«
»

政治 rss

安倍打倒をしたい人たち

野党も支持者から「もりともばかり、いい加減にしろ!」と叱責され、 幕引きを探しているように思っていましたが、再燃というより、大炎上となっています。 それにはやはり理由がありそうです。

霞が関は官邸だけをむいているわけではありません。 省庁の中には共産党員もいれば、野党のスパイもいるので、 マスコミや野党に対してリークはしています。

22
続き

そろそろ細野氏や長島氏の出番ではないのかしら

希望の党が埋没しかかっており、最近は希望の党の代表である玉木さんが立憲民主党の枝野氏に対して野党連携のリード役を懇願しているようなニュースまで聞かれるようになっているが、まあ止めた方がいい。

希望の党のメンバーが立憲民主党に引き摺られるようになったのでは、いざという時に自民党に代わって政権を担いうる、政策中心の穏健保守、改革保守の非自民の受け皿(の核)がなくなってしまう。

24
続き

9条改正、自衛隊明記の意義

弁護士 秋山 昭八

 世論調査によれば、災害時の自衛隊の活躍や北朝鮮・中国脅威論から、自衛隊の存在自体に対しては国民の8割以上が必要性の認識を持っているといわれている中で、自衛隊の「存在」の合憲性を憲法に明文化してはっきりさせるという自民党改憲案は、大衆には受け入れやすい。

1
続き

安倍首相、9条改正に強い意欲

 自民党は25日、都内のホテルで第85回定期党大会を開いた。安倍晋三首相(党総裁)は演説で「いよいよ結党以来の課題である憲法改正に取り組む時が来た」と述べつつ、「憲法にしっかりと自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とう」と訴え、9条改正に向け強い意欲を示した。

0
続き

自民党大会、改憲へ党員一丸の態勢作りを

 自民党は党大会で、憲法改正実現を目指す運動方針を採択した。安倍晋三首相(党総裁)は改憲4項目の条文案がまとめられたことを報告し、「結党以来の課題である改憲に取り組むときが来た」と決意を披歴した。発議に向けてたたき台を提示したのは前進だ。

4項目の条文案まとめる

1
続き

野党は安保を上位に考えよ

 誤解を恐れずに申し上げれば、野党や一部マスコミの森友問題に対するスタンスからは、真相解明ではなく、安倍政権倒閣に利用しているようにしか見えない。

 野党のパフォーマンスやマスコミに登場するコメンテーター、識者といわれる人たちの発言にも呆れる。

3
続き

各編集部の「森友・書き換え」特集より読ませた文春の飯島氏コラム

 財務省の“文書書き換え問題”は27日の佐川宣寿前国税庁長官の国会証人喚問で局面が動く可能性があるが、潮目が変わるのを見越してか、週刊誌の安倍政権への厳しい見方が目立ってきた。

2
続き

諸手を挙げて内容に賛成するわけではないが、自民党の改憲案の中身が見えてきたことを歓迎する

森友学園の決裁済み文書の改竄問題が発覚してから、一転して安倍内閣が窮地に陥り、これに連れて憲法改正に向けての党内議論も迷走気味だったが、ここに来てようやく自民党も態勢を立て直したようだ。

さすがに細田さんは強かである。

ギリギリまで議論は続けさせるが、どんなことについてもタイムリミットがあることは忘れない。 大勢をよく見てここらあたりが限度だな、と思えば、躊躇なく議論を打ち切り、一任を取り付ける。

24
続き

この世の中、無責任な人ばかり!

 昨日のミヤネ屋でポスト安倍を一所懸命にしゃべっていました。

 テレビしか見ない人は、「安倍さんももう終わりなのかな」と思ってしまうような口ぶりでした。なんて無責任なんでしょう。

 ポスト安倍は石破氏とか言っていますが、自民党内で石破氏の派閥は20名ほどしかいません。弱小勢力であり、とても総裁選を勝ち抜くことはできない人数です。

74
続き

結党2年近づく民進、新党結成メド立たず

 民進党は27日で発足から2年を迎える。「野党勢力を結集し政権を担う新たな政党をつくる」という宣言とともにスタートしたが、昨秋の衆院選を機に3分裂。再結集を目指すものの安全保障などの主要政策での違いが鮮明となり、支持率は1%程度と低迷している。党執行部は5月の大型連休前に希望の党との合流を目指すがメドは全く立っていない。(政治部・岸元玲七)

3
続き

佐川氏の証人喚問には、各党のエース級の人を投入すべし

どうやら今月の27日に佐川氏の証人喚問を行う運びになるようである。

スケジュール感としては、悪くない。 佐川氏の証人喚問に反対だ、などと言えばさらに自民党批判が高まるところだったが、これでどうにか自民党自体は大きな失点を重ねないで済む。

今週末の世論調査が心配で堪らないだろうが、これで安倍内閣の支持率があと5パーセント程度落ちる程度で踏み止まることが出来そうだ。

22
続き

森友学園問題―役人の不祥事で政権が潰れる愚を犯すな

 財務省近畿財務局による公文書書き換え問題で、一強と言われた安倍政権が危機に瀕している。第一次安倍政権は、いわゆる「消えた年金」問題で倒れているので、万一この問題で安倍政権が倒れたならば、2回続けて役人の不祥事により内閣が倒れたことになる。

 そんなことが起きたら、日本のデモクラシーは70数年後戻りしてしまうだろう。なぜならば、出先機関の不祥事を理由に政権が倒れる前例が固まれば、政権の生殺与奪利を官僚に握らせることになるからだ。世間には、公文書の書き換えは公文書偽造や虚偽公文書作成などの刑法犯罪に該当し、役人が忖度で犯罪を行うはずがない、政治家の圧力があったに違いないと邪推する人もいるが、このような官僚への過度の信頼こそが、日本のデモクラシーの進展を妨げてきたのである。

