«
»

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談 rss

情報の収集・分析、北朝鮮の立場で「内在的接近」を 柳氏

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(9)

両氏とも長年、金正恩情報を収集・分析してきた。心掛けてきたことは。

 柳東烈 その前に指摘しておきたいのは北朝鮮体制は決して「合理的」とは言えないという点だ。民主主義社会の価値観から見た場合、間違いなく非合理的であり暴圧的だ。だから誤解を生まないように「狡猾(こうかつ)に統治」くらいの表現にすべきだろう。

2
続き

拉致と日朝、二国間で困難なら大局的に 坂井氏

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(8)

日本人拉致被害者の再調査などを約束した日朝ストックホルム合意から2年以上が経過したが、成果を上げられずにいる。日本はどうしたらいいか。

3
続き

北朝鮮市場経済、富裕化で勤労意欲喚起の効果 坂井氏

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(7)

 坂井隆 いわゆる富裕層の増加は、2000年代に入って以来、継続的に指摘されてきた。ただし、富裕層が必ずしも新興とは思わない。既存幹部ないしその親族・関係者らが役得を得て富裕化しているケースも少なくないのではないか。

3
続き

対中・対米関係、次期大統領誰でも大差ない 柳氏

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(6)

北朝鮮の金正恩委員長は伝統的な友誼(ゆうぎ)の関係を強調しながら核・ミサイル問題で近年ぎくしゃくしていた中国、また表面的には非難しながら実は最も関係改善を願っている相手とされる米国とどのような関係を構築できるか。

2
続き

経済封鎖続けば北朝鮮打撃大 柳氏

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(5)

北朝鮮の核・ミサイル開発では日本から、例えば在日本朝鮮人科学技術協会や大学などに在籍する在日朝鮮人による技術流出、対北経済支援を通じた韓国からの資金転用も指摘されている。

1
続き

ミサイル「グアム到達か」前提に議論を 坂井氏

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(4)

北朝鮮は長距離弾道ミサイルの弾頭部分に小型化した核を搭載し、米本土を攻撃できる能力を備えつつあるとの見方がある。果たしてその技術レベルは。

1
続き

金正恩政権長期化、4代5代世襲も 柳氏

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(3)

金正恩委員長の統治スタイルは即興的、感情的な面が強いと言われる一方、合理的な判断を下しているとする見方もある。

2
続き

側近は正恩氏の信任が全て 坂井氏

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(2)

北朝鮮の独裁体制維持に最も重要な役割を果たしている組織・機関は。またその中心的なメンバーは誰か。

 柳 幾つか重要な組織・機関がある。まず党の組織指導部だ。党全体を統括する趙延俊第1副部長がその中心にいる。組織指導部が党中央、党地方、内閣、軍、国家安全保衛部、人民保安省、各機関を監視・監督している。

2
続き

どう見る金正恩体制 権力の掌握(上)

どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(1)

元公安調査庁調査第二部長 坂井隆氏元韓国警察庁公安問題研究所研究官 柳東烈氏

2
続き