«
»

沖縄 rss

信頼関係築き相乗効果発揮を

普天間基地移設 経緯の検証と提言(5)

万国津梁機構・一般社団法人 仲里嘉彦理事長

 沖縄県の観光リゾート産業は現在、同県の経済発展の柱に成長している。昭和50年7月20日から翌年1月8日まで沖縄本島本部で沖縄国際海洋博覧会が祖国復帰記念事業の一環として開催され、同年はじめて沖縄への観光客が100万人を突破して155万8000人に達した。平成26年度は716万人に達した。

3
続き

政府の沖縄振興策への影響を懸念

普天間基地移設 経緯の検証と提言(4)

万国津梁機構・一般社団法人 仲里嘉彦理事長

 県土の狭い沖縄に在日米軍施設が集中していることは異常だ。早急に米軍基地を整理縮小するとともに、平成8年にまとめられたSACO(沖縄に関する特別行動委員会)最終報告に基づいて返還が合意された嘉手納以南の米軍基地を極力県外に移設するよう具体的な交渉を進めるべきである。

4
続き

政府と沖縄県が修復困難な局面に

普天間基地移設 経緯の検証と提言(3)

万国津梁機構・一般社団法人 仲里嘉彦理事長

 平成26年11月に行われた沖縄県知事選で、普天間飛行場の県外移設を選挙公約に掲げた翁長雄志氏が県内移設を選挙公約に掲げた仲井眞弘多前知事に圧勝した。

2
続き

沖縄県北部振興事業の是非を論じよ

普天間基地移設 経緯の検証と提言(2)

万国津梁機構・一般社団法人 仲里嘉彦理事長

 普天間飛行場の返還合意後の経緯について触れたい。

 橋本首相が平成8年4月12日にモンデール駐日米大使と共同記者会見を行った際の内容は、沖縄に存在している米軍基地の中に、新たなヘリポートを建設するというものだった。

4
続き

移設承認取り消しなら1000億円返却を

普天間基地移設 経緯の検証と提言(1)

万国津梁機構・一般社団法人 仲里嘉彦理事長

 沖縄県の翁長雄志知事は、普天間飛行場の移設先名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認取り消し表明をしたことで政府との対立を深めている。

7
続き

梅澤、赤松両隊長の名誉回復を 「パンドラ訴訟」

「援護法」に隠された沖縄戦の真実(8)

 近年、沖縄戦関連で三つの裁判が行われ、そのうち一つは係争中である。

 既に最高裁判決が出た「大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判」(大江・岩波訴訟)と「沖縄靖国合祀取消訴訟」、それに福岡高裁那覇支部で係争中の「パンドラの箱連載掲載拒否訴訟」(以後、「パンドラ訴訟」)である。

3
続き

「自決軍命は虚偽」と証言 靖国合祀取消で原告証人

「援護法」に隠された沖縄戦の真実(7)

  集団自決は、沖縄だけではなく樺太や満州でも起きていた。それでは、なぜ沖縄の集団自決だけが大きく問題にされるのだろうか。 理由の一つが「援護法」の沖縄県民への拡大適用。もう一つが沖縄タイムス社編「鉄の暴風」(朝日新聞)、大江健三郎著「沖縄ノート」(岩波出版)などの沖縄戦関連書籍による元隊長に対するいわれなき誹謗である。

3
続き

「隊長命自決の申請」を謝罪 座間味村の援護係

「援護法」に隠された沖縄戦の真実(6)

 沖縄戦における座間味村の民間人の犠牲者は358人で、そのうち少なくとも300人が集団自決したとされている。

3
続き

「自分で逃げた」は突き返し 援護の申請書

「援護法」に隠された沖縄戦の真実(5)

 遺族連合会による座談会では、援護金の威力も赤裸々に話されている。

3
続き

集団自決者も準軍属に 遺族会幹部証言

「援護法」に隠された沖縄戦の真実(4)

 沖縄県遺族連合会のある役員は、同会が内部向けに発行した記念誌を提供してくれた。

 同誌に掲載されている座談会では、援護法の申請・適用に従事した遺族会幹部の苦労話がつづられている。その中で戦没者の処遇に関する発言のみを抜粋、引用する。ある幹部は語る。

3
続き

「軍命自決」記述を手引き 戦闘参加者概況表

「援護法」に隠された沖縄戦の真実(3)

 当時、援護法の申請に関わった関係者の証言によると、当初は厳しかった申請書の受理条件が、関係者の熱心な折衝の結果徐々に緩和され、ついには「裏の手引書」とも言える冊子「戦闘参加者概況表」によって、一般住民に対する援護法の適用が容易になった。

3
続き

「残虐な日本軍」は濡れ衣 遺族が長い沈黙破る

「援護法」に隠された沖縄戦の真実(1)

 毎年、6月23日の「慰霊の日」前後には、沖縄メディアが一斉に特集を組み、沖縄戦の「記憶の継承」という名目で反軍感情をあおる。

3
続き