«
»

何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路 rss

分水嶺の来年総選挙、朴氏釈放に保守分裂の思惑

 ソウル中心部の光化門広場。左派市政の行政代執行により、ここで幾つもの大型テントの設置と撤去を繰り返しながら朴槿恵前大統領の無罪釈放を訴えている政党がある。ウリ共和党。国政介入事件で有罪判決を受け収監中の朴氏にもともと近かった国会議員がわずか1人だけ所属するミニ政党だ。朴氏弾劾直後から無罪釈放を求める署名活動を始め、現在、賛同者は160万人近くまで達した。

6
続き

「親日」論戦エスカレート、レッテル貼りに保守派警戒

 日韓関係悪化に伴い、韓国内では今後も日本に強硬路線で対抗すべきだという政権・与党と、政権側にも問題があるとして日本の立場に一定の理解を示す保守派が対立し、双方が激しい論戦を繰り広げている。その際、目立つのは政策論争ではなく、「親日」か否かの言い争いだ。

5
続き

青瓦台が仕掛ける反日、日本理解者を「土着倭寇」

 最近、韓国でわずかでも日本に理解を示す者を「土着倭寇」と呼ぶようになった。倭寇とは13世紀から16世紀にかけて朝鮮半島や中国大陸の沿岸地域で私貿易を行っていた武装した日本人商人で、中には日本人を装って海賊行為を働く半島人、大陸人もいたという。「半島に土着した倭寇の子孫」つまり日本人の血を引く、だから日本の肩を持つ、そういう者を「土着倭寇」と名付けたわけだ。

6
続き

フッ化水素はどこへ行った、話が通じなくなっている日韓

 日本の戦略物資の対韓輸出規制見直しに韓国は強く反発している。日本が「安全保障上の理由」だと説明しても、韓国は頭から大法院(最高裁)の戦時朝鮮人労働者(いわゆる「徴用工」)判決に対する「経済報復」だと捉え、自由貿易の原則に反するとして、世界貿易機関(WTO)に提訴すると息巻いている。

6
続き

米朝会談直後の“経済報復” 「平和を妨害」と決めつけ

 先月末、訪韓したトランプ米大統領は南北軍事境界線上にある板門店で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と3回目の首脳会談を行った。韓国のテレビ各局は急遽(きゅうきょ)特番体制を組み会談の様子を生中継、「歴史的」などと伝えた。

4
続き

文在寅政権中枢に金日成信奉者

 「顔の雰囲気と言い、強い口調と言い、君はあの林秀卿によく似ている」

 1988年、韓国南西部の全羅道にある大学に入学した朴鍾愛さんは学生運動の先輩たちからよくこう言われた。当時、韓国では前年に民主化宣言した後も軍事独裁反対デモが続き、その中心が北朝鮮の金日成主席を信奉する主体思想派が率いる全国大学生代表者協議会(全大協)に移っていた。

10
続き

文政権下「敵が消えた気分」 ボクシング元世界王者の嘆き

 北朝鮮に対し過度な融和路線を進め、日韓歴史問題で両国合意を事実上反故(ほご)にする韓国の文在寅政権は国内外から不審の目を向けられている。なぜそうした政策を続けるのか。韓国はどこへ向かおうとしているのか。現状報告する。(ソウル・上田勇実)

10
続き