«
»

中台関係の行方 rss

過度の対中貿易依存脱却へ

中台関係の行方(下)

淡江大学国際事務戦略研究所 翁明賢所長に聞く

1月の総統選、立法委員選挙で際立ったのが民進党と選挙協力した若者世代を代弁する少数政党の「時代力量」(黄国昌主席)の躍進だ。李登輝元総統が精神的指導をしてきた台湾団結連盟(台連)の議席がなくなる中で5議席を獲得している。時代力量の動向をどう見るか。

3
続き

「現状維持」投げ掛けた蔡英文総統

中台関係の行方(上)

淡江大学国際事務戦略研究所 翁明賢所長に聞く

 台湾では5月20日、民進党の蔡英文総統が就任した。国民党の馬英九前政権時代に推進した対中傾斜に歯止めをかけ、中台関係の現状維持を求めることで台湾政局がどう変化していくのか。新政権に求められる課題は何かを中台関係に詳しい台湾の私立大学の名門、淡江大学の翁明賢国際事務戦略研究所長に聞いた。 (聞き手・深川耕治、写真も)

3
続き