«
»

政治 rss

日本ファースト、二大政党制再建する役割を

 小池百合子東京都知事に近い衆院議員である若狭勝氏が、政治団体「日本ファーストの会」の設立を発表し、年内の早い段階で新党を結党する意向を表明した。

 東京都議会議員選挙での自民党と民進党の敗退、都民ファーストの会の勝利を踏まえたものだが、単なる批判票の受け皿づくりでなく、わが国の二大政党制の質を向上させる役割を果たしていくべきだ。

 深刻な党内情勢の民進

2
続き

マスコミに改造を迫られた安倍新内閣の不安点

 安倍首相が実行した改造内閣の評価はあらゆるメディアが「慎重な布陣」と評しています。それは間違いなさそうですが、今回の改造には色んな意味で私自身も不満な点が存在します。

 まず改造に至る経緯。森友・加計問題。まずこれら2つの問題は疑惑を作り上げてしまった首相自身も反省すべきではあるが、何が何でも安倍首相を退陣させようとする勢力の手法もえげつないものだった。

6
続き

改憲へ誠意と粘り強さを

 安倍晋三首相は、結果本位の「仕事人内閣」を発足させたが、憲法改正実現に向けた戦略の練り直しが迫られている。  安倍首相は、3日の会見で、改憲について「スケジュールありきではない。しっかり国会で議論し、党主導で進めてほしい」と述べた。求心力に陰りも見られる中、5月に表明した「2020年の新憲法施行」という目標を軌道修正させた。秋の臨時国会に党の改憲案を提出する方針も先送りされる見通しだ。

4
続き

うん、若狭さんと細野氏は馬が合いそうだ

 どうせなら崖から飛び降りた同士で手を握ってもらいたいものだと思っていたが、若狭さんと細野氏はどうやら馬が合いそうで、この調子ならとんとん拍子で新党設立に向けての話し合いを進めることが出来る。

 小池さん次第だなあ、と思っていたが、小池さんも都議会議員選挙の後で細野氏とは話をしたことがあるようで、若狭さんに細野氏と手を組むことにOKのシグナルを出したようだから、何はともあれ新党の設立には漕ぎ着けることが出来る。

0
続き

モリ・カケ偏向報道を忘れてはならない

 8月3日の内閣改造により安倍政権への支持率は下げ止まり、今後、新閣僚の不祥事などがない限り回復へ向かう気配である。安倍総理は記者会見の冒頭で 「先の国会では、森友学園への国有地売却の件、加計学園による獣医学部の新設、防衛省の日報問題など、様々な問題が指摘され、国民の皆様から大きな不信を招く結果となりました。

 そのことについて、冒頭、まず改めて深く反省し、国民の皆様におわび申し上げたいと思います。」と語り、深く頭を下げた。

61
続き

軍事的脅威の対処こそ急務

 大陸間弾道ミサイルの発射を成功させるなど北朝鮮の核・ミサイルの脅威は現実味を増し、我が国の安全保障を脅かしている。

 緊迫の度を高める我が国周辺の平和と安定の維持を、国民は「安倍1強」と言われた安倍首相のリーダーシップに期待。安倍政権は長期にわたる高い支持率を誇ってきた。しかし、森友・加計問題などに加え南スーダンPKO(国連平和維持活動)部隊の日報問題でその信頼を失ってしまった。

3
続き

18歳成人は本当に必要なのか

 上川陽子法相は成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案を秋の臨時国会に提出する考えを表明した。選挙権年齢はすでに18歳以上に下げられており、成人年齢もそれに合わせるためだ。だが、引き下げにはさまざまな問題点が指摘されている。そうした懸念は払拭(ふっしょく)されたのか。ここでも安倍内閣は丁寧な説明が求められる。

政治的な思惑が先行

4
続き

第3次改造内閣 一歩退き政局の鎮静化図る

 第3次安倍第3次改造内閣が3日、発足した。急落した内閣支持率を挽回し政治への信頼を回復するため、安倍晋三首相は政権基盤を再構築し、安全保障や憲法改正などの重要諸懸案に本腰を入れて取り組んでいかねばならない。

3
続き

防衛大臣の統率力 求められる卓越した人格

 「民信なくんば立たず」で、安倍内閣の支持が低下している。孔子が言ったように国民が信用しなくなれば国の政治は成り立たないのだ。このところの加計学園問題に加え、陸上自衛隊の南スーダンPKO派遣部隊の日報問題に対する国民の疑念が払拭(ふっしょく)されたとは到底思えない。

 中でもPKO日報問題では、日報の廃棄を巡る防衛省・自衛隊内の混乱が、端無(はしな)くもシビリアンコントロール(文民統制)の揺らぎを露呈してしまったことは、由々(ゆゆ)しき事態と言わざるを得ない。

1
続き

足元固め改憲へ反転を

編集局長代理・政治部長 早川一郎

 今回の内閣改造・自民党役員人事は、官房長官や幹事長などの骨格を維持しつつ、安倍首相に近い「お友達」を外して、挙党態勢の再構築を狙ったものだ。安倍「1強」体制の下で、謙虚さを欠く首相の国会答弁が目立ち、先月の都議選の惨敗および内閣支持率の急落を招いたことでの追い込まれ人事の印象が強い。

8
続き

3次内閣改造、謙虚に結果出し信頼回復を

 安倍晋三首相が自身の第3次内閣で3度目の内閣改造と自民党役員人事を行った。内閣では政権の屋台骨である麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官を留任させる一方、外務、総務など重要閣僚や先の通常国会で混乱を招いた法務、文部科学、防衛の各相に閣僚経験者を充て、初入閣は6人にとどめる手堅い布陣を敷いた。結果本位の「仕事人内閣」と自ら名付けたが、政権への信頼を回復できるかどうかは、国民の声に謙虚に耳を傾ける姿勢で、結果を示すことができるかに懸かっている。

