«
»

北暴走 揺れる韓国 rss

核凍結で米朝ディールも

元青瓦台外交安保首席秘書官 千英宇氏に聞く

北朝鮮による6回目の核実験はどのような意味を持つか。

2
続き

金正恩氏の素顔 過度な勝負欲、ソウル占領へ檄

 北朝鮮の異常とも映る核・ミサイルの暴走には最高指導者・金正恩朝鮮労働党委員長の「祖父の金日成主席、父の金正日総書記を上回る勝気で自信過剰な性格が多分に反映されている」(元韓国政府高官)。トランプ米大統領が国連演説で北朝鮮の「完全破壊」に言及すると、すかさず初めて直々に声明を出し「米国の老いぼれを火で罰する」と威嚇した。

 その性格を裏付けるエピソードがある。

3
続き

戦術核再配備 6割賛成、「標的化」警戒も

 北朝鮮の建国記念日だった今月9日。さらなる武力挑発の恐れがある中、ソウルでは保守系の最大野党・自由韓国党が12年ぶりに街頭集会を開いた。案内のポスターには「文政権の5千万核人質を阻止」などと記され、サングラスにベレー帽のいでたちで退役軍人らしき男性がここかしこに立っていた。

 「核には核で対抗しなければ、われわれが生き残る道はない」(洪準杓党代表)

1
続き

THAAD配備、反対派が資材搬入を“検問”

 北朝鮮による6回目の核実験や立て続けの弾道ミサイル発射に韓国が揺れている。戦術核再配備の必要性が叫ばれる一方、迎撃ミサイル追加搬入には過激な反対行動も見られる。完成段階を迎えつつある北の核開発に韓国はどう向き合おうとしているのか。現地から報告する。(星州=韓国慶尚北道・上田勇実)

3
続き