«
»

中東 rss

オバマ前米政権の失策、過激派抑止とは逆の結果に

ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く(4)

米国はムスリム同胞団をどうみているのか。

 米国のオバマ政権時代と今日では答えが違うと思う。トランプ政権は、ムスリム同胞団は中東地域にとって危険だということに気付いた。オバマ政権は、同胞団を支援すれば地域の安定、アラブ世界の安定を達成し得ると考えた。イスラム団や聖戦グループなどの過激派をストップさせ得ると考えたのだ。

1
続き

警戒するアラブ諸国 トルコが同胞団の拠点、欧州に浸透も

ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く(3)

カタールに経済支援や軍事協力を申し出たトルコのエルドアン大統領は、ムスリム同胞団の国際組織の長との噂(うわさ)もあるが。

1
続き

同胞団の豹変、エジプト革命後に暴力化

ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く(2)

イスラム国家建設の方法のほか、イスラム同胞団と聖戦主義グループの違いは。

3
続き

カタール断交、米政権交代が引き金に

ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く(1)

 サウジアラビアとエジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンのアラブ4カ国が、6月5日、カタールと断交して、まもなく3カ月が過ぎようとしている。断交の理由の一つが、過激派諸組織への支援を続けるイスラム主義組織「ムスリム同胞団」を擁護するカタールへの糾弾だった。アルアハラム・政治戦略研究所のモハメド・ファイエズ・ファラハト氏に「ムスリム同胞団」を軸に聞いた。(カイロ特派員・鈴木眞吉)

4
続き

日本とイスラムとマスコミ

イスラムが悪というイメージに拍車を掛けるトランプ氏

0
続き

クルド問題が試金石に

多難な年明けのトルコ(6)

 それでも憲法上の国是は世俗主義だから、国民の中にはエルドアン大統領と与党・公正発展党(AKP)が進めているイスラム主義に、鋭い批判・糾弾をする勢力も根強く存在する。若者の中には、トルコ社会が世俗主義とイスラム主義の「内戦状態が進行している」と言い切る人も少なくない。

0
続き

難民250万人が流入

多難な年明けのトルコ(4)

 現在までトルコ国内には、シリア内戦から逃れてきた人々をはじめ、イラクのシーア派偏重政治に嫌気が差したスンニ派住民などが、実に250万人以上滞在しているとされる。

0
続き

景気低迷と通貨安がトルコ直撃

多難な年明けのトルコ(3)

 日本・トルコ合作映画「海難1890」に敢えてひっかけて言えば、今年のトルコは「国難2016」に直面するかのようだ。トルコ政府は昨年12月、対「イスラム国(IS)」作戦を本格化すると決断したので、今後さらにテロリスクは高まり、それは観光業を直撃するだろう。

0
続き

「帝国」のプライドぶつかるトルコとロシア

多難な年明けのトルコ(2)

 トルコを訪れるロシア人は、ソ連解体前後の“爆買ツアー”からこの四半世紀の間、右肩上がりに増え続け、年間450万人に達すると報じられた。ロシアは強権を発動できる国柄で、制裁措置に基づくトルコ旅行禁止は相当徹底しているとみられる。日本を訪れる年間500万人近い中国人旅行者が全部来なくなった状況に近いかもしれない。トルコ企業によるロシアへの建設・インフラ輸出も着実に拡大してきたが、ロシア側はそうした流れをほぼ全面的にストップさせかねない剣幕だ。

0
続き

多難な年明けのトルコ、ダブルパンチの観光業

多難な年明けのトルコ(1)

 「やはり来るべきものが来ました!」、トルコのイスタンブールで主に日本人旅行者を相手にする観光会社に務めていた知り合いの日本人女性から、「解雇されそうです!」と連絡があった。彼女いわく、同じような会社の多くが青息吐息だという。そうした事態を予感させられたのは、昨年12月初め、2年ぶりにトルコ取材に赴いたときだ。成田・イスタンブールのトルコ航空を利用したが、機内に日本人の姿が非常に少ない。特に、団体旅行グループがほとんど見あたらないのだ。

1
続き

難民の社会統合促進を

EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く(下)

 ――難民の分配問題だが、難民には居住国を選ぶ権利があるのか。それとも収容国が難民を選び、有資格者、高等教育修了者の難民を優先的に受け入れ、自国の労働力不足を解決する権利があるのか。

1
続き

難民への懐疑に警告

EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く(中)

 ――欧州ではアフガン難民はもはや収容しないという声が高まっている。なぜなら、シリアやイラクとは違い、アフガンでは国民は居住できるからだ。

1
続き

欧州に今年1年で難民90万人殺到

EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く(上)

 2015年は難民が欧州に殺到した年として記憶されるだろう。12月現在、欧州に殺到した難民総数は90万人を超え、大台100万人に迫っている。欧州連合(EU)28カ国の加盟国は押し寄せてくる難民の受け入れに苦慮し、受け入れに批判的な国は鉄条網を設置し、難民の入国阻止に乗り出している。そこで国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)ウィーン事務所のルート・シェフル報道官に今年1年の難民問題の総括と今後の見通しについて聞いた。(聞き手=ウィーン・小川 敏)

1
続き

民主化強制は失敗、アラブ世界に必要な「発展」

ロシアのシリア内戦介入アルアハラム財団事務局長 モハメド・F・ファラハト氏に聞く(4)

 ――ムスリム同胞団のエジプトにおける現状はどうか。政府からの強い圧力の下に彼らは「イスラム国(IS)」や過激派により近づいているのか。

1
続き

米中東政策への不信 アフガン、イラクでテロ拡大

ロシアのシリア内戦介入アルアハラム財団事務局長 モハメド・F・ファラハト氏に聞く(3)

 ――エジプトは米国から大量の軍事支援を受けている。もしエジプト政府がロシアとより接近した場合、米国は関係を切る可能性はあるのではないか。

1
続き

露の戦略的立場強化、イランとサウジの仲介も

ロシアのシリア内戦介入アルアハラム財団事務局長 モハメド・F・ファラハト氏に聞く(2)

――エジプトとサウジ間には誤解はないのか。

 サウジはシリアのアサド政権に強く反対し、アサド政権を崩壊させようと努力している。シリアにスンニ派政権の樹立を願っている。サウジはシリアの民主化には関心がないが、イランとの戦いに関心がある。アサド政権はこの地域でのイランとの同盟国の一国だ。

1
続き

エジプトとロシア、シリア国家維持では利益共通

ロシアのシリア内戦介入アルアハラム財団事務局長 モハメド・F・ファラハト氏に聞く(1)

混迷を深めるシリア情勢に、アサド政権と連携したロシアが本格介入した。このことは中東全体の行方に大きな影響をもたらす可能性がある。エジプトの有力な戦略研究所や新聞社などを傘下に置くアルアハラム財団事務局長のモハメド・ファイエズ・ファラハト氏に聞いた。(聞き手=カイロ・鈴木眞吉)

1
続き