 おごりで失われた信頼

3
続き

安倍電撃訪朝の噂の震源と可能性

 安倍首相の電撃訪朝、金正恩委員長との会談・・・ そんな噂が広がっている。  支持率急落で政権が危機的状況にある安倍政権が巻き返しの一手として訪朝するという内容だが、、、 まったくバカバカしい。

★安倍首相電撃訪朝の噂の震源 ★安倍-金会談の可能性 ★北朝鮮の反応

という内容

★安倍首相電撃訪朝の噂の震源

3
続き

現実乖離の共産党の主張

 北朝鮮が7月28日深夜に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)が、日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。稲田朋美氏が防衛相を辞任した日であり、そして夜間ということで、日本政府は対応に追われた。

 今まで一度も日本の国土や日本人に被害が出たことはない。だが、今後も被害が出ないという保証はどこにもない。そのため、ミサイル飛来を想定した住民避難訓練がいくつかの自治体で実施されている。

8
続き

辞意表明の当日に稲田朋美氏のダメっぷりを暴露した文春・新潮

 稲田朋美防衛相が辞意を表明した27日、その日の朝、店頭に並んだ週刊文春(8月3日号)と週刊新潮(同)はそろって稲田氏を取り上げ、防衛大臣としての資質を問う記事を載せていた。8月3日と言われている内閣改造までは到底持ちそうになく、居座れば居座るほど、内閣支持率を引き下げることになるから、南スーダン派遣自衛隊日報問題の特別防衛監察結果が発表されるこのタイミングが途中下車できる最後の駅だった。

1
続き

稲田氏辞任、「実務型」の新防衛相任命を

 稲田朋美防衛相が南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報をめぐる問題の責任を取って辞任した。辞任は当然だが、東アジアの厳しい安全保障環境への対応は一刻の猶予も許されない。安倍晋三首相は8月初めの内閣改造で「実務型」の新防衛相を任命すべきだ。

 日報問題で信頼失う

9
続き

蓮舫代表辞任、民進党は雅量ある新執行部を

 東京都議選敗北の総括のため民進党は18日まで党内で意見聴取を行い、25日の両院議員懇談会で総括の了承を得る予定だったが、解党的出直しを求める意見が相次ぎ持ち越しになった。議論するほど党内の亀裂が露呈し、野田佳彦幹事長の辞任表明に続いて27日には蓮舫代表が辞任を発表した。党の再生は困難が予想される。

都議選前に離党者続出

4
続き

北朝鮮がミサイル発射準備も、またまた加計がトップニュース。わが国は大丈夫か?

 「国会議員よ恥と思え!若者のほうが100万倍も大人だわ!」と、 のっけから台所の片隅でしゃもじをふりあげ、今日も虚空に雄叫びならぬ“雌叫び”を上げている割烹着のとみよでございます。

原宿で若者に聞いたそうですよ。

「加計問題 閉会中審査」を原宿の若者に調査、大学生ら「バカバカしいなって」

(AbemaTIMES 7/19(水) 17:30配信 記事一部引用)

7
続き

閉会中審査、加計より安全保障が緊要

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画問題をメインテーマとする衆参両院での閉会中審査が行われた。安倍晋三首相自らが出席し丁寧に答えたことで、野党や一部メディアが疑惑と決め付ける質問の矢は尽きたものとみられる。野党はこれ以上メディア受けを期待し政権を貶めて政局化を狙う不毛な論議をすべきではない。

文科省が行政ゆがめる

15
続き

岡山県庁、半数以上が「赤旗」など共産系

 岡山県庁で有料購読されている機関紙のうち「しんぶん赤旗」など共産党系が合計82部で、他紙も含めた政党機関紙の合計部数(133部)の半分以上を占めていることがこのほど、本紙の調べで分かった。岡山県議会の全55議席のうち共産党は3議席にすぎないが、県庁の機関紙の購読部数は共産系に偏っている実態が明らかになった。

26
続き

民主主義を歪める新聞とワイドショー

 元は同じ生物種でも異なった環境で何世代かを過ごすと異なる種になってしまう。例えばホッキョクグマとグリズリーは数十万年前に分かれたとされており、裏を返せば、それ以前は同じ種だったのだ。それが、一方が氷上で生活し他方が森林で生活することで、あれほど見た目に差異が生じてしまった。

 私たち日本人も、種とまでは言わないがIT化という急激な環境変化により、二つの民族に分離し始めたのではないかと感じている。大袈裟かもしれないが、加計学園を巡る国会審議と、その後の世論の行方を見て、そう思わざるを得なかった。

40
続き

蓮舫氏「国籍」会見、言い訳じみて責任感も欠如

 民進党の蓮舫代表が昨年から指摘されてきた二重国籍疑惑に関しての記者会見を行った。安倍政権を追及するのに自らの疑いを晴らさなければ説得力に欠けるからだという。だが、国籍問題は自ら率先して速やかに解明すべきであり遅きに失した感がある。会見内容も言い訳じみて公党の代表としての責任感の欠如を改めて露呈した形だ。

 国籍法の義務果たさず

10
続き

防衛論議主導した民社党

 先日、ある月刊誌の編集部から「書評を書いてほしい」との依頼を受けた。本のタイトルは梅澤昇平著『“革新”と国防 民社党防衛論争史』(桜町書院)だ。

 本紙読者の中には「民社党」という名前を聞いて、懐かしく思う人もいるだろう。私にとっては、政治・防衛問題に興味を持つきっかけを与えてくれた政党でもある。

6
続き