香代表は、ネットで子宮頸がんワクチン接種中止の署名活動中だ。ブログ「みかりんのささやき」から参加できる。

 最近、米テキサス州在住の日本人女性が署名を寄せた。

1
続き

ワクチン後進国というウソ

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(14)

 この8月、東京・世田谷区の国立成育医療研究センターで「ワクチンギャップを考える」というシンポジウムが開かれた。主催は朝日新聞。

 杉並区で最初の子宮頸(けい)がんワクチンの重篤な被害者が出たことをスクープしたのが朝日なら、副反応のことを1行も書かないワクチン推進の全面広告を頻繁に掲載してきたのも朝日だ。

1
続き

子宮頸がんワクチン全接種者調査の結果を批判

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(13)

 神奈川県海老名市で14日午後、第9回市民公開シンポジウム「子宮頸(けい)がんについて」が開かれた。150人を収容する区役所の会場には若い母親の姿が目立った。

 まず、海老名市医師会長である田中昭太郎氏があいさつ。

1
続き

副反応被害無視の便益計算

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(12)

 このほど、東京女子医大の非常勤講師が、英ワクチン・メーカー「グラクソスミスクライン(GSK)」の課長でありながら、それを隠し、子宮頸(けい)がんワクチンを接種することで、医療費が12億円軽減されるという論文を書いていたことが問題になり、新聞、テレビで報じられた。

2
続き

研究論文、英製薬会社「グラクソスミスクライン(GSK)」の影響下

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(11)

 11月24日に全労連会館で開かれた「『子宮頸(けい)がん予防』ワクチンの必要性・安全性・有効性」シンポジウムでは、子宮頸がんワクチンの副反応の原因が、ワクチンに混入されている免疫増強剤(アジュバント)にあるとの指摘が発表者から相次いだ。

2
続き

巧妙にセットで子宮頸がんワクチン接種義務化

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(10)

 6月14日に開かれた厚生労働省の副反応検討部会(桃井眞里子座長)では、接種の積極的勧奨の一時中止の方法をめぐり、さまざまな視点で意見が交わされた。

 なかでも、積極的勧奨の一時中止に賛成した岡部信彦川崎市健康安全研究所長は、子宮頸がんワクチンの接種を、現在のA類疾病から、インフルエンザが属しているB類疾病に移すことでの対応策を探った。

2
続き

利益相反著しい副反応検討部会

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(9)

 6月14日、第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が、厚生労働省12階の会議室で行われた。

 子宮頸(けい)がんワクチンの副反応が多発していることを受け、何らかの重大決定が行われるとの見方があり、傍聴席は満員。

 会議は、副反応検討部会委員に加え、合同で議論する安全対策調査会の委員も数人加わった。

2
続き

神奈川県大和市が子宮頸がんワクチン接種中止の口火

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(8)

 神奈川県大和市は、鎌倉市を上回る人口23万を擁するが、市のカラーづくりはこれからだ。

 大和という名前は、村が合併し新たに市の名前を決めるとき、意見がまとまらず、日本古来の名前にしようということで決まった。

 だがこの新興都市が、今年春先から子宮頸(けい)がんワクチン接種に待ったをかける重要な役割を果たしてきた。

2
続き

子宮頸がんワクチンへの質問はぐらかす専門家会議

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(7)

 子宮頸(けい)がんワクチン接種の積極的勧奨再開に向け、活発に動いている今野良自治医大さいたま医療センター教授(53)。

 自治医大を卒業後、東北大学医学部に勤務、2008年から、「子宮頸がん征圧をめざす専門家会議」の実行委員長を務めている。

4
続き

子宮頸がんワクチンは「単に感染遅らすだけ」の声

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(6)

 JR御茶ノ水駅の改札を出ると、右手に東京医科歯科大学、順天堂大学医学部の威圧的な建物が神田川に沿ってそびえ立つ。

 そこから少し裏手に入った場所にこぢんまりと立つ全労連会館で11月24日、「『子宮頸(けい)がん予防』ワクチンの必要性・安全性・有効性」と題したシンポジウムが開かれた。

3
続き

前健康局長の不都合な答弁貶める厚労省

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(5)

 みんなの党「女性局」の勉強会が衆院第二議員会館で11月27日午後開かれ、講師の今野良自治医大附属さいたま医療センター教授による一通りの説明が終わると、質疑応答が始まった。

2
続き

子宮頸がん予防ワクチンの接種をWHOの“権威”カサに説得

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う (4)

 11月27日午後、衆議院第二議員会館で、みんなの党「女性局」による子宮頸(けい)がんワクチンの勉強会が開かれた。  講師は今野良自治医大附属さいたま医療センター教授。短く刈り上げたスポーティーな髪型が印象的で、眼光が鋭い人物だ。

1
続き

杉並区が子宮頸がんワクチンの副反応問題で「重篤被害者なし」と嘘

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(3)

 今年3月25日に発足した「全国子宮頸(けい)癌(がん)ワクチン被害者連絡会」(池田利恵事務局長、以下「連絡会」)の会長を務める松藤美香さん(46)。

1
続き

子宮頸がんワクチンの影響を部活練習の痛みと混同

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(2)

 神奈川県横浜市は、横浜市立大学医学部の「子宮頸がん予防プロジェクト」の影響もあり、子宮頸(けい)がんワクチンの接種率が76・5%(平成23年2月~25年3月)と比較的高く、接種対象年齢は、中学1年から高校3年までと広い。

1
続き

子宮頸がんワクチン接種被害者への同情は口先だけ

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(1)

 がんを予防する「救世主」として登場したものの、重篤な副反応をもたらすことが明らかとなり、厚生労働省が6月半ば、接種の積極的な呼び掛けを中止した子宮頸(けい)がんワクチン。だが、被害者の治療法もワクチンの予防効果も不明のまま、同省はこの12月に接種の積極的な呼び掛けを再開するとの見方が出ている。多くの女子生徒の将来を犠牲にしてまで、なぜ国を挙げてワクチン接種が進められるのか、その構造に迫っていく。(山本 彰)

1
続き