22
続き

自民党総裁選、安倍3選街道に逆風

 9月の自民党総裁選挙に向け、厚い支持基盤を背景に楽勝ムードすら漂っていた安倍晋三首相の3選街道に逆風が吹き始めている。党内第3派閥である額賀派の「竹下派」への衣替えによる影響や、学校法人「森友学園」に関する決裁文書改竄(かいざん)問題による内閣支持率の急落が、総裁選に影響を及ぼす可能性が出てきた。 (政治部・亀井玲那)

6
続き

何事も引き際が大事

ご本人はご自分の発言が事務担当者にとってどのくらい重いものに映るか、ということについてまったく無関心だったのだろう。

結構丁寧に、かつ上手に答弁されるものだ、と見ていたのだが、知らず知らずのうちに独り善がりに陥っておられたのだと思う。

野党の野次に激しく反応し始めた頃からどうもおかしくなっていた。 ご自分の感情の赴くままに自分の思いを爆発させるようになってしまっていた。

24
続き

安倍政権の支持率が低下?

  どこまで本質を見極めていない議論なのでしょうか?

 森友学園の前理事長は助成金詐欺で捕まっている人です。その人が交渉をするときに知っている人の名前を出すのは当たり前でしょう。日本会議も名前を使われていて迷惑だと回文が送られてきました。

 総じて籠池氏に名前を使われて迷惑をしているのです。その代表が安倍総理でしょう。

70
続き

多数の国民は、政局は望んでいないのでは?

公有地の売却についての公文書管理について、 国会に激震が走っています。 野党議員はこぞって安倍総理、麻生財務大臣の責任を追及していますが、 民主主義の根幹にかかわると言いながら、 こじつけ質問ばかりで安倍内閣打倒のためだけにしか見えません。

同じ追及するにしても、もう少し実のある質疑になるよう、工夫をしてほしいですね。 聞き苦しく、嫌な気持になります。 朝からどす黒い電波を飛ばすな!

34
続き

自民9条改正案、「必要最小限度」は首肯し難い

 自民党の憲法改正推進本部は9条について、戦力不保持を規定した2項を残して「必要最小限度の実力組織」として自衛隊を明記するという執行部案を発表した。

 わが国の防衛力をめぐっては、「必要最小限度」との限定が過去に多くの支障を生んでおり、首肯し難い案である。

推進本部が執行部案発表

1
続き

万年野党の座に居座るだけの6野党

 財務省の公文書改ざん問題で先週は野党6党は国会の審議参加を拒否した。公文書改ざん問題で国会は紛糾し、そのためにアルゼンチンで19日から開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を麻生太郎財務相は欠席するという。

 公文書改ざんは麻生太郎財務相がG20を欠席しなければならなような政治的に大きい問題ではない。小さな問題である。小さな問題を6野党は誇張しているに過ぎない。

64
続き

立憲民主党の憲法改正論議は進んでいるのか、それとも未だに開店休業中なのか

まあ、何もしていないんでしょうね、というのが私の率直な感想である。

立憲民主党の枝野さんは頭の回転も口の回転も結構なものだ、と思っているのだが、いざ何かを仕上げようとするとなかなか成果が上がらない。

破壊力はそれなりにあるのだが、どうも物事を仕上げるのは苦手なようだ。

立憲民主党が政権を担えるような政党になることは、まず無理だろう。

20
続き

「盛り友」議員による魔女裁判の具体的罪条

 森友問題ですが、結局フタを開けてみたら、何が問題とされているのか、俺には全く分からないよ(^_^;)

 おまけにほら、もう論点を移して読者を喚起扇動してる(笑)

【<森友文書改ざん>麻生氏の言動、反発増幅 陳謝で頭下げず】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000111-mai-pol

16
続き

佐川氏招致は同じでも、全容解明を求める産経と倒閣第一の朝日

 「行政への信頼を失墜させた」(読売・社説13日付)、「行政の信頼損なう『森友文書』の解明急げ」(日経・同)、「国民への重大な裏切りだ」(産経・主張同)、「信頼損なう言語道断の行為だ」(小紙・社説14日付)、「民主主義の根幹が壊れる」(朝日・同13日付)、「立法府欺く前代未聞の罪」(毎日・同13日付)――。

 新聞各紙の論調の見出しは、まるで糾弾の厳しさを競っているかのようである。

2
続き

議員案件と陳情 普通のことなのになぜ書き換え 忖度

森友問題は新たな展開を見せています。正直決済文章を改竄したことは言語道断。財務省の文章管理だけの問題でなく本当に行政全体を揺るがしかねない事態です。朝日新聞をいい加減と言っていたことを謝罪します。

ただここで大切なことは正しい情報の整理です。(地検、疑惑表面化前に書き換え指摘 森友問題)それこそ野党議員がどこから仕入れたのかわからない遺書の情報(誰かから命令された)に関しても、今回どうもあやふやになってきています。(遺書に森友記述なし 自殺職員、親族に「常識壊された」)人の命がなくなっているというあのパフォーマンスはいったい。

44
続き

公文書書き換え、信頼損なう言語道断の行為だ

 財務省は、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書14件を書き換えていたことを認めた。

 公文書は「国民共有の知的資源」であり、書き換えは行政への信頼を大きく損なう。言語道断の行為だ。

森友問題で財務省書き換え

5
続き