«
»

北朝鮮 制裁の現実 rss

決議違反のロシア、国際核機関に北朝鮮の研究者

国連北朝鮮制裁委員会元専門家パネル委員 古川勝久氏に聞く

ロシアによる北朝鮮制裁の履行状況は。

 非常に懸念される。国連制裁対象に指定されてきた複数の北朝鮮企業・団体が、かつてロシア国内に代表者を配置したり、拠点を築いていたことが確認されている。

2
続き

各国の北朝鮮制裁履行状況、イラン問題に比べ切迫感薄く

国連北朝鮮制裁委員会元専門家パネル委員 古川勝久氏に聞く

各国は国連安保理決議に基づく北朝鮮制裁をどの程度履行しているのか。  安保理決議は基本的にザル扱いで、ほとんどの国が人ごとだと思っている。国連の制裁措置は増える一方で、各国の官僚機構はこれについていけていない。日本ですら立法措置が進まない状況の中で、開発途上国はなおさらだ。制裁を具体的に実施する能力の増強支援をやらなければならない。

0
続き

トランプ米政権、軍事圧力を外交に転化できず

国連北朝鮮制裁委員会元専門家パネル委員 古川勝久氏に聞く

中国が北朝鮮に対し石油禁輸に踏み切る可能性は。

 米国は既に中国政府とそういう話をしていることは間違いなく、石油供給量を削減する方向で進んでいるとみられる。次の安保理決議で盛り込まれる可能性が高い制裁項目の一つだ。自動車や戦車、航空機、ミサイルにはガソリンやジェット燃料が必要であり、石油供給量の削減は北朝鮮にとっては痛いだろう。

2
続き

北朝鮮 制裁の現実 中国の圧力 本物でない

国連北朝鮮制裁委員会元専門家パネル委員 古川勝久氏に聞く

 国連安全保障理事会が7回目となる北朝鮮制裁決議を採択したが、制裁は本当に機能しているのか。制裁決議の実効性を高めるには何が必要なのか。昨年4月まで国連安保理北朝鮮制裁委員会の専門家パネル委員として、加盟国による制裁の履行状況を監視した古川勝久氏に聞いた。(聞き手=編集委員・早川俊行)

中国が北朝鮮の石炭輸入を停止したが、中国の圧力は本物か。

1
続き