«
»

環境 rss

「レダの日本人」17年の挑戦

パラグアイでパクー魚養殖成功僻地再生と自然保護の希望に

 日本人13人が1999年から開拓したパラグアイの極僻地(へきち)レダ。ブラジル、ボリビアをまたぐ世界遺産パンタナール大湿原の南端に位置するが、長い間、見捨てられた土地として住もうとする者もいなかった。そこで日本人が定住し、浄水槽や住宅などのインフラを造り、栄養価が高く人気もある魚パクーの養殖に成功した。

4
続き

極僻地・レダの成功、地方普及に期待

アスンシオン国立大学教授マグノ・バレト氏に聞く北パラグアイ・レダの魚養殖

0
続き

パラグアイ・レダ 魚の養殖で「持続可能な開発」目指す

 パラグアイに、貴重な自然を守りながら、かつ過疎地が経済的な恩恵にあずかることもできる、「持続可能な開発」を目指している日本人たちが住む地区がある。アルト・パラグアイ県東端のパラグアイ川沿い、そのほぼ中間に位置する「レダ」だ。

0
続き

森林伐採がゲリラ豪雨の原因に インドネシア・バリ島で植林

 熱帯雨林の破壊は大気中の二酸化炭素(CO2)を増やすだけでなく水蒸気を減らすので、水循環を不規則にし、異常気象の原因となる。それに歯止めをかけるべく、インドネシアで定期的に植林を行っている「NPO法人アジア植林友好協会」(宮崎林司理事長)の活動に参加し、昨年12月4日から8日まで、同バリ島に行ってきた。(小林久人)

1
続き

海面上昇、故郷なくなる不安-キリバス共和国名誉領事 ケンタロ・オノさん

キリバス共和国名誉領事 ケンタロ・オノさんに聞く

 ――キリバス共和国はどんなところか。

0
続き

今世紀末、海面上昇が82センチ 各国とも異常気象対策に大苦心

 もし自国の領土が海の中に沈み込んでなくなってしまったら!? そんな悪夢の日が、現実に迫っている――。

 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が2014年発表した第5次評価報告書によると、世界の平均海面水位は、20世紀に入ってから2010年までの間に19㌢上昇した。最も温暖化が進んだ場合、今世紀末までに平均海面水位は最大で82㌢上がるという。

0
続き

「縮原発」の波 老朽廃炉反対の電力総裁解任

環境先進国フランスの挑戦(下)

 フランスは、アメリカ、日本と並び原子力発電への依存度が高く、東日本大震災で被害を受けた福島第1原発の廃炉に向けた処理でも協力関係にある。そのためフランス人の日本の原発動向に対する関心は極めて高い。

 実際、大震災直後から在日フランス大使館は在留フランス人向けに1日に2回以上メールで詳細な危険情報を流し続け、危機への対処は迅速かつ大規模だった。

0
続き

都市のエコ改造 EVカーシェアにも本腰

環境先進国フランスの挑戦(中)

 フランスでは現在、ディーゼル乗用車が全体の新車登録台数の6割強と欧州一高い。この20年間で普及が大きく進んだ。多くのディーゼル車ユーザーが「燃費やエンジンの耐久性があり、排ガス規制もクリアしている」と購入の動機を挙げている。この10年間でCO2を大量に排気する古い乗用車は、ほぼ姿を消している。

0
続き

経済再生の切り札に エコ住宅400万戸目指す

環境先進国フランスの挑戦(上)

 フランスでは今年11月30日から12月11日まで気候変動枠組条約の第21回締約国会議(COP21)がパリ郊外で開催される。そこでは京都議定書以来となる新たな温暖化防止の国際合意を採択することが期待されている。フランスは同会議のホスト国として、環境先進国であることを国際社会に示す絶好の機会と捉えている。(パリ・安倍雅信)

0
続き

熱帯雨林の再生保護が鍵

迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え(4)

NPOアジア植林友好協会代表理事 宮崎林司氏

 ――現在の活動は。

1
続き

島嶼は温暖化被害の最前線

迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え(3)

NGOエコロジーな地球の為の島嶼国連合事務局長 中島 昌氏

 ――異常気象による島嶼(とうしょ)国の被害は何か。

1
続き

自助、協助体制の確立めざす

迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え(2)

新潟大学災害復興科学研究所 教授 福岡浩氏(下)

 ――リアルタイムで災害情報を知らすための取り組みは?

1
続き

世界の気象現象が極端化

迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え(1)

新潟大学災害復興科学研究所 教授 福岡浩氏(上)

 ――今夏、自然災害関連のニュースを見ない日はないほどだが。

1
続き